マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
カフナの島々
  • カフナの島々当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 30~40分
  • 10歳~
  • 1998年~

カフナの島々

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1~2営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
大人も子供も大満足! 逆転必至! 2人用ゲームの最高峰。

 ここは南国カフナ諸島。この地で魔術を使いこなすふたりの司祭が、腕比べをすることになりました。彼らは、12の島を勝負の舞台に選び、魔法の力で島々の間に橋を掛けあう競争を始めました。

 プレイヤーは神のパワーを島々に及ぼすために、手札を使って島に橋を架けます。ひとつの島には最大で3〜6の橋が架けられますが、その過半数を架けたプレイヤーが、その島を自分の支配下に置きます。支配下に置いた瞬間、その島に架けられた相手の橋は吹き飛びます。

 プレイヤーは自分の手番で、手札が許す限り、好きなだけ手札を使って橋を架けたり、相手の橋を破壊することができます。これにより、ゲーム後半はダイナミックに島の支配者が変わることでしょう。

 囲碁や将棋のように知的なゲームですが、プレイ時間は30分と短く、大人も子供も楽しめる秀逸なゲームです。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 6件

レビュー
186名が参考
2年以上前

島に橋を渡して領地の数を競うゲームです

10歳の息子と遊びましたが、ルールも簡単で準備も少なく直ぐに遊べます

が、いざ遊んでみると考える事が多く(とはいっても手札の内容次第で出来る事は限られますが)最善手を尽くす事に精一杯です

カードの使い方によっては島に渡した相手の橋を取り除く事が出来るので、取り方によっては一度に複数の領地を失わせる逆転勝利も可能です

カード枚数も少ないので、相手が何のカードを使ったかを逐一憶えたり、残りのカードから何が出来るかを考える事になるので終盤になるにつれ自然と長考になってました
それを考えると記憶力や先読みの出来る大人の方が若干有利な気もします


つってもまぁ負けたんですけどね


「(ジョジョ島だけは渡さない)」


■カードサイズ 59mm×91mm(ユーロサイズ):24枚


個人的評価:6.8/10

続きを見る
閉じる
国王
hiro
hiro
ルール/インスト
135名が参考
2年以上前

バリアントルールです。

標準ルールからの変更点は

敵の支配している島には橋をかけることができない、というところが異なります。

逆転はしずらくなりますがこれはこれで楽しめると思います。

続きを見る
閉じる
貴族
kubotaya
kubotaya
レビュー
106名が参考
5年弱前

このゲームは全部で3ラウンド行います。
1〜2戦目は手札と相談しながら効率よく橋をかけて島の支配権獲得を目指しますが、3戦目になると点数の計算方法が変化し、今度は相手プレイヤーの橋を破壊するようになります。
劣勢に見えても手札を最大まで溜めてから次の出番で一気に形勢逆転を狙ったり、相手の出番で予想外の展開が生まれたり最後まで勝敗が分からないのがこのゲームの面白いところですね。
2人用でじっくり思考したいゲームを探している方にお勧めのボードゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
まま
まま
レビュー
86名が参考
3ヶ月前

魔法使いの縄張り争いのゲーム。文字通りシマを取り合う影響力比べゲーム!


【ざっくり解説】

 12島の所有権を橋の掛け合いで争う、2人の魔法使いの争いをテーマにしたゲームです。各島は3~6本の橋がかけられます。そのうち過半数を取る(橋3個の島なら2本で過半数)と島を支配し、その島にかかる相手の橋を除去できます。これを12島×2枚の24枚のカードを使って行うゲームです。

 この支配確定時の相手の橋の除去で連鎖的に相手の支配権を、なかったことにできるのも面白い点です。この辺はパズルゲームの連鎖反応のような楽しさがあります。山札が3度尽きるまでこの領有権争いを繰り返します。


【長所】

 連鎖反応が気持ち良いことです。島の領有権を得る→相手が橋を失う→相手が領有権を失うの流れができるとそれだけで楽しいです。パズルゲームが好きな人がハマりそうな要素といえます。

 ほどほどの時間でありながらじっくり思考型のゲームを楽しめるのも魅力です。カフナの島々を手札の的にどの順番で攻略していくのか計画しながら行っていく必要があります。


【短所】

 2人で直接的な殴り合いに近いゲームなので、好き嫌いははっきりでるかと思います。直接的な妨害をし合うゲームなので、ケンカにならないよう注意したいです。

 基本ルールだと第3ラウンドはもう橋が置けないぐらいパンパンになりました。そういうことがあり得ます。正直、メビウス訳のルールをお持ちの方は最初からヴァリアントルールで遊ぶことを強くお勧めします。


【個人的な感想】

 じっくり思考型の2人用ゲームとしてなかなかないゲームだと思います。橋3~4本の島から攻略していき、そこから隣接する島を取っていく、じわじわ影響力を伸ばしていく流れはなかなか楽しいです。

 反面、大勢が決するとなかなか覆すのは難しいです。序盤の少しの遅れは取り戻せますが、一旦相手の大きな確定エリアができてしまうと、そこを切り崩すのは困難です。

 また要求される技術のカウンティングも各島のカードが2枚ずつという、ざっくりでは覚えにくい構成で単純な記憶力が求められます。「青のカードがたくさんでたなー」ぐらいのざっくりカウンティングは通用しにくいので、向き不向きははっきり出そうです。


 推定プレイ回数は5回ほど。基本的な攻略の流れは同時アップロードの攻略記事を見てください。

 思うこととしては、序盤はカードの使い道の選択肢の多さに長考しがちです。序盤はすこぶるテンポが悪くなりがちです。もう少しサクサク遊べるゲームの方が好みですね。連鎖的に支配権を伸ばしていく流れは好きですが、ちょっとプレイ感が重苦しいです。攻略法を確立すると悩ましさが控えめに感じてしまいました。

 悪くはないのですが所有して遊びたいと思うことはないです。持っている人に誘われたらまあまあ遊びます。そんな感じです。個人的にはPlay:game基準なら5点の基準点みたいなゲームです。


【サムネイル用画像とその裏話】

 自分の中で攻略法だと思う方法を確立して、弟と対戦した第一ラウンド終了時のものです。FAAA島にカフナ置き忘れていますが、カフナ駒的にはダブルスコアを第一ラウンドからかましています(笑)。

続きを見る
閉じる
国王
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
レビュー
65名が参考
9ヶ月前

基本はカードをプレイし、島の過半数の橋をおさえることで支配権を得る陣取りゲームですが、他の島の支配権が影響して橋が破壊され支配権が失われたり、相手にカードを複数枚プレイされることで橋が破壊され支配権を失ったりするため、勝利得点の異なる各ラウンド毎で様々な戦法がとられるようになります。

ルールは簡単ですが、相手がどのカードをプレイするか推測したり、支配権を取られることを考慮しながらあえて回避作戦に出たりと奥の深いゲームです。

続きを見る
閉じる
国王
まさ
まさ
戦略やコツ
53名が参考
3ヶ月前

 ざっくりこのゲームのコツだと思うことをピックアップして書きます。

 あくまでヴァリアントルール(領有権(手形コマ)を取った島に相手は橋を置けない+橋の除去と設置がセット)アリのお話です。よろしくお願いします。


1.基本的に必要な橋の数が少ない島から攻める

 このゲームは基本的に相手にできないことを増やすゲームだと思っています。そのためには橋をかけることに制限を課する領有権の確保をできるだけ効率的に行うことがベストだと自分は考えています。

 そのためにはまず、要求される橋の数が少ない島を取ることが効率が良いと考えています。橋3本の島はカード2枚で支配権が取れますので最初のスタートとして非常にお勧めできます。4本の島は3本必要なので、一見5本の島と変わらない気がします。しかし4本島は立地の面、橋1本の価値の高さで5本の島より価値が高いと考えています。


2.手番効率を意識する

 エリアマジョリティ全般に言えることですが、手番数に対して得点効率を高めることを「手番効率を高めること」が有効と考えています。当ゲームにもそれが当てはまると考えています。

 このゲームで分かりやすく手番効率を高めるには「要求橋数の少ない島を攻める」→「領有権を取った島の自分の橋で隣接した島を次に攻める」ことです。こうすることで最小の効率で島を確保し、自分の橋を二度おいしく使えます。取った島の橋をそのまま次の島の攻略に有効活用していきましょう。


3.橋は勝てる戦だと思ったときだけ置く

 これはどういうことかというと、できるだけ島の領有権が確保できない時は橋を置かないことを意味します。勝てる勝負の時だけ橋を置くということです。「手札上限に引っかかってどうしようもなく」という場合を除いては、基本のスタンスは、過半数を取れるときだけ橋を置くことを意識しましょう。

 「勝てる戦だと思ったときだけ橋を置く」これは大原則だと思って良いかと思います。


 中途半端に橋を置いて相手に領有権確保を被せられたら目も当てられません。領有権確保で橋を除去されるとそれだけ手番効率も下がるし、「カードプレイ枚数に対しての橋の本数」で損をします。


4.自分だけのエリアを拡大していく

 これは2と共通する部分が大きいです。固まって自分のエリアを持つと、橋の除去をされても橋が置けない状況を作りやすいです。基本このゲームはカード1枚が橋1本の価値があります。橋の除去だけで終わるのは2枚で橋1本分の仕事しかしていないと考えることもできます。なので相手の手番効率を大きく下げる行為といえます。

 しっかり自分のエリアを確保して、過半数+1本ぐらいで地盤を固めて拡大していくとそういう状況を作りやすいです。こういうエリアを拡大していくと簡単には手出しできません。


5.相手の取ったカードを覚える

 このゲームはカードの構成が島名×2枚しかありません。カウンティングは難しいのですが、できれば有利です。

 また相手のピックしたカードを覚えていれば、相手の打てる手の範囲が限定されます。相手の狙っているポイントに橋を先置きするという、かなりイヤらしいプレイングができます。中盤以降に橋の先置きをされると死に札にされやすく、カード2枚集めての除去を狙わなければいけなくなりがちです。

 また同名の島カードを2枚固めてピックを阻止できる時はした方がいいです。あえて相手に同盟島カードを2枚ピックを許す理由はあまりないです。同名カード2枚だとその島の好きな橋を除去できてしまうので、極力妨害したいです。


まとめ

 以上をざっくりまとめると

 「まずは要求橋数の少ない島の領有権を確保する」

 「隣接する島を次に攻略することで、橋を2度おいしく使う」

 「橋は勝てる戦の時だけ配置する」

 「自分のエリアを固まりとして持ち、それを拡大していく」

 「過半数+1本までは橋を置く価値はある」

 「相手の取ったカードを記憶し、先置きや妨害ピックをする」


 これを意識できるとかなり良いプレイができるようになると考えています。参考になれば嬉しいです。

 ここ違うと思いますとかあれば、こちらまで連絡ください。より良い攻略記事にしたいのでよろしくお願いします。

連絡先:「https://twitter.com/macbeth_taisa

続きを見る
閉じる
国王
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
  • ¥ 3,080(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 42興味あり
  • 224経験あり
  • 24お気に入り
  • 140持ってる

チェックした商品