マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
古代 対決 / 古代決戦
  • 古代 対決 / 古代決戦当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2人用
  • 75分前後
  • 13歳~
  • 2012年~

古代 対決 / 古代決戦

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
戦略の天才を発揮して自らの軍を勝利へと導けるのはどちらでしょう
  • マック・ゲルツ(Mac Gerdts)作

 ふたつの強大な古代国家が海を渡り、都市を設立し、輝かしい神殿を建て、新たなる技術の開発に勤しみます。とはいえ資源にも土地にも限りがありますから、平和裏の共存は脅かされて軍事衝突へと変わってしまうでしょう。自らの国家の諸問題をより巧く扱えるのはどちらでしょうか。運命の浮き沈みに直面する人々に対し、よりよき利を与えられるのはどちらでしょうか。そして戦略の天才を発揮して自らの軍を勝利へと導けるのはどちらでしょうか?

  答は貴方の手の中にあります。

レビュー 1件

265
名に参考にされているリプレイ
2017年07月25日 02時35分

ドイツゲームにハマったきっかけになったロンデルシステムのゲーム。(円形の盤でコマを進める事で行動選択をする)

ボードは表裏2面あり、ローマ対カルタゴとギリシャ対ペルシャの戦いを遊べる。

勝利条件は9人の有力者を集める事で、集める条件も9種あり、自国の都市数が5の倍数に達したときとか、相手国の神殿を破壊した時など様々。軍事的に有力者を集める手段が神殿破壊(後々には都市の奪い合い)位しかないので生産で相手に抜きん出た方が早そうだなとあたりをつけての開戦。

ローマ対カルタゴにて(自分はカルタゴ)

まずはお互いに自国都市を増やし、生産高をあげていき、自分は大理石の産出を優先して神殿建設を目指す。対する兄は珍しく鉄を算出しての軍備増強に。

海を挟んでの戦いなので地続きの国土差で都市化はローマに軍配があがる。

やはり防衛戦はシラクサ、しっかり防壁まで築かれる        。゚(゚´Д`゚)゚。

こちらはアフリカ大陸から陸軍でスペインを植民地化していくが、やはりいかんともしがたい国力差…

戦闘システムは防御側の

都市 防御力1

神殿 防御力3

防壁 防御力1

と自軍コマの総数を全て足して攻め手のコマ数と比較し、同数以上なら自分の都市に出来る。また使用した軍事コマ(防御力分)はお互いの新兵枠(ロンデルを配備マスに進め、コストを払えばすぐに自国都市に軍隊を配備出来る状態)に戻されるので再配備は楽なのだが、征服に特化した戦略をとらないと駄目そう。

そんなわけで、神殿で金の算出高を上げて知識を得て学者(有力者)を集めていく。対する兄は船団を編成し2枚しかない航海士(有力者)を総取り。

国力差は16対11と劣勢だが知識人(5枚)を4人おさえての終盤、相手の神殿を破壊し勝利!

ハンニバルはアルプスに届かずピレネー付近の神殿破壊で勝ちましたとさ(^_^;)  

所要時間はインスト込みで2時間位だったが慣れれば60分でいけそうな手軽さ?でした。有力者をとると相手が、特殊アクションを行えるイベントカードを取れるんですが、強過ぎずカード公開も3枚までと、これも長考の元とならず良いアクセントになってます。兄の再戦希望があったが、最愛の妻が帰宅すると途中終了となるため却下

次回は裏面のギリシャ対ペルシャとか征服に特化した戦略でも遊んでみたいなぁ♪

続きを読む
閉じる
  • ¥ 6,160(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 28興味あり
  • 29経験あり
  • 7お気に入り
  • 40持ってる

チェックした商品