マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2013年~

リアルト橋ヒロ(新!ボードゲーム家族)さんのルール/インスト

52名
2名
4ヶ月前
0

名作「ブルゴーニュ」の作者フェルト氏のカード競り&エリアマジョリティゲーム!

  • 各プレイヤー、建物を7コマで建てられる個人ボードと、手番に応じた金貨、5つの議員コマをもってゲームスタート。
  • 各ラウンド、「カード入手フェイズ」「カードプレイフェイズ」の2つのフェイズで構成される。
  • 「カード入手フェイズ」では、「カード6枚セット」×「プレイヤー人数+1」のカードが中央に並べられ、手番順にそこから1セットを入手。
    そこに山札から2枚を引いて加え、合計8枚から1枚だけ捨てて手元に7枚を残す。
  • 「カードプレイフェイズ」では、手元の7枚のカードを手番順にプレイ。
    カードの種類ごとに順番にプレイしていく。
  • まずは「総督」カードから:
    出す機会は各1回のみ。
    出す出さない、何枚出すかは各自の自由。1順したら、出した数だけ総督マーカーを進める。
    最も多く出した人はさらに1マス追加で進める。
    総督マーカーが多い人は、カードプレイ数が同数だった場合に勝てる。
  • 次に「金貨」カード:
    プレイしたカード枚数分の金貨を入手。
    最多枚数ボーナスは+1金貨。
    金貨は後述の建物特殊効果を発動する際に使える。
  • 次は「建物」カード:
    プレイしたカード枚数分のレベルの建物を個人ボードに建てられる。
    最多枚数ボーナスはもらえる建物のレベルが+1。
    建物は、1~4のレベルが各3色。
    個人ボード上の建物に金貨を1枚乗せるとその建物の特殊効果を発動できる。
    緑の建物は「カード入手フェイズ」で選択肢を増やしたり手元の残すカードを増やせる。
    黄色の建物は、「カードプレイフェイズ」で後出しができたりジョーカーになったりする。
    緑の建物は「カードプレイフェイズ」終了後に勝利点をもらえたり駒を補充できたりする。
  • 次は「橋」カード:
    プレイしたカード枚数分の勝利点をもらえる。
    最多枚数ボーナスは、+1勝利点と、橋タイルを任意の橋スペースに設置。
    橋タイルは架けた2つのエリアのゲーム終了時のマジョリティ得点を決める。
  • 次は「ゴンドラ」カード:
    プレイしたカード枚数分の「自分の議員駒」をストックから個人ボードに持ってこれる。
    最多枚数ボーナスは、ゴンドラタイルを任意の橋スペースに設置し、架けた2つのエリアのどちらかにストックから自分の議員駒を1つ置ける。
  • 最後は「議員」カード:
    プレイしたカード枚数分の「自分の議員駒」を現在のラウンドのエリアに置ける。
    最多枚数ボーナスは+1の数の議員駒設置。
  • 上記以外にジョーカー機能の「仮面」カードがある。
  • 6ラウンド終了時にゲーム終了。
    ゲーム中に入手した勝利点に、「個人ボードにある建物ごとの勝利点」「個人ボード上に残った議員駒と金貨の総数の半分(端数切り上げ)の勝利点」「中央ボードの各エリアごとのエリアマジョリティ(最多はエリアの得点、2位は1位の半分、3位は2位の半分)の勝利点」を合計し、最も勝利点の大きい人が勝ち。

感想と評価は下記ブログで。



この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
チェポ
18toya
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 74興味あり
  • 167経験あり
  • 31お気に入り
  • 91持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ヒロ(新!ボードゲーム家族)さんの投稿

会員の新しい投稿