マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 5分~20分
  • 10歳~
  • 2020年~

ダイスガールズ第10弾ヤブロンさんのルール/インスト

51名 が参考
0名 がナイス
7ヶ月前

MobaM@S CARD GAME

DICE GIRLS track10

ルールマニュアル(2020.11.14)


【内容物】

●アイドルカード×39枚

●ルールマニュアル×1枚(本紙)


【はじめに】

このセットに収録されているアイドルたちの属性表記は、原作である「アイドルマスター ミリオンライブ!」と異なっておりますが

「DICE GIRLS」での基準に合わせるため、属性表記を下記のように変更しております。ご了承ください。


「原作」での属性表記 →「本作」での属性表記

Vocal          Cute

Dance          Cool

Visual          Passion


【ゲームの概要と勝利条件】

このゲームは「基本ルール」と「追加ルール」で構成されています。

どの遊び方も、自分のアイドルを1枚ずつ使ってダイスを振り、合計値が相手よりも大きくなる事を目指します。

自分のアイドルたちの合計値が一番大きければゲームに勝利します。


【ゲームの準備】

自分の前にカードを5枚程度並べられるスペースと、プレイヤー1人につき6面体ダイスを15個程度ずつ用意してください。


【基本ルール】


※最初に1回はこのルールで遊んでみてください。

a)じゃんけんなどで最初にプレイするプレイヤーを決めます。

b)アイドルカード39枚を裏向きでシャッフルし、お互いに6枚ずつ配ります。

c)配られた6枚のカードは「手札」となります。手札の中身を相手に見せない様、確認します。

d)自分の番のプレイヤーは手札から1枚選びプレイ(【カードのプレイ】参照)します。自分の番が終わったら左手のプレイヤーの番となります。

※1番最初のプレイヤーの1枚目のアイドルだけ、振るダイスの数が1個増えます。

e)全プレイヤーの前にカードが5枚並ぶまで、d)を繰り返します。

f)自分の前にあるアイドルたちの上にあるダイスの目を合計します。両者の合計値を比べ、大きい方が勝者です。同点の場合は引き分けです。


【カードのプレイ】

・アイコンはダイス「1個」、「2個」、「3個」、「?」の4種類が存在します。

「?」のアイコンは、カードの能力によって振るダイスの数が変化します。

・自分の番では手札を1枚だけ自分の前に出すことができます。カードを出したら、先にそのカードに書かれているアイコンに描かれた数だけダイスを振ります。

振ったダイスは、そのカードの上に置きます。次にそのカードに書かれている能力を適用します。

・例外として、アイコンが「?」のカードは、先にカードの能力を適用してから、ダイスを振ります。

・アイドルカードの能力は、可能な限り適用します。


【「MIX」について】

・カード能力の頭に『MIX「n」:~』とある能力を「MIX能力」と呼びます。

・MIX能力は、このアイドルの上にあるダイスの数が変動し、「n個」のダイスが置かれた時に発動する能力です。

・MIX能力は、条件を満たす度に発動します。


例1:MIX「4」の能力を持つアイドルの上にダイスが3個乗っている。

ここにダイスが1個乗っかる(計4個)と、MIX「4」が1回発動する。

この後、さらにダイスが1個乗っかる(計5個)が、MIX「4」は発動しない。

この後、ダイスが1個取られる(計4個)が、この場合はMIX「4」は発動する。



【追加ルール#1】

「ロチェスタードラフト」:2~3人用


a)じゃんけんなどで最初にプレイするプレイヤーを決めます。そのプレイヤーを「1番」とし、左回りに「2番」、「3番」となります。

b)アイドルカード39枚を裏向きでシャッフルし、山札としてプレイヤーたちの中央に置きます。

c)最初のプレイヤーは、山札の上から「参加プレイヤー×2枚」のカードを表向きにします。(例:2人なら4枚、3人なら6枚)

d)最初のプレイヤーから次のような順番で、表になっているカードの中から1枚を選んで、手札として取り、自分の前に置きます。

2人プレイ時:1→2→2→1

3人プレイ時:1→2→3→3→2→1

e)場に表向きのカードが無くなったら、「2番」のプレイヤーが「1番」と同じ役割になり、c)~d)を行います。

f)手札として取ったカードが「6枚」になるまでc)~e)を繰り返します。

手札が6枚揃ったら、「基本ルール」のd)以降と同じように遊びます。

※余ったカードは、今回のゲームでは使用しません。


【追加ルール#2】

「3セットマッチ」:2人用


※このルールで遊ぶには各自1セットのアイドルカードが必要です。

a)プレイヤーは39枚のカードを使って1チーム6枚の編成を3チーム作り、誰にも見られない様、メモに書き留めます。

(オプションルール:この時、表向きにするアイドルまで決めておくかどうかを事前に選択しておいてください。)

b)次に、実際のカードをメモに従って並べていきますが、この時、各チームの内、3枚は表向き、3枚は裏向きで並べます。

c)相手のチーム編成と見比べて、どのチームを使うか両者同時に宣言します。(合図を決めて使うチームを指さす等)

d)選んだチームで「基本ルール」のd)以降と同じように遊びます。

e)次の残った2チームの中からc)同じように選んで2回戦目を行います。

f)最後のチームで3回戦を行います。

g)ゲームの決着は3回戦終了時の得点の多い方です。同点の場合は引き分けです。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
大賢者
ヤブロン
ヤブロン
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルダイスガールズ第10弾
原題・英題表記Dice Girls Track10
参加人数2人~6人(5分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格1,000円
クレジット
ゲームデザインヤブロン(Yaburon)
アートワーク迫(Sako)
関連企業/団体くらげシステム(Kurage system)
拡張/関連元ダイスガールズ(Dice Girls)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ヤブロンさんの投稿

会員の新しい投稿