マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
メトロ
  • メトロ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1997年~

メトロ

メーカー・卸元:GP

日本語マニュアル付き
タイルを配置して長い線路を作ろう

2000年ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作。タイルを配置して、できるだけ長い路線を作るこ とを競う。時には相手の邪魔が入ることも。 メンサセレクト受賞。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 3件

レビュー
263名が参考
4年弱前

持っているタイルか引いてきたタイルのどちらかを配置するだけのゲーム。

ドイツ年間ゲーム大賞のノミネートにもなっていたと思うのですが、あまり遊ばれているのを見ないような気がします(多分)。


こんな感じで、こういう道が好きな人はいるかもしれませんが、割と地味です。

真ん中につなぐと得点2倍、というのに惑わされてしまったのですが、これはできるだけゴールしないように自分の線を生かしていくゲームなのかなーと思いました。


これだけたくさんタイルを置くのに、終わってみたら1位から3位までが数点の差!

続きを見る
閉じる
まつなが
まつなが
レビュー
230名が参考
11ヶ月前

カルカソンヌのちょっと前に登場した鉄道タイル配置ゲームです。新版は、銀河鉄道999ゲームとも言われました。

中央のステーションが、メガロポリス中央駅です。

黄色が銀河鉄道111号、水色が銀河鉄道222号、緑が銀河鉄道333号、赤(紫)が銀河鉄道666号、オレンジが銀河鉄道888号、そして黒が銀河鉄道999号です。

到着駅までの間のタイルの数がVPとなります。メガロポリス中央駅に到着した場合、VPは2倍です。

左側にある黒、赤紫、オレンジは、タイル配置が終わってVPが確定しました。黒は中央を目指していましたが、寸前で他プレイヤーに左に曲げられてしまいました。赤紫は中央に着きました。間に5枚あるので、5×2=10VP。オレンジは、辿ってみると、なんと19枚(重複含む)使って、近くの17番の駅に到着しています。したがって19VPです。

メトロでは、自分のこと以上に他プレイヤーの線路のことを考えないといけません。戦略として、他プレイヤーの線路が長くならないうち、極端に言うと、最低の2〜3VPで到着させてしまうという技があります。


実際はフランスの地下鉄ゲームです。

同作者で有名なのはローゼンケーニッヒ(駒配置)ですが、あのゲームも、5枚の手札カードがお互いに公開されているとはいえ、縛りが弱すぎるため、序中盤は適当に動かしてもほとんど影響もありません。


ただ、このゲーム、終盤、目が回ります💦

迷路が好きな方、どうぞ!笑

続きを見る
閉じる
荏原町将棋センター
荏原町将棋センター
レビュー
143名が参考
3ヶ月前

タイルを配置して線路を繋ぐゲーム。

まず人数によって決められた位置に、自分の色の駅コマを配置する。

手番ではまず、自分の持っている線路タイルを配置する。そのタイルを置きたくない場合は、山から1枚引いてそれを配置することもできる。山から引いたら、絶対にそれを配置しなくてはいけない。

配置する際、向きは揃えなくてはいけない。また、出発駅から到着駅まで1枚のタイルで完結してしまうような配置はできない。外周もしくはすでに置かれているタイルに接するように置かなくてはいけない。

これらを満たしていればどこにでも置くことができる。つまり、他のプレイヤーの路線を終わらせてしまうこともできる。

出発駅からどこかの到着駅に接続されたら、タイルの枚数分だけ点数を得る。ボード中央の駅に到達したら倍になる。

すべてのタイルが置かれたら終了。点数が一番高い人が勝利する。

ヴァリアントルールとして、タイルの置く向きを好きに出来るルールと、手札の枚数を2枚もしくは3枚にするルールがある。


ボードゲームを始めてすぐ、カルカソンヌなどのタイル配置ゲームが好きだった頃に出会い、とても好きだったゲーム。

今はじっくり考えるゲームに好みが変わったからわからないが、タイル配置ゲームが好きな人には刺さると思う。

上に書いた通り、他人の邪魔もできるし、人数が多いと手番までに盤面が大きく変わるし、タイルも引き運次第だし、戦略性のあるゲームではない。


続きを見る
閉じる
みなりん
みなりん
  • 商品価格¥ 6,380(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 33興味あり
  • 175経験あり
  • 27お気に入り
  • 92持ってる

チェックした商品