マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ヒバチ
  • ヒバチ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2021年~

ヒバチ

メーカー・卸元:アークライト

残り1点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
名作アクションゲーム「サフラニート」のリメイク!

プレイヤーは鉄板焼の料理人となって、チップを投げ入れ食材を競ります。この時にちょっと手が滑って他の料理人のチップを弾き飛ばしても大丈夫です!

材料スペース以外でも、特殊アクションを取れるスペースも用意されていて、そこへチップを投げ入れれば、ゲームを有利に進められます。

食材を購入する以外にも売却することもできます。上手くお金をやりくりしてレシピに必要な食材を集めて、お客様の舌を唸らせる鉄板料理を作りましょう!

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 3件

レビュー
415名が参考
4ヶ月前

材料が足りない?じゃぁ唐辛子足しときますね!という力業料理を競うポーカーチップ投げアクションゲーム。

4人戦でプレイ。写真撮り忘れ。8/16に発売予定。Asobitionのtwitterを要チェックや!


【どんなゲーム?】

料理大会に参加する1料理長となって、材料を購入してレシピに沿った料理を作る。

3つ料理を作った人が勝ち。


材料が集まっていればラウンド終了時に公開されている料理カードを取得できるので、材料集めがゲームの主体。ではどうやって集めるか?

プレイヤーは100から600までの、中心に穴が開いているポーカーチップをそれぞれ1枚ずつ、計6枚持っており、手番ではそのポーカーチップを1枚メインボード上に投げる。ちなみにこの時メインボード上空に身体が入ってはいけないとルールに明記されている。

メインボード上には材料が9種類描かれており、投げたチップの穴から材料が見えれば「有効」なチップとして扱われる。

全員が規定枚数を投げたら購入フェーズ。各材料の上にある「有効」な自分のチップの総額を計算し、総額が多い人からその材料を、その総額で購入できる権利をもらえる。

つまり材料をオークションしているのだが、競り値はチップを投げて決めるという脳筋世界である。

材料はどんなものでも買えるわけではなく、カードとして補充されるので購入できる枚数に限界があったり、そもそもそのラウンドではその材料が補充されず買えない!ということもある。

ちなみに売却もできて、その場合は材料の上にあるチップの合計額で売却できる。ゲーム中にお金を得る手段はこれしかない。


メインボード上に乗っかったけどどの材料にも乗せられなかった、というチップは「無効」として扱われ材料の購入には役立たないが、「無効」チップ1枚ごとに唐辛子カードを1枚もらえる。各レシピごとに1回だけ、唐辛子カード2枚を任意の材料として扱うことができる。

この世界ではとりあえず辛ければ満足されるのかな? ダメなラーメン屋でとりあえず卓上に豆板醤があるから入れる、みたいなことが普通に行われているのかもしれない。

足りないのは辛味ではなくて材料(と旨味)なわけだが。


【感想とか】

名作「サフラニート」のリメイク。サフラニートも過去に1度プレイした記憶がありますが、強く過ぎたり弱すぎたりで狙った材料にチップが残らなくて「自分にはこのゲーム向いてねぇなぁ」という感想でした。

そしてリメイク!数年ぶりの自分の成長をみせてやるぜ! → が・・・駄目!! 狙いは外す、メインボードを飛び出す、相手のチップで弾き出される、救いはない!

他のプレイヤーが3枚の料理を揃える頃にようやく1枚料理が出来上がる体たらく。

こういう「儘ならなさ」を楽しむゲームだなぁと改めて実感しました。

サフラニートに唐辛子カードのような救済策があったか覚えていないのですが、今作では割と簡単に唐辛子カードが集まる感覚でした。そのため、少し材料を集めては唐辛子カードでレシピ達成!としていた他のプレイヤーが強かったように見えます。

じゃぁ唐辛子カードを集めたらよいのかといっても各レシピごとに1材料を補うだけの上、唐辛子カードを取るときに山札が残っていなければ、唐辛子カードを一番持っている人が全部捨てなければならないので大量に確保しててもよいというものではありません。


拡張を入れるとプレイヤーごとに特殊能力を持ち、「箸でチップ1枚を動かせる」といった、おいそれもう別のゲームやんけ!豆を別の皿に移すやつやんけ! といった違った面白さが出てくるようなので、後日に挑戦してみたいです。

アクションゲーム+競り+先取りセットコレクションという一風変わったゲーム、面白いのでぜひ一度遊んでみてください。

続きを見る
閉じる
仙人
sopra
sopra
レビュー
178名が参考
2ヶ月前

賭け要素とアクション要素が融合した、ジレンマや煽りあいが楽しい、てんこ盛りゲーム!

【※注意】1回のみプレイ(4人プレイ)の超雑感レビューです。覚えている限りの情報を書きますが、ルール等の間違いも多々あるはず。あくまでゲームの楽しさやニュアンスを掴む目的でご活用ください…


・ゲームの目的、主な動き

あなたは料理長です!料理大会のために【料理】を3皿作りましょう!

(【料理】は、【レシピ】カードに表記のあるランダムな【食材カード3つ】とセットでひと皿完成させることができます。)

基本は【コインをぶん投げて!食材を競売して!ごはん作る!】だけのゲームなんですが、色々と考える要素があって楽しい…!


・ゲームの準備、ポイント

【共有レシピカード】3枚位?場に出る

【そのターンで獲得可能な食材カード】6枚位?場に出る

【食材が乗ったテーブル】ここにコインをバンバン投げる

【初期の所持金】1600円位?貰える(これが中々シビア)

テーブルに食材はたくさん並んでいるんですが、市場に出る食材カードは毎ターンランダムに選ばれます。売って無いものにコインをいくら乗せても買えない!(自分の手持ち食材を売ることはできます)

そして、あんまり考え無しに食材を買うと、お金がドンドン無くなってしまいます。手持ちのいらない食材をいかに高く売ることができるかも勝負のカギ。

そして何より、レシピが基本的に共有なのが辛い!(料理が完成するまで補充もされません!)早い者勝ちで他の人に先に料理を作られてしまうと、そのレシピは消滅。せっかく集めた食材が宙に浮いてしまうことも…。


・だいたいの流れ

自ターンで【食材】や【特殊効果】の描かれたテーブルの上に自分のコインを投げてBETすることで、対象物の【売り】or【買い】(特殊効果の場合はその発動)の権利を得ることができます。(所持金が足りない場合【買い】はできず、他の人に権利が移ります)

表に100〜600円の表記がある6枚のコインのうち、3枚を、プレイヤーで順繰りに1枚ずつ裏向きに場(食材が乗ったテーブル)に投げていきます。1つのものに複数乗せて重ねてBETするもよし、分散させるもよし。

なかなか狙い通りに投げられないジレンマや、相手にはじき出されるハラハラもアクションゲームの醍醐味ですね。コインが転がって表向きになっちゃって手の内がバレる、なんてことも。

他の人が何にどれだけのお金をつぎ込んでいるかわからないので「お金たくさんあるし高くてもいっか〜!(と言いつつ100円しか投げない)」「ひもじいから100円にしとこ…(実はガンガンに積んでる)」などの軽い心理戦・ブラフ合戦も楽しい!


・特殊効果マス

各食材のお皿の半分以下くらいのサイズの【特殊効果マス】が4つ存在します。1番BET金額が大きい人が発動できますが、狙って入れるのがまず難しい上に競争になりやすい!

【食材カード獲得】乗せたコインの100の位の数だけ山札からカードを拾って中身を確認し、1枚だけ好きな食材を獲得出来ます。

【レシピカード獲得】山からランダムなレシピカードが1枚獲得できます(共有じゃなくて自分だけのレシピ!人に必要な食材を見せる必要もありません。これがかなり強い!)

【スタピ獲得】通常は順番にスタピが回っていきますが、これでスタピがブン取れます。

スタピの有利な点は、金額が同着だった場合はスタピから近い順で競り勝ちになる(最強になる)点と、そのターンの競売品の順番を決めることができる点です。

【プラスワン行動】全員が全てのコインを投げ終わったタイミングで、最後に自分だけがもう1枚プラスでコインを投げられます。


・救済措置

なかなか狙った場所にコインを置けなかったり、ようやく置けたコインを人にはじき出されたりして、行動出来ずに置いてけぼり…な、ションボリな場面もあるのですが。

なんのマスにも止まらなかったノーコン料理人(…)には、的を外したコインの分だけ【スパイス】が配られます!優しい!

【スパイス】は2枚セットで、食材1つの代替品として使えます。狙った食材が場に出ない事も多いゲームなので、これがかなり大きい!(4枚で食材2つ分にすることはできません、あくまでレシピ1つに対して2枚しか使えません)

「じゃあスパイスを手元に置きまくればいいじゃん!」となりそうですが、無論、そうは問屋が卸しません…!

スパイスカードには限りがあり、場の山からスパイスが消えると、その時点で1番スパイスを沢山持っている【ノーコン王(…)1名から全スパイスが没収】されて、後輩のノーコン達に分配後、残りは場の予備カードにされてしまいます。ここ一番のタイミングで没収される!なんてことも…。


・プレイ時間

みんなが上手なら早いと思うんですが、的を狙うのがむずかしい初心者が集まっていたら、30分〜40分で終わるのはまず無理じゃないかと…。食品の人気が偏り易い中で、料理を作る難易度はそこそこ高めです。

3品誰かが作り終わるゲーム終了までに、1時間程度かそれ以上は掛かるかと思います。


・雑な感想

ボードの角より内側に手が入らなければ、コインの投げ方は自由。角で弾いたりするカッコイイ投げ方でクールにキメたり、愚鈍にポイッと近場に投げたり。戦略だけではなく色々なところに個性が出るのが、アクションゲームの楽しさですね。

あとは、コインが穴の空いたポーカーチップで投げ心地やBET感がよい。お金の柄の動物が可愛くて触り心地もステキ。ボード自体の絵やサラサラ・ツヤツヤの表面加工が綺麗だったり。スタピマーカーの醤油差し他、コンポーネントの可愛さやクオリティも魅力だな思います。

またみんなでやりたいな〜、それまでにコソ練してノーコン卒業したろかな〜、と思わせてくれるゲームです!楽しかった!

続きを見る
閉じる
皇帝
ミシマ
ミシマ
レビュー
165名が参考
約2ヶ月前

競り×アクション!ライバルを弾き飛ばしてでも材料を狙え!

ボドゲカフェで友人1、相席した人2の合計4人で初見プレイ。アクション要素が強く、その結果に一喜一憂出来るので初めて会った人達ともとても良く盛り上がれました。プレイ感は軽めの程良い重さに感じました。

一部のルールはうろ覚えかもしれません。ご了承下さい。

ゲームの目標は、誰よりも早く料理を3品作り上げること。料理は1品につき3種類の食材が必要です。そのために資金を使って食材を購入していくのですが、食材が買えるかどうかは、チップ投げ入れの結果次第!

プレイヤーは初期資金(遊んだ時は確か1600)、自分のチップ(ポーカーチップみたいでかなりしっかりした作り、真ん中の穴も重要。100.200...500.600の6枚)を受け取り、食材カードの山札から6枚表にして対応した場所に配置します。最後にレシピカードを3枚表にしたら準備完了!

スタートプレイヤー(以下、料理長と表記します)から時計回りにチップを投げ入れます。それを3巡で全員が3枚投げたら次のフェイズへ(ここの巡数は人数次第かも)。チップの数値は大きいほど処理順が先になるので、絶対に狙いたければ大きめの数値のものを投げても良いでしょう(但し、食材の購入金額も高くなるので良く考えよう)。
既に場にあるチップにぶつけて弾き飛ばしたりもできるので、相手の妨害を狙っても面白いかもしれません。この妨害対決がとても白熱しました。チップ投げ次第で逆転も狙えるかもしれないのが面白い!

ボードには9種類の食材に対応したエリア、4種類の特殊効果に応じたエリア、それ以外のエリア(写真で赤褐色の所)、ボード外があります。チップの真ん中の穴を覗いて、少しでもエリアの縁が見えたらそのエリア、覗いて赤褐色しか見えなければそれ以外のエリアと判断します。

食材エリアは見たまま、対応した食材の売買の権利を得られます。但し、その食材が一つも無ければ当然買えません(写真では肉のみ場にないため、そこに置いても意味がない)。
特殊効果エリアはそれぞれ特殊なので後述します。

全員が投げ終えたら、それぞれのエリアの処理をします。先に特殊効果から行います。

特殊効果はチップ+1(画像では玉子とブロッコリーの間の所)の箇所から時計回りに処理します。

+1はこのタイミングでチップを追加で1枚投げられる、シンプルに強力な効果。複数人いたら数値が一番大きい人が優先される(数値も同じならスタートプレイヤー優先?)。
その右側、材料を獲得。チップの数値分食材カード山札を表にし(100なら1枚、600なら6枚)、その中から1枚確保できる。
その下、レシピカード確保。自分だけが見れるレシピカードを確保できます。
最後、料理長権奪取。あまり意味があるのか?とも思いましたが、ある局面でコレ次第で逆転が狙える場面もあったので、場合によっては超重要かもしれません。

次に、どのエリアでもないチップの処理。数値に関わらず、チップ1枚につきチリカードを1枚獲得します。チリカードは2枚で食材1つの代わりとして使えます(但し1つの料理につき代わりとして使えるのは1度まで)。狙いが外れても得られるものがあるのは嬉しいです。
ボード外は流石に何も得られません。最低限ボード内に収まるよう狙って投げよう。

次に、各食材エリアの処理です。どの食材から行うかは料理長が決められます。売買は売りから先に処理します。料理長が選んだエリアのチップを全て表にして処理開始。

売却について。売却は、誰かのチップが乗っていれば、自分のチップが乗ってなくても行えます。ゲーム中お金を増やす方法は売却しかなかったはず(拡張は知らない)なので、重要な要素です。売値はそのチップの数値の合計値。対応する食材がなければ当然売れません。売却した食材は捨て札になります。

購入は自分のチップがないと行えません。数値の大きいチップの人から購入できます。複数枚乗っていればその合計なので、絶対買いたい!ってときは複数枚のチップを投げ入れましょう。購入金額は自分のチップの合計。誰かが購入してその食材カードがなくなったら、その後の人は買えないので先に買えるかどうかはとても大事!

購入まで全て終わったら最後に料理を完成させます。料理長から時計回りに、完成できる料理があるか確認して、あれば完成させて1品ゲット!誰かが3品目を完成させた時点でその人の勝利なので、料理長が誰なのかは実はものすごく重要。

全員が完成させられるか確認を終えたら、料理長の権利を時計回りに回して次のラウンドへ。以上を誰かが3品目を完成させるまで続けます。


好きな食材を購入して勝ちを目指すゲームですが、結構アクション要素の比重が大きいように感じました。アクションで蹴落とし逆転も可能だったりして、冒頭でも述べましたが初対面の方達とも良く盛り上がれました。相手のチップ弾き出しを狙って外して場外に行ったりするハプニングも良いスパイスで、賑やかなゲーム、という感想です。相手を妨害できるけどギスギス感は感じなかったので、爽快に楽しめました。ボードゲーム初心者でも楽しめそうな雰囲気もあり、万人に勧められるゲームだと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
szk
szk
  • 商品価格¥ 5,500(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 65興味あり
  • 202経験あり
  • 53お気に入り
  • 161持ってる

チェックした商品