マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

どっちの始末ShowDocchi no Shimatsu Show

最後のトリックに向けてどう調整する?変則トリテ

とある会社の災難がテーマのトリックテイキングです。

スートのないトリックテイキングで、親よりも大きいカードを出せない場合は、一番小さなカードを出す必要があります。
一番最後のトリックでは、今までと打って変わって、一番小さいカードを出した人の勝ち。
なので、最後のトリックに向けて、手札を調整していく必要があるのです。

カードの絵柄も、待っている間に眺めていて楽しくなります。
ルールもシンプルなので、トリックテイキングを知りたい人、いろんなトリックテイキングを遊んでみたい人にお勧めです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 103経験あり
  • 4お気に入り
  • 101持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルどっちの始末Show
原題・英題表記Docchi no Shimatsu Show
参加人数3人~5人(20分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格1,980円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 333
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月09日 17時38分

    ゲーム内容も面白いですが、始末書の内容がいい意味でひどすぎる!減給どころの騒ぎじゃない始末書もちらほら…こんな部下いたら、正直会社行きたくないですね(笑)運もありますけど、どのカードから切っていくかも重要で、相手をどのようにカードを出せないようにして、優先度の低い始末書を出させるかで最後の勝負が決まります。仕事仲間でやると意外と盛り上がるかも!

    だかさんさんの「どっちの始末Show」のレビュー
  • 188
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月04日 16時33分

    手札が上司に提出する始末書となり、前の人より同じか上の始末書を出していき、出せない場合は一番低い始末書を提出しなければならない。途中経過での提出された始末書はあくまでも過程で、決着は最後の1枚の始末書の強さ(緊急度)が高い人が負けで、自分の最後に提出した始末書と一緒に最後に提出された始末書の一番低い始末書を貰うことに。基本親が最初に出す基本の始末書は1枚なのですが、以前に一人でも同じか上の始末書が出せなくて低い始末書を提出していた場合は同じ始末書をペアで出せるので他の人が出せずに、低い始末書をペアで出された枚数を出さないといけないことになったりと。最後の戦いが低い始末書の戦いになるので…...

    鬼島彪さんの「どっちの始末Show」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿