マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ポリがきた!
  • ポリがきた!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 10~15分
  • 10歳~
  • 2020年~

ポリがきた!

メーカー・卸元:Booo!GAMES (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
禁じられた7色の粉を集めて出荷!しかし、いつポリのガサ入れやイヌ、ボスの粉の没収が来るかもわからない緊張感がたまらない!

とある世界のとある街の一角 光の刺さぬ暗闇で
使用、所持を禁じられた7種の粉 そしてそれらすべてを混ぜ合わせた禁断の粉、セブンスパウダー
プレイヤーはこれらの粉を取引し、奪い、集めて納品する闇の粉問屋となる。

だが取引には危険も付き物だ。突然現れるポリ、気付けばそこにいるイヌ、そしてアポ無しで来るボス
ポリには服従を イヌには懐柔を ボスには忠誠を。対応したアクションで素早くその場を乗り切れ!

<準備>
・各種粉、ポリ、イヌ、ボスのすべてのカードを混ぜて山札とする
・山札より各プレイヤーに手札を配る
・山札の隣にカードを5枚公開しておく
・スタートプレイヤーが取引開始の宣言をしゲーム開始とする
●プレイヤーはゲーム中手札から手を離してはいけない。また肩より上に上げた状態でゲームを続けてはいけない。

<ポリ>
取引の現場に現れては粉を持ち去っていくイヤなやつ。
これが出されたら全員素早く手を上げる。

<イヌ>
気付くといる。
これが出されたらテーブル上のサマリーにそっと触る。

<ボス>
アポ無しで来るめんどくさい上司。勝手に粉とか持っていくのやめて欲しい。
これが出されたら拳を胸に当てて敬礼をする。

<ルール>
手番が来たら山から2枚カードを引きます。
手番プレイヤーのみ、手札から粉の出荷を行うことができます。
出荷、アクションカードの使用等を行い好きなタイミングで手番の終了宣言をします。宣言は必ず行い、手番マーカーを次のプレイヤーに渡します。

手番以外のプレイヤーは「砂場」と呼ばれる公開された5枚のカードと手札を何枚でも交換することができます。ただしアクションカードの処理中はこれを行うことができません。

各種アクションカードは他のプレイヤーのアクション効果中でなければ手番、非手番を問わずいつでも使用することができます。
アクションの終了タイミングはアクションカードがカード捨場に置かれた時とし、他のアクションカードが場に出ているのに気付かず、または終了前に他のアクションカードを使用、宣言した場合はそのカードを無効としカード捨場に置きます。

手札に同じ種類の粉カードが集まってきたら、3枚以上を1組として「出荷」することができます。3枚で3ポイント、4枚で6ポイント、5枚で10ポイント…と枚数が増えると点数も増えていきます。また7色1枚ずつすべての粉をまとめて出すことで一気に30ポイントを得ることができます。
レインボーパウダーは他の粉と一緒に出すことで出荷の枚数を増やせますが、レインボーのみでの出荷はできません。
出荷済みの粉にあとから追加で枚数を増やすことはできません。

一部の粉は上モノと呼ばれ特殊な効果がついています。「(粉名)キメます」と宣言しカードを捨てることで効果を得ることができます。

<押収>
ポリ、ボスは「(カード名)が来た!」または「来た!」と宣言してカードを場に出します。
イヌは宣言せずに場に出せますが、宣言しても構いません。
この時実際に出すカードと異なる宣言をしてはいけません。
またアクションカードを出すプレイヤーはアクションを行っても構いませんし、出したカードと異なるアクションを行っても構いません。宣言のみ正しく行ってください。

ポリ、イヌ、ボスのアクションカードへの対応が一番遅かったプレイヤーは<押収>を受けます。一番遅い判断がつかない(どっちが、誰が遅いかわからない)場合は、疑わしい人物のうち使用したプレイヤーから手番順で一番近いプレイヤーが押収を受けます。
押収を行うプレイヤーは以下の3つから好きな方法を選びます。
・手札からランダムに2枚奪う
・カード名を宣言し、該当カードがあれば全て奪う
・出荷物から1枚奪う

宣言→奪う場合手札にレインボーパウダーがあればそれも含まれます。レインボーはすべての粉の要素を含みます。
宣言はアクションカードの指定も可能です。レインボーパウダーは指定することができません。

出荷物から奪った結果出荷物の合計が3枚以下になった場合、その出荷物は持ち主の手札に戻ります。

<終わり方>
山札から最後の1枚を引いたプレイヤーが終了を宣言します。宣言されるまでゲームは続いており、アクションカードや砂場の使用は可能です。
宣言後、すべてのプレイヤーは手札から出荷を行うことができます。
サマリーに書いてある点数表を見て出荷したカードの点数を計算し、一番得点の高いプレイヤーの勝利です。

システム/メカニクス/ジャンル

制作者/関連企業/団体

レビュー 2件

レビュー
144名が参考
10ヶ月前

この時期にカードゲームで汗ばむとは思いませんでした笑 それくらい白熱するワイワイ系パーティゲームです。

ポリだのコナだの、見た目はポップでおふざけ感溢れていますが、とにかくゲーム中全プレイヤーがほぼ全てのタイミングで仕掛けることが可能で、いつでもチャンスでいつでもピンチです。自分の手番なんてあってないようなもの、一瞬たりとも気を抜けません。

ルール自体はシンプルなので、ボドゲをほとんどやったことがない人でも1ゲームで簡単に理解することができ、2ゲーム目で上級者にも勝利することができました。

アクションには反射神経が必要とされるので、どうしても同じ人ばかり押収の嵐になってしまうこともありましたが、パーティゲームなのでそれはそれでご愛敬。勝敗に拘らず、気の合う仲間とゲラゲラ笑いながらやるにはぴったりのゲームです。

なお、白熱しすぎて手に入れてから1週間でカードが折れてしまいました笑 力の入れすぎにはご注意を…

続きを見る
閉じる
皇帝
グゼ
グゼ
レビュー
62名が参考
4ヶ月前

ポリがきた!

素材を集めて条件を満たしたら勝ち。というシンプルなルールかと思いきや、素材集めに集中出来ない…笑


すっと出された犬に反応し、「来た!」の合図に即座に反応が必要。


やること自体はシンプルなので、皆んなでワイワイやるのには本当に盛り上がるゲームでした。


犬が来た時の反応がいつも遅れる🐕

続きを見る
閉じる
勇者
オカ
オカ
  • 商品価格¥ 2,500(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 17興味あり
  • 17経験あり
  • 11お気に入り
  • 14持ってる

チェックした商品