マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

オリノコ川の黄金Gold am Orinoko

川に丸太が何本も流れています。

プレイヤーはその丸太の上を歩いて川を渡り、

向こう岸の黄金を獲得していくゲームです。

設定だけ聞くと、楽しそうでワクワクします。

しかもHABA。

いやがうえにも期待しちゃいます。


所が、いざゲームをしてみると、

僕的にはそんなんに楽しめなかったです。すいません。

なぜかを考えてみると、コンポーネントからくるストレスが

ゲームの面白さを上回ってる事が原因な気がしました。


ゲームでは手番に毎回、サイコロを二つふります。

一方が自分のコマの移動で、もう一方が好きな丸太1つの移動です。


つまり丸太が頻繁にボード上を動くわけですが、

その割には、ボード上の丸太の移動のマス目がちょっと見づらいのです。

ボードを綺麗に見せるために、ちょっと目立たない色でマス目の線が描かれてるのです。

しかも沢山の丸太の上を頻繁にコマが移動するために

タイルである丸太がツルツルのボード上で

ちょっとのことでズレたりします。


この丸太、どっちのマス目やったっけ?

ってなことがよく起こります。


もちろん慎重に丸太を動かし、コマも慎重に動かせば問題ありません。


でも、そーゆうのに気を使うのはちょっとしんどいってゆーか

せめてマス目の線だけでも目立つ色で描いてほしかったかな。


とにかく、ゲームの面白さが、この丸太の位置に関するストレスを上回ってこないので

僕はイマヒトツでした。

家族の反応もイマヒトツな感じです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:レモネード
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 5経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルオリノコ川の黄金
原題・英題表記Gold am Orinoko
参加人数2人~4人(20分~30分)
対象年齢7歳から
発売時期未登録
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインベルンハルト・ヴェーバー(Bernhard Weber)
アートワーク未登録
関連企業/団体ハバ(HABA - Habermaaß GmbH)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 109
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月12日 22時10分

    川に丸太が何本も流れています。プレイヤーはその丸太の上を歩いて川を渡り、向こう岸の黄金を獲得していくゲームです。設定だけ聞くと、楽しそうでワクワクします。しかもHABA。いやがうえにも期待しちゃいます。所が、いざゲームをしてみると、僕的にはそんなんに楽しめなかったです。すいません。なぜかを考えてみると、コンポーネントからくるストレスがゲームの面白さを上回ってる事が原因な気がしました。ゲームでは手番に毎回、サイコロを二つふります。一方が自分のコマの移動で、もう一方が好きな丸太1つの移動です。つまり丸太が頻繁にボード上を動くわけですが、その割には、ボード上の丸太の移動のマス目がちょっと見づら...

    レモネードさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク