マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 45分前後
  • 7歳~
  • 2008年~

ワウワウ82BG@GM2日目(F04)さんのレビュー

104
名に参考にされています
2018年10月06日 18時17分

☆5

耳からプレイする変態ウノ

 

ルールはほぼウノなのですが、カード(?)を耳に引っ掛けては覚えてプレイするという特徴があります。

 

勝利条件は手持ちの手札も耳に掛けたカード(?)も無くすことです。

 

ここで使うカードは色とマークが付いています。大きさは手の平ぐらいあって中に穴が空いていて、耳に掛けることができる仕様になっています。厚みがあるのでタイルとも呼んでいい気はするのですが、ここではカードとします。

 

各プレイヤーは最初に手札が5枚で、そのうち2枚は右耳と左耳に掛けます。その2枚は覚えて、他のプレイヤーに露出するようにします。

 

ゲーム進行は有名なゲーム「ウノ」とほぼ一緒で真ん中に出ているカードに対してマークが色が合っているカードをプレイして自分の持つカードを無くせれば勝ちです。さらに、最後の一枚になったら「ワウ!」と言わなくてはいけません。

違うところは、基本的に耳からカードを出さなくてはないという点です。

もしも他のプレイヤーから見て、耳からカードを出せる条件なのに手札からカードを出してしまうと、それを指摘してくる可能性があります。

指摘が成功したり、耳からカードを出して実際に置けなかった場合は山札からカードを引かなくてはなりません。さらに、耳からカードを出すことに成功したら手札からまた1枚を耳に掛けないといけません。

 

最後の一枚になって「ワウ!」と宣言して、な耳からカードを出してあがって勝ちです。

 

 

遊んでみた感想としては、思ったより盛り上がらなかったです。

ゲーム始まる前の「え?耳にかけてゲームするの?」というワクワク感あるやり取りは面白かったのですが、ゲームが始まるとカードを覚える必要が出てきて口数が減ります。それに最後の一枚になったプレイヤーが現れるとカードが出されないように、場にカードを出すので注目されると勝てないです。

耳にかけて自分以外のカードが見えるというアイディアは面白いのに、そのアイディアによる盛り上がりは少ないと感じました。

 

記憶するよりも、自分の耳にあるカードを当てる推理よりのゲームか、他の人の耳からカードをプレイするパーティーのようなゲームだったら、もう少し盛り上がりどころがあったような気がします。


遊評☆5


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
82BG@GM2日目(F04)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 4経験あり
  • 0お気に入り
  • 2持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルワウワウ
原題・英題表記Wau Wau
参加人数2人~8人(45分前後)
対象年齢7歳から
発売時期2008年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

82BG@GM2日目(F04)さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク