マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
オーバーロード
  • オーバーロード当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2019年~

オーバーロード

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
オーバーロード(過積載)しないように8面ダイスを振ろう
  • ヴォルフガング・リードル(Wolfgang Riedl)作

 各プレーヤーは2つのコマを持っています。コマはスタート位置から進んで、ゴールして得点を得たらまたスタート位置に帰ってゲームを続けます。誰かが規定以上の得点を取ったらゲーム終了です。

 スタート位置にいるコマはまず任意の数のリングをコマに入れてスタートできます。リングを入れたら8面ダイスを振ってその数進めます。2個ともスタートしている場合は、どちらかのコマをその数進めます。コマが進んだことによって追い抜かれたコマ(他人のでも自分のでも)には、リングが1つずつ追加されます。コマが進んだ先に別のコマがいたら、そのコマとリングを1個渡すかもらうかします。コマにはリングが8個まで入れることができます。もし、9個目を入れることになったら、オーバーロード(過積載)でそのコマはリングを失って、スタート位置に戻ります。他人のコマをオーバーロードにさせたプレーヤーは、1ポイント獲得です。

 コマがゴール一に達したら、その時そのコマにあるリングと同じ数のポイントが得れます。ただし、8個の場合はボーナスとして4ポイント追加で獲得できます。

 スタート時点で、いくつのリングを入れるか、ぴったり8個のリングを持ってゴールするためにはどうすればよいのか。8面ダイスの運次第です。

レビュー 3件

254
名が参考にしたレビュー
 by kanamatan

今年出たボドゲの中で立ちやすさと遊びやすさにおいて上位に食い込むと思う作品。


ルールは8面ダイス、コマ2個のすごろく。ダイス降って片方を動かす。ゴールしたときに積んでたリングの枚数が点数。スタート時に何枚積むか決められる。そんで、何周かして規定の点数を先に獲得したら勝利。

他のコマを追い越せば追い越したコマにリングを積み、他のコマと同じマスに止まればリングを上げるか貰うかできる。この時に他のコマに9個以上リングを積ませれば過積載となり振り出しに戻せる。


上の10行くらいでインストはほぼ終わる簡単さ。完全な初心者でもすぐ遊べるし、上級者ならどちらを動かすか、開幕に何枚リングを積むかに読み合いを見いだせる。


シンプルながら味がある作品で初心者から上級者まで楽しく遊べる。


難点は勝利条件の点数が高いこと。このせいで単純に長引き、やること自体がシンプルなので飽きてくる。

点数を規定より10点〜15点減らすか、マップをルールよりも減らすと時間的にちょうど良い塩梅になる。


かなり立てやすい、遊びやすいゲームで楽しいので1人1箱あってもいいんじゃないかな?

ド○キあたりで取り扱ってくれたら一気に人気になりそう。



9ヶ月前(2019年10月07日 08時36分)
続きを読む
閉じる
163
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 すごろくや祭で、4人でプレイした感想です。

 ウォルフガング・リードルによる、自分の駒にリングを載せてゴールを目指す双六ゲームで、一定の点数を超えたプレイヤーが勝利します。

 自分の駒には、リングを8枚まで載せられます。しかし、それ以上のリングが載せられたら、リングを外してスタート位置まで戻されるのと、戻させたプレイヤーに1点が入ります。

 スタート位置に自分の駒を動かす場合には、まず駒にリングを好きな枚数載せてからスタートします。

 それと、スタート位置に自分の駒がある場合には、必ずスタートにある駒を動かす必要があります。

 サイコロを1つ振って自分の駒を進めるのですが、自分の駒を進めた際に追い抜いた駒には、1つずつリングを載せます。

 また、自分の駒を進めたところに他の駒があった場合、必ずリング1つあげるかもらうかしないといけません。

 そして、ゴールしたプレイヤーには、駒に載せたリングの数だけ点数が入ります。ただし、駒にリングが8個満載されていた場合には、+4点の計12点が入ります。

 これを繰り返して、3人プレイの場合は40点、4人プレイは35点、5人プレイは30点を1番始めに獲得したプレイヤーの勝ちとなります。


 4人でプレイした感想ですが、始めはそんなに面白いかなと思っていたのが、プレイするにつれとてもジレンマが効いていてこれは面白い!と感じました。

 リングを序盤はあまり積みたくないのですが、ゴールが見えてくるにつれ、リングを8枚満載にしてゴールしたいと欲に駆られます。

 しかし、そうすると、他のプレイヤーからの標的になりやすいので、どのタイミングでゴールまで持っていくのかの判断が難しかったです。

 私が終盤に12点をもらって、35点まで残り5点となり、他のプレイヤーの猛追を逃げ切って何とか勝利することができました。

 パッケージの駒だけ見ていたら、そんなに面白くないのかなぁと思っていましたが、とても面白いゲームで息子たちと一緒にプレイしたいと感じました。

11ヶ月前(2019年08月04日 12時23分)
続きを読む
閉じる
77
名が参考にしたレビュー
 by ベノム

自分の駒に輪っかを乗せてゴールまで運ぶ双六。

他の駒を追い越すと輪っかが追加され

他の駒と同じマスに止まると渡すか奪うかができる

駒には輪っかを8個しか乗せれず

オーバーした場合は輪っかを全部戻し

駒はスタート地点まで戻る。

規定の点を獲得したら終了します。

が少し設定が高いように思います

マイナス10点位下げた方がサクサク遊べて良いかも。

12ヶ月前(2019年07月19日 20時39分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,500(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 8興味あり
  • 86経験あり
  • 17お気に入り
  • 40持ってる

チェックした商品