マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
緑のカジノロワイヤル
  • 緑のカジノロワイヤル当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 15分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

緑のカジノロワイヤル

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
回る運命をつかみとれ! ルーレットのようにゲームが回る「ファストフォワード」シリーズ第4弾!
  • フリードマン・フリーゼ(Friedemann Friese)作

 このゲームはラウンドの度にルールが追加される対戦カードゲームです。

 各プレイヤーは凄腕ギャンブラーになり、運命を自由に操ります。3枚の手札を上手く交換し誰よりも強い手札を作りましょう。

 引くべきか、止めるべきか。それとも運に任せたり!?

 奥の深い駆け引きと次々に状況の変わるライブ感が魅力の鬼才フリードマンフリーゼの「ファストフォワード」シリーズ最新作!!

レビュー 3件

690
名が参考にしたレビュー
 by まつなが

ファストフォワードシリーズの第4弾!今度はカジノのスロットゲームがテーマです。


ファストフォワードシリーズは、ルールが入っていなくて、遊ぶうちにルールがちょっとずつ追加されていく!全員未プレイでもすぐに遊べる!がコンセプトです。

どれもゲームのテーマやメカニクスは全然違うので、どれから遊んでも大丈夫。あ、地味に共通するのは、どれもカードゲームでハンドマネージメント的な要素があるところです。

第1弾は緑の幽霊屋敷:3~5人、チキンレース系 (5人で問題なく遊べました)。

https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-fear/reviews/11554 

第2弾は緑の召喚術師:2~4人、バトル系 (2人、4人で問題なく遊べました)。

https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-fortress/reviews/11666 

第3弾は緑の国のアリス:1~4人、協力プレイ系 (2人で問題なく遊べました)。

https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-flee/reviews/12255 


第4弾となる今作は、3~5人、セットコレクション系!5人で問題なく遊べました!2019年4月現在、原語版も含めこれが最新のファストフォワードシリーズですね。(次またあるのかな?)

ゲームはこんなカードで始まります。


ファストフォワードシリーズに共通して、プレイ時間は確かに1ゲーム自体は10~15分くらいで終わるのですが、もう1回!もう1回!ってやるうちに、最後までやってみたい!ってなるのがたいていの流れです。そうなると、2時間前後かかります。ご注意を!


以下は、ちょっとゲームの内容についてお話していきますので、全く何も知らない状態で遊びたい!という方は読まないようにお願いします  


カードには、数字が必ず書かれていて、プラスでさくらんぼなどのマークが書かれているものや、特殊な効果のテキストが書かれているものもあります。


基本的なルールはゲーム中変わらないのですが、1つだけ適用される特殊ルールがあって、新しい特殊ルールを誰かが引くたびに上書きされていくのです。さっきまでの戦略が通じなくなったときに、ゲーム終了までの少ない手番でどう挽回するか!臨機応変力が試されるゲームになってます。

例えば、連番がボーナスなので集めていたら、急に次の特殊ルールがめくられて、ボーナスがなくなってしまったり。。ただし、特殊ルールが変わった瞬間ゲームが終わったらただの運じゃん…、ということはないように、調整されています。最低でも1手番は来ますので、ご安心を!


緑のカジノロワイヤルは、めちゃくちゃ簡単な麻雀、といった感じで、数字の大きさを競うとはいえ基本的に素点では勝てず、何かしらの効果を狙うことになります。最大人数でやったからか、思って以上に手番が回ってくる前に終わるので、終了までに何回くらいカードを引けるかの意識が大事だなと思いました!

カジノがテーマということで、特殊ルールの幅はけっこう広く、何で揃えるかは博打的にわからないところがあります。カードに振り回されるのを楽しむスタンスで遊ぶのがよいかも?


ファストフォワードシリーズを全部遊んでみて、いちばんインパクトがあったのは、ダントツで緑の国のアリスでした!

https://bodoge.hoobby.net/games/fast-forward-flee/reviews/12255 


あとは最初に遊んだ緑の幽霊屋敷がいちばん思い出に残っている気はします。流石に4つも遊ぶと次はこうなるだろうなーっていう予測もつくようになるのですが、遊んでいるメンバー全員でルールを発見していく楽しみはこのシリーズ独特ですね!

1年以上前(2019年04月25日 17時19分)
続きを読む
閉じる
96
名が参考にしたレビュー
 by たか

3枚の手札を3手番程で現在のルールでベストな状態に持って行け、ただしたまに途中でルール変わる事もあるけどな。

という感じの軽めなカードゲームです。

ベストな状態に仕上げた途端にルールが変わってしまって全然ダメになってしまったり(最低1手番は改善のチャンス貰えますが)と、ゲームに翻弄される感覚が楽しいです。


手番に出来ることは、山札から1枚引いて1枚捨てるか、捨て札から1枚引いて1枚捨てるかして、

手札の合計点数を大きくする事を目指すというのが基本的な流れとなります。

(途中で色々変わってきますが)

捨て札が6枚以上となったら終了フラグとなってひと手番ずつプレイして終了となるため、

全員が山札から引き続けるとあっさり終了となります。

1ゲームが数分で終わるので何度も繰り返して遊ぶ事になるのですが、最下位の人の手札3枚がゲームから破棄されて代わりに新しいカードが3枚登場するので、

1ゲーム毎に徐々にカードが変わっていきルールも変わっていくのが面白いです。

最初は単純にカードの数値の合計で競っていたのが、色々なボーナスが追加され徐々に複雑になっていきます。

とはいえ、そんなに複雑なルールにはならないので軽いプレイ感でサクサク遊べますが、全カード使うまでやりきると結構時間掛かります。

(1時間半位掛かったかな?途中中断して、後日そこから再開するというのも容易です)


ルールカードは少し文字が多めですがそんなに難しい事は書いていないので(カード効果で若干わかりにくいのは有りましたが)、マニュアル読まずにすぐ遊べるという謳い文句通りでした。

4ヶ月前(2020年05月27日 11時07分)
続きを読む
閉じる
61
名が参考にしたルール/インスト
 by 山田洋介

1.人を集める(プレイ人数3~5人)

※ボドゲやったことないことはない方、よっぽど仲のよい方を強く、強く推奨いたします。

2.親を1人決める。

※親が進行も兼ねますが、全員がルールを飲み込むよう気配りは忘れずに。

以上。

※「ファストフォワード」シリーズ自体が、ゲーム内容やルールが目まぐるしく変わるため、インストは親が即興で出来るように設計されております。このゲームが、インストをよくなされる方やこのサイト自身へのフリーゼからの挑戦状、もとい、ラブレターだということを頭に入れつつ、自分たちだけの解釈でお楽しみ下さいませ。

約1年前(2019年07月03日 18時03分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 1,980(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 21興味あり
  • 37経験あり
  • 4お気に入り
  • 42持ってる

チェックした商品