マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ウィッチズウィスク ~ジェレミア魔法学校の訓練法~
  • ウィッチズウィスク ~ジェレミア魔法学校の訓練法~当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 60~90分
  • 12歳~
  • 2021年~

ウィッチズウィスク ~ジェレミア魔法学校の訓練法~

メーカー・卸元:636GAMES (委託販売作品

1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
魔法学校の生徒たちが空を舞う、ダイス×魔術構築×フィールドバトル!

魔法学校の生徒となり、魔術を構築しながらフィールドを飛び回ります。
対戦と協力の2つのルールを遊ぶことができ、それぞれ勝利目標が異なります。

対戦ルールでは、生徒同士で攻撃を当て合い、勝利点を競います。

協力ルールでは、逃げ出した魔物を捕まえるため全プレイヤーで協力して生徒を動かし、フィールドに出現する魔物を全て撃破すれば勝利となります。こちらはソロプレイも可能です。

協力と対戦はどちらも6ラウンド制で、魔術構築や移動のルールも共通です。
ラウンドが始まると、まず手元のダイスを振ります。
ダイスは魔術の発動、移動、生徒のスキルの3つの用途に使うことができます。

■魔術の発動
手元にダイスの目にあわせて6種類の魔術回路カードがあり、振ったダイスをそこに配置することで、そのカードに置かれた魔術を全て使うことができます。
攻撃するときはこの行動を使います。

■移動
生徒カードの「魔法のほうき」に置いたダイスの目だけフィールドのコマを動かすことができます。
置いたダイスの目は使い切らないといけないため、わざと遠回りしたり、ぐるぐるまわったりして調整します。

■生徒のスキル
手番中に1回だけ使えるスキルです。選ぶ生徒によって違う能力を持っています。

全てのダイスを使い終わったら、魔術を購入できます。
ダイスを置いた魔術カードに書かれた「スピリト」と呼ばれるコストを使い、売り場から魔術を購入して、魔術回路につなげて強化していきます。

これをゲーム終了まで繰り返します。
攻撃・移動・成長・防御のバランスをダイス目からうまく組み合わせていくのが鍵です。
3-4人プレイの際は共有ダイスがあり、手番中ひとつだけダイス交換をすることができます。
対戦の際は初手番を獲得してダイス目を獲得し、有利な状況を作ることができます。
協力の際は、他の人の得意なダイス目を譲り合うことができます。
2人プレイの時は同時に2名の生徒を操作するため、振ったダイスは自分の担当する生徒に自由に割り振ることができます。

人数によってプレイ感はかなり変わってきますが、終盤になるにつれてできることが増える爽快感があります。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 1件

レビュー
263名が参考
6ヶ月前

プレイ人数:1〜4人、プレイ時間:60〜90分

636GAMES

評価★★★☆☆

本作は、あの『Discipline 〜ジェレミア魔法学校の3年間〜』のスピンオフ作品です。

インディーズゲームですが、アートワークも大好きで、前作の教室をイメージした生徒の配置が斬新で、プレイ感もとても良かったので、速攻で購入した作品です。


別売のアクリルプレイ駒も購入しています。


【概要】

Witches Whiskは、アクションプロット式ダイスロール&タクティクスフィールドバトルゲームです。

ダイスを振って魔術回路を組立てて、箒で飛び進みながら相手に魔術を当てる。

望む行動をとりたくても、魔女見習いかつちょっぴり落ちこぼれの4人組ですから、ダイス運という箒に振り回されて最初は上手くいかないかもしれません。

ですが慣れてくれば徐々に得意な戦術が生まれてくることでしょう。

対戦ルールと協力ルールの2つご用意してます。


※以降、協力ルールのソロプレイでの説明になります。

【手番】

1.ラウンド処理

①出現カード処理

→出現カードに記載された通り、ボードに障害物、魔物、ボス駒を配置する。

②所持してるダイス全てを振る。

③魔術発動フェーズ

→アクションに使用していない未確定ダイスから1つを選び、魔術回路カード、生徒カードのプレイヤースキル、生徒カードの移動上に配置し、移動や攻撃を実行する。

これを所持しているダイスの数だけ繰り返す。


④魔術詠唱フェーズ

→カード売り場か、自分の秘術の魔術カードから最大3枚まで選び入手する。

入手したカードは好きな魔術回路カードにつなげる形で縦に配置する。


【勝利条件】

①大量にマップ上に出現する魔物を、6ラウンド終了時に全て撃破していれば勝利。

1体でも残ると敗北。

②出現カードに記載された通り、障害物などを配置出来ない(チップ不足)場合、直ちに敗北。

【感想】

今回は、協力シナリオカードの初級:魔物の森で、ネリネちゃんでプレイしました。


魔物などの出現は、奇数ラウンドで合計3回出現する訳ですが、私は5ラウンド目の出現カード処理で、魔物チップが不足して、即敗北になってしまいました。


とにかく、わさわさと魔物が出現してくるので、事実上2ラウンドで全て魔物を攻撃して倒しておかないとキツイです。

配置箇所に既に魔物がいても、重ねて配置するので、2体が同じマスにいる形になり、2回倒さないとならないんで、凄くキツイです。

ラウンドが進むにつれ、レベルの高い魔物も出てくるので、攻撃力がレベル分必要になるし、とにかくカードを補充し、攻撃力を高めていかないと、手に終えません。


ほんとに、ソロプレイで勝利出来るのか?とも思いますが、各ラウンドで10回行動出来るし、3枚カード入手可能なんで、後はダイス運ですね。


やり応え十分で、今回もとても面白かったです。

続きを見る
閉じる
勇者
みはりん
みはりん
  • 商品価格¥ 6,930(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 41興味あり
  • 22経験あり
  • 7お気に入り
  • 49持ってる

チェックした商品