マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
たぬきのきんたま
  • たぬきのきんたま当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 2~4人
  • 10~20分
  • 7歳~
  • 2020年~

たぬきのきんたま

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
【新作】たぬきのきんたまを、大きくしたり、小さくしたり。そんなことをするゲームです。
  • なるみ(Narumi)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

■内容物
たぬきカード ×1枚
きんたまカード  × 32枚(1~8のカードが各4枚)

■ゲームの勝利条件
一番はじめに手札をなくした人がゲームに勝利します。

■ゲームの準備
● きんたまカードをよく混ぜ、「たぬきのきんたま」と3回唱えながらカードを全員に配ります。
具体的に言うと、24枚のカードを遊ぶ人全員で分けます。
残りのカードは山札にします。

● きんたまカードを配り終えた瞬間に 「たぬきのきんたま」と3回唱え、 一番はじめに唱え終えた人からゲームを 開始します。早口言葉です。
もちろん別の方法で決めても良いです。

●たぬきカードを真ん中に置ます。
ここをゴールデンボールエリアと呼びます。

●山札からきんたまカードを2枚取り、 図のようにいい感じに並べます。

■ゲームの流れ
手番になったら❶と❷のどちらかを1回行います。

❶きんたまカードが出せる場合
手札からきんたまカードを1枚、 ゴールデンボールエリアに出します。
●出し方のルール
ゴールデンボールエリアに出ている きんたまカードの数字から
-2 -1 +1 +2
した数字のカードを左右のどちらかに 出します。

❷きんたまカードが出せない場合
ゴールデンボールエリアにあるきんたまカードを1枚手札に戻します。
※戻した後にきんたまカードを出すことはできません。
※きんたまカードを出せるけれど出したくない場合も、ゴールデンボールエリアのきんたまカードを手札に戻すことができます。

その後、手番が左隣の人に移ります。
これを誰かの手札がなくなるまで 繰り返します。

コンポーネントの不備やルールの不明点等がありましたら、下記連絡先までご連絡ください。
連絡先: nrmgoraku@gmail.com

レビュー 3件

103
名が参考にしたレビュー
 by はぐれメタル

購入当日、8歳の息子と妻の三人で5回ほどプレイ。

戦略的にはあえて場に出ているカードを取るということくらいなのですが、それをしなくてもスタートプレイヤーが圧倒的に有利な感じです。

また、カードが正方形で数字が真ん中に大きく書かれているのですが、手に持った状態だと数字が分からず扱いにくいです。。

トランプのように四隅にも数字が書かれているとよかったなと。

場に出せる数字がカード内に記載されているしルールは簡単なので、7歳といわず数字が読めるお子さんであれば遊べると思いますが、小さなお子さんの手にはカードが大きすぎるかな。

すみません、私にはこのゲームの楽しみ方がよく分かりませんでした(^^;


7ヶ月前(2020年03月06日 12時02分)
続きを読む
閉じる
92
名が参考にしたレビュー
 by kino

インパクト:

かわいいパッケージに反し、印象的なボドゲ名とたまを大きくしたり小さくしたりするという

シュール感が強い。

ゲームでもちゃんとゴールデンボール置き場が2つ存在する

数字が大きくなるにつれボールのサイズがでかくなる・・・!


ゲーム内容:

1~8の数字が4枚ずつ、

場に出ている2枚と同じ数字は出せない、

出ている数字のー2、-1 +1、+2まで出せ、ループする。

という条件の元だと前半はほぼ詰まることなく出せてしまい

最後の2~3枚になるまでは作業になりがちで

4人なら32枚(内6枚は山札)をカウンティングするのも難しいところ。

相手の手札枚数は把握できるので

1と8が場にそろうように出せたらその相手に

1枚山札から引かせるという要素はあるが

まず出る率は低く、うまく差を埋める要素になりづらい・・・


総評:

小さい子が下ネタで喜んでやる分にはいいが、

ゲーム的には数字合わせの作業になりそう・・?


改定案:

4人プレイ時はナナメ向かいでチーム戦とし、

互いの手札把握、2人ともあがったチームの勝ちとか、

1~8の数を1セット減らしたり

出せる条件を-1、+1にでもして、

1+8以外のイベント多くしたほうが

UNO感でるかも・・?

4ヶ月前(2020年06月02日 01時29分)
続きを読む
閉じる
62
名が参考にしたレビュー
 by たか

カードを配るのが楽しい!

そんなゲームです。


このゲームはよく有る2−4人用のゲームです。

プレイ人数によって、初期手札の枚数って調整されていることが多くて、3人のときは何枚だったっけな〜とか、イチイチ覚えるのが面倒でかといってマニュアルで探すのも面倒と常々思っていました。

が、このゲームにはそういった煩わしさは有りません!

何人だろうが、無心に「た、ぬ、き、の、き、ん、た、ま」と大声で3回唱えながら、一語毎に1枚配っていくだけでプレイ人数に適したカード枚数が配られます。

嗚呼、何て素晴らしい。


カードを配るのが楽しいので、たぬきのきんたま1巡毎にカード配る人を順繰りに回していくと3人幸せになれるのでオススメです。

出来るだけ大きな声で唱えるのがポイントではないかと思っています。

5ヶ月前(2020年05月03日 00時22分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,400(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 15興味あり
  • 15経験あり
  • 3お気に入り
  • 11持ってる

チェックした商品