マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
グリムフォレスト
  • グリムフォレスト当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 45~60分
  • 8歳~
  • 2017年~

グリムフォレスト

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
3匹の子ぶたの子孫たちによる、王様のための建築競争! おとぎ話のおともだちの力を借りて誰よりも早く3つの家を建築しよう!
  • ティム・アイズナー(Tim Eisner)作

 おとぎ話の住人たちが棲むグリムフォレストで、王様が新たなお抱え建築士を決めることを国じゅうに告知し、建築競争を開催したのです!

 〈3匹の子ぶた〉の子孫であるプレイヤーたちは、シンデレラ、ピノキオ、ロビンフッドといった《おとぎの森》の住人の力を借りながら、それぞれ優勝を目指します! でも気をつけて。この森には意地悪で怖い悪者もいるのですから!

 プレイヤーは、王が主催する建築レースで、1番最初に家を三軒建てて、王様のお抱え建築士の座を目指します。

 他のプレイヤーと行く場所が被らないように、うまく避けつつ建築資材を回収するバッティングゲームで、シンプルながらもプレイヤー同士の読み合いが白熱!

 また、建築資材の回収を行う際には、さまざまなカードの効果が発動し、ゲームの展開をダイナミックに変えていきます!

 かわいくて独特なおとぎ話の世界観を精巧なフィギュアで表現。

 テーブルの上に広がる魅力的な《おとぎの森》で、最高の建築士を目指しましょう!

レビュー 3件

620
名が参考にしたレビュー
 by 闇鍋

童話モチーフのバッティングゲーム。プレイヤーは4匹いる3匹の子豚の内の1匹を担当し、1人3件の小屋を建築する。

システムは良くも悪くも捻りが無い。複雑なルールや余計な制約がなくとっつきやすいが、トップが独走し始めると止める手段がなくそのまま走られてしまいがち。
カード効果もあるにはあるが、この辺りもバッティングが絡むので上手く働かないことが多い。

ただカード効果に織り込まれた童話の再現には面白いものが多い。ロビンフッドはより富む者から奪い、ヘンゼルとグレーテルは壁をくすねるので作るには余計な資材を要求する。リトル・マーメイドの能力は気づけばニヤッとすることだろう。

個人攻撃が薄く各種リソースもそこそこ気軽に手に入るので、カジュアル、ファミリー向け。
ただ、この層に英語のカードを渡して遊ばせるのは酷なので、シールを作るなり何なりしてカードの和訳は済ませておくべき。

2年以上前(2018年05月18日 00時17分)
続きを読む
閉じる
448
名が参考にしたレビュー
 by Nobuaki Katou

 あまやどりで、3人でプレイした感想です。

 ティム・アイズナーによる、3匹の子豚のグリム童話になぞらえて、資源を集めて3軒の家を先に建てたプレイヤーの勝利するハンドマネジメントとバッティングを組み合わせたゲームです。なお、同時に3軒の家を建てた場合には、藁→木材→レンガの順でより頑丈な建物を建てたプレイヤーの勝利となります。

 ルール等は、下記URLのサイトからご確認ください。

Boardgame-overReview 「グリムフォレスト ~三匹の子ぶたの建物競争!~」ってどんなボードゲーム?

https://boardgame-overreview.com/games/the-grimm-forest/


 3人でプレイした感想ですが、グリム童話にちなんだ家や子豚、狼、ドラゴンのフィギュアや資源トークンなどの豪華なコンポーネントで、プレイヤーのテンションを上げてくれます。

 また、グリム童話に出てくるキャラクターが、寓話カードやおともだちカードに出現してきては、プレイヤーに対してさまざまな特典や嫌がらせをしてきます。

 それらを乗り越えながら、3軒の家を建てることは結構大変で、各プレイヤーともカードで家を造るのを達成させないために嫌がらせをします。

 今回は、最終ラウンドに私ともう1人のプレイヤーが同時に3軒の家を建てましたが、レンガを家を建てたお陰で、頑丈さで上回った私に軍配が上がりました。

 また、13歳以上推奨となっている理由としては、カードのテキスト量が多いので、小さい子どもだと不向きだからだと思います。

 なお、機会があればまたプレイしたいですが、自分で買うには大箱過ぎて収納に困るのが玉に瑕のゲームだと思います。

3ヶ月前(2020年09月09日 19時27分)
続きを読む
閉じる
365
名が参考にした戦略やコツ
 by GO

まだ、遊べてないので分かりませんが

ルールを確認していて思った事です。

このゲームはバッティングしてしまうと自分のリソースが

たまっていきにくいですが、

お互いがバッティングしないと相手もリソースを得るわけで

差がついて(埋まって)いきません。

そこで、相手を妨害するための手段としてカードがあるのですが、

このカード、付属している上級者用発展カードを全部投入してしまうと

狼やトロルといった妨害効果を持ったカードの出現率がかなり下がります。

つまり妨害手段がなくなるということ。

プレイヤーが遊び方を調整するというのはお粗末な話ですが

何度か試行錯誤して、狼などの妨害効果カードがガンガン使えるカード数で

遊ぶとプレイ感が変わるのではないかと思っています。

まだ、遊んでないので、わからないんですがね。


(4/6 追記)

3人で遊びましたが、やっぱり終盤でトップを止められない。

Fablecard(物語カード?童話カード?)の怪物を増やして、

それ以外をやや減らして圧縮し、相手を妨害しやすくしないと

いけないかなと。

止めたくても止められないまま、あっさり終了してしまいました。

ただ子どもの食いつきは良かった。テーマ性はいいです。

2年以上前(2018年04月02日 20時26分)
続きを読む
閉じる
  • セール中¥ 4,980(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 42興味あり
  • 76経験あり
  • 8お気に入り
  • 67持ってる

チェックした商品