マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ラビリンス
  • ラビリンス当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 1986年~

ラビリンス / Labyrinth の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
動く迷路で宝探し!
  • マックス・コベルト(Max J. Kobbert)作

タイルが迷路になっており、並べたところでスタートです。

宝物を探しつつ、迷路を動かして、自分が動きやすいように調整したり、他の人の邪魔をしたりできます。

先を読んで動かすことが大事です。

ラビリンスに4件の書き込みがあります

254
名に参考にされているレビュー
2017年11月04日 11時45分

購入動機はダンジョンがランダムで入れ替わるという内容から興味を持ちました。


自分はデジタルゲームがもともと好きで「不思議なダンジョン」(ローグライク)系が好きだったので、アナログゲームでもあの感覚が味わえるのかと思いました。


遊んでみたら内容は全然違ったのですがw


概要は自分の目標となる宝物(非公開情報)を取りに迷路を進み、全て獲得したら自陣へ戻るとゲームクリアになるというものです。


面白いところは自分の手順の時に必ず迷路を動かすところ。


迷路を動かすことによって自分が行きたいところへスムースに行くように動かすのが基本です。


逆にいうと相手の邪魔にもなるし、他のプレイヤーが意図してなくても自分が進みたい道を動かされるジレンマが生まれたりするところですね。


このゲームは子供でも遊べるほどシンプルなルールです。


箱はちょっと大きいかなと思いますが、家族と一緒にやると楽しいでしょう。インストが簡単なのですぐに楽しめますよ!


大人でも軽めが好きな方は楽しめると思います!

続きを読む
閉じる
168
名に参考にされているレビュー
2018年05月18日 17時57分

最初のプレイは、自分と子供3人の4人でプレイしました。

ルールは簡単で「毎回動く迷路の中で財宝を取りに行く」ということで小学3年の娘も一発で理解。

ただ、一度遊んだあとに4人全員が満場一致でこう感じました。

「ルールは簡単だが、それゆえに簡単で同じことの繰り返しと感じてダレる」

そして、子供と相談し、時間調整をできるように次の要素を追加しました。

1.自分の「宝」の取る順を決める。

 1A:自分の宝カードを「全部見て、取れるものから取る」(時間短縮)

 1B:自分の宝カードを「1枚だけ見て、それを取ったら次のカードを見る」

2.ゴール条件を決める。

 2A:自分の宝カードを「全部取った時点でゴール」(時間短縮)

 2B:自分の宝カードを「全部取ったあと、最初の場所に戻ったらゴール」

1、2の条件をどちらで遊ぶかを、ゲームを始める前に選べるように「カード」にして、選んだカードをボードの近くに置いてから開始、のように遊んでいます。ほとんど時間短縮側を選びますけどね。


一番下の娘は、娘の友達らとよく遊ぶようで、毎度もりあがっているそうです。

たしかに子供オンリーでプレイすることが合ってるゲームですね。大人の妨害がえげつないので。

続きを読む
閉じる
117
名に参考にされているレビュー
2018年10月06日 13時06分

小1の息子が通う学童保育の施設に置かれているようで,遊んでみたら面白いので買ってほしい,とお願いされたため購入しました.

タイルは盤面に固定されているものといないものとがあり,固定されていない列または行に場に余ったタイルを端から入れ込んでスライドさせることにより迷路が変化します.宝物もそのタイルに描かれています.購入当初は,タイルがずれていると引っかかってうまくスライドさせられずややイライラすることもありましたが,何度か遊んでいるうちにコツがわかりスムーズに進行できるようになりました.

考えさせられるポイント(ルール)は2つありました.

① 手番では,まずタイルを入れ込み,次に自分の駒を動かす
 時々,迷路を動かさなければ宝物まで到達できる,という場面になります.そういうときに邪魔にならない場所にタイルを入れ込む必要が生じます.

② 前のプレーヤーが入れ込んだ列または行を自分の手番で押し戻すことはできない
  頭の中で宝物へのルートを思い描いていたのに,前のプレーヤーが逆の方向からタイルを動かしたとき,「なんてことをしてくれたんだー」ということになります.再度ルートを見出さなくてはなりません.

小学生相手ですので他の方のレビューにあるように,宝物を取りに行く順番を,子供は自由に,大人は規定順になどとすることでちょうどよいハンデとなっています.準備や片づけも時間がかからず,うちでは遊ばれる頻度は高めです.

続きを読む
閉じる
91
名に参考にされているレビュー
2017年06月24日 10時48分

ボードに固定されたタイルとタイルの間に動かせる道タイルをランダムに並べます。
あらかじめ自分が見つけなければならないアイテムカードが配られますので、そのアイテムまでの道をつなげるべく、タイルを1枚分滑らせていくゲームです。

単純なので子供でも楽しめます。
自分のアイテムを取るために滑らせたタイルが相手のアイテムを取る道をつなげてしまったりと、考えどころはありますが、あまり考えずサクサクやっても楽しめると思います。

いつの間にか道が変わっていたりする急展開も起こりやすいのでワイワイとやれるパーティー系でもありますので一度お試し下さい。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 4,320(税込)日本語マニュアル付き残り2点
会員のマイボードゲーム情報
  • 65興味あり
  • 275経験あり
  • 37お気に入り
  • 195持ってる

チェックした商品