マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

究極の選択 いい質問だ!That's a Question!

AかBか、どっちも捨てがたい、どっちも嫌だ...いい質問だ!

答えるのが難しい、でも、この人ならこう答えるかな?どうだろう?という究極の二択を作り出すクイズゲーム。

プレイヤーは質問者、回答者、予想者になります。
質問者になったプレイヤーは回答者を指名し、「あなたはどちらを選びますか?」「最悪な人(こと)はどちらだと思いますか?」「この世からなくなったら困るもの。あなたはどちら?」の三つの質問から一つを選んで、手札からその質問の選択肢となるカードを2枚出します。予想者は回答者がどちらを選択したか予想します。
予想が当たれば予想者が得点し、外れれば質問者が得点します。回答者は常に得点します。
山を登っていくリスコマが得点マーカーです。
予想が当たったときに得点が3倍になる3倍トークンや、みんなの予想が外れた時に得点できる難問トークンがゲームに刺激を加えます。

リスコマを誰よりも高いところに登らせるためには、回答者が悩むような究極の選択、いい質問を作らなければいけません。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. うさこうさこ
マイボードゲーム登録者
  • 20興味あり
  • 61経験あり
  • 1お気に入り
  • 33持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル究極の選択 いい質問だ!
原題・英題表記That's a Question!
参加人数3人~6人(30分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 170
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月27日 15時26分

    やることは「質問する、答える、答えを予想する」だけ。シンプルだね。個人的には、"究極の選択"と銘打つには、質問カードの内容はもっと突っ込んだ内容にしてほしいな、というのが正直な感想。プレイヤー同士が知り合いである方が、"あいつならこう考えるだろう"という憶測が楽しめる。ゲーム感は、Dixitのお題の絵札を2択の質問に置き換えて、ウサギがリスになったって感じ。(伝わる人にはこれで伝わる)以下ざっくりとしたルール。出題者は質問が描かれた手持ちカードから2枚を選択し、2択の質問を出す。回答者は質問に対して"A"か"B"の札を裏向きで出して回答する。予想者は回答者が出した札を予想して、"A"か"...

    おっきーさんのレビューを読む
  • 203
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月27日 08時01分

    遊んでどうだったかって?いい質問だ!システムは単純でメンツを間違っていなければ、大概盛り上がりです。手番プレイヤーは1人のプレイヤーに2択の質問をします。(例:この世からなくなって困るのはどっちですか? A:焼肉 B:魚)他プレイヤーは質問された人がA•Bどちらを選んだか予想します。その予想を当たれば点数が手に入り、質問した側はその予想が間違った数だけ点数が手に入る。といった感じの箱の表紙通りのザ・パーリーゲームです。遊んで思ったことは、プレイヤー依存ですね。皆がパーリー好き、勝つより笑い合いたいプレイヤーでないと面白さが成り立たない気がしました。ここでは説明しませんがドングリの要素が各...

    82BGさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク