マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

開催イベント

沖縄県那覇市

2018年4月15日 日曜日 18時00分~

【TRPG】夜を駆けぬけろ 第1夜【人狼】
44
回表示されています
投稿日:2018年03月26日 01時02分


キミは、この夜を越えられるか?


ソイツはまるで ──

息を吸うように殺害し、

息を吐くようにウソをつく。

今も殺戮の衝動に狩られて、

獲物を虎視眈々と狙っている。

しかし、その正体はキミかもしれない……。

悪魔の手から逃れ、

無事に7日間を過ごすことができるのか!?




「夜を駆け抜けろ」とは?


当店「五郎茶屋」が生み出したオリジナルゲーム!

正体隠匿の定番であり、ストーリーテリングと推理が醍醐味である

人狼(ワーウルフ)」

キャラクターごとに特長が異なり、ダイスの出目判定やロールプレイが面白い

テーブルトークRPG

この2つを組み合わせた、新感覚のゲームです。


まだ人狼やTRPGを遊んだことのない方々にも

遊びやすいものとなっております。




日時:4月15日(日曜)

   第1回18時〜19時ごろ

   第2回20時〜21時ごろ

   第3回22時〜23時ごろ

定員:毎回8名

時間:約60分〜75分

料金:1,600円(税込)1ソフトドリンク付き




実際にどのように遊ぶかを知りたい方は

以下の長文をご覧ください。




判定方法


【村人】処理順:1(昼)/ 勝利条件:人狼の過半数が死亡。

・吊られる者の説得値が、隣人(右隣プレイヤー)の意志値を上回らなければ、処刑できない。


例:村人の「ジョン」は説得値3+1D6

  村人の「ユーリ」は意志値5+1D6


  「ジョン」役のAさんはダイスを振り、5を出した。

  →処刑されると思うと必死だ。説得値は8である。

  「ジョン」の右隣に座る「ユーリ」役のBさんはダイスを振り、3を出した。

  →いつも頑固な彼の意志がゆらいでいる。意志値は8である。


  結果

  【ジョンの説得値=ユーリの意志値】

  ジョンは容疑者として捕まってしまう直前まで、

  隣人であるユーリに処刑の取り下げを頼んでほしいと説得した。

  ユーリの意志はゆらいだが、最後は「村全体で決めたことだ…」と

  呟き、ジョンの処刑が執行された。



【人狼】処理順:2(夜-1)/ 勝利条件:村人の過半数が死亡。

・人狼の攻撃値が、襲う者の防御値を上回らなければ、襲撃できない。


 例:人狼の「エミリー」は攻撃値7+1D6(=6面体ダイスを1回振ること)

   村人の「ミカエル」は防御値6+1D6


   「エミリー」役のCさんはダイスを振り、5を出した。

    →今夜の「エミリー」は調子がいい。攻撃値は12である。

   「ミカエル」役のDさんはダイスを振り、2を出した。

    →「ミカエル」は不安で注意力が散漫だ。防御値は8である。


   結果

   【エミリーの攻撃値12>ミカエルの防御力8】

   エミリーは無防備なミカエルを背後から襲った。

   不意打ちを喰らった彼は対応できず、

   ただただエミリーの鋭い爪と牙に蹂躙される。

   ミカエルは翌朝、無残な姿で見つかった……。




【占い師】処理順:3(夜-2)/ 勝利条件:人狼の過半数が死亡。

・占い師の判断値が、占う者の回避値を上回らなければ、占えない。


例:占い師(村人)の「ポール」は判断値4+1D6

  狂人の「クリスティン」は回避値6+1D6


  「ポール」役のEさんはダイスを振り、3を出した。

  →いつも通りのコンディション、といったところか。判断値は7である。

  「クリスティン」役のFさんは2を出した。

  →調子は悪いが、もともとのらりくらりとしている彼だ。回避値は8である。


  結果

  【ポールの判断値<クリスティンの回避値】

  ポールはクリスティンこそが怪しいと感じ、

  彼が人か人狼か占うことに決めた。

  夜にしか見えない水晶玉を覗くと…曇っている。

  彼がただの狂人なのか、人狼なのかは分からないままだ。




【狂人】処理順:4(夜-3)/ 勝利条件:村人の過半数が死亡。

・その夜に出た目により、次の昼に行う言動を変えなければならない。


例:1〜2が出た場合、占い師であることを驕る。

  3〜4が出た場合、善良なる村人であることを驕る。

  5〜6が出た場合、狂人であることをカミングアウトする。

  「クリスティン」役のFさんは4を出した。

  すでに村には3名しか残っておらず、

  うち1人は人狼であることが知れているが、

  自身が善良なる村人であることをアピールしなければならない。


 結果

  クリスティンは気が触れてしまっている。

  1日寝れば言うことが変わり、

  2日経てば何食わぬ顔で一昨日と同じようなことを言っている。

  今日の彼は意識がしっかりとしているようで、

  善良なる村人であると皆に語っている。

 


進行方法


自分のキャラクターを選ぶ。

役職を決める。


全員ダイスを振っておく。

GMが出目を確かめる。


全員目をつむる。

人狼だけ目をあけ、GMが確認する。


全員目をつむる。

占い師だけ目をあけ、占う相手を指差す。

GMが出目を見て、結果をカードで伝える。

カードの種類:「占い失敗!」「人狼」「村人」


全員目をつむる。

狂人だけが目をあける。

GMが念のため、今回の振る舞いをカードで伝える。

カードの種類:「村人」「占い師」「カミングアウト」


昼のターンで処刑する者を決めたら、

処刑する者がまず、ダイスを振る。

次にその右隣の者がダイスを振る。

処刑可否の判定を行う。


夜のターンが来る前に、事前準備を行う。

ダイスを振り、GMが目視で出目を確認する。


全員が目をつむる。

人狼だけが目を開け、襲撃相手を指差す。

GMが出目を見て、結果確認する。


全員が目をつむる。

占い師だけが目を開け、占い相手を指差す。

GMが出目を見て、結果をカードで伝える。

カードの種類:「占い失敗!」「人狼」「村人」


全員が目をつむる。

狂人だけが目をあける。

GMが念のため、今回の振る舞いをカードで伝える。

カードの種類:「村人」「占い師」「カミングアウト」


10

翌朝の結果で、

・襲撃が成功したか

  →成功した場合、誰が食われたかを伝える。

  →失敗した場合は「失敗した」のみ伝える。

を伝えたのち、昼の議論が展開される。

この先は5〜10を繰り返す。



注意


・人狼、村人、占い師問わず、出目を伝えても良い。

・もちろん出目についてはウソを言っても構わない。

・実際の出目を見せることは不可能である。

 (実際の出目はGMのみ確認する)


近日開催予定のイベント

終了したイベント