マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
インジーニアス(頭脳絶好調)
  • インジーニアス(頭脳絶好調)当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 45分前後
  • 10歳~
  • 2004年~

インジーニアス(頭脳絶好調) / Ingenious / Einfach Genial の通信販売・商品情報

1営業日以内に発送
連鎖しながら平均的に点数を取ろう!誰でも遊べる戦略ゲーム
  • ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)作

 このボードゲームはカラフルなタイルと六角形のマスを組み合わせた戦略ゲームです。1人でも遊ぶことができますが、2~4人で遊ぶほうが楽しいので、ここでは2~4人用のルールに従って内容を説明していきます。

 まず、様々なタイルが入った袋からランダムに6枚を相手に見せないように獲得し、自分のタイルスタンドの上に置きます。全員がこの準備を終えたら、ゲーム開始です。最初のプレーヤーから順番に自分の手元にあるタイルの1つをボード上に配置していきます。

 ここで、配置する基本的なルールを説明します。タイルには6種類の模様が記されており、これをボード上に既に配置されている同じ模様とくっつけることで、その模様に応じた点数が獲得できます。各プレーヤーには得点ボードが配られており、その上に6種類の模様と点数を表したカウンターコマが置かれています。点数を獲得すると、この得点ボードの模様に応じたカウンターコマを、獲得した点数だけ右に移動させます。そうすることで、自分がどの種類の点数をどれだけ獲得しているかがわかる訳です。タイルを置いて点数を獲得したら、最後に手元のタイルが6つになるように補充して自分のターンが終了となります。

 他にもいくつかルールがあります。得点ボードの一番右、つまりいずれかの種類が18点を取ると、ボーナスプレイとして、続けてもう1枚手元からタイルをボード上に置くことができます。これは、連鎖して何回か続けて置ける場合もありますが、1つの模様につき1回しか発生しません。

 また、タイルを補充する前に、自分の一番低い点数の模様が手元のタイルにない場合、タイルの全交換を行うことができます。但し、一番低い点数の模様が複数ある場合は、そのどれもが手元にない場合にのみ全交換することができます。
 
 点数は、なるべく全ての模様を平均的に獲得していくのが重要です。というのも、このボードゲームの勝利条件が、「全ての種類の中で一番低い点数がそのプレーヤーの点数」であるためです。つまり、いくら5種類の点数を上げていても、残り1種類の点数が上がってなければ、勝ちは遠くなります。これが戦略的であるという点です。

 2対2のチーム戦や最初に述べた1人プレイもできますので、是非色々な方法でプレイされることをお勧めします。

インジーニアス(頭脳絶好調)に3件の書き込みがあります

199
名に参考にされています
2018年07月03日 21時21分

必要なタイルが出ないことにはどうにもならないので、

結構運ゲーだと思っています。


 

六角形のボードに2マスずつのタイルを敷き詰めていくゲームです。

ただし、得点の計算は、1番点数が低い色が最終得点となります。

またどれかが18点に達した場合、「インジーニアス」と宣言して、連続して手番を行うことができます。

 

私はダイス運だけでなく、引き運もないなーと思ってるんですけど、

欲しい色がさっぱり出ない!戦略とか言ってる場合じゃない!

インジーニアスしたいけど、置きたいタイルがないから今じゃない!

ってことになりました…。

 

運ゲーですけど、インジーニアスの宣言のコンボなど、

経験値差がでやすいゲームではあると思うので、

初心者が混ざっている場合は、

初心者を自分の手番の後に配置してあげると、

接待プレイがしやすいはずなので、

初心者に孤独感を感じさせずにプレイできると思います。

続きを読む
閉じる
138
名に参考にされています
2016年08月25日 19時32分

数種類のうち2個の絵柄が描かれたタイルを繋げて並べ陣取りしていく感じなので、進め方はとても簡単です。実際、一番重要なルールをすっ飛ばして4歳児と並べっこして遊んだくらい。
ではなにが面白いか。それが重要なルールの部分なんですね。すべての絵柄で点を稼がないといけないが、勝敗が決まるのはそのうち一番低い点のものとなる。
それじゃあ、取りこぼしの無いように平均的に進めていけばいいんじゃん。と考える方、冴えてますが平凡です。かつての私もそうでした。
各色の点には上限があって、そこまで到達すると手番のボーナスが与えられるんですよ。なのでそのボーナス目当てで特定の色をガンガン進める必要がある場面も当然出てくるわけでして。
もちろん、相手の妨害もあるからいつの間にか特定の色が進められないような状況にもなったり。
それをやるための、させないための手番ボーナスなんですけどね。

で、ボーナス権利が得た時には、高らかにインジーニアス!と叫ばないといけません。ルールです(ウソかも)。連続ボーナスにもなるとインジーニアス!インジーニアス!と結構腹ただしいです。

平凡堅実に平均的に上げていくか、エキセントリックに独創的に進めるか、結構性格の出るゲームでもあります。
1人から4人用だけど、2人でオセロのようにやるのが好きかなあ。

続きを読む
閉じる
125
名に参考にされています
2017年01月28日 10時07分

クニツィアの名作ゲームのひとつ。

「頭脳絶好調」というちょっと近づきたくない感じの人がつけたような日本語名はともかく(笑)

遊んでると脳汁溢れる感じがよい。

置いたタイルを起点に直線上に得点する。そして一番少ない色が最終得点という一見分かりにくい得点方法が初心者には取っ付きにくいが、このゲームの最大のミソ。

まずいきなり理解してもらえることは稀。かなりのインスト力がいるが、そこが一番頭脳絶好調にするタイミングだろうな(笑)

問題としては中盤くらいになるとすでに逆転不能になることが多々ある。これから得点しやすい色とそうでない色を見分ける必要あり。

そうなると大事なのが持っているタイル。これがこううまーいタイミングであったりなかったり。

すべてはタイルを引く袋次第。この袋を通称「お袋さん」と呼ぶ(嘘です)


頭脳集団メンサも認めたゲームだが個人的には運の要素かなり強めかなと思う。

引くタイルを指先の感覚だけで当てられるようになったらいいやろうけど、そうなるともう頭脳うんぬんじゃなくて、超能力やね(笑)

続きを読む
閉じる
  • ¥ 3,240(税込)日本語マニュアル付き残り1点
  • 44興味あり
  • 256経験あり
  • 42お気に入り
  • 150持ってる

チェックした商品