マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ベルーガ
  • ベルーガ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 15~20分
  • 14歳~
  • 2018年~

ベルーガ

メーカー・卸元:ひとりじゃ、生きられない。 (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
娘をさがしています。

『ベルーガ』は、ベルーガ(白イルカ)のママが
家出した娘を探すゲームです。

生まれつきメロンが壊れてエコーロケーションを
うまく使えないベルーガのママは、声が出せないことが
原因で娘とすれ違ってしまいます。そして、ママのことが
理解できない娘は「ママなんて大嫌い!」と言い、ぷかぷか
と西の海へ家出をしてしまいます。

声が出せないママは、それまでずっと群れの中で守りの人生
を生きてきました。しかし、今回ばかりはそうもいきません! ママは
生まれてはじめての旅に出ます。
音のない声で娘を探しはじめるのです――。

※本商品に絵本は付属いたしません。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 2件

レビュー
271名が参考
2年弱前

ゲームとしては、協力型記憶ゲームといったところでしょうか。

第1ステージ「旅立ち編」で手掛かりを集め、第2ステージ「再開編」で娘を探す。
無事に見つけられたらハッピーエンドという内容です。

周囲のカードを確認できるエコーロケーションや、長生きで物知りな老サメ(ニシオンデンザメ)など、
カード効果も世界観や動物の特性にマッチしていい感じです。


しかし、このゲームの一番のオススメは付属の小冊子(絵本)です。
メロンという器官が壊れていて、エコーロケーションが上手に使えないお母さん。
それが元で娘は家出をしてしまいます。

エコロケが上手に使えない=上手に聞けない、話せない、物の位置や形が判らない(見えない)。
なのでずっと群れの中で守りの生活をしていたお母さん。
勇気を振り絞って娘を探す旅に出ます。

そこから先をここに書くわけにはいきませんが、ジーンときちゃいました。

ゲームの方は冒頭にも書いたように皆の記憶力を結集して娘を見つけ出す記憶ゲーム。
難易度はそこそこ高めかな?自分達だと大人でも成功率50%くらいなので。
子どもさんと遊ぶ時には難易度調整のハウスルールが必要かもしれませんが、
絵本とゲームセットで2000円と考えるとお買い得かなと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
ましゃ
ましゃ
レビュー
68名が参考
2ヶ月前

海(海上)の動物達が織りなす親子愛のお話。
動物達がかわいい、空気読み神経衰弱です。

ジャンル:協力×戦略×神経衰弱ゲーム
推奨プレイ人数:2人〜4人(3人以上でプレイする場合は難易度を下げることを推奨)
初プレイ時に確保したい時間:40(2周目で勝ちにいく想定)
おすすめな人:しっとりとした協力戦略ゲームがやりたい人

概要
 ゲームの目的は「母ベルーガとして行方不明になった娘ベルーガを見つけ出す」。
第一ステージと第二ステージに別れており、両方に共通して求められるのが「他プレイヤーの意図を推測する」こと。
 第一ステージは「シロクマに見つからないように気をつけながら、情報を集めつつ、娘のいる海域に向かう」といったストーリー。他のプレイヤーと数字をせーので出し合って、なるべく大きい合計数を狙います。ただし欲張りすぎるとバーストして(シロクマに襲われて)しまいます。 第二ステージのお話としては「娘がいる海域で、他の動物達の協力を得ながら娘を見つけ出す」。変則神経衰弱となっており、他のプレイヤーと協力して4枚に別れている娘カードを全て揃えることを目指します。

特徴
 この作品は第二ステージがメインで、「あと○枚しか引けない…」と焦ったり、「このカードでここを調べれば…」と効率の良い探し方を考えたり、「それは引いたらいけないカードってこと?」と他のプレイヤーの意図を察するところに面白みがあります。
 一方、自分だけオモテを見たカードの中身は他人に教えるのに制限があるというルールと、神経衰弱故の覚える必死さと、母が命をかけて娘を探すというテーマが相まって、静かな雰囲気になりがち。さらに、協力型ボードゲームですから慣れるまではそれなりに負けます。それ故本気で勝ちにいくと「静かにプレイして、負けて、会えなかったベルーガ親子のことを思って少し寂しい気持ちになる…」ということが起きてしまいます。

楽しむコツ
 2回目あたりで勝って終われればいいんです。なのでガチ勢の集まりでなければ、第二ステージの敗北条件を満たしても勝利条件を満たすまで続けるとか、第一ステージのシロクマで難易度を調整することをおすすめします。私はゲーム開始時に入れるシロクマの種類を操作してます。ルールブックに従えば4か5のシロクマを除外するように書いてありますが、3のシロクマを除外して4と5のシロクマは入れてやることで、不慣れな人が失敗しても勝てるかもぐらいの難易度になるかと。

留意点
残念ながら私が買った第2版には絵本がついてません…。別売りになったようです。

続きを見る
閉じる
国王
青い猿
青い猿
  • 商品価格¥ 2,420(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 25興味あり
  • 8経験あり
  • 0お気に入り
  • 16持ってる

チェックした商品