マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
売り切れ
ラミー17
  • ラミー17当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~6人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2016年~

ラミー17

メーカー・卸元:テンデイズゲームズ

日本語マニュアル付き
手札をそろえ、ボーナス点をゲットしよう

クニツィアが日本で発表した作品です。
ラミー系と呼ばれる、数字を同じ数か並び順で揃えることで手札をなくしていくゲームです。
ボーナスカードがあり、毎回揃えたいセットは異なります。
長く遊べるカードゲームです。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 5件

レビュー
199名が参考
約5年前

ラミーは手札をラン(同じマークで連続した数字)かグループ(同じ数字)に揃えていくゲームで、ラミー系のゲームは世界中にたくさんあります。日本ではトランプのセブンブリッジやラミーキューブ、麻雀などが有名。


このゲームはクニツィア博士が日本人のためにデザインした?ラミー。捨て札の獲得のしかたやジョーカーの使い方がコントラクトラミーというトランプゲームに似ており、これをベースにデザインしたのではないかと思われます。
トランプのベーシックなラミーは多人数でやるともっさりしがちなのですが、このゲームはスピーディーに終わるように工夫されています。

続きを見る
閉じる
仙人
sokuri3510
sokuri3510
レビュー
198名が参考
5年以上前

捨て札の拾いとボーナスの味付け。

基本的にはRummikubのルールを周到。
ジョーカー5色が初めから場にオープンになっているのと他人の捨て札を拾える事により、手札のセット(同じ数字3枚以上)とラン(同色の連番3枚以上)を作りやすくなっている。

ランダムに5つ公開されるボーナスもいい味を出している。
「緑カード最多」「ジョーカー最小」など公開されるカードによって、向かいたい方向が決まってくるのも良い。

プレイ時間も短くサクッと遊ぶにはもってこいだと思います。
Rummikubが好きなら是非。

続きを見る
閉じる
勇者
こいち
こいち
レビュー
153名が参考
約1年前

クニツィアの数字並べゲーム!ボーナスカードを狙って上手にカードを出そう!


【ざっくり解説】

 クニツィアのラミー系と呼ばれる数字の組み合わせを作るゲームで、日本人には『麻雀』が近い存在だと思います。基本はラン(同色の連続した数字)とグループ(異なる色の同数字)のどちらかで3枚以上のセットを作っていきます。

 また他人のセットに自分の手札をくっつけることも可能です。ランは他人に利用されやすいので要注意です。最初に手札を使い切った人が出たらゲーム終了。ボーナスカードの条件達成者を判定して、一番点の高い人が勝利です。


【長所】

 手番毎にカードを捨て札や山札から引きます。この時、山札から引いたら他のプレイヤーは捨て札を拾う権利があります。手札は最終的に使い切りたいので増やすのは良くないと思いますが、効果的なカードを拾えば使い切りやすいのです。カード枚数が増えるリスクとよく悩んで手札に入れましょう。

 他の人の公開札に付け札する時のルールが、自分も公開カードを持たないといけないのは公平さを感じます。まずはランかグループを1つは公開させて、ゲームを動かさせようというルールの意図が感じられます。


【短所】

 ボーナスカードの存在が野暮ったいことです。基本的にラミー系と呼ばれるゲームとしては、異色の存在です。手札を早く使って上がり切るというシンプルなラミー系ゲームの良さを複雑化しており、上がった人が一概に勝者とならないケースもあります。

 またルール上でもランやグループを公開する行為を「メルド」という表現がされています。日本人にはあまりなじみのない横文字なので、この用語を使わずに説明したいほどです。


【個人的な評価】

 悪くはないです。シンプルなラミー系ゲームをクニツィアらしくアレンジした作品といえます。ただ、ボーナスカードの存在はあまりクニツィアらしくないです。ラウンド毎にゲームのルールが変わるのは面白い試みですが、反面ラミー系ゲーム全般にいえる「とにかく手札を使い切れば良い」シンプルさを欠くことになりました。

 ボーナスカードの存在は、フリーゼのルールカードでゲーム性が変わる『トリックマイスター』のルールカードみたいなゲーム性だといえます(あそこまでひどいルールはありませんけど)。


 推定プレイ回数は3回ほど。ボーナスカードがあまり好きではないですね。ラウンド中に現状の勝っているプレイヤーを推測するのが難しくなりますし、盤面情報をイタズラに増やす要素だと思います。慣れればそれが良いという意見もあるでしょうが、個人的には好きになれません。

 ノックで捨て札を拾うゲーム性は分かりやすい悩ましさで好きです。ボーナスカード抜きで遊んでみて良ければ、そっちをスタンダードにして遊びたいと思います。個人的にはボーナスカードは上級ルールとして分けても良かったのでは?とも思っています。

続きを見る
閉じる
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
レビュー
93名が参考
2年以上前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
ラミーキューブのカードゲーム版といった内容の面白いカードゲームです。
ルールがそれほど難しくなく、すぐに遊べて、更にボーナスカードが、ゲームにアクセントを与えています。
手札のめぐり合わせや、どこにくっつけられるかといった部分はたぶんに運に左右されます。またラミーキューブと異なり、場に出ているカードを新しく組み直すことが出来ないので、幾分淡々としたゲーム進行になることもあります・・・


好き度(Like)
 ▶2pt.≪★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶2pt.≪★★≫


簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
戦略やコツ
44名が参考
2年以上前

カードのセットを出したあとに、すでに場にあるセットに付け足せるのを有効活用するために、セットを出す際には、むしろその部分をメインにして準備しておくといいかもしれません。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
  • 商品価格¥ 2,200(税込)
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 59興味あり
  • 268経験あり
  • 23お気に入り
  • 187持ってる

チェックした商品