マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ブラッドボーン:カードゲームBloodborne: The Card Game

悪夢のような街で他の狩人を出し抜いて「血の遺志」を集めろ

PS4で発売されたフロムソフトウェアのブラッドボーンのカードゲーム化。

かつて栄華を極めた古都ヤーナムでは風土病「獣の病」がはびこっていた。あなたは「獣の病」の罹患者である「病み人」を狩る「狩人」として病み人や時には他の狩人を倒して「血の遺志」をもっとも多く集めこの街の悪夢から逃れる事があなたの目的です。
罹患者や狩人などを倒して得られる「血の遺志」は有限で、あなたの手番で血の遺志が残っているとは限りません。あなた達「狩人」は手持ちのカードを伏せて出し、同時に公開して威力の強いカードを、時には、威力は弱いが先制攻撃の出来るカードを出してダメージを与え血の遺志を集めましょう。
他にもカードの中には「狩人の夢」というカードがあり、安全な場所へ退避する事で、そのターンは血の遺志を獲得はできないが受けたダメージの回復、「血の遺志」を安全な場所へ貯金、手札の強化、使った手札の回復を行う事が出来る。
手札の強化によって読み合いは更に複雑になり如何に相手の裏をかいてより多くの「血の遺志」を集められるかが勝負のポイントです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ゆでたまごのきもちゆでたまごのきもち
マイボードゲーム登録者
  • 29興味あり
  • 11経験あり
  • 2お気に入り
  • 12持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘5
アート・外見4
作品データ
タイトルブラッドボーン:カードゲーム
原題・英題表記Bloodborne: The Card Game
参加人数3人~5人(30分~45分)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインエリック・ラング(Eric M. Lang)
アートワークショーン・チャンシー(Sean Chancey)
関連企業/団体CMON Limited
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク