マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
ダイス・スター
  • ダイス・スター当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 15~25分
  • 10歳~
  • 2016年~

ダイス・スター / DICE STARS の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
銀河級のハイスコアを目指せ!
  • ブルーノ・カタラ(Bruno Cathala)作
  • ルドヴィック・モーブロン(Ludovic Maublanc)作

 「ダイス・スター」は、簡単なルールで誰でもすぐ遊べるダイスゲーム。ただし、ただダイスゲームと言ってもダイス運が良ければいいだけではなく、ダイスを何個ふるのか、ふったダイスとリザーブにあるダイスから、どの組み合わせのダイスを取ってスコアシートに記入するのか……他のプレイヤーの得点状況も見ながら目指せ、ハイスコア!

 ダイス・スターでは、まず1~3個のダイスを袋から取ってふりリザーブに加え、“目の数”か、“色”か、“☆”を選んで取り、残りはそのままリザーブに残します。ここで重要なのがスコアシート。“色”なら色の縦の列に目の合計数を記入しますが、取ったダイスの数だけ上から空いているマスを埋め、最後のマスにだけ合計数を記入します。“目の数”なら今度は横の列に合計数を記入しますが、取ったダイスの数だけ左から空いているマスを埋め、最後のマスにだけ合計数を記入します。この記入した数字の横の合計が点数になりますが、星の目でボーナスマスを埋めきっていれば2倍に、中途半端に埋めていれば0倍になります。

 高得点目指してダイスを選ぶのはもちろんですが、他のプレイヤーがどこのマスを埋めているのかも要注意!

 運だけではなくどうやって得点を伸ばしていくのかとう戦略も悩ましく、ほかプレイヤーとの駆け引きも白熱する、カタラ&モーブロンの黄金コンビによる、新作ダイスゲームです!

ダイス・スターに3件の書き込みがあります

186
名に参考にされているレビュー
2018年07月30日 23時47分

色を取るか、数値を取るか、はたまた☆を取るか、選択肢はこの3つだけ。

その前に何個のダイスを振るかの選択肢もあるが。

それを決めた後はルールに従ってシートに記入していくだけ。


どこを狙えばお得か?

日本人の悪い癖だぜ!

このゲームはノリと勢いでサイコロを振るゲームさ。

どうせ考えたってろくなもんじゃねー。

運を天に任せて点を稼げばいいじゃないか?


真面目に考えればこのリザーブのサイコロは残してとか、ここでリセットさせれば奴に不利になるとか色々考える事は増える。

でもこのゲームはみんなでワイワイガヤガヤ楽しくダイスを振って遊んで欲しい。

無茶だと思っても☆を取りに行く、いいじゃない!

あなたのダイス運が幸運である事を!

続きを読む
閉じる
121
名に参考にされているレビュー
2017年03月19日 12時57分

ダイスを振って、色か、数字か、星の目で取るか、を選んで、選んだ種類で全てのダイスを取得して、ポイントを取って競っていくゲームです。

ただし、星の目以外はルールに従って、ダイスを取った個数分マスを埋めないといけないルールがあり、例えば3個取ったら点数を記入する以外のマス目2個をつぶし、最後の三個目のマスにやっと点数を書けるようになります。

星の目は一定個数集めると点数が二倍になる素敵アイテムですが、埋めきらないとその列の点数が0になるという諸刃の剣です。

ダイスゲームと聞いて完全な運ゲーかと思いきや、戦略性も求められるのでとても厄介(そこが楽しい)ゲームですw


続きを読む
閉じる
110
名に参考にされているレビュー
2017年03月29日 10時37分

『色?数字?ダイスの目に翻弄されるコレクションゲーム。華やかな見た目と渋い内容のミックス感あり!』

滋賀県瀬田のゲームカフェ「hello」にて、他のお客様の持ち込みゲームでプレイさせてもらいました。


自分の番が来たら、袋から1~3個のサイコロを取り出し、前のプレイヤーの残しているサイコロと足して、

 ①好きな色のサイコロを1色全て獲得する

 ②好きな数字のサイコロを指定した目を全て獲得する

のどちらかを繰り返すだけの単純ルール。


☆が獲得された時は、次のプレイヤーは場に残ったダイスをリセットできたり、書き方のルールなど細かい所は割愛するが、

☆の目を横1列埋め切った場合、その列の得点は2倍になるが、1つ以上☆を記入した列が埋まり切らなければ、その列は0点になるというルールがミソ!


下の写真は私の初回プレイ時のプレイシートなのだが、横が5列ある内の、1列目は2個、4列目は5個の☆(シートの黄色の部分)を獲得した為、2倍となっている。

そして3列目は☆が中途半端に2個しか獲得できていない為、0点となっている。

色々なカラーのサイコロがあったり、プレイシートも華やかなアートワークだが、ゲームの中身は自分の欲しいサイコロの目を獲得する事も大事だが、他のプレイヤーに嫌な状況を押し付ける(このサイコロ残しても取れないよね~など)やることは結構渋い硬派なゲームという印象です。

値段がお安いので買ってみても損はないと思うが、プレイ時間が20分程度のアッサリ系なので、他のゲームの合間に…と思ったが、合間にやるには地味に休憩にはならない程度は考えるしなぁ。

このゲームをどのシチュエーションでおススメするのが正解なのかがよく分からないまま終わった初回プレイだったので、機会があれば追記したいと思う。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,808(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 14興味あり
  • 68経験あり
  • 5お気に入り
  • 49持ってる

チェックした商品