マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
レボルタアア
  • レボルタアア当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2興味あり
  • 10経験あり
  • 0お気に入り
  • 13持ってる
  • 3~5人
  • 10~20分
  • 10歳~
  • 2015年~

レボルタアア / RevoltaaA の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
ロボットとアヒルのせめぎあい?!数比べをして陣営を勝利に導こう
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

ロボットとアヒルがせめぎあっています。あなたはどちらの陣営につき、勝利へと導くことを選択しますか?しかし、ゲームの勝者になるためには、安易に加担していてはダメなのです。

カードに書かれた数字の合計による数比べを行います。
カードは、ロボットとアヒルの二種類があり、同じ種類のカードの数字を合計することになります。
勝った陣営のカードを出していたプレイヤーのうちの一人が、その時に出されたカードのセットを獲得することができます。
誰がカードを獲得するかを決定する際には、バッティングの処理もあり、なかなか一筋縄ではいかないかもしれません。

一方の陣営の勝利数が一定数に達したら、ゲーム終了となります。
ゲーム中のその陣営が勝った際に、そのカードのセットを獲得していたプレイヤーは、そのセットごとに1点になります。

しかし、このゲームでは、そのセット以上に、ゲーム終了時に残っていた手札が得点に直結します。
最終的に勝った陣営のカードを手札に残していれば、その枚数が得点になるのです。

数比べにおいて、狙った陣営を勝たせることはそれほど難しくないかもしれません。
しかし、安易に強いカードを使ってばかりいては、自分の手元に狙ったカードを残すことは難しいでしょう。

簡単な数比べのゲームの中に、うまくジレンマを盛り込んだクニツィアならではのカードゲームと言えるでしょう。

チェックした商品