マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ダンジョンラッシュ
  • ダンジョンラッシュ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~5人
  • 13~19分
  • 8歳~
  • 2016年~

ダンジョンラッシュ

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
手軽に遊べるリアルタイムアクションダンジョン探検カードゲーム
  • ルスタン・ハカンソン(Rustan Håkansson)作
  • エリ・ハカンソン(Eli Håkansson)作

 『ダンジョン・ラッシュ』では、プレイヤーは冒険者となって危険の待ち受けるダンジョンに突入し、邪悪な敵を打倒し、財宝を手に入れ、経験を経て強くなることになります。三階層を突破(各階層モンスターとの遭遇が 3 ラウンドあります)したのち、冒険者たちはダンジョンの支配者と、ドラゴンに対峙することになるでしょう。

 各プレイヤーはキャラクターを 2 人受け持ち、一人は自分の前の右に、もう一人は左に配置します。プレイヤーはそれぞれ 2 枚のダンジョンカードを同時に公開し、一斉に自分のキャラクターの戦うモンスターのカードに手を触れます(なお、左手は右キャラ、右手は左キャラの攻撃なので混乱しないように)。モンスターを倒したら、モンスターのカードはアイテムや装備品として、そのキャラクターの能力を強化することになります。モンスターを斃すために必要な能力値は 4 種類(白兵戦、射撃戦、魔法、隠密)あり、モンスターによって必要な能力値や数は異なり、またキャラクターによって持っている能力や数値は異なります。強力な敵に対しては全員が力を合わせて、そのカードの上に皆が手を置いて、斃さなければなりません!

 手軽に遊べるリアルタイムアクションダンジョン探検カードゲームです!

レビュー 4件

273
名が参考にしたレビュー
 by Bluebear

アクション要素の入った、短時間でできるお気楽ダンジョン討伐ゲーム。

ワンアイディアが優秀で、それだけで勝負してますね。実にふざけたゲームです。サイコーです!

単純に説明するなら、いわゆる『カルタ』ですね。

各プレイヤーはそれぞれ能力の異なる自分の冒険者カードを2枚左右に並べます。

これがそれぞれ右手と左手の役割となるわけですね。

次に全員にモンスターカードを2枚ずつ配って、一斉に公開!

プレイヤーは倒したいモンスターカードを一斉に叩きます!

どっちの手で叩いたかで、どっちのキャラクターが攻撃したかが決まります。

自分だけなら両手で『共同攻撃』をする事もできます。

そうなんです、早い者勝ちのアクションゲームでしょ?(^◇^;)

ただ当然ながら早けりゃいいってものではなく、各キャラクターには『剣』『弓矢』『魔法の杖』『盗賊技能』の4種類のアイコンがいくつか描かれており、どの攻撃方法が得意かが分かれています。

一方でモンスターカードにも、どのアイコンがいくつあったら倒せるかが描かれており、これを満たさないと戦ったけど倒せなかった事になり、減点になってしまうのです。

倒したモンスターカードには、勝利点になるコインマークが描いてあり、これを貯めるのがゲームの目的ですが、それ以外にも追加技能のアイコンがあり、これをキャラクターカードに追加してゆくことで、キャラクターのアイコンが増えて、強くなってゆくのです。

モンスターは順番にレベルが上がり、だんだんと強くなっていきますから、キャラクターも強くなっていかないと倒せなくなってしまうわけですねー。

ホントに単純ですね。この単純さがいいんです。

やってみると分かりますが、右手と左手を個別に管理して、一瞬で判断するのが、とっても難しいって事が良く分かりますよ。

正直私は苦手でした!(^◇^;)

とにかくコインの高いものを狙いたいけど、アイコンの種類も見なければならないし、レベルアップ用の追加アイコンも重要です。

コイン無しの奴でもレベルアップ用に取るべき奴もいたり、逆に急いで倒してもコイン低かったり…ああ忙しい。

一瞬でそんなに見れないって(笑)

「じゃいくよ!せーの!」

「はいっ!」

「おりゃっ!」

「あ、やべっ取られたっ!」

「くそっ!そっちの方が良かった!」

「きゃーっ!間に合わない!また持って行かれた!」

と、ぎゃーぎゃー騒ぐ騒ぐ!

1ラウンドせいぜい1分かからないくらいで、全9ラウンドだから、ホントに10分もあれば終わるので、ちょっと時間調整に盛り上がるならいいゲームです。

プレイヤーも5人までだし、人数変わってもやってる事は同じだから、所要時間も変わらない。

でも念のため改めて強調しますけど、アホなゲームですよ。(^◇^;)笑って許してやって下さいね!

2年以上前(2018年06月13日 22時18分)
続きを読む
閉じる
177
名が参考にしたレビュー
 by 白州

6/10

かるたをうまく新しい感じに仕上げたカードゲーム。

2人のキャラクターを担当して、それぞれが4種類の強さを備えている。

例えば、呪文が強いとか、近距離が強いとか、遠距離が強いとか。

それを右手左手で担当。

そして、モンスターが同時にたくさん出てきて、それらをどの手で倒していくかをかるたで行う。

もちろん、倒せないモンスターをたたいたらお手つきだし、両手重ねてモンスター倒すことも可能。

モンスター倒すと、パワーアップができて、どんどん倒せる敵の幅が広がっていく。

ルール聞くとどうなのかなぁと思うのだが、やってみると意外と面白いゲーム。

今までにない感覚のゲームをやりたい人には結構オススメ。

約2年前(2018年11月01日 23時55分)
続きを読む
閉じる
110
名が参考にしたリプレイ
 by てら@kotaronopapa

デザートスプーンさん水曜ボードゲーム会でプレイ

右手が剣3本、左手がマスク3本とわかりやすい組み合わせに

それが当たって、序盤の数ラウンドは敵も弱いし、適当にやってどんどん倒す

これ簡単じゃんと思ったのも束の間、階が進むと、2種類、3種類の武器が必要になってだんだん倒せなくなる

あら、右手がミス、次は左手がミス、迷ってるうちに他のプレイヤーに取られちゃう

最後はなんとか両手で弱い方のボスは倒したものの、途中で得点が取れてないので、負けちゃいました。

ダンジョン?と聞いた時には嫌な予感がしたが、やってみると、これ面白いじゃん

右手と左手でバラバラにカードを取りに行くなんて、ちょっとしたアイデアだけど、あまりやったことないし、ゲーム慣れしていない人も、けっこう楽しめると思うなあ。

2年弱前(2019年01月22日 20時04分)
続きを読む
閉じる
55
名が参考にしたレビュー
 by 常時次人@操られ人形館

右手左手に別の冒険者を割り振り、両手でカルタとり。

ちゃんと対応する手(冒険者)が倒せるモンスターカードをとれたら、得点が入ったりレベルアップして冒険者強くなったりします。

両手を使ったかるたというが面白い発想です。

2年弱前(2018年12月11日 17時13分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,960(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 10興味あり
  • 91経験あり
  • 9お気に入り
  • 37持ってる

チェックした商品