マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
タイムライン:世界史編
  • タイムライン:世界史編当商品
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~8人
  • 15分前後
  • 8歳~
  • 2011年~

タイムライン:世界史編 / Timeline: Historical Events の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
歴史上の出来事を、年代順に正しく並べてみよう!
  • フレデリック・アンリ(Frederic Henry)作

 「ケネディ大統領は、ジャンヌ・ダルクの処刑より後に死んだ。これ常識。彼はきっと映画館でキングコングの映画を見るチャンスがあったはず。でも、アームストロング船長が月面を歩く姿を見たり、ファーストフードを食べたりできただろうか?」

 「タイムライン:世界史編」を遊んでいると、このような疑問に直面します。このゲームでは、プレイヤーは自分の手番に、自分の手前にある手札から 1 枚を、年代順に正しいと思った場所に出し、そのカードを裏返して答え合わせをします。ゲームの目的はただ1つ、自分のカードすべてを正しい場所に出すことです!

 「タイムライン」は、歴史雑学カードゲームで、好評発売中の動物雑学カードゲーム「カードライン」シリーズと同じシステムを採用しています。全110枚のカードそれぞれには、歴史上の出来事と、それが発生した年(西暦)が記されています。このカードを年代順に正しく並べていくのがこのゲームの目的です。遊び方は簡単で、楽しみながら歴史や雑学も身につく、子供から大人までエキサイティングにプレイできるカードゲームです。

 「タイムライン:世界史編」には、歴史上の有名な出来事に関するカードが 110 枚入っています。他の「タイムライン」シリーズのカードと合わせることで、難易度の高いゲームのプレイが可能です。

※当商品は「タイムライン」日本語版の改定新版となります。

タイムライン:世界史編に2件の書き込みがあります

137
名に参考にされているレビュー
2018年08月24日 21時33分

 世界史の出来事がカードにされ、どの出来事がどの出来事の前後にあるかを推理しながら、手札を並べていくゲーム。

 見事だと思うのが、これだけシンプルなゲームでありながら、ゲームが進行していくと難易度が上がっていくようになっている点、ゲーム終了時には、テーブル上にプレイヤーが出したカードが年表のように並べられ、あたかも一つの歴史をプレイヤー全員で紡いだかのような不思議な達成感があるということです。

 これだけゲームがシンプルであるならば、各カードの解説文も欲しいところでした。なんの出来事か分からないものもあったので…

 教育的側面がかなり強く、これから歴史を学ぼうとする子供たちに是非、全国の親御さんは買っていただきたいです。ゲームに飽きてくる頃には110個もの世界史の出来事を把握していることになるでしょう。

続きを読む
閉じる
121
名に参考にされているレビュー
2018年04月19日 16時45分

 世界史で起こった歴史の出来事を、時系列に並べるカードゲーム。

 めちゃくちゃシンプルですが教育的にも良さそうで、拡張も沢山出せそう(笑)。

 問題は、歴史アレルギーの人とゲームするのは困難なこと(多分卓が立つ前に拒否されると思います)と、クイズゲーにありがちな弊害、歴史ガチ勢(までは行かなくても、世界史に知識がある人)が遊ぶとほぼ一方的に勝ってしまって、歴史に興味がない/薄い人にとっては一方的にやられるだけ、みたいな展開になりがちなことです。どんだけハンデつけてもこれは解消出来ないだろうなぁ。

 プレイ相手をめちゃくちゃ選ぶゲームなので、子供に世界史への関心を持たせるというような明確な目的がある方か、一緒に遊ぶ人たちが歴史やクイズ大好き勢である方にのみ強くオススメ、身内に歴史アレルギーな方がいる場合にはオススメできません。もし身内に歴史苦手意識の強い方がいらっしゃるなら、同ルール動物テーマの「カードライン動物編」の方が知識量による差が出にくい為、こちらをオススメしておきます。

 ある程度世界史知識があると、絵だけで何となく「この人の衣装的に多分中世ヨーロッパだからこの辺だな」などの類推も可能です。

 まあそれはともかくとしてとても好きなのは変わらないので(今の感じだと遊ぶ相手選びすぎるのでまだ買う気にはなれていない……)売れてくれたら、日本史編、中国史編、イタリア史編当たりを出していただきたいです。海外では自国の歴史編が出ているそうなので……。でも中国史は近現代が政治的事情で出せなさそう(笑)。

続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,482(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
会員のマイボードゲーム情報
  • 19興味あり
  • 105経験あり
  • 7お気に入り
  • 83持ってる

チェックした商品