マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

スタッフブログ

大阪府大阪市北区
356PV
5ヶ月前
ドミニオンの廃棄と銀貨の購入について比較〜デッキの平均金量で考える〜

今回は、デッキに銀貨を入れた場合と、屋敷を廃棄していく場合の平均金量の推移について話をします。


●ドミニオンの初期デッキについて


初期デッキは、銅貨7枚、屋敷3枚から構成されています。


この場合、1枚あたりの平均金量は、7/10により、0.7です。

つまり、5枚手札を引けば、0.7×5で3.5金となり、およそ3金と4金が出やすいと考えられます。


これが、親から与えられた物です。

もっと頂戴!と思いますが、幸運にもチャンスは与えられています。


●屋敷を廃棄していく


屋敷を1枚ずつ廃棄していきましょう


平均金量の推移は、

0.7(初期デッキ)→0.78(1枚廃棄)→0.875(2枚廃棄)→1(3枚廃棄)


●銀貨を購入していく


屋敷の廃棄はせずに、銀貨を1枚ずつ購入していきましょう。


平均金量の推移は、

0.7(初期デッキ)→0.82(1枚購入)→0.92(2枚購入)→1(3枚購入)


●比較


屋敷廃棄パターン

0.7(初期デッキ)→0.78(1枚廃棄)→0.875(2枚廃棄)→1(3枚廃棄)


銀貨廃棄パターン

0.7(初期デッキ)→0.82(1枚購入)→0.92(2枚購入)→1(3枚購入)


屋敷廃棄パターンより、銀貨廃棄パターンの方が素早く平均金量が上がるが、3枚廃棄or購入となったところで、どちらも同値になる。


これは、廃棄の方はデッキのリソースが増えていないため、序盤のデッキの成長は遅い。

しかし、デッキの総枚数が少なくなることで、1枚あたりのカードの価値が重要になってくることに起因しています。


●あくまで平均金量


銅貨7枚のデッキと銀貨3枚銅貨7枚屋敷3枚のデッキでは、どちらも平均金量は5金です。


銅貨7枚の方はどうやって引いても、5金になります。


銀貨の方は、最大8金から最低2金があり、平均が5金になります。


どちらのデッキも作ることができる場合、デッキの作成の途中でどちらを目指すかで指針が変わるでしょう。


●屋敷の廃棄と銀貨の廃棄


屋敷の廃棄と銀貨の購入について考えてみましょう。


写真の通りとなります。


※エクセルとかじゃなくてごめんね


屋敷の廃棄枚数+銀貨の購入枚数=3

の時は、どれでもデッキの平均金量は1となります。


屋敷の廃棄枚数+銀貨の購入枚数≦3 

の時は、銀貨を購入する方が、デッキの平均金量は1に近づきます。


屋敷の廃棄枚数+銀貨の廃棄枚数>4

の時は、銀貨を購入するより、屋敷を廃棄した方がデッキの平均金量があがります。


●つまり何が言いたいのか


・屋敷を廃棄することで5金に近づけることも可能である。


・銀貨を購入するのは、5金への近道


・銀貨の購入枚数は2枚で効率の最大を迎える 銀貨の3枚目の購入は、1枚屋敷を廃棄するのと同じである


・これらから、序盤は銀貨を2回購入する機会があったとしたら、1ターン目と3ターン目などに、2ターン目などに屋敷を廃棄することを行った方が効率が良くなるパターンが多いと思われる。


廃棄カードの関係でそんなに単純に考えにくいですが、参考までに。。!!

仙人
ボードゲームカフェプラス@梅田
ボードゲームカフェプラス@梅田
シェアする

バックナンバー