マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ノッティンガム
  • ノッティンガム当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~7人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2006年~

ノッティンガム / Nottingham の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ウヴェ・ローゼンベルク作のカードゲーム
  • ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)作

ウヴェ・ローゼンベルク作の中箱ゲーム。
山札からめくったカードを自分の手札に加えて得点するか、カードにかかれた効果を利用するかを選び、ボード上のコマが1周するまでに得点を稼ぐ。

ノッティンガムに4件の書き込みがあります

133
名に参考にされているレビュー
2018年04月28日 14時29分

2006年 アラカルト・カードゲーム賞 3位。
デザイナーは『ボーナンザ』『アグリコラ』『カヴェルナ』『マンマミーア』のウヴェ・ローゼンベルク。 プレイ人数3-7人。

(カード種類)
アイテムカード 84枚(7種 各12枚)
待ち伏せカード 13枚
目標カード 8枚
 (2枚x3種類などをあつめると15点などの特別得点カード)

(アイテムカード7種類)
銅貨(7)、泥棒(8)、待ち伏せ(9)<特殊能力は待ち伏せカード13枚の1枚をひき裏にして、待ち伏せカードの下においておく。相手のが得点しようとした時に、邪魔ができる>、強奪(10) 、襲撃(11) 、防御(12)、交易(13)


小さいゲームボードがあり、黒い駒(執政官)が城に戻ってくる or 山札のアイテムカードがなくなったらゲーム終了。

各自、自分の色の駒を選び山札から3枚のアイテムカードをひいてゲームスタート。自分の色の駒はボードには置かず、自分の色を認識しておくためのものです。

手番では、
(必須) 
A.山札からアイテムカードを場に表にして出し、そのカードを手札に加える か そのカードの特殊能力を使う。

(任意)
B.手札を3枚以上そろえるか、目標カードのカードをそろえて得点にする。


Bの得点にする場合は同じ種類のカードを3枚以上出すことによってその種類のカードに書かれた数字分(1枚分)の得点を得る事ができます。


得点するたびにボード上の黒い駒が1マスずつ進んでいきます。進んだ先のマスに数字がありそれより手札が少ないプレイヤーは全員山札から1枚引く事ができます。

交渉をなくした「ボーナンザ」といわれるように、カードの特殊能力でカードを奪ったり、オープンにさせたり、防御したりできて相手を邪魔しながらいかに、自分の得点をのばすか?という点が非常になやましくて、もう何回かやると面白味が増してくるゲームだ。

続きを読む
閉じる
86
名に参考にされているリプレイ
2018年04月28日 17時56分

5人で初プレイ。

あまり手札を溜め込まず、こまめに10-13点を3枚ででしていった方が点数がとれたなあ。

特殊効果も初めてなのであんまり使わず手札にいれていたり、待ち伏せカードも機能してなかってのでもう一度きちんとした形でやってみたいね。

やはり、相手ののカードを見ることが多いので、カードを見て邪魔しながら自分の点をとっていくようになったらとても面白いゲームになると思う。

続きを読む
閉じる
66
名に参考にされている戦略やコツ
2018年04月28日 15時17分

1.同じアイテムカード(7-13までの数字)3枚集めれば、そのカードの数字1枚分の得点になる。

なのに3枚以上だしてもいいとルールにある? これは1枚分しかカウントされないんだから意味ないじゃん?とおもっていたら、待ち伏せカードで邪魔をされた場合は1枚とられちゃって、せっかく得点にできるところをできなくなってしまう場合があるので、場にだれかが待ち伏せカードをだしていたら保険として4枚だすという戦略もあり。


2.手札カードを多くもって目標カードの高得点狙いもいいけど、誰かが得点する度にボードの駒がひとつ進み、その数字より多いカードをもっていると、ただで1枚アイテムカード貰えなくなるから、こまめに3枚セットで得点するのも大事です。

アイテムカードがなっなっても、ゲーム終了なんで、ボードの駒の位置ばかりでなく残りのアイテムカード枚数を認識しておくのも戦略のひとつです。



続きを読む
閉じる
59
名に参考にされているレビュー
2016年09月02日 18時36分

ボーナンザの交渉を強要するバージョン……というと説明がしやすい。
カードをひいたら、アクション発生→誰かが被害を被りながら、カードがだんだんみんなの手札に増えていって、トレードしながら役を作るゲーム。
こそこそ点数を稼ぐ為に目立たないようにしているのが良いのかも?と思う。
自分が持ち主なのに、1回も1位で終わった事ないゲームなので、初めて遊ぶ人でも大丈夫な感じです。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 6興味あり
  • 61経験あり
  • 9お気に入り
  • 51持ってる

チェックした商品