マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ラクソン
  • ラクソン当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 45~60分
  • 14歳~
  • 2017年~

ラクソン

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ラクソン製薬から、生存者を救出せよ!『デッド・オブ・ウインター』をテーマにした協力ゲーム
  • J.アーサー・エリス(J. Arthur Ellis)作

 本ゲームでは、ゾンビ黙示録の最前線にある都市の指導者として部隊を結成します。プレイヤーは、全員で協力し、ひとつの部隊としてゲームに挑戦します。感染は爆発的に拡大しており、その原因は巨大製薬会社ラクソンにあると目されています。ラクソンは、ウイルスを封じ込るために最大限の援助を申し出てくれましたが、その思惑が利他的なものであるとは限らず、別のところにあると信ずる根拠もあるため、注意を怠ってはいけません。勝利するためには、この都市がゾンビによって蹂躙されるか、ラクソン製薬によって掌握されてしまう前に、健康な人物をすべて救出しなければなりません。

 人類の存亡を左右する重大な任務を、達成することはできるのでしょうか!

レビュー 1件

120
名が参考にしたレビュー
 by Bluebear

ゾンビものの名作『デッドオブウィンター』の前日談を描く、協力タイプのゲームです。

本家版では、某有名ビデオゲームor映画のように、巨大製薬会社の陰謀によって、すでに全世界がゾンビウィルスに感染しており、生き残ったわずかな人々が絶望的なサバイバルを繰り広げるドラマが展開されました。

ここでは、その初期における都市での感染封じ込め作戦を描いています。


プレイヤーは、市長や消防隊員や軍の一員となって、協力してある都市の感染者の隔離作業を進め、最終的には非感染者全員の避難所への保護を目標とします。

もしこれが完了する前に、全感染者が街に放たれてしまうか、または《ラクソン製薬》の陰謀が最終段階まで進んでしまうと敗北ということになります。

(新型肺炎が世間を騒がせている今のご時世で、非常に不謹慎なゲームですよね。)


すべて個別に名前とイラストの付いた大量の《人物カード》を伏せて並べ、《調査》によって次々に身元を明らかにしていき、健康な人物だったら保護し、感染者だったら隔離するか《空爆》!!によって処分していきます。(いや、本当に空爆攻撃です。英文ルール調べても本当に《Air Strike》って書いてあります。

健康な市民を守るため、情け容赦のない決断が求められていくシビアなゲームなのです。


続々と湧いて出てくる市民の群れ!

人物確認しないと感染者が紛れているかもしれない恐怖!

感染者が集団でいたら、《空爆攻撃》を命令するべきか?

このへんを、プレイヤー4人までで、あーだこーだと議論しながら進めていくゲームだと思ってください。

(いやー、ご時世的にリアルですね。)

1つ面白かったのは、状況によって時々《ラクソンの陰謀》カードを引くのですが、ちょうど『デッドオブウィンター』のように、ドラマ仕立てで状況が語られて、選択肢があればどちらかを選ぶことでまた状況に変化が生じる、という展開になります。

これが何となく本家と似た雰囲気を表すのに一役買っていて、ちょっとドラマ性を高める感じです。(本家ほどドラマチックではないのが残念ですが)

デッドオブウィンターが好きな人は、試してみてもいいかもしれません。


ただしちょっと難点もあります。

ものすごくルールブックが分かりにくい!

説明が不十分…というより、たくさん出てくる用語の意味が直感的に分かりにくいため、起きている状況が感覚的に理解しにくいのです。(訳の問題なのかなあ…)

人物カードの置かれた状況が《広場》と《群衆》と《雑踏》で異なるのですが、…どう違うの?というのが、ルール的には説明してあっても、感覚的に理解しにくい。

またキャラクターごとのアクション効果が微妙に違うのですが、《限定的空爆》に対して《相克的空爆》って…何?

他にも《威圧的人心操作》とか、慣れないとしっくりこない単語がたくさん出てくるので、ゲームに慣れるまでイメージというか【絵】が浮かんでこないんですよ。

なので最初はみんな「ふうむ……」「これでいいんだっけ?」「次何すればいいの?」「これどういう状況?」という感じで手探り状態。

協力ゲームだけあって普通にやるとやっぱり難易度はそれなりにあって、気づいたらいつの間にか「ああ…負けやん」「あら負けなのね…」という感じ。

2回目になってやっとようやく少しコツというか、状況が分かってきた感じです。

なので、初心者にいきなりやらせるのは、おススメしないかなあ。

あくまでも本家デッドオブウィンターが好きな人向けの作品だと思ってください。(もちろん我々は本家が好きなので、まあそれなりに楽しかったですけどね。)


オマケ

このゲームセットには、デッドオブウィンターにそのまま使える新キャラクター(しっかり専用のクロスロードカードも付いてる)が付属しています。(このゲームのキャラシートにあった女性ジャーナリストと、女性疾病予防管理官です)

これもあったので、本家ファンはまあ買っても損はないかと。(すごく得だとも言いにくいけど。笑)

27日前(2020年03月13日 18時53分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,280(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 25興味あり
  • 27経験あり
  • 3お気に入り
  • 54持ってる

チェックした商品