マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
スライドクエスト
  • スライドクエスト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 15~45分
  • 7歳~
  • 2019年~

スライドクエスト

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ボードを傾け道を進めろ!プレイヤー同士の協力ゲーム
  • ニコラス・ブルゴイン(Nicolas Bourgoin)作
  • ジャン=フランソワ・ロシャ(Jean-François Rochas)作

アクション要素が楽しい、愉快な協力ゲームです。

プレイヤーは、協力して冒険が成功するように、キャラクターを導いていきます。

プレイヤーが行うことは、自分の手元にある棒を使うことで、ボードを傾けることです。

冒険者は裏にボールが仕込まれており、ボードを傾けることでボード上を滑るように作られています。

プレイヤーたちは、息をあわせ、ボードをうまく傾けることで、この冒険者をボード上の道なりに進めなければなりません。

しかし、それはそれほど簡単なことではありません。

道は曲がりくねり、途中、地面に開いた穴や柵、爆弾といった障害物もあるのです。

これらを巧みにかわす必要もあるのです。

アクション要素と協力要素の相性は抜群、思いもよらない冒険者の動きに一喜一憂しながら賑やかに楽しむことができるでしょう。

冒険の舞台となるボードは、両面仕様で全20マップの大ボリューム。

ぜひ、挑戦してみてください!

レビュー 5件

685
名が参考にしたレビュー
 by あらい

4人でレバーを持ちあって、協力して勇者をスライドさせて動かす、物理アクション協力ゲーム! 

ルールとしては本当に簡単で、相談しながらレバーを動かすことで、勇者がスライドしていく。

光の道があればそれを辿ったり、敵がいれば倒して次のステージを目指すゲーム! 

ただし、途中に空いている穴に落ちてしまったり、ダイナマイトを倒したりしてしまうとライフが減り、そのステージの最初からやり直しです。


勇者の底面には、ほかのコンポーネントとは違って丸いボールが付いているので、傾けたり揺らしたりすると、動きやすくなっています。


全20面もあるので、ボリュームは結構ある!!途中でやめたら、そこから再開できる記録用のコンポーネントもあって便利。


めっっちゃ神経使って、15/20面まで行ったけど疲れた~〜 でも超楽しい!!絵もかわいい!!って感じで、遊んでる最中は大盛り上がりでした!!


約1年前(2019年06月17日 13時13分)
続きを読む
閉じる
554
名が参考にしたレビュー
 by Masayuki Kunimitsu

コンポーネントを見た瞬間にポチりました。大抵の場合、こんな買い方をしたゲームでろくな目に合わないのですが、実際にプレイしたところ、これは見た目通りの楽しいゲームでした!

ルールは簡単。4本のレバーを駆使して決められたコース上を、ボールの仕込まれた人形を誘導してゴールを目指します。途中にある穴に落ちたらたミスです。

レバーを押すと、コースが傾き人形が動く仕組みです。操作レバーは4本ありますので、4人でそれぞれのレバーを担当するのがいいでしょう。

コースは全部で20コース。コースによっては途中に設置された番人を穴に落とすなどのクエストが待っています。

最初は人形を誘導するのがままならないのですが、クエストを重ねていくうちに全員の阿吽の呼吸でどんどん進んでいきます。自分たちも最初のプレイで17面まで進むことができました。

家で遊ぶ時は、どこまで進んだか記録できるマーカーが付いていますので、疲れたら、記録しておいて後日遊ぶこともできます。

正直、大人には10面目までくらいは難易度が低いと思いますが、本来は子供を含めた家族で遊ぶ事を想定したゲームかと思いますので商品的には問題ないと思います。

どうしても、難易度を上げたい!という方には時間制限付きのルールも用意されていますので、そちらをお試しください。

このゲームは買いなのか?と問われると、文句なしで買いです。是非とも家族で、または気の合った仲間と遊んでみてください。(^^)v

約1年前(2019年06月22日 20時25分)
続きを読む
閉じる
160
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 自宅で、4歳児と2人でプレイした感想です。

 デザイナーは、ニコラス・ブルゴインとジャン=フランソワ・ロシャの共作です。

 内容は、ゲームの下箱の上下左右に取り付けた黄色いレバーで、盤面を動かして勇者を操作しながら悪者を倒していくアクションゲームです。

 基本的には、勇者を光の道に沿ってスタートからゴールを進めることを目指すのですが、途中にダイナマイトや穴を避けたり、ゲートをくぐったり、敵を指定された穴に落としたりします。

 なお、ライフポイント制で、以下のことをするとライフが1減り、ゼロになるとゲームオーバーです。

(1)勇者を穴に落とす

(2)ダイナマイトを横に倒す

(3)ダイナマイトを穴に落とす

(4)敵を指定されていない穴に落とす

 ライフが減らした際には、敵やダイナマイトなどの障害物の配置を元に戻し、勇者をスタート地点に戻してから再スタートです。

 無事、勇者をゴールに到着させることができたら、次のステージに進めることができます。ステージは全20面まであり、あとのステージになるほど、かなりの歯ごたえがあるステージ構成となっています。


 4歳児と2人でプレイした感想は、まだ彼には微妙なレバー操作が難しくて、すぐにレバーの上げ下げをするのが大変みたいです。ただ、プレイ回数が増えるにつれ、勇者を動かすのが段々と上手くなってきているので、これからプレイするのがもっと楽しくなると思っています。

 現段階では、彼と2人でステージ6までクリアしたので、これからも時間を掛けてプレイを楽しみたいと思います。

8ヶ月前(2019年11月15日 18時38分)
続きを読む
閉じる
114
名が参考にしたルール/インスト
 by はとまめ@ぼくとボドゲ

スライドクエストは、みんなで4本のレバーを持ちあってボードを傾けながら「騎士」をゴールまで導く協力系ボードゲームです。 




レバーを下に押すと、テコの原理でボードが傾くようになっています。騎士の下には「ボール」が付いているので、少し傾けるとスルスルーと動き出します。

 簡単そうに見えますが、4本のレバーで動きをコントロールするのが難しくて、最初はかなり苦戦します! 


マップには、行く手を阻む「障害物」や、立ちはだかる「悪党」などがいます。これらを避けて、落として、全20ステージを制覇しましょう。


※スライドクエストの詳しいルールはこちらで紹介しています。

『スライドクエスト』のルール&レビュー:4本のレバーで騎士を導くボードゲーム

9ヶ月前(2019年10月17日 16時43分)
続きを読む
閉じる
101
名が参考にしたレビュー
 by ゴリ

友人と3人でプレイ。序盤は探り探り、中盤に入り難しくなってくると自分が触らないときには盤面に顔を寄せて『まだ大丈夫!あと2ミリいける!』『任せた!決めろ!』等と指示や応援が飛び交うように。

1人が某有名冒険RPGのBGMを流し始めてからは気分は勇者のパーティそのものでした。

クリアした時の達成感はひとしお!ここでも当然エンディングのBGM笑

色々なRPGをプレイしてきましたが、全員が勇者、全員が一緒にクリア、というのはこのゲームが初めてでした。最高の体験でした。

プレイの際にはぜひBGMを!

6日前(2020年06月30日 00時24分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,960(税込)日本語マニュアル付き
    再入荷までお待ち下さい
    入荷通知を受け取る

    会員登録後、通知送信先を設定すると入荷通知を受け取れます

会員のマイボードゲーム情報
  • 61興味あり
  • 300経験あり
  • 42お気に入り
  • 147持ってる

チェックした商品