マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
コリドール
  • コリドール当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 15~25分
  • 6歳~
  • 1997年~

コリドール

メーカー・卸元:キャストジャパン

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
壁を作るか先に進むか!先を読む力が試される戦略ゲーム

コマを1マス進めるかフェンスで相手の進路を妨害するかを選択し、自分のコマをより早く向かい側のゴールまで進めるゲーム。

相手や自分の選択次第で刻々と戦局が変化するので、1つの判断ミスが致命傷になることも。

ゴールまでの距離を測りつつ相手の出方に応じた適切な対応=戦略的視点が勝負の分かれ目。

数学的ロジックを極めるエデュケーショナル・ゲーム。

<遊び方>
・各プレイヤーは選んだ駒を自分のベースラインの真ん中に置き、フェンスは等分してボードのサイドに置きます。

・自分の順番がきたら、駒を1マス進めるか、フェンスで相手の進路を妨害するかを選択します。フェンスは相手の進行を遅らせるように有効的に使用します。

・駒は上下左右には進めますが、斜めには進めません。

・駒同士が向かい合った場合は飛び越えることができます。

・最も早く、向こう側のラインまでたどり着いたプレイヤーの勝ちとなります。(向こう側のラインのどのマス目でもゴールになります。)

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 21件

レビュー
316名が参考
3年弱前

【10段階中9】

<プラス>

すぐ始められる

短時間で1ゲーム終えられる

駒の動き、板の置き方、両方とも単純明解

相手の出方を見ながらの駆け引きが非常に楽しい

負けると「もう一度」となる中毒性あり

<マイナス>

駒、板が軽いのでずれることがある(少し気になる程度)

高い(コリドール ミニももっと検討すればよかったかも)

マイナス要素は少ないですね。

<総評>

ルールが単純明解で誰でもすぐできる非常に敷居の低いゲームです(良い意味で)。

一歩ずつしか進めない、戻れないもどかしさは(何方かも書かれていましたが)まるで人生そのもの。このゲームを通じてうちの子供にも人生のもどかしさを感じ取って欲しいところです。

勝ち筋はあるとは思いますが、直感的にプレーできる良ゲーですね。

<4歳がどれ位できるか>

完全に理解してプレー可能です。

何回か対戦して素で負けたこともありました。

子供が興味あるようなら高いけど買いだと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
shun
shun
レビュー
284名が参考
5年弱前

4人プレイをしたことがないので、2人プレイのみのレビューになります。

フランス製の定番ゲーム。プレイヤーは、前後左右に1つ動くか、壁を置くかの2択でゲームを進めていきます。一番奥の列のマス(ゴール)に到達出来たら勝利します。壁の置き方は、相手が絶対にゴールに到達できないような置き方は出来ません。ルールはこれだけ。

レビューで「これを言っちゃあおしまいよ」なんですが、このレビューを最後まで読む前に「まずは遊んでみて下さい!」と言いたい。

ということで、以下は本当は遊んでから読んでほしい内容です。

相手を邪魔するのか?自分が進むのか?という所で悩みはするが、まぁこんな感じでいいだろうと思ってゲーム進めていると<相手が絶対にゴールに到達できないような置き方が出来ない>というルールがのしかかってきます。

自分が進もうと思っているルート側が完全封鎖されると大きく戻らなければならなくなり、敗色が濃くなるため、完全封鎖されないように壁で防いだり、逆に相手が進もうと思っているルートを完全封鎖するように壁を置いて、自分のコマが進むルートしか残らないようにしたり。といった駆け引きが勝負の肝になります。

この辺の駆け引きの面白さやコツは、レビューを読んでネタバレすることなく実際に遊んでみて、自分で発見してもらった方が、嬉しいとコリドールのデザイナーは思うのではないかな?と個人的には推察してます。

なので、レビューに書いてしまって何なんですが、まずは遊んでみて下さい(笑)

続きを見る
閉じる
大賢者
なおぶ@AHC
なおぶ@AHC
レビュー
237名が参考
約3年前

そぅ、わたしはただ前にコマを進めていただけなのです。

なにも、望まず純粋に前に進み高ったのです。

なのに、なのに、目の前の高い壁が私の道を塞いで行くのです。


そうか、そこまでして邪魔するのであれば、こちらにも考えがある、あなた様の目の前にも壁を建てていこうではないか。


なぁーんて高貴か書き方してますが、4人でプレイするときは協力という名の裏切り、そしてその間に素知らぬふりをして逃げようとする輩を追い詰める、なんともハートフル(笑)なゲームです。


2人でするとき相手がものすごい経験者であれば歯がたちません。むしろ、ご教授いただきましょう。

続きを見る
閉じる
仙人
zЁn
zЁn
レビュー
232名が参考
約2年前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
自分の順番では2つの選択肢の1つをするだけという非常にシンプルなルールの面白いボードゲームです。
2者択一繰り返しながら、相手を妨害しつつ自分は妨害を避けて相手側の端の到達を目指すなか、フェンスの置き方に戦略的な面があります。子どもから大人まで幅広く楽しめて、遊びやすいのがポイントです!
先を読まなければいけないのと、運要素が低いので、そのあたりで敬遠する初心者の方はいるかと思います・・・


好き度(Like)
 ▶4pt.≪★★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶4pt.≪★★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶5pt.≪★★★★★≫


簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
210名が参考
4年以上前

このゲームは2人で遊ことが多いのではないかなと思います。相手と交互に駒を動かし、ひたすら真っ直ぐ向かっていくゲーム何ですが、妨害をされる為そう簡単には進ませてもらえません。(駒は前後左右に動かせます)

見た目以上に戦略性のあるゲームではないでしょうか。あ、でもオセロぐらいの感覚で十分ですので難しく捉えないで大丈夫です!

自分の手番の時に駒を動かすか、壁を作るか選べます。相手より先にたどり着くためには何処に壁をどのタイミングで設置するかを考えながら遊ぶゲームです。

2人で遊ぶ時は、感覚さえ掴めておけば、勝つ為のコツなど理解できると思いますが、4人になった時がまた戦略性が上がりますので、簡単には勝たせてもらえません(涙)三方からの攻防戦。更に壁も人数分増える為、前へ進むだけでなく、壁を何処に置かれてもいいように戻ることも視野に入れながら遊ぶ必要があります。

ちなみに私が4人で遊んだ時、1ターン差で2人のどちらかが勝てる状況になり、負けがほぼ確定していた方が壁を所持していた為、最後の足掻きでどちらに妨害をするかと物凄い悩まれていたのを覚えています(笑)こういうのも面白いですよね(笑)妨害をした方は、後に別のゲームでコテンパンにされたのはここだけのお話です(*´ω`*)

ルールは全く難しくない為、ボードゲーム初心者でも十分に遊べると思いますよ♫

続きを見る
閉じる
勇者
さき
さき
レビュー
199名が参考
5年弱前

壁を作り妨害をしながら駒をいち早く対岸まで進めるゲーム。

自分の手番では駒を4方向のどれかに移動、若しくは2マス分ある壁を設置できる。

相手の進行を方向に壁を設置すればその分と遠回りさせる事ができ、その間に自分の駒を進めて行くのだが当然相手も妨害してくる為、右往左往したり自分の設置した壁が仇になったりして、終わってみれば盤面は正に迷路そのもの。

ルールは簡単だが絶対事項が1つある。

相手が絶対にゴール出来ないようにしてはいけない。

物理的にゴール出来ないように囲んではいけないというルールなのだが、このルールを利用して自分の退路をわざと塞ぐ事でルートを限定させて妨害させない事も出来る。

妨害だけでなく攻めに使ったりなど単純ながらなかなか奥深いゲームである。

続きを見る
閉じる
皇帝
村人C
村人C
レビュー
176名が参考
1年以上前

このゲームは、シンプルなルールで奥の深い戦略をとれることが最大の魅力だと思います。
9×9マスのボードで自分の初期位置の辺からその対辺に進んでいき、対辺に到達することで勝利するゲームです。2~4名でプレイできますが、3名でのプレイはゲームデザイン的におすすめできません。基本は2名か4名で遊ぶものでしょう。

自分の手番にできることは、自分の駒を前後左右いずれかに1マス移動すること、もしくはフェンス(2人プレイでは1人10枚、4人プレイでは1人5枚所持)をマスとマスの間に配置すること。この2つのみ。すぐに覚えられるルールです。
フェンスを相手の妨害に使ったり、自分の進路確保に使ったりと限りあるフェンスを上手く利用して向こう側を目指します。

冒頭でも述べましたが、小さな子でも覚えられそうな簡単なルールなのに、考えられる戦略は様々で、特に実力の拮抗した相手とは1手1手真剣勝負なゲーム、というギャップ?が魅力です。4人対戦の乱戦ぶりも、2人対戦での真剣さもどちらも良い味があるので、アブストラクトゲームの中でもかなりお勧めできるゲームだと思います。運要素のないゲームなので、各プレイヤーの実力が試されますがアブストラクトゲームが好きならきっと大好きになれるゲームです。

続きを見る
閉じる
大賢者
szk
szk
レビュー
168名が参考
9ヶ月前

■個人的な評価
・06/10

■概要
・9×9の盤面。自分のコマを手前のマスから奥のマスまで動かしたら勝ち。
・手番では「コマを動かす」もしくは「壁を置く」のどちらかを行う。
・コマは壁を乗り越えることが出来ないが、相手のコマを乗り越えることは出来る。

■体験プレイ人数、回数
・2人、10回くらい

■良いところ
・何から何までシンプル
→コンポーネントから、ルールから、何から何までがシンプルです。
初めてやる人でもルールが分からず困ることはありませんし、ゲーム前の準備もほとんど時間はかかりません。

・コンポーネント
→木製で高級感があります。

■気になったところ
・シンプル過ぎる
→良くも悪くもシンプルなルールで特にランダム性もないため、何回かプレイすると単調に感じてきました。色々と考えどころはあるんですが、そこを深く追求しようという気になれませんでした。要は自分には合わないゲームなんだと思います。

■総評
・ギカミック製の木製コンポーネントが好きな方、シンプルなアブストラクトゲームが好きな方にはオススメですが、ランダム性やリプレイ性を求める人には合わないのかもと思いました。





続きを見る
閉じる
大賢者
ヴァンホーン
ヴァンホーン
レビュー
153名が参考
1年以上前

攻略サイトが存在するくらい

奥の深いゲームです。ギガミックシリーズではミニだと一番コンポーネントがショボいのですが、私はこれが一番好きです。最初から最後まで読み合いです。終盤、相手を行き止まりに追い込めて勝ちが確定したときはとても気持ちが良い!

続きを見る
閉じる
大賢者
ボドゲを楽しむ会
ボドゲを楽しむ会
レビュー
151名が参考
1年以上前

★6.5/10【そこに壁を置かないで〜〜〜〜】

まず、見た目がシンプルでかっこいい

ゲームの内容としては、壁を設置するか、駒を動かすかという単純なもの。ルールの把握が簡単なのですぐにできる。ルール説明は2分もいらない!頭をそんなに使わずに、うわー邪魔されたーなどとテンション高めにやってもよし、真剣に考えて勝負するのもよしといった優れもの。簡単なルールなのですぐに必勝法が見つかりそうだが、なかなかわからないので悔しい。

うわ〜これもう負けだ〜と思っても案外大逆転の可能性もあり、もう少しでゴール!と思っても、行き止まりにさせられ大きく戻らなければいけないことに...一回終わった後にもう一回!となること間違いなし!

4人プレイの場合は、対面が仲間のチーム戦にするのがよいと思う。個人戦にすると、一人に邪魔が集中したりと、ただの嫌がらせゲームになる。実力どうこうでなくなるため。

単純さ ★★★★★  ルールが簡単ですぐにでも遊べます!
戦略  ★★★★   ルールが単純だからって油断してると負けます!

小学生から大人まで幅広く遊べるボードゲーム としておすすめです!

続きを見る
閉じる
仙人
パッチョ
パッチョ
レビュー
148名が参考
10ヶ月前

「とりあえず、やってみよっか」

が通じるぐらいにシンプルなルール。

・自コマを相手側の端まで進めれば勝ち!

・コマを一歩進めるか壁を一枚置く

ざっくりルールはこれだけ!細かなルールは一言で終わるレベル!


しかし、やってみると奥が深い。

壁を置くのか進むのか

壁は相手を邪魔する為に置くのか、自分の道を作る為に置くのか。

限られた数の壁の中、先に壁を置ききってしまうのか相手の出方を待つのか。

最後の最後まで勝負がわからず、一手差で負けてしまうこともしばしば・・・

それが悔しくて「もう一回!!」

そんなゲームです。

続きを見る
閉じる
隊長
のい
のい
レビュー
143名が参考
1年以上前

例えが適当ではないかもしれませんが、はさみ将棋のような対戦ゲーム。当然ながら運要素はありません。

シンプルながら駆け引きが面白く、子供でもすぐに楽しめます。一方で、勝つためにはリソース管理と併せたアドバンテージの確保が必要となり、奥の深さもあります。


最後に初心者相手の必勝法を。

自分の退路を絶ちましょう。この意味が理解できれば中級者です(初心者には負けなくなる)

ちなみに二人対戦しかやった事がありませんが、四人プレイもバトルロイヤル的な楽しさがあるのかな?

続きを見る
閉じる
大賢者
でゃーこ
でゃーこ
レビュー
137名が参考
約1年前

コマを進ませるか、板を置くか…。そのどちらかを順番に行って、ゴールを目指すゲームです。

板はもちろん、相手を邪魔することによく使いますが、「自分のゴールへのルートを確保する」ために使うのが、賢いプレイ方法!

複数人でのプレイでは、「オイオイ、誰かアイツを止めろよ…」と、板の出し惜しみがよく起こるので、それも面白いポイントの1つです。

子供から大人まで、また、ボードゲームの初心者の方も楽しめますが、単純すぎるので飽きるのも早いかもです…!


続きを見る
閉じる
皇帝
野原将史
野原将史
レビュー
123名が参考
5年以上前

コリドールは前後左右に1マス移動できるコマと、移動をブロックできる壁を使った1:1のアブストラクトなボードゲーム。

まぁ画像のまんまなので。

古くからアナログゲームをやってる人は知らない人いないんじゃないかな。壁を置くという妨害要素がある。

手を読む必要はあるっちゃあるがいちいち計算するもんでもない。普通は空気読んでサクサク回す。重ゲじゃないからノリで楽しむべし。ガイスター的な感じで。

アブストラクトなのにちょっとパーティ感あるのは珍しい。ブロックスDUOとかと似た感じのボードゲームだな。

続きを見る
閉じる
皇帝
48面ダイス
48面ダイス
レビュー
113名が参考
5年以上前

コンポーネントがオシャレでインテリアになりそうなデザインなの部屋に飾っておきたくなります。
ゲームのルール自体はとても簡単なのですが非常に頭を使うゲームです。
手番で自分のコマを動かすか、壁を置いて相手を妨害するかのどちらかを選択するのですが、この判断が実に悩ましくいのでつい長考してしまいます。プレイ中での頭の使い方は将棋や囲碁に近いので、私はとっても弱いです。だけど思わず「もう1回!」と再戦したくなるボードゲームです!

続きを見る
閉じる
仙人
まま
まま
レビュー
107名が参考
約3年前

甘く見ていると痛い目見る度 ★★★★★

接戦と思いきや大差度 ★★★★★

木製ってイイね度 ★★★★★

続きを見る
閉じる
国王
suzuyuBG
suzuyuBG
レビュー
106名が参考
3ヶ月前

本作は白米みたいな存在かと思います。

めちゃめちゃ面白いわけではないですが、重ゲーのあとに無性にプレイしたくなります。仕事の合間とか、寝る直前とか、寝起きとか。

2~3回プレイすると(負けると)飽きますが、翌日またプレイしたくなります。

そういう意味で、毎日食べる白米みたいな存在。常備すべきゲームかと。

続きを見る
閉じる
仙人
ばってら
ばってら
レビュー
93名が参考
1年以上前

4人でプレイしました。

最初はそれぞれで勝ちを目指していましたが、理不尽に負ける事が多く、楽しめなかったので、チーム制にして2:2でどっちのチームが早くゴール出来るかにした所、相談しあったり、駆け引きが出てきたりで盛りあがりました。

一回15-30分位でした。

1:1か2:2がおすすめです。

続きを見る
閉じる
大賢者
煌めきのアメジスト
煌めきのアメジスト
戦略やコツ
84名が参考
約2年前

相手が左右どちらかに寄ってきた際に、そのまま進ませたあと、行き止まりにして反対側にまで迂回しないといけない状態にすると、かなり相手のロスを作ることができます!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
ルール/インスト
59名が参考
11ヶ月前

【初心者必見】YouTube解説動画
 初心者の方向けに、コリドールのルールやコツについて動画でまとめました!

【コリドールの小ネタを交えたハイテンションな動画を見たい方】はこちら
https://youtu.be/CaBDquGK-8g

【ルールやゲームのコツだけをさくっと確認したい方】はこちら
https://youtu.be/gpfe-LRWoXY

【ブログ記事で確認したい方】はこちら
https://bit.ly/3hq6OTe

【リンク】
 YouTube・Twitter・ブログでボードゲーム関係中心で情報発信していますので、良かったらお越しください。

◆YouTubeチャンネル:ボドゲマンの『毎日がもっと楽しくなる魔法のレシピ』
 毎週(水・土・日)20時にボードゲームに関する動画を定期配信しております。
 参考になったという方や少しでもクスッとして頂けた方は、チャンネル登録、高評価お願いします。
http://www.youtube.com/channel/UCxdxAPB6KMXyZa0DTc3lTpQ?sub_confirmation=1

◆Twitter:ボドゲマン【らっせん】
https://twitter.com/KinRan0111

◆ブログ:らっせんの【ボドゲ】それっぽいこと言っちゃうブログ
https://bodogeman.net/

続きを見る
閉じる
皇帝
ボドゲマン【らっせん】@YouTuber
ボドゲマン【らっせん】@YouTuber
レビュー
53名が参考
7ヶ月前

2-4人対戦のボードゲームですが、

基本2人でやるゲームです。


やることは相手の陣地まで歩くこと。

手番でやることは一歩、歩くか障害物となる壁を立てるかです。


うまく自分の邪魔にならないように

相手の邪魔ができるように考えて壁を配置していきましょう。

続きを見る
閉じる
勇者
AQ Lounge
AQ Lounge
  • 商品価格¥ 6,600(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 304興味あり
  • 1770経験あり
  • 339お気に入り
  • 538持ってる

チェックした商品