マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
シャーロック・ホームズとモリアーティの罠
  • シャーロック・ホームズとモリアーティの罠当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~6人
  • 20~45分
  • 12歳~
  • 2016年~

シャーロック・ホームズとモリアーティの罠

メーカー・卸元:アークライト

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
シャーロック・ホームズvsジェームズ・モリアーティ教授の頭脳戦!

 システム(モリアーティ教授)と戦う協力型のパズルゲーム。

 証拠タイルを配置し、絵柄を合わせて、タイルをつなげていき、最終的に事件タイルとモリアーティタイルをつなげることで、モリアーティの犯罪を立証することを目指す。ただし、モリアーティタイルとつながっていない事件タイルの数だけ、モリアーティの暗躍をあらわすモリアーティカードを引くことになる。それによってタイルが除去されたり、新たに事件タイルが発生するなど妨害を受ける。

 除去されたタイルにいるプレイヤーが1人だけなら、モリアーティに誘拐され、誰かに救助されるまで手番を飛ばされてしまう。

 キャラクターごとの能力を駆使し、全事件タイルをモリアーティタイルに繋げたら、プレイヤーの勝利、それまでに事件タイルが尽きてしまったら、モリアーティ(ゲーム)の勝利となる。

 シャーロック・ホームズの世界への、没入度の高い雰囲気あふれるイラストと設定、そして小説からの引用。おかげでSherlocked USA,221 B CON,Baker Street Babes、The Sherlock Breakfast club、John H. Watson Society、ヴィクトリア朝文学研究者Leslie S. Klinger氏など、多数のシャーロキアンの推薦を受けている。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 6件

レビュー
496名が参考
12ヶ月前

このゲームは、プレイヤー全員が協力して証拠タイル(場所タイル、証拠品タイル、情報提供者タイル、目撃者タイル)を繋げて、事件を解決すると言う協力ゲームです。

この証拠タイルは各タイルごとに形が異なっていることと、各タイルの辺にはいくつかの模様が描いてあります。この模様が同じ辺同士しか繋ぐことができません。また、証拠タイルを2つ以上繋いで最終的にはモリアーティタイルという教授が描かれているタイルに繋がなければ、事件の解決となりません。また、面白いことにそれぞれのタイルの種類で形が違っており、タイル同士を繋げるためには、辺の模様だけでなく、物理的にタイルが配置できるかという要素も入ってきますので、タイルの配置の向きにも気を配る必要があります。

また、モリアーティ教授は、モリアーティカードというプレイヤーに不利なカードの効果を使って、繋がっている証拠タイルを取り除こうとします。仮に事件が解決していたとしても、カードの効果により証拠タイルが取り除かれた場合、未解決の状態に戻ることがあります。解決していない事件の数だけモリアーティカードを引かないといけないので、なるだけこのカードを引く枚数を減らすことがゲームクリアの近道になります。

さらに、モリアーティカードによって取り除かれた証拠タイルにキャラクターマーカーが置いてあった場合は、そのキャラクターは囚われの身となり、自分の手番にできることが少なくなります。この状態を解消するためには、他のキャラクターが救出に向かわないといけません。

このように、各タイルの辺に描いてある模様同士を繋げていくというパズル的な要素だけでなく、モリアーティカードによって取り除かれる証拠タイルを最小限にしたり、複数の繋がるルードを確保しておくという戦略的な部分もあるゲームです。ただ、証拠タイルの出てくる具合やモリアーティカードの効果の具合によっては、すぐに事件かが解決してしまってゲームが終わったり、反対にあっという間に負けてしまったりすることがあり、運の要素がやや強いような気がします。

なお、事件カードに書かれている事件名は、「赤毛連盟の陰謀」や「まだらの紐の謎」のように有名な小説のタイトルがあります。また、場所タイルには「ベーカー街221B」や「バスカヴィル邸」のように小説の中の有名な場所が、証拠品タイルには「ナポレオンの胸像」や「訓練された猿」のように小説の中に出てきていたものが描いてあるので、シャーロック・ホームズの小説を読んだことがある人にとっては、思わずニヤリとしてしまうかもしれません。もちろん、小説を読んだことがなくても楽しめますし、これをきっかけに小説を読んでみるというのも面白いかもしれません。

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
255名が参考
12ヶ月前

モリアーティのチートっぷりを肌で感じられるゲーム

まだ2回くらいしかやってませんが、2回ともモリアーティにぼこぼこにされました。


タイトルからアドベンチャーや推理を連想されるかもしれませんが、パズルゲームです。

事件パネルから、場所や証拠品、目撃者や情報提供者のパネルを経て、モリアーティへとつなげていき、

全ての事件を解決(モリアーティに繋げる)したらプレイヤーの勝ち

事件パネルがなくなってしまったり、プレイヤーがモリアーティに全員捕まったら負けの協力するゲームです。


原作でも凶悪な知能犯であるモリアーティはこのゲームでも無茶苦茶で、

証拠品は握りつぶすし、目撃者は消されるし、シャーロックですら罠にハマって捕まるし、

正直言って勝てるビジョンが全く浮かびません。


一緒に遊んだ友達は「こんなん無理ゲー」って言ってましたが、なんか悔しくて悶々とするかんじ。

何回でも複数人でも楽しめるのでおすすめです。

ルールも非常に簡単なので、導入もしやすいと思います。

続きを見る
閉じる
勇者
塩
ルール/インスト
233名が参考
12ヶ月前

1)ゲーム名:シャーロック・ホームズとモリアーティの罠

2)勝利条件:その時に場にある事件タイルを全て解決すること。

3)ゲームの準備

①証拠タイル(場所タイル、証拠品タイル、情報提供者タイル、目撃者タイル)をシャッフルしてそれぞれの山札を作成する。事件タイルも同様にする。

②モリアーティカードをシャッフルして山札を作る。

③キャラクタータイルを各プレイヤー1枚選ぶ。

④各プレイヤーは、「証拠品タイル」の山から1枚受け取って場に配置して、自分のキャラクターマーカーを置く。

⑤モリアーティカードを場の中央に置く。

⑥事件タイルををプレイヤーの人数分だけ引いて場に配置する。

⑦最初の手番プレイヤーを決める。

4)ゲームの進め方

手番プレイヤーは、以下の順番でアクションをおこう。

①証拠タイル(場所タイル、証拠品タイル、情報提供者タイル、目撃者タイル)から一つ選び、その山から2枚引く。2枚のうち1枚を選び、場に配置する。もう1枚は山札の下に戻す。

②新しく配置した証拠タイルが以下の条件を満たす場合には、すでに配置されている証拠タイルに繋げることができる。

・タイルの辺の模様が一致している。

・繋げようとしているタイルの上に自分のキャラクターマーカーがある。

・新しいタイルを配置するだけの十分なスペースがある。

③自分のキャラクターマーカーを2回まで移動させることができる。繋がっているタイルの間のみを移動できる。また、移動の前後で、自分のキャラクターマーカーが配置されているタイルに他のタイルを繋げることができる。

※接続は、複数接続してあるタイル群や事件タイルでも構わない。

※モリアーティタイルと2つ以上の証拠タイルを経て繋がった事件カードは解決した事件となる。

④「③」のアクションが終わったら、モリアーティカードを未解決の事件タイルの数だけ引く。引いたモリアーティカードの効果を順番に適用していく。この時、複数の候補がある場合は、カードを読み上げたプレイヤーが選ぶ。取り除かれた証拠タイルは、それぞれの証拠タイルの山札の一番下に戻す。効果を適用したモリアーティカードは捨て札とする。もしモリアーティカードが枯渇したら、捨て札をシャッフルして山札を作る。

もし、、取り除く証拠タイルにキャラクターマーカーが配置されていた場合は、モリアーティに捕まったことになり、直ちにキャラクターマーカーを場の中央にあるモリアーティカードの上に置く。なお、同じタイルに2個以上のキャラクターマーカーがある場合は保護されているとみなされ取り除く対象タイルから外す。

モリアーティに捕まったキャラクターのプレイヤーは、自分の手番の時には証拠タイルを一つ選び、その山札の一番上のタイルを引いて場に配置する。タイルの接続はできない。

捕まったキャラクターを救出するためには、捕まっていないキャラクターマーカーをモリアーティカードまで移動させ、次に一緒に別のタイルまで移動することで達成される。つまり、救出に向かったキャラクターは、その手番はほぼ救出による移動のみで終わる。

なお、全てのキャラクターがモリアーティに捕まるとゲームは敗北で終了する。

以上を繰り返すことによって、ゲームが進んで行く。

以上

続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
140名が参考
7ヶ月前

ゲームシステム(モリアーティ)vsプレイヤー(ホームズ等)の協力ゲームです。

推理要素はなく、タイルを繋げて事件とモリアーティを結びつけることを目指すパズルゲームです。

協力して事件解決を目指すホームズ等と毎ターンランダムなイベントで邪魔してくるモリアーティという構図になります。テーマやルール、ギミックの違いがあるのみで、ゲーム感はパンデミックや禁断の島などとあまり変わらないように感じました。あとは好みの問題かと思います。

難易度はそこそこ高いです。

使用するキャラクターを決めるくらいしか事前にすることがないので、ほとんど準備時間が要らないのは利点です。

続きを見る
閉じる
勇者
K
K
レビュー
114名が参考
2ヶ月前

率直に遊んだ感想を言う!

パズルゲームの協力型です。
事件が起きて、証拠やら目撃者やら現場やらをつなげてモリアーティ教授に辿りつくのが目的です。
この”つなぎ”が、そのままパズルになってます。 なので推理要素は一切なく、どこをどう繋げるかを発見するだけです。

ただし、教授も黙ってなくて、証拠品やら目撃者を消してきます。 大事なものは保護できますのでそれで対応します。

プレイヤーはホームズおなじみのキャラクターを担当します。 個性=能力があるので、それらを駆使して解決にあたるのですが、それ以上に教授の妨害が凶悪です。
重要な証拠をドンドン消してくるので、事件が大きくなればなるほど手が足りません💀

あと一歩のところまで来たのに最重要人物を保護できなく、案の定ヤラれてしまい、すべての事件が未解決に戻りました(笑)

キャラを変え、人数を変え、いろいろと試したのですが、未だクリアならず。
難易度が高いだけならまだしも、パズルをみんなでやるという主旨においては盛り上がりに欠けてます。 パーティゲームにもなり切れず、パズルとしてもそこまで思考するタイプでもなく、結局はドロー運が強いゲームだと感じてます。

まとめると…

Good 👍
ソロプレイもできるが、みんなで遊ぶ楽しさと比べても差はない!
ホームズ好きには悪くないアートワークかな?インテリアとして。

Bad 👎
教授の嫌がらせが過ぎるし、難易度調整がない。 かといって、運次第ではあっさりクリアーも。
パズルの塊が複数できてくると、塊どうしを繋げるのが面倒になる。
あえて協力ゲームにする必要が感じられなく、そのため奉行問題は健在です。

続きを見る
閉じる
勇者
鳴屋
鳴屋
リプレイ
79名が参考
7ヶ月前

きわめてレアな現象で恐縮ですが。

4人(ハドソン夫人、ワトソン、シャーロック・ホームズ、アドラー夫人)でプレイして、ホームズまで回らずにすべての事件が解決してしまったお話。

続きを見る
閉じる
国王
ハクシャク
ハクシャク
  • 商品価格¥ 3,520(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 59興味あり
  • 77経験あり
  • 10お気に入り
  • 89持ってる

チェックした商品