マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
スパイのウインク
  • スパイのウインク当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~8人
  • 20分前後
  • 9歳~
  • 2017年~

スパイのウインク

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
秘密の合図を送れ!でもバレるなよ?
  • プロスペロ・ホール(Prospero Hall)作

ウインクを使った傑作パーティーゲーム!

「スパイのウインク」はウインクを使ってコミュニケーションゲームです。プレイヤーはウインクで他のスパイに合図を送り、そのウインクに気づいたスパイは、待ち合わせ場所を目線だけで知らせます。でも気をつけて! もし誰かに合図がバレてしまうと、ミッションは失敗してしまいます!

レビュー 4件

446
名が参考にしたレビュー
 by 82BG@19秋GM(土日)出展

【☆8】

気がつかれないように気づいてあの人にウィンク♡

 

各プレイヤーはスパイです。

自分の取引相手にサインを送って取引場所を知る必要があります。

逆に自分の依頼人を見つけて取引場所を教える必要があります。

あるいは、そのやり取りをあぶり出して密告するというあまり類を見ないパーティゲームです。

 

誰かと供に5点以上になれば勝ちです

 

準備としては、テーブル上に取引場所が4つ配置されています

各プレイヤーには2枚の手札があって、1枚は取引相手と1枚取引場所です。

取引相手はプレイヤーの誰かを指していて、ゲームが始まったらそのプレイヤーに自分が依頼人であることをわかってもらう必要があります。

取引場所はゲームがはじまったら、プレイヤーの誰かが自分を取引相手とするのでそのプレイヤーに取引場所をわかってもらう必要があります。

それと密告チップを3つ持っています。

 

ゲームが開始したら、

取引相手に自分が依頼人であることをわかってもらうか、自分が取引相手を見つける必要があります。

ただし、それが他プレイヤーにバレて密告されると、密告したプレイヤーの点数になるという要素があります。

ですので、声に出したり派手なことして依頼人に自分であることを伝える訳にいきません。

 

そこで、使うワザがウインクです。

 

取引相手と目があった瞬間にウインクをすればいいのです。そして、ウインクされたことに気が付いたら自分の手札にある取引場所を確認してテーブル上にある、その取引場所に視線を向けて依頼人に取引場所を伝えます。

 

この一連の動きを経て、手番がきたら自分の手札にある取引相手を表にして、そのプレイヤーに「取引場所はここです」と宣言します。指名されたプレイヤーは取引場所が合っていれば得点です。そして、それを当てることができたプレイヤーも得点です。

 

それと密告という、プレイヤーが持っている取引相手を当てても得点になります。しかし、3回しかチャンスがありません。

 

あと手番進行や手札交換という要素はありますがここでは省きます。

 

 

遊んでみた感想としては、ドキドキ感がたまらなかったです。

ルール的に「ウインクするPL探す」「相手にウインクして気づいてもらう」「誰が誰を見ているか探す」の3つの駆け引きが交差しあいます。ですので、プレイヤーが互いに目もとを確認するので必然的に目が合います。

ボードゲームに慣れているので対面することに特に何も思わないと思っていたのですが、何度も目が合うと意外とドキドキして楽しかったです。プレイヤーの目線を追わないといけないので真剣になりがちで言葉数は少ないのですが、当てることができた時の盛り上がる感覚は一興でした。

 

だけど、ゲーム途中は楽しいのですが最後が解せなかったです。

実際の自分がプレイしたゲームでは6点稼いでトップだったのですが、勝利条件は「誰かと供に5点以上になれれば勝ち」ということなので、独りで5点以上とっても勝利になれません。そして、別のプレイヤー同士で5点になって点数トップの自分か負かされたことは腑に落ちきれない感覚がありました。

ただそれは勝利条件を考えずに無暗に点数を手に入れた自分が悪いと思い直しました。

ですが、この勝利条件で最も過酷なプレイヤーは最下位のプレイヤーです。

勝利条件が「誰かと供に5点以上」ということは、ゲーム後半で最下位のプレイヤーと取引が成立してお互い点数が手に入っても勝利条件に達しないということです。それに気づいた4点のプレイヤーは、最下位のプレイヤーと取引きや依頼もしなくなるので顔を合わせる必要がなくなります。最下位のプレイヤーが頑張り辛いことになります。

その危険性を緩和するために、最下位のプレイヤーと取引してでも5点以上を稼ぐメリットのあるルールは必要だと思いました。

 

ですが、ゲーム中のプレイヤー間の見つめ合いは他のゲームの類を見ない面白さがあるので好きです。

 

評価☆8

1年以上前(2018年11月07日 16時01分)
続きを読む
閉じる
332
名が参考にしたレビュー
 by あらい

通称、ウインクゲーム。

大きく目の描かれた箱のイメージ通り、アイコンタクトでの意思疎通が大事なゲームです!


みなさんはスパイです。しかし、今回のミッションは一人では達成できません。


他のプレイヤーの中に隠れた味方のスパイとこっそりコンタクトを取り、決まった場所で密会することでミッションを達成できます。

では、どうやってコンタクトをとるのかというと、、、


そう、ウインクです!!


ゲーム中、プレイヤーは手札に「他のプレイヤーを示すカード」と、「ミッションを達成する場所を示すカード」を1枚ずつもっています。

そのカードの人物が、あなたが今回ミッションを一緒に達成したい味方のスパイです。


あなたはその味方のスパイと一緒にミッションを達成するために、ウインクをして自分の味方であることを伝えます。

そして、ウインクをうけた人は、今度はカードに書かれた場所を伝えます。しかし、ここでも言葉は伝えることは出来ません。

どうするかというと、実際に4箇所、場所のカードと対応する施設のコンポーネントを卓上においておきます。

そして、目線だけで、そのコンポーネントを見ることで、味方にその場所がどこだかを伝えるのです!!


こうして、ウインクをした人が場所をこっそり伝えてもらってミッションを達成できると、ポイントゲット!


しかし、スパイたるもの他のスパイにミッションをバレてはいけません。

逆に、他の人が誰かにウインクをしていることを発見した場合、それを密告することが出来ます!!


密告されてしまうと、バレた人にポイントが取られてしまうので、バレないようにこっそりウインクしましょう!!


だれかがミッションを達成したタイミングで達成した二人共が5ポイントを超えていたらその場所が2人が勝利でゲーム終了です!

(まだ片方しか5ポイント達成していなかったらまだゲームは続きます。)


どうしても人の顔や目をしっかり見ることになるので、ちょっとドキドキして、終わったあとには仲良くなれる、そんなパーティゲームです!


ウインクで味方のスパイと秘密のミッション達成だ!!

2年弱前(2018年06月28日 22時12分)
続きを読む
閉じる
65
名が参考にしたレビュー
 by ボドゲ好きのてんちゃん

ウィンクを使ったコミュニケーションゲーム。

パッケージもコンポーネントもしっかりしていて

パーティゲームにぴったり!


プレイヤーはウィンクで他のスパイに合図を送って

そのウィンクに気づいたスパイが、待ち合わせ場所を目線だけで

知らせるといったもの。


でも、気を付けて!この合図を対象のスパイ以外に

気付かれてしまうとミッション失敗!他のスパイに勝利点が入ってしまいます。


自分の手札には2枚のカードがあります。

1枚はスパイカード。2枚目は場所カードです。


ミッションは二つあります。

1つ目は手札にあるスパイに、ウィンクをして機密情報を届けます。

でも、対象以外の人に気づかれないようにしましょう。


2つ目は、他のスパイからウィンクをもらったら

そのスパイに、手札の場所カードが示す場所に目線を映して、

その場所を他のスパイに気づかれないように

こっそり伝えてください。


また、手番コマを受け取ったら

ミッションに挑戦することができます。

(情報が不足している場合はパスできます)

ミッションに挑戦しますといって、手札のスパイカードを表向きにして

誰にどこで機密情報を受け渡しするのかを宣言します。


ミッションが正しかった場合は、1点を獲得します。

失敗した場合は、スパイカードを捨てて、山札から新たに1枚手札に加えて

ラウンドを再開します。


他にもスパイを『告発』することなどもできます。


最大8名まで遊び、盛り上がるゲームです。

4ヶ月前(2019年12月11日 13時53分)
続きを読む
閉じる
63
名が参考にしたレビュー
 by tapy_walker

テーマがポップな割に、やることが複雑で思ったほど布教できてないです

インストで理解してもらいにくい

わかっちゃえばまあまあおもしろいゲームではあるんですけどね

8ヶ月前(2019年08月09日 22時50分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,080(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 38興味あり
  • 148経験あり
  • 20お気に入り
  • 66持ってる

チェックした商品