5人~8人で遊べる
人気ボードゲーム・おすすめランキング

このランキングは、最大参加人数が5人以上~8人以下で登録されているボードゲームのうち「経験あり」に対して「お気に入り」の登録割合が高いボードゲームから順にリストアップしています。また20名以上が「経験あり」に登録しているボードゲームが集計対象となっています。ボドゲーマにログインすると、各ボードゲームの横に表示されているボタンから、マイボードゲームに追加することができます。

通信販売ショップはこちら
  • 1エルグランデ ビッグボックス(El Grande Big Box)
    ボードゲームのレビュー1件

    エルグランデ ビッグボックス(El Grande Big Box)

    名作エルグランデに5つ拡張版を同梱した盛々セット!心ゆくまで遊び尽くそう

    クラマー&ウルリッヒによるエリアマジョリティの大傑作。 ノーマル初版は1996年のドイツ年間ボードゲーム大賞作品である。 その発売20周年を記念してこれまでに出た全拡張をセットにしコンポーネントにも改良が加えられえた豪華版が、このエルグランデビッグボックスである。 騎士駒がミープル型になり色もカラフルになったので、これまでの硬派な雰囲気ではなくちょっとポップになったのもビッグボックスの特徴だ。 スペインが舞台の陣取りゲームである。 プレイヤーは自分の騎...

    • 27人
    • 22人
    • 12人
    • 57人
  • 2弱者の剣(Sword of Weak)
    ボードゲームのレビュー2件

    弱者の剣(Sword of Weak)

    それは「弱者の剣」。強きを覆し、世界を改める。革命の一振り。

    永い間、争いが続いている、6つの王国がありました。 どの王国も疲れており、争いからの脱出を狙っているのですが、なかなか成功しません。 プレイヤーは、そんな争いの真っ只中にいる六王国の王様。 「弱者の剣」の一振りで、情勢を一気に覆し、誰よりも早くこの争いから抜け出しましょう! 数字と色だけと用いたシンプルなゲームデザインで、逆転の駆け引きが楽しめるカードゲームです。 プレイヤーは場の数字より大きな数字のカードを出していき、手札が0枚になると勝利となります。...

    • 41人
    • 24人
    • 12人
    • 27人
  • 3テラミスティカ:氷と炎(Terra Mystica: Fire & Ice)
    ボードゲームのレビュー3件

    テラミスティカ:氷と炎(Terra Mystica: Fire & Ice)

    新たな勢力や地形、得点獲得の方法を考慮して勢力争いに勝利しよう!

    魔法ファンタジー世界「テラミスティカ」では、気候変化によって火山や氷河が現れ始めます。それにより新たな勢力も発生し、定住しようと侵攻を始めました。 このボードゲームは「テラミスティカ」の拡張セットとなります。これ単体で遊ぶことはできません。基本的なルールはそちらを参照してください。 この拡張セットでは新たな地形と共にそれに属する種族も追加となっています。また、様々な地形に対応した可変勢力が現れたのも重要です。これらによりプレイ順番や地形変化にも大きな変更がありま...

    • 48人
    • 58人
    • 29人
    • 57人
  • 4スノーマンション(Snow Mansion)
    ボードゲームのレビュー2件

    スノーマンション(Snow Mansion)

    吹雪の山荘で殺し合いをするゲームです。(平和的に過ごすこともできますが、ゲームシステム的に殺し合いになることが多いです。)4ラウンドを行い、毎ラウンド「殺害」「口封じ」「捜査」「護衛」「正当防衛」「立て篭もり」「告発」から1枚と人数分のブランクカードを任意のプレイヤーと館の主(仮想プレイヤー)の前に1枚ずつ置いて、イベント処理を行います。脱落したプレイヤーは以降のラウンドには参加できません。最もポイントが高いのが、館の主の殺害と最終ラウンドでの生存なため、他プレイヤーに...

    (最も読まれているレビュー「ガラス猫さん」の投稿を表示しました。)

    • 16人
    • 26人
    • 12人
    • 23人
  • 5シヴィライゼーション:富と名声(拡張)(Sid Meier's Civilization: The Board Game – Fame and Fortune)
    (※Amazonでのレビューを本人が転載しております。) 以下、既存のCivilizationボードゲームを持ってる人向けの解説となります。 基本セットのゲームに追加で、特筆するべき要素として以下の要素が追加されます。 ・5人プレイ用の新規マップ、フィギュア、タイル、カード一式 ・新規技術 ・新規文明 ・新規村、小屋マーカー ・偉人カード ・投資 ・首都のメトロポリス化 ・遺産 ○偉人カード 偉人の取得のルールが変更され、 偉人カー...

    (最も読まれているレビュー「oshio_senseiさん」の投稿を表示しました。)

    • 25人
    • 31人
    • 14人
    • 38人
  • 6大鎌戦役 / サイズ(SCYTHE)
    ボードゲームのレビュー12件

    大鎌戦役 / サイズ(SCYTHE)

    美しいアートワークと独特な世界観に浸れる、牧歌的戦略ゲーム。

    舞台は第一次大戦が終わったばかりの架空の東欧。ファクトリーと呼ばれる勢力がメックという機械兵器をもたらすが、突如としてその門を閉ざしてしまった。 プレイヤーは各勢力のキャラクターとなり、ワーカーを派遣して資源を生産したりそれを元に発展させ東欧の覇権を握るために奔走することになる。 各勢力はそれぞれ固有の能力を持ち、それを活かしながら拡大生産と侵略を進めていく。 当然いつかは勢力間で戦闘が起こるのがこういったゲームの常だが、このゲームは違う。 戦闘を仕掛け...

    • 161人
    • 109人
    • 49人
    • 68人
  • 7マンション・オブ・マッドネス:第二版(Mansions of Madness: Second Edition)
    2016/12/20 更新【まえがき】アメリカのメーカー「Fantasy Flight Games」社が、2011年に発売した重量級ゲーム「Mansions of Madness(邦題:マンションズ・オブ・マッドネス)」の第2版となります。旧版は国内でも流通しており、この第2版も国内に流通しています。ゲームはクトゥルフ神話をテーマにしたRPGに近い内容のボードゲームで、探索、謎とき、戦闘が主になっているゲームです。なお、タイトルにある「マンション」ですが、日本では「中高...

    (最も読まれているレビュー「moroさん」の投稿を表示しました。)

    • 66人
    • 47人
    • 21人
    • 57人
  • 8ファクトリー・ファンナー(Factory Funner)
    • 28人
    • 41人
    • 18人
    • 23人
  • 9フードチェーンマグネイト(Food Chain Magnate)
    ボードゲームのレビュー11件

    フードチェーンマグネイト(Food Chain Magnate)

    ベテラン向け!?運要素一切無しのガチガチにハードな超大作

    皆さんハンバーガーは好きですか? フードチェインマグネイトは複数のタイルによってできた街にハンバーガーやピザ、レモネードやコーラ等を売ってお金を稼ぐゲームです。しかし、開始時点でハンバーガーを知る街の人は居ません。家で肉じゃが食ってます。 そして商品もありません。初期状態では作る事すらできません。プレイヤーは社長として様々な役職の人を雇い宣伝、製造、販売まで全てを行わなければなりません。これは相当に苦しい。だからこそ上手くいき始めた時の喜びは他の作品ではなか...

    • 192人
    • 108人
    • 47人
    • 126人
  • 10ゾンビサイド(Zombicide)
    ボードゲームのレビュー5件

    ゾンビサイド(Zombicide)

    武器を捜して、迫り来るゾンビを倒して倒して倒しまくれ!まさにアメリカンパニックムービーの様な協力ボードゲーム!

    プレイヤーは個性豊かなキャラクター(以下サバイバー[生存者])を操作し、ゾンビが迫り来る世界を生き抜く協力系ボードゲームです。 始めは釘抜きやフライパン等の貧弱な武器ですが、部屋の中を探索する事でショットガンやチェーンソーなどの強力な武器を手に入れることができます。ですが、ここはゾンビ溢れる世紀末な世界!武器を捜している最中に突然ゾンビが現れることも! ゲームの進行はシナリオに沿って行われるため、なんとソロプレイも可能! ルールブックに収録された10の基本...

    • 59人
    • 44人
    • 19人
    • 45人
  • 11ディセント:第2版(Descent: Journeys in the Dark (Second Edition))
    ボードゲームと言う趣味にハマるきっかけになったRPGゲーム。世界を闇で支配しようと目論むオーバーロード(1人)とそれを阻止しようとする英雄(1〜4人)で戦います。全てのミッションを続けて遊ぶ事で、ひとつの大きな物語になっています。もちろんミッションを個々に遊ぶ事も出来ます。40体近く入ってるミニチュアたちが、盤面でそれぞれの能力をダイスに託して、攻防を繰り広げる様がとてもワクワクします。想像力を刺激してくれる細かな設定の数々や個性的なキャラクターたち。ド派手な演出なんて...

    (最も読まれているレビュー「chakanosukeZZさん」の投稿を表示しました。)

    • 28人
    • 42人
    • 18人
    • 62人
  • 12ツォルキン:部族と予言(Tzolk'in: Tribes & Prophecies)
    ボードゲームのレビュー0件

    ツォルキン:部族と予言(Tzolk'in: Tribes & Prophecies)

    ツォルキン拡張セット。追加ルールにより制限がかかり、よりスリリングな対応が求められる!

    ボードゲーム「ツォルキン:マヤ神聖歴」の拡張セットです。これ単体で遊ぶことはできません。拡張セットでは新たにいくつかのルールが追加されています。 まず、「部族」についてです。ゲーム開始前に、各プレーヤーは裏返した部族タイルの中から2枚ずつ取り、そのうち1つを選択します。プレーヤーは選択した部族となります。この部族にはそれぞれ特殊能力があり、かなり大きな変化が与えられます。そのため、良く内容を把握しておくことが大事になります。 次に「予言」について説明します。予言とは...

    • 32人
    • 47人
    • 20人
    • 49人
  • 13テレストレーション(Telestrations)
    ボードゲームのレビュー14件

    テレストレーション(Telestrations)

    絵と文字を使った伝言ゲーム!皆でワイワイ楽しむパーティーゲーム!

    このボードゲームは、簡単に言えば伝言ゲームのようなものです。 まず、お題となるカードボックスには両面にお題が書かれているので、どちらの面を使うかを決めておきます。カードボックスから1枚引いた後、サイコロを振ります。サイコロの目に対応するお題が書かれているので、スケッチブックにお題を書いてスタートプレーヤーに渡します。 スタートプレーヤーはお題を見て連想できる絵を描きます。描く時間は、付属の砂時計を使って行うと良いと思います。描いたら次の人に渡し、その絵から連想さ...

    • 111人
    • 526人
    • 222人
    • 293人
  • 14センチュリー:スパイスロード(Century: Spice Road)
    ボードゲームのレビュー11件

    センチュリー:スパイスロード(Century: Spice Road)

    ドミニオン+宝石の煌き!?コンボとリソース管理で世界を股にかけたスパイス貿易が始まる

    あなたは15世紀の貿易商。各地を回ってのスパイス貿易で、誰よりも富と名声を高めることが目的です。 あなたの商会には少量のスパイスと、決して有能とは言い難い商人が居るだけです。顧客の求めるスパイスを集める為には、新たな商人を雇い入れ、複数の商人で効率的な貿易ルートを組み立てる必要があります。 ライバルの動向も注視しましょう。大きな取引のできる顧客は限られています。ライバル達は先回りしてあなたの顧客を掠め取ろうと、あなたの貿易をつぶさに見ています。ほんの少し先を...

    • 49人
    • 141人
    • 59人
    • 81人
  • 15村の人生:港町(Village: Port)
    ボードゲームのレビュー2件

    村の人生:港町(Village: Port)

    「港町」と「人生の目的」ふたつの拡張のセットです。それぞれ別々に,また「酒場」と組み合わせて遊ぶこともできます。港町旅アクションで大海原に船出できるようになる拡張です。船長を雇い船を出して,遠くの島でココアや紅茶を仕入れ市場で売りさばいたり,コインの詰まった宝箱を手に入れたり,一族を宣教師として派遣して名誉点を稼ぐことができます。ココアが7点,紅茶が5点+1金と高値で売れ,いちばん遠い島に宣教師を派遣するとなんと12点も入るので,あれだけ地味だった村の人生が派手なゲーム...

    (最も読まれているレビュー「nyanwigさん」の投稿を表示しました。)

    • 22人
    • 29人
    • 12人
    • 49人
  • 16ランカスター(Lancaster)
    ボードゲームのレビュー3件

    ランカスター(Lancaster)

    権力争いに対外戦争、そして議会で法案の採択。栄誉ある貴族となるために思考するワーカープレイスメント+αなゲーム

    舞台は15世紀。プレイヤーはイングランドに領地を持つ一領主となって国王の歓心を得るべく奮闘していきます。 ゲームは5ラウンド行われ、1ラウンドは3つのフェイズで構成されています。 1つ目の騎士配置フェイズでは、手持ちの騎士駒をイングランドの各州やフランスとの戦争に派遣します。 州には配置することで得られる様々な報奨(騎士を増やす、レベルアップさせる、お金を得る、勝利点を得る等)があり、それを獲得するために騎士を配置していくのですが、このゲームのワーカー...

    • 33人
    • 63人
    • 26人
    • 62人
  • 17ナビゲーター(ナヴェガドール)(Navegador)
    大航海時代のポルトガル。プレイヤーは商人であり冒険家であり、そして未開の地を開拓する開拓使でもあります。砂糖や金、香辛料にそれを生産する植民地や加工販売する工場、さらには未開の地を冒険する名誉などを求めてはるか東方の果てにある島国ジパングを目指すゲームです。メインシステムはマック・ゲルツ氏おなじみのロンデル。過去作のリメイク「古代2」と「古代 対決」を除けば現状最も新しいロンデル採用作となり、相変わらずのスマートさと悩ましさでプレイヤーをうならせてくれます。また、戦争が...

    (最も読まれているレビュー「大石さん」の投稿を表示しました。)

    • 45人
    • 129人
    • 53人
    • 130人
  • 18毒の王冠(Doku no Oukan)
    ボードゲームのレビュー4件

    毒の王冠(Doku no Oukan)

    王に成りたくば、親兄弟に毒を盛れ

    死に瀕した王が言った。『すべての王の血筋の者に、王位継承権を渡す』 国中に存在した王の隠し子たちが自分こそが王にふさわしいと名乗りを上げた。暗殺と謀略が渦巻く、世界で最も醜い戦いが始まる。自分が王座につくために邪魔する相手に毒を盛れ。 自分が王座につくために邪魔な相手にこっそりと毒を盛れ。 毎ターン誰に毒を盛るか投票し、最多得票者に毒が盛られる。盛られた側は誰が自分に毒を盛ったか考え報復を行う。以下にばれないように邪魔なやつを消すかが勝負の鍵となる。 王...

    • 16人
    • 22人
    • 9人
    • 22人
  • 19将軍(Shogun)
    ボードゲームのレビュー2件

    将軍(Shogun)

    時は戦国世は乱世。激動の日本を舞台に、将軍の座をかけた国盗り合戦が幕を開ける。

    同デザイナーの名作「ヴァレンシュタイン」。その舞台を日本の戦国時代に移した、競りあり、陣取りあり、経営ありの戦略マルチゲームが本作「将軍」です。 プレイヤーは徳川家康や武田信玄などに代表される戦国大名となり、軍勢を派遣して領国を拡大したり、領国からお金や兵糧米を徴収したり、領国に寺社や城を建設したり、圧政に立ち上がる一揆を鎮圧したりしながら名声を高め、将軍となることを目指します。 10種類のアクションを各自同時に計画、実行するスマートなシステムに、ロマンあふ...

    • 23人
    • 32人
    • 13人
    • 45人
  • 20カルカソンヌ(Carcassonne)
    ボードゲームのレビュー23件

    カルカソンヌ(Carcassonne)

    地形を作って占領ポイントをゲット!自分を育てるか・相手を潰すかはあなた次第。

    やることは、引いたタイルを並べて駒を置くだけ! 道や街を作って得点を競うのが、カルカソンヌです。簡単なルールですが、世界大会が行われる程多くの人に愛されているボードゲームでもあります。 得点は、街や道が完成をした時に自分の駒が置いてあると得る事ができます。この時、使っているタイルが多ければ多い程得点は高くなります。大きい街や長い道を作る事が高得点を狙うポイントのひとつですが、そう簡単にはいきません。 完成した街や道に他の人の駒が多く置かれていたら得点はでき...

    • 113人
    • 912人
    • 369人
    • 837人
  • 21シャドウハンターズ(Shadow Hunters)
    ボードゲームのレビュー7件

    シャドウハンターズ(Shadow Hunters)

    敵を欺き、混戦を制せ!招待隠匿型サバイバルゲーム

    シャドウハンターズは、悪魔の巣食う森の住人「シャドウ」と、それらを狩る「ハンター」の戦い、そしてそんな最中に森に迷い込んでしまった「人間(一般人)」の、生き残りを賭けたカードゲームです。 プレイヤーはシャドウ、ハンター、人間いずれかの陣営に属します。しかし、キャラクターはお互いに正体を隠しているため、誰が味方で誰が敵なのかは明かされていません。そのため、お互いの言動に注意を払い、ゲームを進めていく中で、誰が味方で誰が敵なのかを推理していなければなりません。占い師の...

    • 56人
    • 230人
    • 93人
    • 104人
  • 22ワイナリーの四季(Viticulture)
    ボードゲームのレビュー6件

    ワイナリーの四季(Viticulture)

    まったりワイン生産

    プレイヤーはワイン生産者となり木の植樹からワインの出荷までのすべての工程を一年を1ラウンドとし、誰かが25点以上になるまで行うゲームです。 手番には良くあるワーカープレイスメントでアクションを行っていきます。アクションは難しいものは一切なく、木を植える、お金を払って建物を立てる、カードを引く&使う、葡萄を収穫する、葡萄からワインを作る、作ったワインを出荷して勝利点を得る、等わかりやすいものばかりです。 それだけだとシンプル故、直ぐに飽きが来てもおかしくないの...

    • 92人
    • 145人
    • 58人
    • 137人
  • 23テラミスティカ(Terra Mystica)
    ボードゲームのレビュー18件

    テラミスティカ(Terra Mystica)

    勢力を伸ばして発展させること!舞台は魔法の世界、勢力同士の争いが今始まる!

    魔法ファンタジーの世界「テラミスティカ」を舞台としたエリア征服型ボードゲームです。この世界には7つの地形と川が存在し、この地形を勢力が支配していきます。征服するためには住居などの施設を建てることが必要で、開始時にいくつかの拠点を建てます。ここから自分の勢力を発展させていきます。 プレーヤーは14の勢力から1つを選び、それに従ってアクションを行います。勢力によって内容がかなり異なりますので、ルールをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。 スタートプレーヤー...

    • 142人
    • 218人
    • 87人
    • 177人
  • 24曖昧フェイバリットシングス(Eye My Favorite Things)
    ボードゲームのレビュー5件

    曖昧フェイバリットシングス(Eye My Favorite Things)

    『私の手札は、あなたの好きなものでできている。』

    曖昧フェイバリットシングスは自分の手札カードを隣のプレイヤーに作成してもらい、プレイする新感覚のコミュニケーションゲームです。 隣の人に「好きな映画、漫画、動物」などの質問を出して、1~5位と興味のない0位のランキングをカードに書いてもらいます。 ただし手札に来るときにはランキングの順位が分からなくなっている為、隣の人の好みや傾向考えてランキングを予測し、カードバトルに勝利しましょう。

    • 40人
    • 69人
    • 27人
    • 47人
  • 25エルドリッチホラー(Eldritch Horror)
    ボードゲームのレビュー3件

    エルドリッチホラー(Eldritch Horror)

    世界中に広まる奇妙な現象、噂に立ち向かい、古の者達の復活を阻止もしくは退治するのが目的です。トークンとカードの数と種類が多い。ゲームボードが約30cm四方の大箱6面分と広い。ゲームボードの周辺に大量のカードやトークンを配置するのでテーブル面積も必要(理想は長テーブル二つ。)。慣れた人間でもプレイ時間3~4時間。拡張セット含めた総重量(私物)が10kg程度と時間的にも物理的にも重い。と、プレイングとは別の方向でボードゲームの腕を問われるような作品です。小物入れを用意したり...

    (最も読まれているレビュー「ゴメスさん」の投稿を表示しました。)

    • 44人
    • 77人
    • 30人
    • 95人
  • 26カヴェルナ:洞窟の農夫たち(Caverna: The Cave Farmers)
    ボードゲームのレビュー6件

    カヴェルナ:洞窟の農夫たち(Caverna: The Cave Farmers)

    ドワーフになって洞窟を整備しながら生活しよう!要素がたくさんある重量級ゲーム

    プレーヤーはドワーフとなり、洞窟を掘って様々な部屋を作って生活します。鉱石やルビーの鉱床を採掘したり、探索で色々な戦利品を獲得したりします。また、洞窟の外は森になっており、ここを開拓して畑作や牧畜を行って生活を潤します。最終的に、もっとも裕福になったプレーヤーの勝利となります。 プレーヤーはそれぞれ自分のゲームボードを所有していて、半分は森、もう半分は洞窟となる山岳地帯となります。このボードを開拓してドワーフを増やしたり、様々な家畜などを飼ったりします。また、洞窟...

    • 117人
    • 186人
    • 72人
    • 197人
  • 27デッド・オブ・ウィンター:ロングナイト(Dead of Winter: The Long Night)
    前作デッドオブウインターの「拡張」と紹介されることが多いですが、実際のところ別ストーリーという感じで「単体」で遊ぶことができます。砦は「刑務所」となり、盗賊がいたりするあたりは海外ドラマ「ウォーキング・デッド」にかなり影響されていると思います。今回新しく導入されたのは「実験体」と「盗賊」というストーリー形式の「砦の使命」です。通常はゲームを通して一つの条件(例えば、ゾンビを○体倒す)をクリアすればOKなのですが、「ラクソン製薬」と「盗賊」においてはシナリオ1,2,3と3...

    (最も読まれているレビュー「今村吉宏さん」の投稿を表示しました。)

    • 37人
    • 21人
    • 8人
    • 44人
  • 28エクリプス(Eclipse)
    ボードゲームのレビュー0件

    エクリプス(Eclipse)

    • 20人
    • 21人
    • 8人
    • 20人
  • 29カルカソンヌJ(Carcassonne J)
    ボードゲームのレビュー3件

    カルカソンヌJ(Carcassonne J)

    観光地タイル「金閣寺」「姫路城」等が追加された日本カスタマイズ版!拡張セット『川』と『修道院長』も同梱

    カルカソンヌの2016新日本語版 同梱拡張として『川』タイルと『修道院長』コマが入っています。 また、修道院と置き換えて使う『日本の観光地』タイル(五稜郭・雷門・鎌倉大仏・金閣寺・五重塔・姫路城)が入っています。 タイル裏面は旧版と同じだが、表面の画風が異なる。

    • 41人
    • 104人
    • 39人
    • 102人
  • 30ディクシット(Dixit)
    ボードゲームのレビュー19件

    ディクシット(Dixit)

    絵と物語りがゲームとなったコミュニケーションゲーム

    2010年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞し、世界中にコミュニケーション・ボードゲームのブームを巻き起こした「ディクシット」。 「DiXit」とは、ラテン語で「(彼が)言う」の意味で、フランスでは根拠なき主張を揶揄するときに使う言葉。 このゲームでは、各プレイヤーが6枚ずつの手札を持ち、1人ずつ交代で語り部となる。語り部は自分の手札1枚を選び、その絵柄から連想される言葉を言い、他のプレイヤーは自分の手札からその言葉にもっとも関係していると思うカード1枚を選ぶ。 全...

    • 171人
    • 720人
    • 268人
    • 485人
  • 31アグリコラ(Agricola)
    ボードゲームのレビュー12件

    アグリコラ(Agricola)

    農場を開拓して発展させよう!拡大再生産ボードゲームの王道を行く農場経営ゲーム

    17世紀の中央ヨーロッパが舞台。疫病の脅威は去ったが、人々の生活が潤うのはまだこれから。そんな時代背景をもとに、農場経営で生計を立て、大きく発展させていくボードゲームです。 プレーヤーは自分の農場ボードを所有しており、最初から小屋が2棟建っています。そこに2人の家族が暮らしており、この家族にいずれかのアクションをさせることでゲームを進行していきます。 アクションボードの上には最初から使用できるものと、ラウンドが進むごとに表にして使えるようになるものがあります...

    • 236人
    • 441人
    • 164人
    • 369人
  • 32プラネトリコ(Planetarica)
    ボードゲームのレビュー1件

    プラネトリコ(Planetarica)

    惑星に人を探索に向かわせると、毎ターン各惑星から1人アイテムを拾って帰って来てくれます。これを繰り返して3種類の資源とお金を貯めて、新しい惑星を発見(惑星カードの購入)したり、ガジェットという特殊効果を持つ装置を開発したりして、ひたすらに勝利点を稼いでいくワーカープレイスメントなゲームです。ダイスとか一切使わなくて、複数人で遊ぶけれど選べる行動にも特に制限はありません。ただし惑星カードの購入やガジェットだけは早い者勝ち。ガジェットには同じカードが2枚あるけれど、青色のガ...

    (最も読まれているレビュー「夏木なつきさん」の投稿を表示しました。)

    • 12人
    • 27人
    • 10人
    • 21人
  • 33プエルトリコ:DX(Puerto Rico: Limitierte Jubilaeumsausgabe)
    ボードゲームのレビュー0件

    プエルトリコ:DX(Puerto Rico: Limitierte Jubilaeumsausgabe)

    島を発展する拡大再生産ゲーム「プエルトリコ」が、コンポーネントを一新して豪華になった!

    品物を生産し、出荷したり売却したりしながら島の発展を目指すボードゲーム「プエルトリコ」の新装版です。「プエルトリコ:拡張セット」で追加された新しい建物や、「アレアの宝箱」で追加された貴族コマも付属しています。また、コンポーネントもきれいに一新されており、初版「プエルトリコ」に比べると重く感じられます。それもそのはず、チップやタイルの厚さが倍になり、金貨も金属製に、各商品コマも梱包された形になったためです。 ルールについては変わりありませんので、「プエルトリコ」「プエル...

    • 18人
    • 27人
    • 10人
    • 27人
  • 34コンコルディア(Concordia)
    ボードゲームのレビュー6件

    コンコルディア(Concordia)

    いかに効率よく発展させられるかが鍵!古代ローマを舞台とした拡大再生産ゲーム

    ローマ帝国が地中海を支配していた2千年前、様々な名家が経済の発展、属州の安定をもたらしました。 プレーヤーはそんな名家の1つとなり、入植者を各都市に送って自分の商業網を拡げ、古代の神々の望みへと導きます。 このボードゲームは、人物カードを使用しながら進めていきます。初期手札として7枚の人物カードを保有しており、手札から人物カードを使うことで、それぞれのカードに記載されているアクションを行います。品物を生産したり、入植者を移動して都市に建物を建築したり、新たな手札...

    • 52人
    • 174人
    • 64人
    • 153人
  • 35アンロック!(Unlock!)
    ボードゲームのレビュー8件

    アンロック!(Unlock!)

    協力ゲームの新しい形箱の中には全3シナリオ「調合法」(難易度2)「ネズミとソーセージ」(難易度2)「グーズ博士の島」(難易度3)「チュートリアル」(難易度0)が入っています。私は「調合法」を2人、「ネズミとソーセージ」を4人でプレイ済みです。■プレイ時間について制限時間は60分となっていますが、「調合法」、「ネズミとソーセージ」どちらも10分~20分程考えてもわからないところはヒントを見て進んだところ、どちらも90分程度でクリアとなりました。■プレイ感一言で表すならば、...

    (最も読まれているレビュー「kakiさん」の投稿を表示しました。)

    • 43人
    • 68人
    • 25人
    • 55人
  • 36キングスブルク(Kingsburg)
    ボードゲームのレビュー1件

    キングスブルク(Kingsburg)

    夢の王国キングスバーグのトライトス王より新に獲得した領土を任された知事となり、一番領地の管理に成功した知事を目指します。春夏秋冬の1年の間に8フェイズを5年間で決着をつけるのですが、実際にプレイするのは春から秋の生産フェイズ3回と冬の兵士雇用の1回の4回のフェイズで残り4フェイズは現在の状況によって決まった作業的なフェイズなので実質1年4フェイズで進められることに。春から秋は領地の管理で基本ダイス3個を振り合計の少ない人から、ダイス目の組合せの数で色んな効果を持つ助言者...

    (最も読まれているレビュー「鬼島彪さん」の投稿を表示しました。)

    • 10人
    • 22人
    • 8人
    • 20人
  • 37マモノノ~まものの喚(よ)び方~(Mamonono)
    マモノを召喚するオークション+バッティング。システムが面白い!ラウンド毎にテーブルの中央に置かれる魔石。魔石を獲得しておくことで、マモノを召喚することができます。この魔石を巡ったバッティング型のオークションシステムと、召喚できるマモノの奪い合いが熱い心理戦に導いてくれます。『おい、そのマモノは取るなよ!…ああーっ!取られた!…計画が狂ってしまった。どうしよう。』となるあたり魔石(宝石)の見た目も相まって、宝石の煌めきのそれと、どことなく似てる気がします。中央に置かれた魔...

    (最も読まれているレビュー「ぽっくりさん」の投稿を表示しました。)

    • 13人
    • 44人
    • 16人
    • 43人
  • 38コンプレット(Completto)
    ボードゲームのレビュー7件

    コンプレット(Completto)

    数字を引いて、自分の列を並び替え。ときには数字を上下読み替え、はやく一列揃えよう!

    1から100までの木のタイルを22枚受け取り、裏向けにして並べます。場にもいくつか裏向けのタイルがあります。 手番が来たら、場のタイルをひとつオープンにして、自分の列のどれかと入れ替えます。数字順になるように入れ替えればならず、入れ替えられないときはそのまま場にオープンにして残すことになります。 たとえば、自分の列が2、5、□、10と並んでいるところに3が来ても、差し込むことができません。 もしくは、自分の列のクローズのタイルを入れ替えて次に備えることができま...

    • 45人
    • 336人
    • 122人
    • 188人
  • 39プエルトリコ2014(Puerto Rico 2014)
    ボードゲームのレビュー2件

    プエルトリコ2014(Puerto Rico 2014)

    複数のサイトで世界一面白いボードゲームと称されていたので手に入れてみました♪畑を作り、生産する建物を建て、それぞれに労働者を配備して、砂糖やらタバコやらを生産する。生産したものを商店に売ったり、旧世界に出荷したり。そしてそれ以外にも特殊効果を発揮する建物を建てたりと、確かにむちゃくちゃ面白いです。プレイヤーそれぞれに個人ボードが配られてますので、誰にも侵される事の無い自分だけの箱庭が発展していくところもたまらないです。そして、手番以外でもやることがあり、ダウンタイムとい...

    (最も読まれているレビュー「なまゆきさん」の投稿を表示しました。)

    • 45人
    • 76人
    • 27人
    • 96人
  • 40蒸気の時代(Age of Steam)
    ボードゲームのレビュー1件

    蒸気の時代(Age of Steam)

    「線路を引いて荷物を運び、ポイントを多く稼ぐ!」これだけ聞いたら平和で楽しいゲームに聞こえますが現実は残酷です。線路を引くにはお金が必要で、お金を集めるために株券を発行し、ラウンド毎に発行した株券の枚数に応じて利益が奪われる。借金から始まり、借金に苦しんで、得られた利益が奪われるとんでもない借金ゲーです。しかし、プレーヤー全員が借金するので何も怖くありません。ゲーム自体は街から街へと線路をつなぎ、荷物を運ぶことで収入増やしていきます。中盤以降は線路を配置できる場所が限ら...

    (最も読まれているレビュー「重ゲ会さん」の投稿を表示しました。)

    • 23人
    • 34人
    • 12人
    • 59人
  • 41コンコルディア:サルサ(Concordia: Salsa)
    ボードゲームのレビュー1件

    コンコルディア:サルサ(Concordia: Salsa)

    コンコルディアに新たなマップ、資源、特殊効果タイルを追加

    この拡張は下の3つの要素が含まれており、基本ゲームに全てまたは一部だけ加えることができます。 1. 新たなマップ「ビザンチウム」と「ヒスパニア」 2. 任意の資源に代用できる資源「塩」とそれを産出する「塩都市」 3. 獲得したプレイヤーに一回限りの効果あるいは永続効果を与える「広場」

    • 20人
    • 32人
    • 11人
    • 54人
  • 42髑髏と薔薇 / スカル(Skull & Roses)
    ボードゲームのレビュー15件

    髑髏と薔薇 / スカル(Skull & Roses)

    気軽に出来る深い心理戦!山札の構成を予想しよう!

    プレイヤーの手元にある3枚の薔薇と1枚の髑髏。 プレイヤーは1枚ずつ好きなカードを裏向きに出し、出されたカードをある枚数、髑髏をめくらずにめくることが出来ると思ったプレイヤーはその数字を宣言して勝負することが出来ます。 誰かが数字を宣言したら、より多い数字を宣言できるかの勝負となり、他のプレイヤーが下りたとき、もっとも宣言枚数の多いプレイヤーが出されているカードを1枚ずつめくります。 この時、髑髏を出すことなく宣言枚数までめくることができれば1勝。ただし、めく...

    • 118人
    • 621人
    • 212人
    • 350人
  • 43ルイスクラーク探検隊(Lewis & Clark)
    ボードゲームのレビュー2件

    ルイスクラーク探検隊(Lewis & Clark)

    探検隊の一員として目的を目指していくゲームです。手番では、所持している人物カード(色々なアクションが描かれている)を使ってアクションを行い、こまを進めていきますが、コマが二つあります。 偵察隊とキャンプのコマ。勝利条件はキャンプコマがゴールについたら勝利ですが、自分の手持ちカードが無くなった場合、キャンプを構えて、偵察隊が戻ってくる。非常に探検に近いゲームです。また色々な人物に出会い、手札が増えたり減ったり。そしてアクションをするためにインディアンのコマを使ったりと、...

    (最も読まれているレビュー「きぬりすさん」の投稿を表示しました。)

    • 26人
    • 50人
    • 17人
    • 50人
  • 44ユニオン・パシフィック(Union Pacific)
    ボードゲームのレビュー3件

    ユニオン・パシフィック(Union Pacific)

    「チケット・トゥ・ライド」などでおなじみ、アラン・ムーン氏の(私が知る限り)元祖鉄道ゲームです。ぱっと見はチケライに似てますが、内容的には似て非なるもの。と言うか鉄道ゲームと紹介しておきながら実際競うのはお金なのです。まあゲーム中手に入れたお金が使われたり減ったりはせず純然たる勝利点として扱われているので、やはりマネー、投資のゲームと言うよりは鉄道のゲームと言った感じでしょう。舞台はアメリカ。プレイヤーはボード上に張り巡らされた鉄道網に全10種類の鉄道会社から選んだ列車...

    (最も読まれているレビュー「大石さん」の投稿を表示しました。)

    • 15人
    • 39人
    • 13人
    • 45人
  • 45銀杏都市 ギンコポリス(Ginkgopolis)
    ボードゲームのレビュー0件

    銀杏都市 ギンコポリス(Ginkgopolis)

    • 14人
    • 36人
    • 12人
    • 20人
  • 46電力会社:最初の火花(Funkenschlag: Die ersten Funken)
    • 9人
    • 21人
    • 7人
    • 24人
  • 47スカルキング(Skull King)
    ボードゲームのレビュー5件

    スカルキング(Skull King)

    宣言通りの勝ちを目指そう!海賊たちのトリックテイキング。

    海賊をテーマにした、少しダーク&メルヘンなトリックテイキングです。 10ラウンドで、ラウンド数と同じだけカードが配られます。(1ラウンド目なら1枚、10ラウンド目なら10枚)。ラウンドの初めに手札を見て、何回勝てるか(=カードをとれるか)をヨーホーホーの掛け声とともに指で宣言します。宣言通りに勝てるとポイントがもらえます。 宣言後、各ラウンドの中では、カードを配った次の人からカードをプレイしていきます。時計回りで出していくのですが、2番目以降の人は最初の人の...

    • 19人
    • 195人
    • 65人
    • 135人
  • 48バヌアツ(Vanuatu)
    ボードゲームのレビュー0件

    バヌアツ(Vanuatu)

    この世の楽園!バヌアツで働き暮らそう!

    ■舞台は、亜熱帯地域であり観光や農業が盛んなバヌアツ共和国。 オーストラリアから北東の太平洋に存在する。 このバヌアツとは、「我々の土地」の意味。 また、世界無形文化遺産の「バヌアツの砂絵」が有名。 83にも及ぶ島々によって形成され多種多様な人種言語が混在する稀有な土地。 ■作品のテーマは、農業、漁業、観光業を行い、寄付を行い心の豊かな暮らしを目指そう。

    • 14人
    • 27人
    • 9人
    • 29人
  • 49ヴォーパルス(Vorpals)
    ボードゲームのレビュー2件

    ヴォーパルス(Vorpals)

    100年の戦争と都市計画。「経年処理」のユニークな構築型カードドラフト

    毎ターン、配られたカードから1毎をピックアップしては残りを隣に渡す、いわゆる「カードドラフト」型式のゲームです。 取得したカードで戦力を構築し、隣プレイヤーとの戦争によって勝利点を獲得してゆきます。しかし戦力確保にはお金がかかり、それを稼ぐためには時に戦力を捨ててでも資源や収入を確保する必要があります。 また金と資源によって施設を建築すれば、その後の収入や資源確保などが有利にもなるため、戦争だけでは立ち行かなくなるでしょう。 このゲームで面白いのが、1ターンが...

    • 23人
    • 91人
    • 30人
    • 117人
  • 50デッド・オブ・ウィンター(Dead of Winter: A Crossroads Game)
    ボードゲームのレビュー4件

    デッド・オブ・ウィンター(Dead of Winter: A Crossroads Game)

    ゾンビを倒しながら、それぞれの物語を成し遂げよ! 極めて斬新な協力型ゲームを体験しよう。

    プレイヤーは、ゾンビが徘徊する死の世界の中で、唯一残った≪最後の砦≫にこもったスペシャリストたちです。それぞれ信頼できる部下を持ち、またそれぞれが完遂すべき目的を持っています。しかし皆の目的はバラバラで、しかもその本心は誰にも分かりません。さらにプレイヤーの中には、裏切り者が紛れているかもしれません。 ゲーム中、プレイヤーは毎回発生する危機に対処し、ゾンビどもを倒し、避け、自分の目的をクリアしつつ、時には多数決によって仲間の1人を追放することができます。 ただし、こ...

    • 121人
    • 192人
    • 63人
    • 168人
通信販売ショップはこちら