マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 2018年~

アイスクール2Jarryさんのレビュー

191
名に参考にされています
2018年11月08日 22時51分

初代アイスクールは家族にもかなりの好評だったので、その続編登場!という言葉に飛びついて購入しました。

まだプレイできていないのですが、アイスクールとは何ぞや?についてお伝えします。


まず続編という表現なんですが、もともとストーリーと言えるものは無いので、そういった繋がりはありませんでした。そういう要素をちょっと期待していたので少し残念。。。

じゃあ初代と2との違いは何かといいますと、ほぼ”その見た目”です。

2では箱の配置が初代と反対(ちょうど鏡像の関係)になり、ペンギンと魚の色が異なり、さらに魚が木製からプラに変わっています。

そして初代にはないルールとして、途中で獲得する魚カードの1にチャレンジ可能なアクションが”課題”として設定されています。

課題は「壁飛び越え」「2つのドア通り抜け」「跳ね返りでドア通過」の3種類があり、プレイして達成すると追加の魚カードが得られます。

また魚カードの2を2枚プレイすると、任意の色の魚トークンを任意のドアに移動させられる、というルールも追加されてます。

”遊び”としてはこれらのルールの差しかありませんから、別バージョンもしくは上位互換版という表現の方がしっくりくるなと思います。


じゃあ購入したのは失敗か?というと、そうではありません(一瞬そう思いましたが…)。

初代と2とを組み合わせることでその価値が生まれるのです!

通常のマニュアルとは別に「アイスクール+アイスクール2」という別冊マニュアルがあり、複数の組み合わせ方とレースという新ルールが示されています。組み合わせの中には部屋(中箱)が条件でスライドするものもあります。

試しに夜中に一人で「最大の組み合わせ」で並べてみたのですが、なかなかの迫力!

単体を4人でプレイすると結構すぐに追いつけるけど、この広さで追いかけっこしたらどうなるか…。ん~、オラワクワクすっぞ!

早くプレイしたいな~、おばあちゃんたちもできるかな~、と思いつつ、まずは取り急ぎの購入レビューでした。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
  • まつなが
  • ぽっくり
Jarryさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 33興味あり
  • 4経験あり
  • 1お気に入り
  • 11持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルアイスクール2
原題・英題表記Ice Cool 2
参加人数2人~4人(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク