マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
何度だって青い月に火を灯した
  • 何度だって青い月に火を灯した当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 6~7人
  • 150分前後
  • 15歳~
  • 2019年~

何度だって青い月に火を灯した

メーカー・卸元:kleeblatt

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
グルームSNE / cosaic のマーダーミステリー企画、始動!

グループSNEとcosaicがタッグを組み、日本各地で流行しつつあるマーダーミステリーを手に取りパッケージ型(箱入り)シリーズとして展開します。

マーダーミステリーはミステリー小説や人狼ゲーム、謎解きゲーム、TRPGといった数多のジャンルの特徴を併せ持った、とても贅沢なエンターテイメント。本作『何度だって青い月に火を灯した』は20世紀半ば、イタリアのマフィアにまつわる事件を題材にしており、ハードボイルドな雰囲気が漂います。

小説家の河野裕とゲームデザイナーの黒田尚吾がタッグを組んだ本作。ボスの不可解な死、「組織のナンバー2」「ロープマン」など個性的なキャラクターの群像劇をお楽しみください!

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 12件

レビュー
557名が参考
2年弱前

TRPGの老舗メーカー グループSNEが作成した、6~7人用のマーダーミステリーです。


イタリアマフィアのボスが、後継ぎを決めようとファミリーの主要メンバーを集めてパーティを開こうとした時、何者かに殺害されました。

アリバイがないのは、ボスの弟で組織の後継者である ブラザー、ボスの妻 ミセス、組織のNo.2 カポ、ボスに信頼されていた占い師 オラクル、なぜか事件当時に館を訪ねていた娼婦 レディ、ボスの死体の横で縄で縛られていた組織の下っ端 ロープマン、の6人。

これに、ボスとミセスの息子である ジュニア(確定で犯人ではないことが保証されている代わりに、初期情報をほとんど持っていない)が加わり、総勢7人での犯人捜しが始まります。

なお、ジュニアは人数調整枠ですので、このシナリオについては、6人プレイでも面白さが損なわれることはありません。


背景がマフィアの勢力争いですので、最終投票で犯人として「拘束」されなくても、それで命が助かったと思うのは早計、という「危うさ」も面白い所です。(ルール説明の時点で、「死亡」という単語が出てきます)


先行するマーダーミステリーのシナリオをよく研究されていて、各人の設定資料には行動指針が書かれている、共有フェイズで何を発言すればいいかをまとめている、など、マーダーミステリー初挑戦の人でもプレイしやすい工夫がされています。(むしろ、行動指針は、こう動いてほしい、という作者が推奨している内容でもあるので、ここの記述を忘れて行動していると、ゲーム全体が上手く回らない可能性が出てきます)

設定資料の分量は多めですが、それを踏まえても、マーダーミステリーの最初の一作目として、おススメです。

続きを見る
閉じる
Sigma Siuma
Sigma Siuma
レビュー
308名が参考
約1年前

素晴らしい、の一言しか出てきません。初めてのマーダーミステリーにも強く強くおすすめできます。

舞台設定等はいろんな所で書かれているので割愛し、ネタバレにならない程度に内容について。


まず、肝心の謎ですが、重要なヒント2-3が公の場に出揃ってしまえば、犯人側が言い逃れるのは非常に難しいです。回避するための嘘を用意しておくように、とキャラクターシートにも書かれていますので、準備する時間はそれなりにあります。

わたしは犯人役を引き当て、なんとか言いくるめながら逃げ切ったのですが、これ程運に感謝したことはなかった……かもしれません。


このゲーム、理詰めのように思われるかもしれませんが、確実に運の要素は絡みます(犯人視点)

調査回数には上限があり、目撃情報やアイテム等は秘匿情報となるため、当然持っている情報に差異が生まれます。出てほしくない情報同士を結びつけないよう動いても、100%防ぐことは絶対にできません。

とまあ、きっと現実の犯罪もそうなんだろうし、深く考えすぎることではないと思いますけどね。


と、話が大分それましたが。

各々のキャラクターシートにプレイの指針がきちんとかいてあったり、目的や優先すべきことが乗っていたりととても丁寧です。

没入感もすごく、特にエンディングでは涙を浮かべたり、後悔の念で軽く落ち込むプレイヤーもいたほどでした。

プレイ時間は規定時間+キャラクターシートの読み込みに追加で10分。

会議時間は伸ばさない方が良いでしょう。犯人の立場からすると、とっとと終われ! ですから(笑)

その後感想戦を1時間ほどやり、満足したり悔しがったりしながら解散となりました。



初めてのマーダーミステリーとなったプレイヤーがほとんどでしたが、みな一様に「満足した、楽しかった、またやりたい」と口にしておりました。

あらゆる点でおすすめできるマーダーミステリーです。

続きを見る
閉じる
皇帝
ハルヘイタル
ハルヘイタル
レビュー
298名が参考
1年以上前

個人的総合評価9点 (10点満点)はじめてのマーダーミステリーでしたので比較対象がなく点数で言うなら10点満点なのですが一応1点分は今後のための比較対象としてです。個人的に大満足でした!

はじめての7人でプレイし、たしかに最初はゲームの特性上ルール把握に時間がかかりましたが、ストーリーが進んでいくにつれ没入感が凄く、その世界に入ったかのような錯覚に陥るほど素敵な経験ができました。

今からはやる分野ではあると思いますが、ネタバレ禁止は厳守ですので面白さを伝える方法を模索していきたいですね。

マダミス自体初めてですが、この作品のストーリーは物凄く評価できると初心者なりにも感じました。

人を集めるのと時間が長いのはありますが、その手間を労したとしても満足できる良い作品だと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
じじい
じじい
レビュー
271名が参考
約1年前

マーダーミステリーです。
1回プレイするとネタバレになってしまうので、一生のうちに1回しかできません。

マフィアのボスが殺害され、その犯人が誰かを当てるシナリオです。
詳細は実際に体験してみて、体感していただければと思います。・w・b


1回しかできないので、勘違いやプレイミスなどで失敗するのは悲しいかもしれないので、自分がプレイしてみて「もっとこうしたほうがよかったかなぁ」、って思ったところを書いてみます。
(他の方々の参考になるかはわかりませんが。。。)

  • 担当するキャラクターの設定冊子(ハンドアウトとも呼ばれる)をよく読みませう。勘違いや見落としとかが無いように。。。
  • 犯人でないプレイヤーが不必要に嘘をつくと、現場を混乱させたとして犯人として疑われてしまうかも。だってもし、現実に殺人事件の犯人として疑われている場合、変な嘘はつかないよね?
  • 自分なりのイメージでキャラクターづくりしておくと、ロールプレイしやすいかも。


ちなみに、他のキャラクターの設定資料とか見たかったので、プレイした後にパッケージを買っちゃいました。;-)

続きを見る
閉じる
勇者
タケ
タケ
レビュー
221名が参考
9ヶ月前

没入感を味わうにはもってこいの作品!
元々ストーリーの評判が高いことを伺っていたため、是非やってみたいと友人を7人集めてプレイしました。
序盤はカードの多さに圧倒されていましたが、議論が進むにつれ自然と犯人を絞り込むことができました。犯人役の方は少々厳しいかもしれませんが全体として推理導線はわかりやすく初心者にもおすすめできると思います。
そして何と言ってもこの作品の魅力はエピローグ!各キャラのミッションに従い、ミッションから想像されるキャラの心情に寄り添えば寄り添うほどエピローグの魅力は増すことでしょう(少なくとも私のキャラはそうでした)。

続きを見る
閉じる
貴族
当麻
当麻
レビュー
200名が参考
約1年前

跡目争いの火種が燻る、 60年代イタリアのマフィアを舞台に起こった殺人事件の謎を解く、マーダーミステリー。


ネタバレ抜きでこれまで経験したマーダーミステリーの中での個人的な評価と簡単な感想を書きます。

友人6人でプレイ。GMなし。


評価:★★★★★★★★☆☆(8/10)


オススメ:6~7人で遊べるが、6人でいいかも。7人目が入った場合、その役職の人が活躍したり、十分に楽しめるイメージがあまりできなかったので、6人で十分に感じた。


感想:
正直、遊んでから結構時間が経ったので詳細を覚えていないが、かなりよかったなぁという印象ははっきり残っている。
キャラクターに感情移入をして、キャラだったらきっとこういう行動をするなぁ、と思うロールプレイをしようか、プレイヤーとして非情に点数を取りに行こうか、とても(楽しく)悩んだ記憶がある。


エモマーダーミステリーの先駆け作品?なのかな。推理要素については、そんなに難しい印象はなかったので、マダミス初心者にもオススメ出来るかと。

逆に言うと、犯人役の人はすこし逃げ切りにくいかもしれない。


納得感やプレイ後の後味は非常によかった、きれいな作品。ぜひ遊んでほしい。

続きを見る
閉じる
仙人
あらい
あらい
レビュー
194名が参考
1年以上前

7人でプレイしました。

一度プレイすると内容が分かってしまう為、全員が初めてで行いました。

説明書をよく読んでいた為、始めるまでに1時間くらいかかりました。

その後は、説明書に書かれていた時間通りに進めましたが、ゲーム自体に3時間かかり、トータルで4時間かかりました。

げーむの特性上密談が必要な為、部屋から出たりしたりもしました。

しかし、ゲームが終わると全員がゲームの雰囲気に入り込み、楽しむことができました。

感想戦も盛り上がり、色々話が盛り上がりました。

時間がかかった為、結構疲れました。

しかし、違うシリーズも買ってもう一度やる事を全員で決めるくらい好評でした。

続きを見る
閉じる
大賢者
煌めきのアメジスト
煌めきのアメジスト
レビュー
175名が参考
1年以上前

7人推奨ですが6人でもいけます。ストーリーがきちんと組まれていてエンディングがよいです。嘘のつき方と、カード保持が勝敗を分ける気がしますね。ゲーム後もたっぷり時間を取っておき、あそこであーで、あれがこうだった、と反省会をするまでがこのゲームのお楽しみだと思います。最後のエンディングも順番があるので、きちんと指示通りに進めてくださいね!

続きを見る
閉じる
皇帝
amy
amy
レビュー
160名が参考
9ヶ月前

ジャンル:マーダミステリー

概要:マフィアのボスが殺害された。プレイヤーは以下のキャラのから一つを選択して設定書を読み込み、そのキャラになりきり、犯人役は当てられないよう、犯人役以外は犯人を当てるゲームです。また、犯人を当てる/当てられないがメインミッションですが、各キャラにサブミッションが用意されており、サブミッションの得点によってもエンディングが変化します。

キャラ:

・ブラザー(殺害されたボスの弟)

・ミセス(殺害されたボスの妻)

・カポ(マフィアのNo2)

・オラクル(占い師)

・レディ(娼婦)

・ロープマン(縛られた男)

・ジュニア(ボスの息子)

プレイ人数:6~7人(6人の場合、ジュニアは抜いてプレイ※)

※ジュニアは殺害犯ではないことが確定しています。

感想:

初めてのマーダーミステリーで、友人達とワイワイとプレイ。

全然マーダーミステリー初心者でも楽しくプレイできます。

初めての場合は、キャラの設定書読み込みの時間を長めに取ることをお勧めします。

続きを見る
閉じる
国王
𝒛𝒆𝒓𝒐𝟦𝟣
𝒛𝒆𝒓𝒐𝟦𝟣
レビュー
153名が参考
7ヶ月前

後目争いの火種のあるマフィア、ある日ボスがファミリーの食事会を開くが、ボスが屋敷内で殺害されているのが発見される

その時アリバイの無い容疑者が6人。

犯人はこの中にいる!!という内容のマーダーミステリーです。


プレイ人数は6~7人(7人だと1人は白確)

GMは不要です


各々が調査(カードを取得)する事が出来、各々の好きな場所(他キャラの部屋など)やNPCの聞き取り調査を行えるのですが、回数は決まっており、1人が得る事が出来る情報は限られています。


その情報を共有しつつ犯人を見つけ出さなければなりません。


当然、犯人の勝利条件は見つからない事ですが、他のプレイヤーは犯人を見つける事だったり、各々に色々な勝利条件があるので、意図的に情報を隠されてしまうかもしれません。


私はマダミス初心者7人でプレイしましたが、最後のディスカッションが良い所で終了して、結局犯人と断定出来る証拠は挙がらず、誤認逮捕してしまいました。


時間が短い!と感じるかもしれませんが、犯人はきっと早く終われ!と思っているのでちょうど良い時間なのかもしれません。


終了後のトークでは、自分にどうでも良い情報だと思ってたものが、実は重要なヒントだと判明したり、皆悔しがっていました。


初のマダミスでしたが、とても面白かったので、また別のものに挑戦したいと思える楽しい作品でした。

続きを見る
閉じる
皇帝
鳥さん
鳥さん
レビュー
125名が参考
6ヶ月前

これは僕にとって2作目のマーダーミステリーでした!前回より難易度が高い作品でしたがその分おもしろく、参加者全員マーダーミステリーを1回経験していた事もあり、前回より盛り上がりました!

マーダーミステリーとはある程度のストーリーがあって、登場人物になりきって、密会やアイテムカードで情報をゲットしつつ犯人を探しながら自分達の目標も達成していく感じです。そして投票やアクションの結果によって、物語の結末も変わる感じです。結末が分かるので人生で1回しかできません!

この作品はストーリーがとても作り込まれており素晴らしかったです!最後のエピローグの手紙を読んだら、感動までしてしまいました!あとタイトル回収も素晴らしかったです!

マーダーミステリー未経験の人には少し難しいと思いますが、経験者にはとてもオススメです!

続きを見る
閉じる
皇帝
MA SA
MA SA
レビュー
106名が参考
1年以上前

マーダーミステリーなのであまり内容話せないですけど、

ミステリーとか推理寄りではなく、ストーリー重視な感動系の内容になってます!

ゲームが終わるとそれこそドラマの演者になったのを超えて、そのキャラクターになったような気分になります!


このシリーズは全部やってみたいです!

続きを見る
閉じる
勇者
ロキ@大阪市内
ロキ@大阪市内
  • 商品価格¥ 3,520(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 142興味あり
  • 343経験あり
  • 128お気に入り
  • 247持ってる

チェックした商品