マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ストーカーマンションStalker Mansion

殺られる前に殺れ!!正体隠匿系カードバトルゲーム!

マンションが舞台の正体隠匿系カードバトルゲーム。
ゲーム自体はサクサク進行し、ライトな感覚で何度も遊ぶことが出来ます。

プレイヤーは始めにランダムで【ストーカー】【アイドル】【管理人さん】【オタク】の役職を割り振られます。
役職ごとに勝利条件(目標ターゲット)が異なり、先に勝利条件を満たしたプレイヤーが勝ちとなります。(2本先取制)

場には60枚のカードがマンション状に並べられ(5x6の扉が並んでいる状態)その上を移動しながら、所持金5万円を使いターゲットを攻撃するための武器カードやアイテムカードを集め、攻撃の機会を伺っていきます。(カードをめくる→買う or 買わない)カードの購入は内容を全体に公開されないまま行いますが、武器・ブロックカードが1万円、アイテムカードが2万円と金額が分かれており、内容を絞り込むことはできます。

また武器カードは役職ごとに存在し、対象でない武器は購入しても使用できません。なので対象でない武器は買いたくないのですが、一度めくったカードを買わない場合は内容をオープンにした状態で場に戻すため、役職がバレやすくなってしまいます。そして場に戻されたカードは他のプレイヤーが購入できるようになってしまうため、デメリットが多いです。

特別ルールとしてストーカーはゲームスタート時にアイドルの位置を把握することが出来ます。またオタクは自分の役職を公開することで盤上での移動スピードを上げることが出来ます。プレイヤーの盤上での移動の法則や、カード購入の選択から各役職を推理し、攻撃を仕掛けるのがこのゲームの面白さになります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. SMRabbit001SMRabbit001
マイボードゲーム登録者
  • 28興味あり
  • 13経験あり
  • 5お気に入り
  • 13持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルストーカーマンション
原題・英題表記Stalker Mansion
参加人数3人~4人(15分~30分)
対象年齢未登録
発売時期2017年~
参考価格3500(2版)円
クレジット
ゲームデザイン狐鞭(Kitsunemuchi)
アートワークかぶあや子(Kabuayako)
関連企業/団体SMラビット(SM Rabbit)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 59
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月01日 20時05分

    イラストアドが凄い。カードを見ているだけでも、楽しいです。ゲーム内容は正体隠匿系で、好みが分かれると思います。ちょっと、物足りなかったかな。コレクションとしては満足しています。

    いるかやまさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク