マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ヒーフー!!
  • ヒーフー!!当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~5人
  • 20分前後
  • 10歳~
  • 2021年~

ヒーフー!!

メーカー・卸元:mogwai (委託販売作品

送料安!コンパクト便対象?
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
ぴったり二回だけ勝ちたいトリックテイキングゲーム!

『ヒーフー‼』は9回の勝負でぴったり2回だけ勝つと勝利点を得られる、TPP大賞作『穴太』ゲームデザイナー松本与左衛門が制作したトリックテイキングゲームです。

他プレイヤーより遅く2回勝つことで、より高い勝利点を得られるのでジリジリ待ちたいところですが待ちすぎで2回勝てずに9回の勝負が終わってしまったら得点は得られません。
確実な得点獲得を狙って早めに2回勝っても9回の勝負が終わるまでにまた買ってしまったら得点は得られません。
ぴったり2回だけ勝つには、プレイ前の手札調整と、プレイ中に他プレイヤーの動きをみて勝つタイミングを計ることが重要です。

ルールが少なくトリックテイキングゲーム初心者でも遊べる、最後まで気がけないヒリヒリしたゲームです。

世界観/フレーバー/アートワーク

システム/メカニクス/ジャンル

レビュー 3件

レビュー
81名が参考
4ヶ月前

2回ぴったり勝つ必要があるだけでも難しいのに、なるべく遅く勝つ方が得点が高いトリックテイキング。一度トリックを獲得するとリードプレイヤーになってしまうため次のラウンドに勝たされてしまうこともしばしば・・・二度勝ったままでゲームが終了すれば勿論得点にはなるんですが、そこはトリックテイキングなので終盤はコントロールできません。

さらにこのゲームのポイントは配られたカードを確認して数枚を捨てる(以降のゲームでは登場しません)ことによって最初から中盤戦のような感覚になります。1枚2枚くらいのカードがゲームから除外されてればそれほど影響はないのですが各プレイヤーが数枚づつ捨てるのでゲームから除外されたカードの枚数が多く、しかも「ランダムではなくプレイヤーの意思によって選択して捨てている」という点が非常に厄介であると同時に非常に緊張感が高くトリテ愛好者には好まれそうなゲームだなと思った。

続きを見る
閉じる
大賢者
bine(ビネ)
bine(ビネ)
レビュー
76名が参考
4ヶ月前

トリックテイキングの初心者4人でプレイしました。

ルールは簡単でわかりやすく、すぐにプレイすることができました。

最初に配られた手札からラウンド中に2回だけ勝てるようにカードを捨てて戦略を立てるのですが、

「このカードなら負けるだろう」と考えて出したカードで思いがけず勝ってしまい「しまったー!!」となることが多々あり大盛り上がりしました。


後半のラウンドになればなるほど入る得点が多く設定されているので、前半で負けても最後まで逆転のチャンスが残りやすくなっているのが良かったと思います。


それほど時間もかからず、ルールも簡単なので繰り返し遊びたくなるゲームでした。

続きを見る
閉じる
国王
じっさん
じっさん
ルール/インスト
70名が参考
5ヶ月前

このゲームはトリックテイキングです。ではトリックテイキングとは。

手札が配られ、それを皆で1枚ずつ出し合って数字比べをする。1番大きい人が1トリック(1勝)を得ます。

だいたいこんな感じです。


ヒーフー!!では、トリックをぴったり2回取ることを目標とし、それに成功した人が勝利点を得ることができます。

1ラウンドあたり9回の勝負を5ラウンド行い、ラウンド終了時に、2回ぴったり勝てていた人が勝利点を得ます。最初に10点に到達した人もしくは5ラウンド終了時に勝利点がいちばん高い人が総合優勝です。


①準備

ラウンド表、合計点トラックをテーブルに置きます。ラウンド表はオモテとウラでゲーム全体の難易度が変わっています。

ラウンド表の「1R」と書かれた場所にラウンドマーカーを置いておきます。


各プレイヤーは好きな色のミープル(プレイヤー駒)を2体ずつ受け取ります。1体は手元に、もう1体は合計点トラックの「1」の近くに置いておきます。


②各ラウンドの開始時

カードをよく混ぜ、プレイヤーに配ります。

(5人プレイの場合は、全てのカードを使いますが、4人プレイの場合は全色の14、15のカード計8枚は使いません。箱に戻しておきます)

手札を配り終えたら、プレイヤーは手札が9枚になるように、好きなカードを除外します。このラウンド中、除外したカードはゲームに登場しません。

全員の手札が9枚になったら、準備完了です。

第1ラウンドの時だけ、親を決めます。最近いいことがあった人が親です。第2ラウンド以降は、前のラウンドの最後にトリックを取った人が親です(勝利点を貰えたかどうかは関係ありません)。


③ラウンドの流れ

手札が無くなるまで、以下を繰り返します。


1.親が手札から1枚選び、表に向けて手元に置きます。


2.親の左どなりの人は、可能な限り、親が出したものと同じ色のカードを1枚、手札から選んで親と同じように出していきます(これをマストフォローといい、親が出したカードの色をリードカラーといいます)。その色のカードが手札にない場合のみ、好きなカードを出すことができます。次の人も同じルールに従ってカードを出していきます。 


3.プレイヤー全員が手札を1枚ずつ出したら、数字比べをします。以下の条件すべてに合てはまっている人が1トリックを得ます。

条件① リードカラーのカードを出している

条件② リードカラーの中でいちばん高い数字のカードを出している

つまり、親と同じ色のカードを出せなかった人は、そもそもその勝負に参加できません。

トリックを取った人は次の勝負の親となります。表に向けられたカードは裏向きの束にして、トリックを取った人の前に、1トリックを取ったと分かるように置きます。


4.トリックを取った人が、そのラウンド中2度目のトリックであった場合、その人は「ヒーフー」と言いながら、手元のプレイヤー駒を、ラウンド表に立てて置きます。置く場所は、現在のラウンド数の列の、上から順番に置いていきます。(1R目の1着なら1Rと書いてある列の、1と書かれた場所に置きます。2着なら2と書かれた場所に起きます。)

3度目のトリックであった場合、その人は「ミー」と言いながらラウンド表に置いてある自分のプレイヤー駒を倒します。また、その人はラウンドから脱落し、このラウンド中、手札のカードは出せず、ラウンド終了時に勝利点を獲得できません。


④ラウンドの終了

脱落していない全員が、手札を出し切ったらラウンド終了です。

ラウンド表を確認し、2トリックぴったり取った人、つまりラウンド表の上にプレイヤー駒が立って残っている人は、プレイヤー駒が立っている場所に書かれている数字のぶんだけ、合計点トラックにある自分のプレイヤー駒を進めます。ラウンド表に自分のプレイヤー駒が乗っていない(2トリックに届かなかった)人、乗っていても倒れている(3トリック取ってしまった)人は、何もしません。

次のラウンドの準備をします。

除外したカードを含め、テーブルの上に出ている全てのカードを回収します。ラウンドマーカーを、次のラウンドの所に置きます。②(各ラウンドの開始時)に戻り、次のラウンドを開始します。


⑤ゲームの終了

④の時点で合計点が10以上になった人が現れたか、5ラウンド終了時、次のラウンドには進まずゲーム終了です。このとき、最も合計点の高い人がゲームの勝者です。

※合計点が最も高い人が複数いる場合

1番最後のラウンドで後からぴったり2トリック達成した人の勝利になります(3トリック取っていると達成していないことになります)。

いずれのプレイヤーも最後のラウンドでぴったり2トリック達成できていない場合は、合計点の最も高い人全員が勝者となります。喜びを分かち合いましょう。

続きを見る
閉じる
皇帝
もてぃ
もてぃ
  • 商品価格¥ 2,420(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 50興味あり
  • 174経験あり
  • 37お気に入り
  • 97持ってる

チェックした商品