マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アクシオ
  • アクシオ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 20~40分
  • 8歳~
  • 2017年~

アクシオ

残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
シンプルなタイル配置。クニツィアらしいジレンマたっぷりゲーム。
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

「アクシオ」はシンプルなタイル配置のゲーム。

プレイヤーは手札のタイルから1枚、ドミノタイルのような長方形のタイルに5種類あるシンボルのうち2個描かれているタイルを、四角いマスで区切られたゲームボード上の好きな場所に配置します。

タイルを配置したとき、配置したタイルのシンボルとタテヨコ直線でつながっている同じシンボルがあれば、その個数がその色の得点となります。

また、タイルを配置できない1マスだけの場所ができたときには、そこにピラミッドを置いてボーナス点も獲得できます。

タイルが置けなくなったら色ごとに獲得した点数を比べるのですが、書くプレイヤーは自分の獲得した色ごとの点数のうち、一番低い点数で勝負しなければなりません。

ドイツゲーム界の巨匠ライナー・クニツィアらしいジレンマにあふれたアブストラクトゲームの傑作です。

レビュー 3件

137
名が参考にしたレビュー
 by マクベス大佐@ボドゲブロガー

クニツィアの『頭脳絶好調』亜種ゲーム。タイルが四角になっただけでもゲーム性は大きく違う


【ざっくり解説】

 クニツィアのタイル置きゲーム。5つあるシンボルをできるだけ連続して置くようにして、大量得点を目指します。5つのシンボルの得点は個別に計算して、ゲーム終了時に最も低い点数で勝負します。いわゆる最小比較です。

 『頭脳絶好調』というゲームの亜種なのでゲームルールはほぼ一緒です。5つのシンボルの点数が上限に達したら追加ターンも同じです。ただし、1マスの空きマス空間ができたらピラミッドを建造するところが一番の違いです。

 ピラミッドは今作における大量得点の要素です。ピラミッドは置いたタイルとは別に得点できるので、思いのほか得点が稼げます。


【長所】

 元祖はマスが6角で妨害が難しめでした。こちらはマスが四角なのでタイルの連続をたやすく止められます。タイルの形を変えただけで大きなゲーム性の変化をもたらしているわけです。ダブルタイルも元祖ほどは強くないです。

 元祖もそうなのですが大量得点からの追加ターンの流れは気持ち良いです。頭脳絶好調って感じがします(笑)。


【短所】

 マスが四角になったせいか4人の時はボードがだいぶ狭く感じます。というよりも少人数向けにもっと特化した『頭脳絶好調』って感じです。2~3人のプレイを推奨します。

 またピラミッドはよく考えないとお互いに作り合う展開になりやすいです。ユニークではあるものの、面白く機能しているかと言われると難しいシステムかなと思います。


【個人的な評価】

 ざっくり言ってしまえば少人数向けに特化した『頭脳絶好調』亜種って感じです。元祖に飽きたらたまにプレイしても良いかなと思います。とはいえ元祖はプレイ感はとても緩く、気楽にプレイできます。反面、こちらは妨害しやすくてピラミッドのルールもあるので若干シビアなゲーム性になっています。

 『頭脳絶好調』をより少人数向け+ゲーマー向けにしたら、こうなったっていうゲームに思います。本作をいきなり遊んで「シビアすぎる!」思う人は『頭脳絶好調』を『頭脳絶好調』を遊んで「温いなあ」と思う人は本作のが向いていると思います。


 推定プレイ回数は2回ほど、長く詰んであってようやく遊べました。面白いんですけど、なんていうか地味ですね。元祖の持つダイナミックさも減殺されている分もあるので、個人的にはまず『頭脳絶好調』からプレイされることをお勧めします。本作も悪くはないのですが、渋い玄人向けのゲームだと思います。

5ヶ月前(2020年07月15日 18時19分)
続きを読む
閉じる
123
名が参考にしたルール/インスト
 by タコ焼き

■終了条件

・いずれかのプレイヤーの手番の開始時、タイルをゲームボード上に配置できなくなったら、ゲームは直ちに終了。得点計算に移り勝者を決めます。


■勝利条件

・ゲーム終了時、自分のスコアボード上で一番低い点数の色が自分の得点となります。

・その得点が一番高いプレイヤーの勝利となります。


■得点方法

・ゲームボード上にタイルを配置し、配置したタイルから直線状に繋がる同じ色を全て数え、その数だけその色の点数を得ます。


■準備

・テーブル中央にゲームボードを置く。

・脇にピラミッドをまとめて置く。

・各プレイヤーにタイルラック、スコアボード、スコアマーカー5色、各1個

・スコアマーカーをスコアボード上の対応する色の0へ置く。

・点数は他プレイヤーにも見えるようにする。

・タイルを全て袋へ入れ、各プレイヤー5枚ずつ引きタイルトラックへ置く。

・引いたタイルは他プレイヤーに見えないようにする。


■流れ

①タイルを1枚配置する。

②配置したタイルによる点数を数える。

③ピラミッドを置く。

④タイルを5枚になるまで補充する。


■流れ詳細

①自分のタイルラックからタイル1枚をボードの空いている2マスに置きます。

注意:4人プレイ時は、全てのマスを使用

   3人プレイ時は、1マス内側11×11マスを使用

   2人プレイ時は、2マス内側9×9マスを使用

注意:各プレイヤーが最初にタイルを配置する時は、まだ誰も配置していない、ボード上にあるいずれかの色に、辺で接するように配置しなくてはなりません。

・2枚目以降は、空いている2マスに自由に配置できます。

・ボード上に印刷されている色マスは空いているマスではありません。


②タイルを配置したら点数を数えます。

・1枚に2か所、色がありますが、1か所ずつ数えます。

・1か所の色に付き3方向、今配置したタイルの色は数えません

・他の色や空いてるマス、プレイエリアの端まで行ったら、数えるのを止めます。

・1か所ずつ得点を入れたら終わりです。


③ピラミッドを置く

・タイルを配置することによって、空きマスが1マスだけの隔離されたマスを作ることが出来ます。

・その場合、即座にそこにピラミッドを1つ置いて、ピラミッドに辺で接する色ごとに1点得ます。

・ピラミッドが足らなくなった場合、すでに配置してあるピラミッドを一つ選んで、新たに隔離されたマスに配置します。その結果空いた隔離されたマスは、ゲーム終了まで空いたマスになります。


④ターン終了時に、タイルを5枚になるまで補充します。

・タイル交換:ターン終了時、タイルを補充する前に自分のスコアボード上で、最も低い点数の色のタイルが無い場合、それを公開し確認してもらい、いったん脇によけて5枚引く。その後脇によけていたタイルを袋入れる。


■AXIO

・スコアボード上でいずれかの色が18点に達したら「AXIO」を宣言して追加の1ターンを得ます。

・追加の1ターンを終えたら、タイルが5枚になるまで補充します。

・各色の点数上限は18点です。




1年以上前(2019年06月21日 20時30分)
続きを読む
閉じる
41
名が参考にしたレビュー
 by タコ焼き

サックリ出来て好き。

1年以上前(2019年07月11日 20時43分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,500(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 51興味あり
  • 114経験あり
  • 16お気に入り
  • 53持ってる

チェックした商品