マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ゼロ
  • ゼロ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1998年~

ゼロ

メーカー・卸元:テンデイズゲームズ

残り1点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
5枚以上の組み合わせを作ってゼロを目指そう!マイナス点をなるべく抑えるカードゲーム

 このボードゲームは、1~8の数字が書いてある7色のカードを使った、減点抑制ゲームです。

 プレーヤーは常に手札を9枚持ち、場には5枚のカードを出します。自分の手札から1枚を取って場に出し、場にある5枚のカードから1枚を獲得して手札に加えます。これを繰り返していきます。

 目指すのは手札の点数がゼロになることです。では、どのようにしたらゼロになるかというと、同じ数字のカードが5枚以上になるか、同じ色のカードが5枚以上になると、その5枚はゼロ点として扱われます。ここで、手札は9枚というのがミソです。普通に考えたら、5枚と4枚にしか分けることができないので、4枚のほうはゼロにならないと思います。そこで、5枚の中から1枚を4枚のほうに加えて5枚にすることでゼロとすることができます。

 例として、7のカードが赤、青、緑、黄色、茶色とあり、その他に茶色のカードが4枚あるとします。すると、「7のカードが5枚でゼロ」「茶色のカードが5枚でゼロ」となり、ゼロが完成します。

 しかし、ゼロを作ることは容易ではありません。時には欲しいカードが全然場に出ないこともあるでしょう。そういった場合はマイナス点をなるべく少なくできるように手札を揃えていきます。

 まず、同じ数字のカードは何枚手札にあってもその数字ぶんしかマイナスになりません。つまり、7のカードが4枚手札にあった場合は、マイナス点は7点だけです。また、書いてある数字がそのままマイナス点になるので、なるべく小さな数字を集めることも大事になります。

 場のカードと交換せずにパスをすることができます。そして、このパスが2回行われたら、最後の1周を行ってゲーム終了となります。ちなみに、パスするときはテーブルをコンコンとノックします。

 これを何ラウンドか行って、一番マイナス点が少なかったプレーヤーの勝利となります。

 自分のマイナス点を減らしながら、相手がマイナス点を稼がないように考えることになります。相手が取ったカードから、どのようなカードを集めているか予想されるので、その辺の読み合いにもなると思います。ただ、実際プレイしてみるとサクサクとカードを交換していくので、なかなか読み合いしている時間はないかもしれません。その辺は直感に頼ったプレイになるかもしれません。

 人数が多いとワイワイ楽しくやれるパーティー向けゲームだと思います。数字を使ったカードゲーム、トランプを使ったゲームが好きな人にもってこいのボードゲームです。

レビュー 11件

レビュー
297名が参考
3年弱前

 3人でプレイした感想です。
 ライナー・クニツィアがデザインしたカードゲームで、手札の数字の合計をいかにゼロにするかor近づけるかを競うゲームです。
 ルールは、このゲームのトップページに詳しく記載がありますので、それをご覧ください。
 3人とも初対面でこのゲーム初プレイでしたが、ゲーム自体がとても面白いので会話が弾み、和やかにプレイすることができました。
 勿論、プレイは真剣にしたつもりで、私が机をノックした際には、皆急に焦りだしていたことが印象的でした。
 このとき何度かプレイして思ったのは、ゼロはできるときは簡単にできますが、できないときは全然できないので、数字がゼロに近くなったと思った瞬間、早めにノックして勝負することも重要だなと感じました。
 ゼロは当然強いのですが、そればかりを狙っていると、他のプレイヤーから足を掬われる可能性もあります。他のプレイヤーが少ない数字ばかり集め始めたら、要注意です。
 ルールはシンプルですが、適度に思考が必要で、パーティーゲームとしても大いに盛り上がりますし、時間も早ければ1ゲーム5分も掛からないので、非常に使い勝手の良いゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
Nobuaki Katou
Nobuaki Katou
レビュー
266名が参考
3年弱前

 とにかく手札の点数を少なくしろ! と言うゲームであり、手札を0点にするゲームではないことを読み間違えると大爆死するので危険。ゼロはつい狙いたくなるが、場合によっては狙わない方が点数が低く抑えられるので、カタいプレイのほうがいいのだけども、カードに書かれた数字が点数になる為、大きな数字があぶれがちで大きな数字を狙いたくなる……そんなジレンマゲーム。

 基本戦略としては、ゼロを狙うなら色優先で揃えること、大きな数字のセットは余り点数が低くならないので、よほど取りやすい状況で無い限り基本は優先的に捨てること、パスしたくても手が良くなってないのにパスすると死ぬ、辺りがコツと思っているが、実際どうなのかな。

 小品ながらカードデザインも洗練されてるし、普通に子供でもわかる簡単ルールでさくっと遊べて考えどころもジレンマもあるし、ややゆるクニツィアとして長く愛用したいゲームでした。なおマイナス点記録の為の点数チップ、カウンターは必須。別途ご用意下さい。

続きを見る
閉じる
有我悟(あるがさとる)@レガシー
有我悟(あるがさとる)@レガシー
レビュー
183名が参考
3年以上前

手札の得点を0に近づけるのが目的のゲーム。

0にするには同じ色のカードが5枚かつ、その5枚のうちの何れかの違う色の数字のカード4枚のセット(例 赤1、赤2、赤3、赤4、赤5、青5、緑5、黄色5、茶色5)にするしかありません。同じ数字については得点に影響しづらいですが、色の方は5枚揃わないと数字の合計がマイナス点になってしまうため、早めに色は揃えておきたいです。(最終的に数字の合計がマイナス点だが、同じ数字は1回しかカウントしないため)

手札と場の状況を見て、無理だと思ったら早めに手札を小さめの数値にしてラウンドを終わらせるのも手です。相手に余計な手札を与えないことも重要。

サクサク遊べるため、気軽に遊べるのが良いですね。

続きを見る
閉じる
大賢者
ガラス猫
ガラス猫
レビュー
177名が参考
3年以上前

ライナークニツァの1998年カードゲーム。

カード構成は1-8の番号カードが7色で56枚。
最初に全員に9枚カードを配る。
5枚はオープンにして場におきます。残りのカードは使わない。

5人だと5*9 +5の50枚使います。

やることは自分のカード1枚と場にでているカード1枚を交換するだけ。

これで最後に点数が少ない人が勝ちになります。ゼロになるのが一番いいです。

同じ色5枚以上はゼロをなります。同じ数が5枚でもゼロになります。以下の場合のみゼロになります。

たとえば5を5枚(赤、青、黄色、緑、ピンク)もっていて、その他の残りの
の4枚は同一色(赤、青、黄色、緑、ピンク)のいずれかももっていた場合。 色と数でかぶっている1枚があることで9枚でもゼロになるということです。

これがそろったら即座に、ゼロといってカードを場にだして、その他の人は手持ちカードのマイナスをカウントします。人数分ゲームをして数の、少ない人が勝ちです。

ゼロに、ならなくても1桁の限りなく小さいマイマスになったときで、皆が自分より多いマイナス点を持っているだろうと思ったら机をノックします。このあと自分のを含めてもう一度ノック(2回目)されたらゲーム終了です。

続きを見る
閉じる
m1114toy
m1114toy
レビュー
171名が参考
3年以上前

面白い。数字を減らすとちうよりはいかに0にするかが強いです。友人とカフェで延々やってました。3人でもおもしろく4人、5人となっても面白いです。

慣れていくと記憶できることも増えるので、より奥深くなります。

続きを見る
閉じる
皇帝
zumi_murabito
zumi_murabito
レビュー
143名が参考
8日前

ロマンを求めるか、堅実に動くか。

3人プレイでの感想。それほど長引くゲームでもなく、ルールも簡単なため、誰でも手軽にできそうなゲーム。重いゲームの後の箸休めでも良いし、普段ボードゲームを遊ばない人に勧めても良さそう。

ゲームは7色(赤、青、黄、緑、紫、茶、水色)、各色に1~8のカード、計56枚のカードから成る。ディーラーが各プレイヤーに手札を9枚ずつ配り、最後に、場に5枚カードを並べる(これを場札とします)。残ったカードは使いません。

ゲームの目的は点数をより少なめに抑えることです。カードの数字がそのまま点数になるので、大きな数字はなるべく減らしたい。

手番でできることは2つ。
1,手札の交換。手札を1枚、場札1枚と交換する。
2,ノック。手札の交換をしたくない場合は、テーブルをノックして交換しない意思表示とします。同ラウンド中に2回目のノックが行われると、その後のプレイヤーが1手番ずつ行って、その後にラウンド終了となります。

ラウンドが終了したら、手札の数字を数え、それが点数となります。できるだけ少なくしたい。同じ数字のカードが複数枚ある場合は(例えば手札に5が2枚)、一度しか数えません(5が2枚でも5点だけ、それぞれ5で合計10、とはならない)。
大事なポイントとして、同じ色が5枚以上あれば、それらのカードの点数は0になります。更に、同じ数字が5枚以上あれば、それらも0点になります。これらを狙って、なるべく最小点数を目指しましょう。

上記の2つの条件を同時に満たしたとき(例えば手札が1,2,3,4,5,5,5,5,5)、この状態をゼロと呼びます。ゼロを作ることができれば、もちろんそのラウンドの点数はゼロ!パーフェクトですね。ゼロをラウンド中に完成させたら、ゼロを宣言、公開します。その時、そのラウンドが強制終了します。場合によっては相手の手札が整っていないときに強制終了できるので、大量の点数を負わせられるかも?ゼロを如何に狙えるかどうかが、かなり大事になってきます。

しかし、ラウンド中には全てのカードが登場するわけではありません(3人プレイなら、各プレイヤーの手札計27枚、場札5枚で、32枚しか登場しない)。つまり、いつだってゼロを狙えるわけではありません。ゼロは強力ですが、狙う途中でラウンドが終わってしまうと、点数が大きくなりがちです。ゼロが狙えそうにないと思ったら、堅実に点数を減らしていくことも当然必要になってくるはずです。その引き際を見極められるかどうかが、勝負の分かれ目になると思います。

手札の点数を抑えつつ、どうゼロを狙っていくか、それとも堅実に行くか、なかなかヒヤヒヤする戦いが楽しめると思います。ゼロを完成させたときの爽快感も気持ち良く、プレイ感は個人的には悪くなかったです。次は最大人数の5人で遊びたい。

続きを見る
閉じる
大賢者
szk
szk
レビュー
135名が参考
3ヶ月前

ジンラミーと麻雀を合わせシンプルにした感じのカードゲーム。

9枚の手札を持って、公開されている5枚の場札から交換していき、どんどん手札の失点を少なくしていくことが目標。

同色・同数字カード5枚以上で無失点。しかし9枚の手札でゼロを目指すには1枚のカードが同色と同数字を兼ねていないとならないのがミソ。また失点のシステムがよくできていて、5枚以上を揃えられなかったカードの数字は一度(例えば『2』のカードが4枚あっても2失点)しか数えないので、数字をバラバラに集めるより、ある程度集める数字を揃えていく方が失点を抑えられる(だが、集めているものが他の人と被っていたらいつまでもたっても揃えられない。オダブツ)。

ゲーム終了条件もこのゲームを引き締めたものにしていて、ノック(パス)が2度されるとその周で終了になる、というのが非常にシビレル。というのも、誰しも手札の大量失点を抱えたままゲーム終了したくないので、1度目のノックで場に緊張が走る。ここで一気にカード交換が激しくなり高めの数字カードがどんどん吐き出されていく。ある人は失点軽減に血眼になり、ある人は好機と見てカードを揃えに行き、ある人は勝てると見込んで2度目のノックを狙ってる……濃密な人間ドラマ。しかもたった一度のノックで……

一勝負が短いので、時間調整もしやすい。オススメのカードゲーム。

ちなみにクニツィア著『ブレイジング・エース』でのボナンザのバリアントルールがまさにZERO(どっちが原型?)。

しかもその中の紹介で、交換するカードを1枚~5枚まで可能とするバリアントも載っている。ZEROにルール適用したらどうなるのかいつか試してみたい。

続きを見る
閉じる
皇帝
珈琲飲んべぇ
珈琲飲んべぇ
レビュー
110名が参考
10ヶ月前

ZEROを目指して手札を交換時にはあえて降りることも重要。一回のラウンドは短時間で済みますが気が付いたら一時間経過していることもよくある傑作ゲーム。ルールもシンプルなので入門にもおススメ


①~⑧(以下説明のためカードの数字は〇表記を使用)のカードがそれぞれ七色あり、合計数をよりZEROに近づけていくことが目的です。最初にカードを配ったら残ったカードはしまいますなので必要なカードが最初から枯れていることも多々あります。

手札はそれぞれ9枚、場に5枚カードがあり、手札のカードと場のカードを順番に交換していき手札にある数字の合計数をどんどん減らしていきます。同じ数字を集めるとその数字のカウントは一度で大丈夫です。そして5枚以上集めるとその数字は0とみなします。また同様に同じ色を5枚以上集めると同様に0となります。

ここで手札が9枚というのがが非常によく出来ていてZEROを達成するには同色五枚と同数五枚を同時に達成する数字じゃないと成立しません。例として③赤③青③オレンジ③緑③茶で同数五枚それたら、先程の③の色を一色を選んだ同色五枚をそれえます。達成した瞬間にZEROとなりそのラウンドは終了です。

上手くZEROを達成できない場合はノック(パス)が二回された時点でラウンドの終了となります。

人数が少ないと、ZEROの達成はできないことが多々あるので被りの数字を集めて合計数が少なるように動くことが多くなります。その場合は五枚以上そろえること優先してあえて大きな数字を集めてみるのも戦略的にありです。様々な思惑と選択が織りなす『ライナー・クニツィア』らしいボードゲームです。

続きを見る
閉じる
皇帝
Xです 2-3
Xです 2-3
レビュー
102名が参考
5年弱前

手持ちカード9枚を出来る限り低い数字(0)にしたプレイヤーが勝利です。

数字の合計は書かれた数値が加算されますが、とある条件により、数値が変化します。

1、同じ色 別数字 5枚により0
2、違う色 同数字 5枚により0

では手持ち9枚でどうすれば??

数字とカラーを一枚、1と2の条件にかぶせることで、手持ちが0になります。

それを目指して、場の出されたカードと取引を行いながら手札を揃えます。

またゲームは、合計二回、パスされると終了になるのですが、
パスは、机をノックすることで、パスと判断されます。

それがかっこよく、、、徐々にハラハラ、、、そしてまたノック!!

手持ちのカードは0ですか??

是非遊んでみてください!

続きを見る
閉じる
大賢者
きぬりす
きぬりす
レビュー
84名が参考
6日前

最初4人、続けて5でプレイしました。私も含めて全員初プレイ。

結果、とても盛り上がりました。4人の時は最終R直前までで3点内の僅差。そして最後にゼロ上がりの脳汁出まくりの勝利。

5人の時は、慣れた方の3回連続ゼロ上がりという、クニツィア博士の生まれ変わり(存命中)かという終わり方でした。感想としては、麻雀に似た、ヒリヒリ感がありました。皆さん楽しめたので何より。

続きを見る
閉じる
皇帝
怪人M
怪人M
リプレイ
72名が参考
8ヶ月前

集まった親戚で10戦ほど


なかなかゼロ出ず点数勝負が続く展開…

頑張ってもそもそも欲しいカードが無いかも知れず、いつコールするかが勝負の分かれ目。

妹がゼロ狙いリーチ何度かあったようだが残念ながら未達成。

とうとう「ゼロ出たら終わろう」とのことに。

最後はゲーム好きの叔母がゼロ出して終了。


結局一回も勝てなかった。

続きを見る
閉じる
皇帝
こけし
こけし
  • ¥ 1,650(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 151興味あり
  • 909経験あり
  • 144お気に入り
  • 558持ってる

チェックした商品