マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アグリコラ:リバイズドエディション
  • アグリコラ:リバイズドエディション当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 30~120分
  • 12歳~
  • 2016年~

アグリコラ:リバイズドエディション

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
世界のゲーム界の話題を独占した話題の農場経営ゲームの改定新版!
  • ウヴェ・ローゼンベルク(Uwe Rosenberg)作

2007 年秋にドイツで発売されて以来、世界中のゲーム賞を総なめにし、世界中のゲーマーを虜にしつづけ、今やボードゲームの新しいスタンダードとなったゲーム、『アグリコラ』。2016 年に改定新版となった「アグリコラ:リバイズドエディション」日本語版です。

自分だけの農場を作れ!

『アグリコラ』とは、ラテン語で『農民』を意味する言葉。

舞台は 17 世紀ヨーロッパ。プレイヤーはここで農業を営む住人となり、資材を集めて家を建て、家族を増やし、畑を耕して収穫し、牧場を作って家畜を飼い、自分の農場を豊かにするのが目的。

自分の土地を豊かにしていく楽しみに加え、このゲームには 120 枚のカードがあり、その中で 1 回のゲームで使用するカードは最初にランダムに配られる 14 枚×人数分だけ。(残りはゲームでは使用しない。)したがって、ゲームをするたびに手札は新しくなり、ゲームの展開が変わり、何回やっても新鮮なゲームが楽しめるのもこのゲームの魅力になっている。

このリバイズドエディションでは、基本的なルールの変更はありませんが、一部のルールやカードの効果が見直されて、さらにプレイしやすくなっています。ゲームボードが一新され、資源コマや家族コマ類がすべて造形コマに変更。新たなカードも加わっています。

※予約商品の場合、ご入力いただいた希望到着日に関わらず到着が前後する場合があります。ご了承の上、お買い求めください。

レビュー 19件

5925
名が参考にした戦略やコツ
 by luck

私的なカード評価になります。


以下の前提で評価しています。

・4人プレイ

・拡張ボード「家畜市場 or ちょっと子供が欲しい」と「副業」あり

・プロモーションカードあり

・カードはエラッタ適用が前提(リンク


単体で非常に強い A
単体で強く、コンボで非常に強い B
単体で普通、コンボで強い C
単体ではそこそこ、もしくはコンボ補佐 D
単体で使えない、効果が限定的 E

職業カード名 評価 コメント
A 1枚で多くの事をこなす。序盤のレンガ暖炉取得補佐、終盤の改築用の葦や種回収など。ただし食料8を確保する食料基盤が必要。
A 調理場とセットで安全で安定した飯基盤が確保できる。他の日雇いカードと合わせると手が付けられない。

A おそらく最強職業。大進歩3,小進歩5で5点取れても強い。9点はロマン。学者石の家コンボと組み合わせるととんでもないことに。
A 安全で安定した食料基盤と増築用の葦確保が同時にできる。余った葦でかご製作所を取れるとなおよい。ニシン漁やカヌーもいると目も当てられない。ただし木材消費が激しいので補助が必要。
A 序盤から畑を作りやすく、さらに終盤の畑競争を無視できる。他の日雇いカードと合わせると手が付けられない。
A 家4軒で工業カードが石不要になる、井戸の石が1になり番外点が一気に伸びる。増築補助で早めに4~5軒にするとよい。
A 出すだけで木材10程度は回収してくれる。ただし、相手依存なので安定しない。相手が木こりを出ていれば強く、キノコ探しやかごが出ているとつらそう。
B レンガの家改築を飛ばせるため数手分の活躍を見せる。石の家コンボの補佐としても。
B 終盤出しても2~3手分の働きをする。さらに中盤出せばこれだけで6マスぐらいは埋めてくれる。石の家コンボの中核カード
B 初手に出せば木8~10ぐらいにはなってくれる。キノコ探し、もりうちなど他のカードとの相性も良い
B 猪や牛1でも通うことで繁殖体制を整えたり安定した食料基盤になる。ただし調理場必須。
B 4人戦では増築を安定して実施できるようになる。他の日雇いとコンボするとさらに強い。
B 石の家にさえすれば食料不要の職業や少進歩専用の家族が増えるようなもの。他に石の家コンボカードやほら吹きと合わせるとより強い。
B 羊が3飯/石1になるので非常に強いが、羊がめくれるラウンドに依存する。また、調理場必須でレンガを集める必要があり増員が遅れがちになるので注意。
B 他の手のついでにレンガがたまる良カード。他のカードとコンボもしやすい。
B 葦に通わなくて済むようになり増築がしやすくなる。また、木材ブーストと合わせるとさらに強い。
B 序盤から牛1を取れるようになる。調理場を取って繁殖させれば安定した食料基盤が出来上がる。また、他の小麦カードと合わせても強い。
C 序盤から動物が飼えるようになる。地味に小麦も助かる。
C 大体木6の活躍。序盤木1で柵が作れるのもありがたい。
C うまくいけば1~2手増える。安定した食料基盤があるときに。
C 木を取るついでに食料を持ってきてくれる。木こりや地質学者がいるとより強い。
C 10レンガ手に入るカード。このレンガを生かすカードとセットで使うと強い。
C 資材市場に通えば中盤に大進歩を多くとれるようになる。また、序盤に出して家具職人小屋を出すなどもよい。
C 食料確保のついでに木と小麦が手に入るので悪くわないが、これで食料基盤が作れるわけではないので注意が必要。
C 畑プレイのお供。動物が確保できなかった時の保険として。
C 最大6点稼ぐロマンカード。貴重な初手職業を費やすため出遅れをどう挽回するかが課題。紙すき、学者などとのコンボを狙うとよいかも。
C パン焼きの補佐として優秀。
C 終盤に出して石4~5、改築の石を取れるカード。
C 資材が減るのもよいが、増築に必要な手数が減らせるのが良いところ。また、レンガの家で増築しやすくなる。
C 最後に家が一番多い時に3点として出せる。もしくは増築補佐があるなら序盤に出して木材4も取れるが、増築競争になるので要注意。
C 序盤に野菜が取れるようになり、調理場があれば安定した食料が手に入るようになる。他のカードとコンボさせるとより強い。
  C 資材市場アクション強化カード。レンガよりは小麦1が基本的に強い。
  D 中盤までに家を4件以上建てられるなら出しておくと強いカード。家具職人小屋があると強い。
D 木材ブーストとしては微妙。小麦コンボのお供として
D 木の家5件から改築コストを下げられ、少ない石で改築できるようになる。
D 単体では使えない。移動住宅、石の家コンボ、仕立て屋と合わせたレンガの家増築などコンボ前提のカード。
D ラウンド11での猪繁殖補佐。もしくは猪が取れなかった時の保険。
D 他の石の家コンボカードの補佐。学者がいるとなおよし。
D 確定羊2カード。序盤~中盤から繁殖させる際に。
D 単体だと終盤出して飯3~6程度なので微妙。ただし石の家コンボで中盤出せると非常に強い。
D 家庭教師か学者がいるとき専用カード。もしくは木材ブースト付きで中盤出して後半の食料基盤にするか。
D 単純に使うと木3~4程度。ただし家二軒プレイ時では最高木13稼ぐ非常に強いカードに。
D 4ラウンドまでに出せば羊4を手に入れられ、うまく繁殖できれば食料基盤として利用できる。
D 小麦の回収効率が上がりパン焼きプレイが安定するが、1手数消費して出すかどうかが悩ましいところ。一応小麦プレイでない時でも2回蒔ければ1点分ぐらいの働きはする。
E 事故対策カード。余っていたら取っておくとよいかも。
E 単体では使えない。レンガの家増築コンボの時の食料補佐として。
E 発動するのは3~4回程度なので微妙。一応手数消費なしで野菜が取れるが…
E 使い方考え中。5R増員が確定している運用だとやはり弱いか……
E 増築出遅れの保険。もしくは移動住宅、石の家コンボなどでの補佐。逆に相手がそれらコンボだと絶望する。

カード名 評価 コメント
A ノーコストなので使いやすく、後半競争になる木ではなくレンガで柵が立てられるため点数が安定する。さらにレンガブーストと組み合わせると非常に強い。
A 序盤の食料補助と葦取得をこれだけで賄える。能力だけでも十分強いのに何故か1点までついてくる。他の漁カードと組みわせるとさらに強力だが、もり打ちと合わせるときは木材ブーストがないと厳しいので注意。
A 最強の小進歩。ラウンド4これを打つことで増築、最速増員確定と非常に強力。序盤の葦競争に参加しなくてもよいのもよい。さらに石の家コンボとの相性も非常に良い。
A 序盤~中盤にあっという間に2~3軒増築できるようになる。葦は減らせないため補助が必要だが、柴結びとのコンボできれば異常な速さで木の家5軒が立つ。執事との相性も良い。ただし、その分の食料基盤を確保しないといけないので注意が必要。
A ノーコストなので使いやすく、牛が取れ、牛の買う場所にもなる。非常に強い。
B 後半の部屋なし増員にいつでも行けるようになるカード。さらについてくる1点が嬉しい。ただし、小麦や畑系のカードと組み合わせないと使うのは難しい。家3軒で後半増員する際などにも。
B 小麦がダブルアクションに変わる。コストも軽く使いやすい。種パンのお供にするもよし、最悪終盤の1手だけでもよし。小麦コンボができるとさらに強い。
B 食料2で木材4、柵の2手ちょいを補える。スタプレで出して次の初手で動物を取って繁殖体制整えるなどの奇襲も可能。ただし、使うと高確率で下家もスタプレを取るので注意。
B コストが軽く使いやすいうえに食料1ももらえる。さらに改築すれば元が取れるどころか1~2手分得する。
B 畑を2回までダブルアクション化してくれ、盤面を埋めやすくなる。木2なのでそこまでコストも辛くない。ただし終盤まで取っておくと畑が取れず起動できないこともあるので注意。
B 序盤に出すには条件とコストは厳しいが、一度出せば安定して食料を出せて最低でも1点、羊6にできれば3点になる。牧人の杖と組み合わせても。
B レンガを手軽に増やせるカード。レンガは用途が限られるので、計画的に増改築や製陶所を取っていくとよい。日雇い系カードや踏み粘土と組み合わせると非常に強い
B 大進歩を一気に取りやすくなるカード。粘土層の窪地や地質学者などのレンガブーストと合わせるとさらに強い。
B 条件が比較的軽く、ノーコストなので使いやすい。その後は安全に食料共有してくれる。
B 条件さえ合えばノーコストで打て、点数と食料になるカード。
単体でも1~2点にはできるので優秀だが、他のカードを組み合わせて早期に盤面が埋められると強力。うまくステージ4に出せれば、3~4点と食料6~8と破格の性能に。

C 中盤~終盤スタプレで余った食料で畑を耕せるカード。
C 木1で1点になるので及第点。パン焼き支援としてはおまけ程度に。
C 軽いコストで振り飯3に1点と使いやすい。
C 大体食料9~12ぐらいになる強力なカードだが、他人の食料支援もしてしまうため扱いが難しい。初心者には優しいカード。
C ラウンド5までに出せれば非常に強いが、コストと条件が厳しいため難しい。ラウンド8までに出せてもそれなりの性能。
C 単純に石2が2点になるので使いやすい。効果もそこそこ強い。特に木コストの小進歩が出しやすくなる。
C 石1~2に通いやすくなり、大進歩や石の家に届きやすくなる。ただし手数を使うため家族が少ない時は使いにくい。
C 木1で2点は強い。ただし条件が厳しいので最終手で点数狙いだけで出すのもあり。
C ラウンド3の漁で食料3を取った後のスタプレで使えると負担にならずに出せるカード。もしくは漁系のカードと合わせて。
C 木材ブーストがあればラウンド4までに、そうでなくともラウンド7までに出せれば十分な性能。パン焼きしてもしなくても使える。
C 食料1が1点になり、おまけで野菜をまく場所が増える。野菜ブーストと組み合わせるとなお強い。
C ノーコストで出せて木数本が拾えるカード。
なるべく早く出したいが、レンガ5が中々集められないため難しい。中盤に意識してレンガ5をためてから出すか、レンガブーストと組み合わせて使うとよい。
C ラウンド9かラウンド11あたりに出せると猪が繁殖できるためそれなりに便利。中盤余った葦を取っておけると無理なく出せる。
C 職業3が厳しいが軽いコストで効果も強い。
C 単純に石1が1点になるので使いやすい。石の残すより単純に大進歩を取ったほうがいいので効果はおまけ程度に
C 効果は劣化版機織り機+牛でも食料が出るカード。とりあえず1点つくので使い勝手は悪くない。
C 中盤1~2点になっても及第点だが、ステージ2でうまく出せれば4~6点と破格の性能。石の家やレンガの家プレイのお供に。
C 4点は破格の強さだがコストが高いため単体だと使いにくい。レンガや食料ブーストなどと合わせて。
C 木の家増築、改築はレンガの家までと定めてプレイする際に出しておくと安定して食料が手に入る。ただし無理してレンガ2や1を取って出すようなプレイは強くないと思われる。かまど用にうまくレンガ3~4ぐらいを取れたらそのあと出すぐらいの気持ちで。
C 初手でたまった家畜と強いアクションを同時に行えるようになる。ただし調理場は必須。家畜追いがいると非常に強力。ただし、周りの家畜点が軒並み下がりヘイトがたまるので注意。
C レンガの家の時にノーコストで2点とれれば中々のカード。ただし条件が厳しいため家畜追いなどのサポートがない場合はステージ3までに何とか繁殖させましょう。
D 即食料が得れるわけではないので漁のおまけ程度に。ただし他の漁カードと合わせて使うと強い。
D 大体木1で羊2を手に入れるカード。新しい土地、かいば桶と組み合わせるときなどに限り羊4を手に入れられるかもしれない。
D 調理場があれば食料2。もしくは手に入れた牛ともう1頭で繁殖させることができる。強くはないが地味に役に立つ。
D 点数につながらないため使い道がない。ただし、有機農業者とは相性が良い。
D 大体の場合厩のほうが強い。家2~3軒プレイで柵を8マスとる、新しい土地でロマン狙いの時などに。
D 単体だと効果を発揮させるのが難しい。木こり、地質学者などと合わせて使うと発動させやすい。
D 単体ではコストに対して得れるものが少ない。ほら吹きプレイの時など小進歩を多く出しそうな時で余ったレンガがあれば出すぐらいで。
D 種パン支援としては優秀で、さらに2点もあるがコストが高い。コスト削減のカードと合わせるか、家具製作所取れなかった時に出すか。
D まいた種を空いている場所にばらまけるが、種まきは基本まとめてまいたほうが強いため使い方が難しい
D 穀物スコップなどで浮いた小麦を野菜に変えられる。もしくは、終盤余った小麦を野菜に変えて点数に変えるカード。
D 種パン支援カード。後半出すと強い職業などがあるとよい。
D 終盤に運よく食料3~6が手に入るかもしれないカード。条件は終盤であればそこまで厳しくないので、ノーコストなので出せるならとりあえず出しておいてもよい。

D 軽いコストで畑を耕せるカード。
E 食料1でレンガ2~3を手に入れられるかもしれない。踏み粘土のお供に。
E 木に通っても木が取れないという不思議。序盤使おうにもコストに葦を要求されるのも厳しい。
E 凄く小麦コンボが整った時の中盤に2点になればラッキーかなというカード。5点はいくら何でもロマンすぎる。

2018/8/6

前回の更新漏れと誤字脱字の修正

ニシン漁C→D


2018/7/19

以下の小進歩カードの評価変更。主に点数カードの評価を上げ、点数がないカードの評価を下げました。点数大事……


暖炉 D → C

新しい土地 D → B

羊の毛布 D →C

ガラス瓶 D → C

牧人の杖 C → D

移動キッチン B → C

投げ縄 B→C

手押し鋤 C →D


2018/7/6

友人から画像が重すぎて見れないとの指摘を受けたため、画像サイズを20%まで落としてみました。


2018/7/5

勢い余って画像までつけてみました。

その中で間違いに気が付いて修正したり再評価しているものがあります。


撹乳器 1点つかないと思い込んでいました。DからCへ

どんぐりいっぱいのカゴ コメントが切れていたのでつい来ました

その他細かい誤字や表現の修正。 


2018/7/4夜追記

勢いで小進歩も作ってみました。

今後プレイしてまた考えが変わったら再編集するかもです。


2018/7/4

まずは職業カードから。少進歩も気が向けば。

約2年前(2018年07月04日 16時24分)
続きを読む
閉じる
1191
名が参考にしたレビュー
 by sgh

自分自身まだまだライトユーザなので、ライトユーザ向けに書きます。テンションおかしいのは気にしないでください。このゲームが大好きなだけです。

ちなみに私のプレイ回数は、4人プレイ1回、2人プレイ1回、ソロプレイ3回。アクションの取り合いも楽しいけど、ソロプレイのスコアアタックも大好き。旧版はアプリで二桁くらい遊んでます。ルールとか詳細は、他の皆さんのものをお読みくださいね。



■初めて買うならリバイズド。

まず、私はリバイズドエディションを買いましたが、こっちを買ってよかった。なんと言っても、コマが可愛い。人は人、野菜は野菜、動物は動物。ちゃんとその形をしてるってだけで、遊びやすいし、愛着がわく。あああ、牛さんかわいいよ牛さん。うぎゃー子牛が生まれたよ可愛い!うふふふぼくの愛しい野菜ちゃん、きみたちのおかげで、この冬も家族飢えずに暮らせるよありがとう・・・圧倒的感謝しかないよ・・・!

とまぁ、自分の牧場を充実させていく楽しみがすごいです。このコマで遊んだあとに、「旧版はそれぞれ色違いの丸コマなんだよ」とか聞くと、こっち買ってよかったあああと心底思います。ゲームボードが整理されて準備も楽になり、収穫期までのラウンド数がわかりやすく(これは死活問題です)なっていたりと、全体的に遊びやすく改良されていて。初めてのユーザなら、間違いなく旧版よりこっちを遊ぶのがよいでしょう。


■「お前は、俺の華麗な農具さばきを見ながら指でもしゃぶってな!」

さて、もし仮にボードゲームの種類を「人生ゲーム系(運)」と「将棋や囲碁系(論理思考・戦略)」に分けるとしたら(超乱暴でごめんなさい)、アグリコラは後者のゲームです。農夫の家族になりきり、食料の確保に苦心しながら、限られた手番の中でその時その時の最善手を考えて、いかに自分の牧場をバランス良く充実させるかを競います。

ただ、将棋や囲碁と違うのは、プレイヤーそれぞれが異なる「手札」を持つこと。このゲームに与えられたオアシス、ささやかな運要素。これを有効活用するために、プレイヤーは毎回違った戦略を立てて遊ぶことになります。自分にしか使えない、強力なカードたち。そしてそれを組み合わせたコンボ。相手プレイヤーが何手も費やす作業を一瞬で実現する脅威。指をくわえて羨む相手プレイヤー。ほくそえむ自分。ラウンドごとに必ずドヤる快感、この全能感。でも油断は禁物だ。調子に乗っているとすぐに冬がきて、食料が足りなければ家族が飢えてしまう。もうだめだ、うちの子のパンが足りない!しかも、もうすぐ子供が生まれるっていうのに!!そんなピンチをギリギリでくぐり抜けるスリル。そして隠せないドヤ顔。・・・すげえ。俺すげえ。19世紀最高の男かよ。

食料を安定的に稼げるようになるには少しの経験が必要で、それまでは、春になれば可愛い子羊を生むはずの親羊たちを全部食べなくちゃならなかったり、泣く泣く物乞いをしなければならないということもあるでしょう。でも大丈夫、その経験がお父さんを強くする。反省は学びの宝庫。今度はもっとこうしよう、あの農具をもっと使えばよかった、今度は何の資格を取ろうかな、なんて考えはじめたら、あなたもハマる準備ができています。※資格は冗談ではありません。


■ハマると旧版も欲しくなる。

アグリコラはよく「重いゲーム」だと言われますが(否定までする気はありませんが)、実際にやってみると、すっきり頭に入ってくる、わかりやすいゲームです。他の重ゲーにありそうな細かーいルールはほとんどありません。基本ルールは同じながら、毎回違う手札を配られて新しい戦略を立てる必要があるため、毎回新鮮な気持ちで遊べます。誰かが旧版を指して「一生遊べるゲーム」と書いていたのも納得です。

ただしリバイズドエディションは、「一生遊べる」と呼ぶにはやや足りないかもしれません。手札のカードの種類が少ないのです。このゲームには110枚ほどのカードがありますが(そのうち、1ゲームで手札に配られるのは14枚)、それでも、300枚以上ある旧版に比べれば少ないのです。。。

アプリでは旧版のカードで遊べるので、リバイズドを遊びながら「そうか、あのカードは無いのか・・・」とか、「俺はもう、ビールを飲んで暮らすことはできないんだな・・・(そういうカードがあるんです)」みたいな寂しい気持ちに襲われることもあります。私はたぶんそのうち、カード欲しさに旧版も買うでしょう。


いやいや100枚あれば十分でしょ!とお思いのあなた。あなたは、明らかに正しい。そこに疑いはありません。でも、あなたがたの何人かは、私の書いていることを痛感する日がくる。そう予言します。


現在アグリコラは、輸入版・日本語版ともに、Amazonで高騰しています。英語が嫌でなければ、アメリカのAmazonで個人輸入して、必要なら日本語訳をカードに差し込んで遊ぶのもよいでしょう。カードの日本語訳をまとめてくれてるサイトとか、先人の遺産はネット上にたくさんあります。あと、コマの種類が多いので、100均でピルケースみたいな箱を買ってくるとびっくりするくらいピッタリ。ぐっと遊びやすくなるでしょう。

なお、いま日本語版が流通してる「ファミリーエディション」では、上記の「手札」が無くなり、純粋な「アクションの取り合い」になります。どのアクションをいつ実行するか。たっぷり溜まった羊ちゃんをいつ引き取るか。やめろおおお、それは、俺がもらうはずだった羊だぞ!!!という具合に白熱することでしょう。アナログでは未プレイですが、ファミリーエディションだけでも十分に面白いことは保証しておきます。(でもたぶん本家が欲しくなりますよ)


では。長くなりましたが、この辺で。どうかあなたが農業に目覚めますように。

3年弱前(2017年12月19日 23時19分)
続きを読む
閉じる
1064
名が参考にしたレビュー
 by Koniromann_A

噂通りめちゃめちゃ面白い!3人プレイと4人プレイを1回ずつ、類似作品では同じ作者のカヴェルナ数回と、アグリコラファミリーバージョンを経験済みなので、そこら辺をふまえてレビューしたいと思います。

(初回プレイ時はドラフト無し、2回目は有りでプレイしました。)


家族で牧場と畑を発展させて、それらの最も完成度(=得点)の高いプレイヤーが勝利するゲームなのですが、ラウンドが進むにつれて新しいアクションが追加されていき、基本的にはより高い得点を得る為の行動ができるようになります(これはカヴェルナもファミリーバージョンも一緒です)。

アグリコラが上記2作品と大きく違う所は、自分だけが使える手札(2種類、基本はドラフトで選ぶ)がある事で、これにより自分だけのコンボや序盤~中盤の発展の方向性がある程度決まります。(カヴェルナはカードの代わりに全員共通のタイルを使う、ファミリーには特に無し。)

この方向性に沿って上手く進める事ができればすごく気持ち良く農場が発展していくので、ここを見極められるか、そしてそれを楽しめるのかがアグリコラを好きになるかの境目なんだろうなぁ、と思いました。

確かに難しいゲームですが、1回目より2回目、と、確実に上達が実感できますので、できれば何回かやって欲しいなぁと思います。

家族を養う為の食糧事情がかなり苦しいので、そこら辺をゆるーくやりたいのであればカヴェルナを、更にお手軽にやりたいならファミリーバージョンがオススメですが、個人的にはこの『ままならなさ』が、自然と闘うリアルな農場一家のようで面白いのではないかと思います。

人数によってだいぶプレイ感が違うらしいので、気になったら違う人数で楽しんでみて下さい。

☆個人的評価☆超良い+

約2年前(2018年07月04日 23時27分)
続きを読む
閉じる
785
名が参考にしたレビュー
 by walkergyaria

名作ボードゲーム「アグリコラ」の改訂版です。オリジナル版との比較を中心にレビューします。

1:コマはグッド!!!

本作では、家族コマは人型、木・レンガ・葦・石もそれぞれを模した形になっています。色違いの円盤でしかなかったオリジナル版と比べて、見栄えがたいへん良いです。また、資材の形がはっきりと分かれたことから、オリジナル版のような資材の取り間違いも起こりにくなっています。ただし、逆にリアルな造形のため「猪」と勘違いして「石」を牧場に配置する等の副作用が生じています(笑)。

2:ボードも分かりやすい

アグリコラはプレイ人数に応じて、アクションスペースが増えていきます。本作では、プレイ人数ごとに追加ボードが用意されており、それを基本ボードと合体させることでアクションスペースを増加させることができます。初心者にもやさしい作りです。

3:進歩・職業は物足りない

アグリコラといえば、約300枚にも及ぶ進歩・職業カード。これをドラフトを経て、7枚ずつ手札にすることで、毎回異なる農場を作っていくことになります。しかし、本作では進歩・職業あわせて約120枚と、オリジナルの3分の1となっており、複数回プレイすると毎回同じような手札になるということも起こり、オリジナルと比してリプレイ性が若干落ちることとなります。今後、拡張セットが発売されてカード数も増加するので、いずれはこの問題点も改善されることと思われますが・・・(最近はオンライン(BAJ)でアグリコラをプレイしていますが、たまに本作をプレイすると、改善されたカード・新作カードの効果が目立ち、やたら新鮮に感じました。)

4:結論・・・

今からアグリコラをするなら、改良されたコンポーネントでのプレイをおススメしますので、本作は買い!!です。

3年以上前(2017年05月05日 00時11分)
続きを読む
閉じる
763
名が参考にしたレビュー
 by luck

本作は4回プレイ(3人プレイ2回、4人プレイ2回)
オリジナルのアグリコラ(以下オリジナル)プレイ済み
5~6人用の拡張は未プレイ

総じて素晴らしい作品ですが、プレイ時間が長く、ゲーム開始後は運の要素が少ないため玄人向けのゲームになっています。

基本的には自分の農場を拡張していくゲームになるため、箱庭的な要素が好きな方にはお薦めです。


以下は所感です。


Goodワーカープレイスメントゲーム特有の駆け引きが面白い
本ゲームは毎ラウンド、自分の家族を好きなアクションスペースに置くことで資源を確保したり農場を拡張したりできます。
しかし、先に他のユーザが使用したスペースは使えなくなってしまうため使用するアクションの順番や手番などを考慮しながら農場計画を立てていく必要があります。
時には、取りたかったアクションが取れれてしまう事もありますが、そこからどうやって別のプランを立てていくかなど常に考え続ける必要があり脳をフル回転させながら楽しめます。
また、ラウンド開始時からの手順は「スタートプレイヤー」というアクションを行ったプレイヤーから順番になります。それ以外の方法では手順が変わらないため、このスタートプレイヤーをいつ取るかといった駆け引きもゲームの楽しさの一つになっています。

Good進歩カードと職業カードによりプレイの幅が広がる
カード無しでプレイすると、大体みな同じような農場を目指して決まったプレイというのが出来上がってしまいます。
ただ、120枚の進歩カードと職業カードという各プレイヤーごとに配られるカードの効果によってそれぞれ目指す農場の形が異なってきて、プレイの幅が劇的に広がります。
今回は動物を中心としようか、次は畑で小麦を育てようかと毎回異なる農場作成が楽しめます。

Bad序盤~中盤に大きく失敗すると巻き返すのが困難
このゲームは、後半になるほど食料事情が厳しくなるため、序盤~中盤に食料基盤を確保しておく必要があります。
もし失敗すると、後半は食料確保に手数が割かれて思うように農場拡張はできなくなります。
そうするとそこから点数を巻き返すことは困難で、残りの時間をただただ消化していくつらい戦いになってしまいます。
特に初心者の方とやる時はこのあたりを周りがフォローしてあげながらやっていかないとただ生きていくのが辛いゲームという印象だけ残ってしまいます……


以下はオリジナルとの比較になります。

Good各コマが何のコマかわかりやすくなった。
オリジナルでは色のついた円盤のコマだったので、説明を受けないとどれがなんのコマかわからなかった。
本作ではそのコマのイメージに沿った形になっているためわかりやすくなった。

Goodルールに悩むことがほとんどなくなった
オリジナルではカードの記載内容だけだとルールが不明瞭なものが多く、そこから多数のローカルルールが生まれ、確認するのが大変でした。
本作はルールの記載が明確でわかりやすくなっており、ルールに迷う場面が減りました。

Good進歩、職業の能力バランスがよくなった
オリジナルで強カードとされていたカードがなくなったか、弱体化しているのと
あまりに弱すぎたカードが若干強化されており全体のバランスが良くなっているイメージです。

Good4人プレイが安定してできる
オリジナルの4人プレイは、人数に対して増員アクションが少ないため増員が7ラウンドに出ると皆悲惨な盤面になることが多々ありました。
本作は、4人プレイ用のアクションが追加できるようになっており、5ラウンド増員が確定するため安定してプレイできるようになっています。

Bad進歩、職業の尖った能力を持ったカードが減った
上記のルールの改善やバランス調整の結果、尖った能力を持ったカードが減っています。
例:職業プレイ時の補佐、木材やレンガの食料化、複数カード組み合わせによる低コスト増築

それに伴い、オリジナルでできたいくつかのコンボやプレイスタイルができなくなっています。
もちろんそれに変わった新しいコンボも増えてはいるのですが上記ほど尖ったものは減ってしまった印象です。
ゲームバランスが改善されているのは間違いないのですが、コンボ好きとしては残念です。
まだ4プレイなので今後の未知のコンボとの遭遇と、5人以上の拡張に期待です。


総じて、今からプレイするのであれば間違いなくリバイズドエディションのほうが良い出来になっています。今後の追加のカードに期待です。

3年弱前(2017年12月19日 12時23分)
続きを読む
閉じる
754
名が参考にしたレビュー
 by nekononedoko

農場経営ができるゲームとなっ!と、目がとまり、即購入。

飢えから逃れるため、農作物だけではなく、愛する家畜さえも食糧にする。

畑はすぐに始められるが、効率よく耕すのは難しい。ただその分、苦労して実った農作物への愛着がわく。

夫婦から始まる家族は子供が生まれたりもする。時には急いで森で子供を作る。

プレイ時は、ぜひ森から生まれるハートを確認してほしい。

忘れたころに訪れる収穫で必要な食糧を確保しつつ限られた食糧で飢えをしのぐ。家族を乞食にさせてはいけない。

自分の農場が作物、家畜、資源、子どもで満たされていく充実感を味わい、疑似農場ライフを満喫したい人におすすめのゲーム。ゲームでおなじみ牧場物語、対戦版とでもいおうか。競った相手と出来栄えを比べるのも楽しい。

最初の一回のインストではとてもマスターできないため、新しく友人を誘って遊ぶときは、練習で一度通してやらないと、まともに戦えるレベルにならないと思った。

同梱のカードを把握したりと、どうしても経験がものをいうゲームになるので、これから初めて一緒にやろうという仲間達と始めるのはちょうどいいかもしれない。一度手を付けると、何度もって、いろんな戦術を試したくなる。

余談だが、コンポーネントに、種類ある可愛い駒を分ける箱は含まれていないので、添付画像の100均一などで、小さい箱を複数用意するととても便利だった。

2年以上前(2018年06月06日 21時01分)
続きを読む
閉じる
666
名が参考にしたレビュー
 by kenji aoyagi

オリジナルのアグリコラをやったことがないので比較できないのが恐縮ですが、何回も遊び続けてるゲームなのでレビューを。あとソロプレイしかしたことないです。

すでにあらゆる先人の知恵によって定石のようなものが決まり、(ソロプレイだと特に)運要素も非常に薄いので、結果的にどれだけ高得点を取れるかがゲームの目的となりやすいと思います。ルール自体がバランス良くアクションをしていかないと得点が伸びないようになっているため、何回もやっているとほぼ同じような手順になりやすいです。

でもなぜか、得点に浮き沈みがあるのがこのゲームの面白いところだと思っています。それは単純に記憶力がないためかもしれませんが、(自分の場合は)70点あたりから一向に得点が伸びなくなりました。これはおそらく、記憶力がないのに加えて、職業カードを1枚だけ固定にして、残りはランダムにしているからだと思われます。

最初のころはほとんど使わなかった職業カードがこんなに重要な存在になるなんて! と言った印象です。オリジナルの方が職業カードは断然多かったと思いますが、リバイズでも十分多いです。組み合わせによって進め方も違ってくるし、それだけですぐ5点とかの差が出ます。ここらへんが得点追求型で、終わりの形はほぼ同じになるゲームなのに何度も遊んでしまう要因なのかもしれません。

定石があるので複数人でやったらまた別の面白さがあるだろうなと思いながら、今日もソロプレイに励んでいます。

3年以上前(2017年01月20日 19時44分)
続きを読む
閉じる
607
名が参考にしたレビュー
 by 横浜ボードゲーム会@はまりばカフェ

数多くのファンを持つワーカープレイスメントゲームの名作アグリコラを、より分かりやすく、より遊びやすくしたバージョンの登場です。


かわいい木製コマがたくさん入っているので、それだけでテンションが上がってしまいます。


今後、拡張版が出るそうなのですが、それまでは4名までしかプレイできません。

が、1人につき30分かかる重ゲーなので、4人プレイでも充分かもですね^_^;


多少カードの誤植はありますが、さすがアグリコラなので充分楽しむことができました。

農場づくりのセオリーはありますが、他のプレイヤーとの駆け引きで大きく展開が変わってきます。


運の要素は少なめなので、じっくりやり込みたい作品ですね〜

4年弱前(2016年10月17日 07時28分)
続きを読む
閉じる
572
名が参考にしたルール/インスト
 by 大ちゃん@パンダ会

★【アグリコラリバイズドエディション】インスト動画になります。

Youtube動画はこちらから↓↓↓↓↓

https://youtu.be/NuR7zeCJuPI


良ければYoutubeのチャンネル登録、Twitterのフォローよろしくお願いいたします。

Youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6vV2V_tvD7jvmyvIxwEhLQ

Twitter

https://twitter.com/bighelp5656 

約2年前(2018年08月22日 15時36分)
続きを読む
閉じる
557
名が参考にしたレビュー
 by maro

日本で絶大な人気を誇るワーカープレースメントです。

どのあたりが多くの人の心をつかんで離さない理由なのでしょうか。

BGG上位のワカプレと簡単に比較したいと思います。


その前に、このリバイスドエディション(以下新)では旧版アグリコラ(以下旧)

から進化しているのでしょうか。


新の特徴として、

コンポーネント、アートワークなどはより現代的になっている、

基本ゲームの対応人数は4人までと減少している、

などがありますが、決定的なのは、生命線ともいえる各種カードの

リファイニングがされたことでしょう。


カードの枚数自体は減っていましたが、現在では各種追加も発売され、

ヴァリエーションは拡がっています。


国内版では未発売ですが、海外では泥拡張もでています。


カードの内容については、旧では強弱のばらつきがあったのが新ではやや

平均化されています。


実際プレイした印象では、やはり旧では当たり外れが多く、明らかな

不要なカードも多かったです。


新ではカードは全体的にある程度の水準を保っており、ゲームとしての

品質、バランスは向上していると感じられます。


旧では、それだからこそ、カード選択時のドラフトは必須ともいえたわけで、

逆に考えると、ドラフトの楽しさは旧のが上なのではないかと感じました。


旧も依然人気はあり、入手困難であるプレミア感があることも理由の1つですが、

優等生的にまとまっていることが、楽しさにつながるとは限らないということも

あると思います。

変なたとえで恐縮ですが、例えば合コンなどで、複数いる相手の異性が全員65-75点

の間であるのと、50-90点の間であるのとでは、後者のが面白みがあると思えるのと

同じような感じでしょうか。違うか。


ここで、BGG上位のワーカープレースとの簡易的な比較をします。適当なので軽く読み飛ばして

ください。


ワイナリーの四季

 カードマネージメント主体のワカプレという点で類似。箱庭要素ないが、拡大要素、勝利点

 獲得法など、洗練されている。アクションスペース争いはアグリコラのように目を三角にして

 隣人と争う感じはなく、牧歌的でゆるめ。


オーディンの祝祭

 複雑かつ長時間。アクションスペースは多量で、アグリコラの序盤の飢えしのぎ感はなく、

 あくまで効率よく勝利点を獲得する方向に進化している。パズル要素あり。

 物足りないゲーマーに。


オルレアン

 バッグビルド採用のため、プレイ感はかなり異なる。毛色の異なるのが気になる方に。


カヴェルナ

 食料獲得の厳しさはやや薄れ、序盤から、どうしのぐかよりどう得点をとるかがテーマ

 となった。カードはないが、部屋、建物などが細々多く、リソースマネージメントに

 重点が置かれている。かつかつ感が嫌いな方に。


ツォルキン

 これもプレイ感は全く異なる。アグリコラの箱庭のようなお楽しみ要素はないため、

 勝ち負けにこだわる人向けか。


ルアーブル

 建物建築主体のワカプレ。リソースマネージメントが重要。かなり異なるプレイ感。


アナクロニー

 SFテーマで未来からリソースを借りることで、序盤、中盤のプレイアビリティに変化

 を持たせている。


アルルの丘

 複雑かつ長時間。アクションスペースは多量で、アグリコラの序盤の飢えしのぎ感はなく、

 あくまで効率よく勝利点を獲得する方向に進化している。勝利点獲得方法も多彩。

 カードないが、リプレイも高い。同じ農業テーマのため、よりじっくりプレイできる

 2人(~3人)用ゲームを探しているならぜひ。


エバーデール

 カードとリソースマネージメント主体のワカプレ。優しいアートワークとプレイ感。

 カードコンボ好きにはお勧めだが、アグリコラほどシリアスではない。


ドミナントスピーシーズ

 エリアマジョリティ主体のワカプレ。プレイ感は全く異なる。生物が増えていくことくらいが

 共通項か。


ギャラリスト

 美術館のマネージャーとなるという、美しいテーマだがやや難易度高め。

 ワカプレとしてのタイプも異なる。各アクションの複雑な相互作用から

 できているゲームなので、アグリコラのカードのコンボなどが大好きな

 人には向いているかも。

 

ウォーターディープ

 素直なワカプレで、カードによるセットコレクションを集めて勝利点を得る。

 ファミリーゲームに毛が生えた感じで、ノーマルゲームが難しいという人には

 おすすめな難易度。しかし言語依存あるが日本語版がない。


アンダーウォーターシティ

 語れるほどプレイしていません。が、カードマネージメント主体のワカプレで、

 やや箱庭感あり。アグリコラ好きに意外と合うかもしれません。


トロワ

 ダイスを使った独特なワカプレ。だがあまりワカプレという感じはしない。

 本当に独特なプレイ感。


西フランク王国の建築家

 ワカプレ、リソースマネージメント、建築・人物のカードと、王道の仕上が

 り。テーマ、プレイ感はかなり異なりますが、なんとなくおすすめ。


ロシアンレールロード

 得点の加算が特徴的なワカプレ。アクションスペース争いは熾烈。


北海の侵略者

 語れるほどプレイしていません。


グランドオーストリアホテル

 語れるほど・・・・


横浜紳商伝

 ちょっとイスタンブールぽいワカプレ。リソースマネージメントがメインだが、得点方法が

 豊富。日本産なのも応援したくなる。アグリコラの点数計算が納得いかない人に。


本当にきりがありませんが、その他、ヌースフィヨルドなどもおすすめです。



アグリコラの良さを改めて挙げます。


世界的に名作として認められていて、安心してプレイ(購入)できる。

同時に、認知度が高く、プレイできる機会も多い。

作者のウヴェ氏も著名なデザイナーであり、プレイしておくべき。

何も無かったところから発展していくのが目に見える箱庭が勝負抜きに面白い。

動物が増えていくのも楽しい。

多数のカードによるリプレイ性。

基本的なシステムはそれほど難しくないが、カードの効果でゲーム性が

増幅している絶妙なバランス。


これもきりがないですね。やはり唯一無二の存在といえますね。

4ヶ月前(2020年05月19日 17時47分)
続きを読む
閉じる
429
名が参考にした戦略やコツ
 by 手動人形

コツというか、収納についてです。

プレイ感を向上させつつ全てのコンポーネントの整理と収納が百均グッズで可能でした。


  • 資源/食料トークン → Case and Case 4分割×2(ダイソー)
  • 動物トークン、畑/部屋タイル→ビーズケース6分割×2(ダイソー)
  • 各プレイヤー用のワーカー/柵/厩→ビーズケース4分割×2(ダイソー)
  • 大進歩カード/小進歩カード/ラウンドカード/職業カード→トレーディングカードケース×2(キャンドゥ)
  • 合計:800円(税抜き)

で揃えられました。(2020/05/17現在)

特にゲーム中、頻繁にやりとりをする資源や食料をCase and Caseに収められたのはマスターピースです。

一番下にボードを敷き、上記のように積んでいくことで視認性を保ちながらほぼ隙間なく収納可能。

若干蓋に隙間ができてしまうのが難点ですが、ご参考までに。

4ヶ月前(2020年05月17日 18時02分)
続きを読む
閉じる
402
名が参考にしたレビュー
 by 山よし

ドイツゲーム大賞ほか数々の賞を受賞した「アグリコラ」の改訂新版。17世紀の農民になり土地を開拓し多角的な農場経営を行おう。旧版からの主な違いは、収録カードを調整し総枚数をスリム化、最大プレイ人数が5人から4人へ減少(拡張セットで補える)、各種コマがコイン型から造形型へと変わった。

全て違う内容の120枚のカードのうち14枚を使用するので、プレイする度に発見や反省点が生まれ飽きさせない。重ゲーなので長時間プレイ覚悟になるのと、プレイングスペースを広く使うのでプレイ場所が限定されるが、それを差し引いても十分の面白さで、ワーカープレイスメントゲームの代表格を実感。

約1年前(2019年09月12日 07時30分)
続きを読む
閉じる
392
名が参考にしたレビュー
 by サイパン太郎

ワーカープレイスメントゲームの名作です。

数ターン毎に迫る飢餓を避けるため、田を耕し、柵の中で動物を飼ったり、食事を作ったりする、家を改築したりするゲームです。

前半は資材が常にカツカツなので目の前の出来ることを淡々と進め、中盤くらいからカードのコンボでどう進めるか方向性を決めて、後半は如何に得点が高く出せるか残りのターン数を考えて一手一手進めていきます。

初期に配られる小さな進歩カードと職業カードの組み合わせでゲームの進め方が変わってくるので何度でも楽しく遊べます。

やりたい事がいっぱいあったのになぁ、これも出来たのになぁとゲームが終わってからいろいろ考えてしまう良いゲームです。

自分の農場や家がどんどん広がっていくのが視覚的に分かるので達成感はすごくあります。


7ヶ月前(2020年02月17日 21時32分)
続きを読む
閉じる
374
名が参考にしたレビュー
 by ゆうのん

入手難易度、ゲームの難易度共にマイルドに調整された良作。手に入るうちに買いましょう。

旧版と比べると弱い職業が減り、強い職業が弱くなっています。あとボードとコマがめちゃめちゃ豪華になってます。

カード枚数の少なさは拡張を買うことでカバー出来ますが、初めてやる場合は拡張を入れない方が良いです。

ボードゲームってちょっと興味ある〜くらいの人にいきなりやらせるのにオススメの作品です。沼に突き落としてしまいましょう。


なお、何度もプレイを重ねて楽しさが分かってくる作品なので、オープン会で一度だけ遊ぶとかには向いてません。買ったら擦り切れるまで遊びましょう。

11ヶ月前(2019年11月05日 12時40分)
続きを読む
閉じる
299
名が参考にしたレビュー
 by 手動人形

ドラフトや蓄積エリアのチキンレース、そしてスタートプレイヤーの政治的判断が醍醐味ですが、ソロプレイも秀逸。

「ワーカープレースメントの基本にして極北」は伊達ではありません。

多人数との違いは

  • ゲーム開始時の食料ゼロ
  • ステージ終了時の食料供給が3
  • 木材の蓄積が2
  • 職業と小進歩は最初に7枚を抜き出すか10枚引いて3枚を捨てる


と、食料の供給といかにして得点を伸ばすかがゲームのキーとなります。

単純に必要とする食料が1.5倍になって他プレイヤーの邪魔が入らないということは、農場を生かすも殺すもプレイヤーの双肩にかかっています。そのため、

  • どうすれば無駄な資源獲得を減らせるか?
  • 軸にする職業や進歩は何か?
  • 主な食料を何に頼るか?(家畜を「手放す」タイミングはいつか?)


など、ソロならではのゲームプランが悩ましくも素敵。

《夢遊病者》やら《鋤手助手》などの吹っ飛んだ職業でヒャッハーしたり、《レンガ窯》と《石窯》のダブルオーブン体制で「ザ・農場」を体験したり、状況に合わせ、自分のペースで自分好みの農場経営がソロプレイの魅力です。

また、ソロで練習することで資源獲得のタイミングや得点の稼ぎ方が体で覚えられます。

ワーカープレースメントの練度を上げたい時にもソロはお勧めしたいです。

4ヶ月前(2020年05月17日 17時52分)
続きを読む
閉じる
247
名が参考にしたレビュー
 by ハンズ

ワイナリーの四季でウヴェ・ローゼンベルク作品に初めて触れて、その後アグリコラの存在を知りました。

しかし、その頃にアグリコラは既に売り切れており、再販を待ちに待ってようやく入手。

早速プレイしてみましたが個人的にはワイナリーの四季の方が好みでした。

ボードゲーム版牧場物語といった表現がしっくり来ますが、とにかくカードも駒も種類が多くルールの把握も一苦労でした。

また、ハウスルールもあり、それを採用するかしないかでも好みが分かれるところかと思います。

しかしながら戦略の奥深さは感じられ、各ラウンドのアクションカードの順番次第では展開も大きく変わることが容易に想像できるので、リプレイ欲は非常にかき立てられます。

準備が大変ではありますが繰り返し遊べば遊ぶほど味わいが広がるスルメゲーと言えるかと思います。

旧版は入手していないのでこのエディションとの違いは分かりませんが、アグリコラの深淵を覗きたいのであれば、新版でも十分かと思います。

約1ヶ月前(2020年08月24日 19時57分)
続きを読む
閉じる
214
名が参考にしたレビュー
 by とら

ワーカープレイスメントで有名なゲーム

家が2軒あとは野原だけのマイボードに、増築や耕作そして牧場を作って野菜や動物をたくさん飼って農業の拡大を目指します。


プレイ自体は簡単です。

最初はマイボードに2人のワーカー(コマ)があるので、1手番に1つのワーカーをアクションボードに早いもの勝ちで配置して 該当アクションをこなします。

全員のワーカーが無くなったらラウンドが終了 アクションボードのワーカーが手元に戻って来ます。

途中、収穫時(規定ラウンド)にはワーカー1人につき食料を2つ支払いの義務があります。

 

これだけです。!!

要はアクションボードを効率よく選択していくことになります。 


さらにこのゲームは、変化をもたらす要素がたくさんあります。

大きな進歩(主に食料確保)

小さな進歩カード及び職業カード(主に資材等の取得率アップ)ドラフト等により各7枚

特にカードは、組み合わせよりコンボ(高効率的なカード能力の発揮)が発生したりします。


カードの種類は拡張も含めると沢山あるので展開が変わり何度でも繰り返し遊べます。

ぜひ挑戦してみて下さい。

4ヶ月前(2020年05月17日 11時22分)
続きを読む
閉じる
205
名が参考にしたレビュー
 by えりんぎ!@ボドゲ初心者

これめっちゃ面白いぞぃ(˙꒳˙ก̀)笑

60分で終わらない重ゲーなので、ボドゲカフェでやるよりも仲間を集めてやったほうがお得感はあるよねー(´›ω‹` )笑

子作りゲー楽しいんじゃーーー(^q^)💕

1年以上前(2019年02月23日 11時20分)
続きを読む
閉じる
138
名が参考にしたルール/インスト
 by びーている / btail

アグリコラ:リバイズドの自作シート類を公開します。シートは得点計算を補助する得点計算シート、手元用のプレイエイド2種の合計3種。印刷サイズは得点計算シートがA5、手元プレイエイド2種はA6を想定しています。


得点計算シート

ゲーム終了時の得点計算用のシートです。A5サイズで印刷することを想定しています。 (アグリコラには本体同梱のスコアシートや得点計算用のアプリがあるので必要性は薄いかもしれません)


手元プレイエイド:ラウンド進行

ラウンド中の各フェイズでやることをまとめたシートで、ソロ時の進行管理などに使っています。A6サイズでの印刷を想定しています。 


手元プレイエイド:得点要素一覧

アグリコラ:リバイズドの得点要素をまとめたシートです。A6サイズでの印刷を想定しています。

約1ヶ月前(2020年08月23日 03時49分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 7,150(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 448興味あり
  • 956経験あり
  • 467お気に入り
  • 1147持ってる

チェックした商品