マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
斯くして我は独裁者に成れり-幕末-
  • 斯くして我は独裁者に成れり-幕末-当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~12人
  • 20~30分
  • 14歳~

斯くして我は独裁者に成れり-幕末-

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
嘘の必要なし、議論しなくてもプレイ可の正体隠匿系ディスカッションゲームの第二段!
  • あまおち総統(Amaochi Soto)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

正体隠匿・完全公平スタート・初期陣営無し・脱落無し
嘘の必要なし、協力裏切り自由
議論しなくてもプレイ可で勝利も得られる!

ゲームマーケット大賞2019優秀賞受賞
正体隠匿系ディスカッション権力闘争ゲーム第二弾!
『斯くして我は独裁者に成れり-幕末-』

時は動乱の時代『幕末』
永遠と思われた太平の世はたった一夜にして崩れ去り
そして誰もが新時代の到来を予感した。

天下太平の世を築き守り続けてきた誇り
数百年前からの御恩、数百年前からの恨み
千年以上頂点にあり続けてきた権威
己の才覚だけを頼りに生きてきたプライド
虎視眈々と牙を研ぎ続ける“世界”

存続か、革新か、復古か、それとも滅亡か。
過去と現在と未来を決める運命という名のゲームが
今ここに幕を開ける!

ノーマル版『斯くして我は独裁者に成れり』との違い
基本ルールは全く同じです。
 朝:議論
 昼:投票/棄票
 夜:役職カード破棄
や、投票/棄票の方法、カードの破棄の方法など、全てノーマル版と全く同じです。

では何が違うのか。
それは役職カードの名称と勝利条件が異なります。

今回の役職は以下の7種類
【幕府】【大名】【維新志士】【新選組】【商人】【黒船】【朝廷】

レビュー 2件

161
名が参考にしたレビュー
 by glottu / Ti11192916

このゲームはゲームマーケット大賞2019優秀賞作品 斯くして我は独裁者に成れり (https://ahcahc.com/creative-ahc/kushiteha/) の別版にあたります。

ボドゲーマのリンクはこちら https://bodoge.hoobby.net/games/in-this-way-i-become-a-dictator


ゲーム自体のルールは前作と変わらず、役職カードの勝利条件のみ変更されています。

これも単純なアップデートというよりは別版という表現が正しい形になっていると思います。

前作の入手が困難なようですが、前作の経験無く今作からプレイしても一切問題ありません。

ゲームの細かいルールや特有の雰囲気などは前作のレビューページでも触れられていると思うので、そちらも参考にされると良いかと思います。


ゲーム自体について

・脱落がない正体隠匿。

・他のプレイヤーの手札を予想し結託したりカウンターアクションをするのがメイン。

・各役職の勝利条件を把握するのがプレー上必須ですが、この部分若干複雑に感じる人もいるかもしれません。

・全員で結託して同じ方針を取れば全員が勝てるゲームなので、『自分だけが勝ちたい』プレイスタイルの人が多いと陣営の対立が発生しやすくなり盛り上がると思います。

・人数が多いほど陣営の対立が発生しやすくなり、寝返りやすくもなるので、人数に応じてゲームの動きが激しくなります。8人以上でのプレイはとても盛り上がりますが、7人以上で遊ぶには2セット購入する必要があります。

・5戦やって勝利数が多い人が勝ち、というようにすると6人まででも対立を頻繁に発生させることができるかもしれません。この辺りは『自分だけが勝ちたい』プレイスタイルの人が多ければ問題にならなさそうです。


前作と比べて良い点

・役職の勝利条件が変わりました。加えて、各役職の勝利条件の記述がより簡潔になりました。

・役職の勝利条件の変更により、陣営の対立が起きやすくなったように感じます。


役職の勝利条件の変更は、改善ではなく別版としての提供に近いものを感じているので、どちらの方が優れているかという話ではありません。どちらも楽しめると思います。

3ヶ月前(2020年08月17日 17時36分)
続きを読む
閉じる
132
名が参考にしたレビュー
 by moimoi

【良かった点】

・正体隠匿系のゲームですが人狼のように脱落がないので暇な時間などがない

・平等な手札からどんどん役職を捨てて残ったもので勝敗が決まるため、隠匿系(嘘をつくの)が苦手な人でもやりやすい。

・皆でこの役職の組み合わせで勝つために「○○の役職を捨てよう」という会話から公開された時に「誰かが捨ててない!」という状況が楽しい。

・役職の勝利条件の関係が幕末時代の関係性をうまく体現しているため、幕末が好きな人は勝利条件が理解しやすいと思う。


【悪かった点】

メンバーに左右される。裏切る人が全くいないと何が面白いかわからないままゲームが終わる。裏切る人の割合が少ない場合(正直者や堅実に勝利を目指す人が多い場合)でも協力されると裏切る側が圧倒的に不利なため一人勝ちがほとんどできない。

・幕末の世界観を知らない人からすると勝敗関係を理解するのに時間がかかる。そのため誰かの意見にとりあえず従う→上記の裏切り者が出にくい→よくわからないままゲームに勝つという流れになりやすい。魅力がわかるためには数回必要。

・新選組と維新志士の勝利条件が他の役職に対してのカウンターになることが多いためこの2つの役職が総じて強い。とりあえず残しておくと勝ち馬にのれることが多いです。


【総評】

★★★★★★☆☆☆☆【10点満点中/6点】

正直役職のバランスがいいとは思えないため、勝ち方は色々あるが最終的に似たようなパターンの勝ち方に落ち着くことが多い。そのためメンバーにどれだけ場を引っ掻き回してくれる人がいるかでゲームの面白さの感じ方が変わってくると思います。

逆に全員が1人勝ちを狙いに行った時の展開の読めない具合や心理戦においては非常に面白いです。そのため何回か繰り返すことを前提に勝利陣営に【10点/勝利人数】の点数を与え、【10点先に取った人の勝利】にするなどの1人勝ちするなど何かしらのメリットを与えてあげることで面白さは増すかと思います。


※このゲーム1箱で6人まで遊べますが、2箱あれば12人までゲームに参加可能。私は6人までしかやったことがないため、人数が増えた際に陣営が2、3つに別れると面白いかもしれません。

3ヶ月前(2020年08月16日 12時26分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,685(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 52興味あり
  • 53経験あり
  • 12お気に入り
  • 64持ってる

チェックした商品