マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~120分
  • 12歳~
  • 2017年~

クランズ・オブ・カレドニアchocoxinaさんの戦略やコツ

545
名に参考にされています
2018年03月15日 20時09分

全氏族の簡潔なプレイガイドです。

以下、自ブログ http://chocoxina.hatenablog.com/entry/2018/03/13/183950 より引用


Clan Buchanan
能力:輸出タイルを二枚保持できる。十分な空きがあるかぎり一手で二枚の輸出タイルを確保できる上、建物ボーナスで常に6枚ドローできる。
通称箱おじさん

クランから得られる利益を最大化するためには、4,5ラウンド目にタイルを一手2枚取る必要があり、その為には2,3ラウンドあたりで一旦ぐぐっとしゃがまなければいけない。

ポジティブに言い換えると、後半のタイル獲得コストを誤魔化せるため、中盤はしゃがんで拡大に努めることができる。

拡大の際には、タイルのめくれ運をカバーするためウイスキーとパンを並行して作るとよさそう。

その時、どちらかに軸足を置いて、必要なときに強力な建物ボーナスをすぐ発動できるようにしたい。


Clan Campbell
能力:加工場を作るためのコストが低い。同じ加工場をたくさん作るとより安くなる。
通称加工場おじさん

何かひとつの加工品に特化して、それだけで輸出タイルかばんばん達成できれば文句なく強いのだが、そうそううまくいくことばかりではない。

そのため、麦畑を控えめにしてでもパン工場とウイスキー工場を並行して伸ばして受けを広げ、建物ボーナスの二度発動も視野に入れて動くとよい。

また、拡大コストを下げる氏族に共通することとして、開拓地ボーナスを積極的に狙っていきたい。


Clan Cunningham
能力:生産ラウンド終わりに廃棄した牛乳一つにつき8£
通称牛乳おばさん

牛乳が鉱夫よりも割りの良い収入源になる。
状況を選ばず役に立つがいくつか気をつけたい点もあって
・牛肉が払いにくい
・周りの状況にもよるが、恐らく開拓地ボーナスは諦めることになる
あたりには注意。


Clan Fergusson
能力:初期配置の際にミープルを3つ、すべてマップのヘリに配置する。航海スキルをプレイ人数に応じて2〜3段階上げてゲームを開始する。
通称辺境おじさん

「港能力がすぐに使える」「安い土地をガメやすい」という二つの強みがあるが、航海スキルを活かすなら港を優先し「ただちに10金」「輸出タイルの肉を代替」「資材を増やす」あたりを取りたい。

初期配置で明らかに空いているところがあるか、C1マップのように中央の湖が辺境に近いなら、安い土地をガメに行くのもあり。

ゲーム後半に「マップ淵にある2ユニットにつき3点」の得点タイルがあるとけっこうな点数を出してくれる。


Clan MacDonald
能力:ミープルが漁師(湖に配置できる)にもなる
通称漁師おばさん

ほうぼうで使い方がようわからんと言われる漁師おばさんだが

「安い土地(湖を含む)をガメる」「余った金で早めに追加の収入源を作る」ができれば安定する。

特に、競争率が低い・地価ゼロ・アクセス良好の優良物件である湖と、山と比べて競争率の低い森に積極的に展開しよう。


Clan MacKenzie
能力:ウイスキーを1つ作るごとに3£。ウイスキーを熟成させると、熟成ターン数に応じて収入。
通称ウイスキーおじさん

ウイスキーを作ったときの3£と、ウイスキーを売ったときの収入がメイン。

麦畑をムリに増やして躓かないよう、「買った麦でウイスキーを作る」という手も考慮しよう。

説明書にも書かれている通り、熟成アクションは「ウイスキーの相場が安く達成にも使えない」というとき以外やる必要はないと思う。
(14金得るまでの2ラウンドの間に、ウイスキーを売った金で工場をもう一つ建てられる)


Clan Robertson
能力:三角州に配置するユニットのコストが安い
通称三角州おじさん

心の赴くまま手なりで三角州に展開するだけで「肉が安い」「開拓地ボーナス取りやすい」等の追加のメリットが得られる。

8つの三角州が密集するD2マップが庭。

相対的にマップが広く陣取りで負けにくい1or3人プレイで特に強い。


Clan Stewart
能力:商人コマを追加で3個得る。市場に行くたびに1£を得る
通称商人おばさん

売買時のボーナスを活かすためにコンスタントに購入(→達成)するのがセオリーと思われるが、 「初期資源全部売ってミープルに投資」「ラウンド終わりに隣接ボーナスで何か買い込んで次ラウンドで売っぱらう」
などいろんな金策が考えられる。

拡大の際は何かに特化するよりも、2種類ほどの加工品をそこそこ作れるようにするとよい。
(複数種の資材がちょっとずつ足りない、という状況をつくりやすく、そうすると市場で細かく稼げる)


Clan MacEwan
能力:輸出タイルを履行するたび、書かれているホップ一つにつき麦を一つ消費して9£を得る(最大1手に3つまで)
通称ビールおじさん

ビールで安定した収入を得るためには安定した契約の達成と安定した麦の供給が必要。

なので一旦しゃがんでドカン、という戦略は取りにくく、コンスタントに達成と拡大を両立することになる。

常に数手先を見据えて動き、安定したキャッシュフローを築く必要があるため、上級者向けか。

余談として、ビールおじさんは9つの氏族の中で唯一明確にチーズに特化する動機があるので、この氏族を相手にするプレイヤーは覚えておくと隣接ボーナスや相場観で得ができるかも知れない。

7
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 極東
  • NAGADER
  • Kruck
  • T_KING22
  • kanamatan
  • sokuri3510
  • ハンペン
クランズ・オブ・カレドニア
クランズ・オブ・カレドニアの通販
世界最大級のボードゲームイベントにおいて、人気投票一位となった話題作!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 8,800(税込)
chocoxinaさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 279興味あり
  • 478経験あり
  • 192お気に入り
  • 398持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力30
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見21
作品データ
タイトルクランズ・オブ・カレドニア
原題・英題表記Clans of Caledonia
参加人数1人~4人(30分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿