マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
パンデミック・レガシー:シーズン0
  • パンデミック・レガシー:シーズン0当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45~60分
  • 14歳~
  • 2020年~

パンデミック・レガシー:シーズン0

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
「パンデミック:レガシー」新章開幕!

 世界は危機に瀕しており、時は刻々と過ぎつつある......

 1962 年。冷戦のまっただ中だ。我々は多くの方面でソビエトと戦っている。今、奴らは新たな兵器――勢力の均衡を変化させ、未曾有の大殺戮を引き起こしかねない未知の病原体の開発に取り組んでいる。

 諸君を訓練したのはこのためだ。CIA が諸君を採用したのはこのためだ。

 慎重に築き上げられた偽造身分を使って世界中を飛び回り、敵を追い詰めて奴らの秘密を明らかにせよ。これは諸君の経歴で最も重要な任務となるだろう。世界の均衡は危ういところにあり、残された時間は少ない。

 「パンデミック:レガシー シーズン0」は、2~4 人用の壮大な協力型ゲームです。他の多くのゲームとは異なり、このゲームでの敵は他のプレイヤーではなく、ゲームそのものとなります。あなたとチームメイトはゲーム中の 12 ヶ月にわたるキャンペーンをプレイします。あなたの成功と失敗は、以降の作戦に影響を与えます。

 「パンデミック:レガシー シーズン0」は「パンデミック:レガシー シーズ1」の前日譚となる物語ですが、独立したゲームです。「シーズン1」や「シーズン2」と物語のつながりはありますが、この 2 つをプレイしている必要はありません。「パンデミック:新たなる試練」やその拡張セットがなくてもプレイすることができます。

 初期内容物 ゲームボード 1 枚、パスポート 4 冊、プレイヤーコマ 4 個、チームコマ9 個、隠れ家コマ9個、工作員コマ36 個、マーカー類35個、シールシート 3 枚、書類フォルダー2 枚、参照カード 4 枚、レガシーカード134 枚、その他のカード 151 枚、機密書類 3 通、安全庫 8 箱、ルールブック 1 冊、報告書 1 冊、そして他にももっと!(ゲーム進行中に展開次第で登場するシークレットの内容物も多数入っています)

レビュー 1件

レビュー
238名が参考
7ヶ月前

2人で最後までクリアしたのでネタバレなしでパンデミックを知っている方向けにレビューしたいと思います。

ちなみに得点は990点でした。

ネタバレなしと言いましたが、あらすじ、基本のルール等は書きますので、

全くの予備知識なしを希望の方はブラウザバックをお願い致します。


今回のパンデミックは東西冷戦の時代、プレイヤーはCIAのスパイとなりソビエトの恐るべき計画から世界を守ることを命じられます。(ソビエトが悪者のテーマはどうなんだと思いますが)

世界ボードにどんどん置かれていくのは病原菌駒ではなく工作員駒になります。

こちら、アウトブレイク(事件の発生)したときに隣接する都市に広がりませんが、感染カードの一番下のカードに書かれたテキストの効果が発動します。

色々な効果がありますが、それによる連鎖アウトブレイクすることもあります。

隣接する都市に広がらない、かつ今回は移動がとてもしにくいので、初期の工作員配置は近く隣り合っているほど有利になりますかね。

ゲームの目的は薬を作ることではなく、色々とバリエーションがありますが、基本的には同じ所属のチームを5枚捨てることによりチームを作ることを目指します。

所属というのは従来のパンデミックの病原菌の色にあたるもので、都市ごとに『同盟』『中立』『ソビエト』と割り振られています。

所属に対応する都市の隠れ家(基地にあたるもの)で同じ所属を集めて捨て札にすることで、その所属のチームを作成できます。

さらに都市には監視の目がある所があり、監視がある都市でターンを開始するとカバーをなくします。

(スクラッチを削り、悪いことが起こる)

それを避けるためにも隠れ家が必要になります。

プレイヤーカードと都市には所属以外にも6つの地域にも分かれていて、1つのプレイヤーカードで複数の情報を持つデザインとなっています。

こちらのルールが曲者で、個人的には運要素を跳ね上げてる要因に感じました。


一回のゲームが終わるとこれまでのレガシーと同様キャラクターを強化したり色々と出来ます。

達成できた目的の数により成功、充分、失敗と評価が別れ、同じ月をやり直すこともあります。

1962年の1月から12月までやるとゲームクリアになります。


全クリした感想としては、運によりどうしようもないときには本当にどうもできないことがあり、デザインとしてそこはどうなのかなと感じましたが、今回のテーマはレガシーのなかで一番良かったように思います。

分岐をすべて確認していないので、個々人により感想の差が大きいのかなと感じます。

因みに私はキングスマンという映画が好きだったので、その登場人物の名前を使ってプレイしました。

続きを見る
閉じる
大賢者
こーかー
こーかー
  • 商品価格¥ 9,900(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 43興味あり
  • 28経験あり
  • 11お気に入り
  • 76持ってる

チェックした商品