マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
河辺の夜の夢
  • 河辺の夜の夢当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 6~7人
  • 150分前後
  • 15歳~
  • 2020年~

河辺の夜の夢

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
GMなしで楽しめる、大人気パッケージ型マーダーミステリーシリーズ第5弾!
  • 清松みゆき (Miyuki Kiyomatsu)作

16世紀の末期、ちょうど女王エリザベス(Ⅰ世)の治世が終わる頃。

事件は、イングランド中部の河沿いの町で起こった。旅籠(はたご)に投宿していた男が、裏口からほどない河に頭を突っこみ、死んでいるのが発見されたのだ。同じくその宿に泊まっていた旅人たち、地元で慕われる白魔女、そして旅籠の使用人。それぞれが、互いに疑心の目を向ける。
名声を得た劇作家がひさびさに帰った故郷の町で起こった事件の真相は? そして、秘密を持つ者たちが織りなす物語の行く末は?

GMなしで楽しめる、大人気パッケージ型マーダーミステリーシリーズ第5弾!

レビュー 2件

206
名が参考にしたレビュー
 by Sigma Siuma

TRPGの老舗メーカー グループSNEが作成した、6~7人用のマーダーミステリーです。


舞台は17世紀イングランド。白魔法使いが人々を助け、黒魔法使いが人々を呪うのが、当たり前の常識として存在した時代の話。

都で大成功を収めた劇作家が、地元に凱旋して、ネタ発掘を兼ねた口演会を主催する、というので、旅籠に人々が集まっているその裏で、書籍商の死体が発見された。

被害者の足取りが怪しい時間帯は、たったの3時間。その3時間のアリバイが不確かなのは、たったの6人。お互いに治安官に取り調べを受けたくない、後ろ暗い所のある人々は、劇作家を7人目の演者に加えて、独自に犯人を捜し始めた……というストーリーです。


まず印象として、導入の物語・設定書と、とにかく文章が多い。設定書に至っては、小説が始まったのか、と思うぐらいです(見開き2ページではあるのですが)

設定書の裏には、「17世紀のイギリスを舞台とするので、これぐらいの世界背景は知っておくといいかも」と言わんばかりの用語説明もあり、「中世ヨーロッパ」と、ひとまとめにして放り出すことのない「丁寧さ」があります。

ルール的に特殊処理を行う必要のある局面も数あり、総じて、同シリーズの「九頭竜館の殺人」「人狼村の祝祭」辺りのマーダーミステリーをプレイ済でも、面食らうことがあるかもしれません。

得点計算にも仕掛けがあり、設定書の記載を文字通りに受け取っていると、エンディングで「実はその項目は点数にならない」と指摘されるキャラもいます。積極的に自分の疑問点を解消していかなければ、そのことに気付けない仕掛けになっていますので、理不尽と感じると同時に、トリックが凝っているとも言えるでしょう。

ただ、設定書には「きみの行動方針」として、各キャラが、どう立ち回ればいいのかのヒントも記載されており、決して「マーダーミステリー初プレイの人はお断り」というゲームではありません。


GMなしでも充分プレイできますが、文章量・特殊ルールの多いことから、第1・第2調査フェイズの後などで、トイレ休憩や、設定書/ルールブックの再読み込みタイムを数分用意するのがよろしいかと感じます。

プレイヤーは、6~7人のどちらでもプレイできますが、強いて言うならば、劇作家を加えた7人でプレイすることをお勧めします。


文章量や特殊カードが多いだけの没入感は保証できます。プレイ+感想戦で4時間と見て、是非、プレイしてみてください。

3ヶ月前(2020年08月23日 20時27分)
続きを読む
閉じる
155
名が参考にしたレビュー
 by あらい


舞台は16世紀の末期のイングランド中部の河沿いの町。

旅籠(はたご)に泊まっていた旅人たちや、地元で慕われる白魔女などが、成功して名声を得た劇作家のもとで様々な話をする。そんな世界で起きたお話。


ネタバレ抜きでこれまで経験したマーダーミステリーの中での個人的な評価と簡単な感想を書きます。

知人とその知人で7人でプレイ。GMなし。


評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆(3/10)


オススメ:6-7人で遊べるが、どちらでもいいか…?7人でよかったので、強いて言えば7人推奨かな


感想:かなり低評価をつけてしまいました。が、これはあくまで私が遊んだ時の評価です。

Twitterでみかける評判はいいので、おそらく普通はもっと楽しめるのだと思います。

ちなみに、メンバーはよかったです。

ネタバレになってしまうので詳細は書けませんが、明確にストーリーのオチと謎、資料に納得のいかない点があったので評価をさげました。


よかったのは、世界観、舞台、設定の凝り方です。そこは好みもあるけど、すごく好きでした。

推理の難易度は高くありません。多少文量は多めですが、初心者でも楽しめるとは思います。

むしろ、慣れすぎてないひとの方がいいのかも?

ほかのミステリーインザボックスにはない仕組みもありましたが、物語の背景とマッチしてよかったとは思います。

しかしどうしても、肝心の部分の納得感が…


優秀なGMつきで、フォローしてもらえる環境で遊ぶことをおすすめします。

3ヶ月前(2020年09月11日 07時49分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,850(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 28興味あり
  • 67経験あり
  • 16お気に入り
  • 45持ってる

チェックした商品