マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
世界隠匿ゲーム「2つの霧」
  • 世界隠匿ゲーム「2つの霧」当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~4人
  • 10~15分
  • 12歳~
  • 2019年~

世界隠匿ゲーム「2つの霧」

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
  • 我奈妻(Ganatsuma)作

レビュー 4件

261
名が参考にしたリプレイ
 by verywell boardgames

プレイ動画作成しました!4人でプレイしています。

2019年春のゲームマーケットで開場10分で売り切れた超話題作!!

各プレイヤーの役割がわからない「正体隠匿」、さらにゲーム中に登場する役割によって勝利条件が変わる「世界隠匿」2つの要素が組み合わさって高度な心理戦を楽しむことができる作品です!

ゲームのルールや雰囲気が知りたい方は是非動画をご視聴ください。

verywellボードゲームでは毎週ボードゲームのプレイ動画アップロードしています。

ボードゲームに興味ある方やボードゲームが好きな方、是非チャンネル登録お願いします!

チャンネル登録リンク↓↓↓

https://t.co/QLysk5QKcg?amp=1

1年以上前(2019年08月24日 00時53分)
続きを読む
閉じる
191
名が参考にしたレビュー
 by うな

複雑に思考しなくても成立する正体隠匿ゲームなので、人狼等に不慣れな人でも楽しめるゲームでした。

極論を言ってしまえば「わかんなかったらとりあえず殴っとけ!」「(ヾノ'д'o)いやいやまじかよ、ちょっ待っ(ry)」っていう流れになっても、テンポが早いのでそこそこに楽しいですw

実際はカードそれぞれに細かく役職により使用可/不可があるので自然と役職が絞れるし、自分の役職とそれらを照らし合わせると、概ね対戦相手のうち誰かは2択、運が良ければ確定絞り込みまで行ける仕様。そこまで絞ると世界も役職もいい具合に情報が出てきているので、割と思うように殴り込m敵対相手の特定が出来ます。

ほいほいほいといけば1ゲーム10分でほんとに回るので、他の思考ゲームに疲れたりしたらブレイクタイムに丁度いいですね。デザインもシンプルでとてもわかりやすく、ゲーム会にはとりあえず持っていってハズレなしな感じの良ゲーでした。

11ヶ月前(2020年01月04日 23時26分)
続きを読む
閉じる
166
名が参考にしたレビュー
 by 水車のある窪地

3人から遊べる「正体隠匿ゲーム」

手番ですることは場のカードを1枚選ぶだけ、

その選択でそれぞれの役職が絞られていき、自分の勝利条件も明確になっていきます。

良い点は

3人または4人でしっかりと疑心暗鬼に囚われるところですね。正体隠匿系ゲームは人数が少ないといまいちなものも多い気がするのですが、3人でもちゃんと疑ったり疑われたりする点とても気に入ってます。ルールも簡単で無理に議論しなくても良いので口下手な人でも問題なく遊べると思います。

悪い点は

ゲームの終了状況が誰かのキャラクターの死亡なのでしっかり攻撃要素があるというあたりがもしかしたら苦手な人もいるかもしれないところ。ただ個人的に思うのはゲームが進めば攻撃するカードを選ばないといけない場面は必ず出て来るし、1ゲームが短時間なのでそこまで遺恨は残らないとは思うのですが。

3人でも出来る正体隠匿ゲームとしてはかなりオススメです。

3ヶ月前(2020年09月05日 12時34分)
続きを読む
閉じる
163
名が参考にしたレビュー
 by せんちゃ

「推理系のゲームは好きだけど、人を騙したり問い詰めたりするのはちょっと苦手・・・。」

「2つの霧」はそんな人でも気軽に「正体隠匿ゲーム」ならではの推理と駆け引きを楽しめる素敵な作品です。

具体的には、使用したカードから各プレイヤーの役職を推理していくのですが、話し合いや民意によって敵をあぶり出し叩くといったことがまず起こりません。なぜなら役職ごとに勝利条件が異なり、尚且つ全員が違う役職を割り振られる(役職カードは1種類につき、1枚のみ)からです。つまるところ個人戦なので、最終的に「声の大きい人が勝つ」ということもなく、プレイヤー同士がお互いにジリジリと間合いを詰めていくかのような、緊張感のある駆け引きを楽しむことができます。

このゲームには表と裏の二種類の世界が存在し、どちらの世界にいるかによって勝利条件が異なります。つまり、プレイヤーの役職を推理すると同時に、「自分の勝利条件はどちらなのか」も推理しなくてはいけません。そのため、「表だと思ってプレイしていたのに裏の世界だった。」「勝ったと思っていたのに負けていた。」といったことが度々起こり、これが本当に面白くて何度も繰り返しプレイしたくなります。

また、ルールがシンプルでわかりやすいうえに1ゲーム10分前後という軽さなので、ボードゲーム初心者の方にもオススメです。

どうでしょう。貴方もハイボール片手に、霧の中の怪物に挑んでみませんか?

3ヶ月前(2020年08月17日 15時43分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,728(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 66興味あり
  • 81経験あり
  • 29お気に入り
  • 86持ってる

チェックした商品