マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 180分前後
  • 14歳~
  • 2013年~

シヴィライゼーション:叡智と闘争(拡張)先日初めてプレイしたのですが、戦闘ルールが雑すぎて防御側が圧倒的不利でした。

510
回表示されています
2017年08月27日 00時23分
ルールについて

ゲーム終了後、何度かプレイしたことのある持ち主と戦闘ルールについての議論が起こりました。

「叡智と闘争」の商品概要の一説にはこうあります。
“また戦闘のルールを一新し、より高度な駆け引きを試みることができるようにもなります”・・・と。

プレイ後にルールを読ませて頂いたら「各部隊は、すでに2つの部隊(攻撃側と防御側)が交戦している既存の前線を攻撃することはできません。すべての前線が交戦中の場合、プレイヤーは新たな前線を形成しなければなりません」と書かれておりました。

疑問点は以下の一つだけです。
攻防お互いが1枚目のカードを順番に出しました。
防御側が除去されました。
防御側は2枚目のカードを今しがた戦闘が行われた戦線に対して出せますか?

ゲームの持ち主曰く「戦闘済みの戦線に対して新たに部隊を配置することは出来ないのです・・・」とのことです。
しかしこれが出来いなら単なる後出しジャンケンであって“高度な駆け引き”なんてものは微塵も感じられません。
正式なルールがただの後出しジャンケンというのならば個人的には単なるクソゲーなのでこの先二度とプレイすることはないと思います。

e

「叡智と闘争」を入れてプレイされた方々はどのようにされていたのでしょうか?

参考程度でも良いのでご教授願えれば幸いです。

更新を通知
ちゃいさんの掲示板をシェア
  • #1
    Ka_spielさんのコメント 9ヶ月前

    お互いにカードを出し合って片方のカードが除去されたならば、そのカードに対して追い討ちをかけることは可能です。(ルールブックにも本ケースの状況が例に記載されていますので確認してみてください。)

    因みに戦闘ルールの一新という点についてですが、基本セットですと単純にカードの攻撃力と体力の値が同じ値でした。また、カードごとに数値にばらつきがあるため、特に序盤ですが、弱いカードばかりでどうしようもない状況がありました。

    ですが、そこが見直されて、攻撃力と体力の値が別になり、その合計値を全てのカードで揃えることによりバランスがとられるようになっています。

    個人的には良い調整のように思います。

  • #2
    ちゃいさんのコメント 8ヶ月前

    ご返答頂きありがとうございます!

    やはり可能なんですね。

    どうもゲームの持ち主が勝手な解釈をしていたようでした。A^^;

  • #3
    新しいコメントを投稿します
    ログインするとコメントの書き込みが出来るようになります。

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク