マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
バラージ
  • バラージ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 60~120分
  • 14歳~
  • 2019年~

バラージ

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
ダムによる水力発電エネルギーの開発競争を行うワーカープレイスメント
  • トマソ・バティスタ(Tommaso Battista)作
  • シモーネ・ルチアーニ(Simone Luciani)作

イタリアを代表する人気デザイナー、シモーネ・ルチアーニとこれが初クレジット作となるトマソ・バティスタによる本格派戦略ゲームの大注目作です。

架空のヨーロッパの山間部を舞台に、プレイヤーは国営企業のCEOとなり、ダムによる水力発電によってエネルギーの開発競争に勝つことを目指します。

ゲームの基本となるシステムは、極めて王道的なワーカープレイスメントです。
そのワーカー駒をアクションに配置することでさまざまなアクションを行い、ゲームを進めていきます。

ゲームを進めるなかで、メインとなるのは、テーマになっているダムによる発電です。
発電するためには、水系を流れる水をダムに溜め、導管で発電所へと送る必要があります。
それぞれの設備は、自分で建設したものであればもちろん使うことができますが、設備によっては中立のもの、他のプレイヤーのものも使用できるため、どこに建てられた設備を使って発電を行うのか、そして、そこから得られる報酬や必要なコストは、見合ったものなのか、しっかりと見極めなければならないでしょう。
自分の設備だけを使うことで発電できればそれに越したことはありませんが、設備が建設できる土地は非常に限られているため、他のプレイヤーがそう簡単には許してくれないでしょう。もちろん、逆に他のプレイヤーを優位にさせないよう、自分の設備を建てていくことも重要です。
加えて、流れる水は非常に限られているため、その流れや貯水量をうまくコントロールし、優位にゲームを進めるためにも設備は重要なのです。

設備の建設には、重機のマネージメントが重要です。
建設に必要なリソースとなる重機は、原則、一度手に入れれば減ることはありませんが、建設に用いた重機は一定の期間が経過しなければ手元には戻ってこず、使用することができないのです。
手元に重機のない期間、あなたがどのように立ち回るべきか、その計画性も問われるのです。

これらを円滑を行うために、さまざまな手段で得ることになる報酬も適切に獲得していきましょう。
発電量によって履行できる契約や、設備を一定数建てるなどでさまざまな報酬を獲得することができますが、その報酬は得点やお金といった一般的なものから、重機や特殊なアクションなど、ゲーム進行を有利に働かせるものもあります。
これらの見極めもまた重要です。

そのほか、さまざまな特殊能力を持った重役や、アクションをより効率のいいものにする「上級技術」といった要素が用意され、勝利のためには、それらの要素ももちろん無視することはできません。

ワーカープレイスメントによるアクション選択、建設場所を巡る駆け引きなど、プレイヤー間のインタラクションのウエイトも大きく、ゲーム好きなら絶対に満足できる内容と言えるでしょう。

※日本語版ですが、版元メーカーの意向により、ボード上の表記などは英語となります。

レビュー 15件

1993
名が参考にしたルール/インスト
 by なつ

間違いやすい・忘れやすいルールを随時載せていきます。

【セットアップ】

全員10VPからスタート。


【建設】

・建設で開けたところのボーナスは即時もらえる(収入とは別) 。

・基礎と発電所は、各プレイヤーは同じ盆地にそれぞれ1つまでしか建設できない


【生産】

・生産されるエネルギーの合計が0以下になる場合は生産できない

・生産につき、契約は1枚まで履行できる。 

・発電所のボーナスは水を使った生産にのみ適用される(紫の数字のみのものには適用されない。)


【ボーナス関連(契約タイル、企業ボード、企業効果etc)】

・エネルギートラックを進める効果(矢印つき)は必ず行う。進めたことによって契約は履行できない

・水を(全ての数量または一部の数量)配置する効果は任意である(流水管理アクション含め)。 

参考: https://boardgamegeek.com/thread/2184487/which-following-are-optional 

・ボーナスにより建設物(基礎、発電所etc)を配置した場合、労働者や技術タイルや重機は使用しない(ホイールも回らない)が、土地代(-3クレジット)は支払わなければならない

・導管xのボーナスは、x以下のエネルギー生産の導管を建てられる


【特許局】

・上級技術タイルは、Ⅰの山札から補充。Ⅰが無くなったらⅡ、Ⅱが無くなったらⅢ。


【得点計算】

・ラウンドボーナスタイルの得点が0VP未満になる場合、0VPとみなす(マイナスにならない。0エネルギー時の-3VPとは別)。


【ゲーム終了時】

・ホイール上に残っている資源は得点計算に含まれない。 

・自分のダムが保有している水駒1つにつき1VP


【企業能力】

・企業の固有能力は、3件目の発電所を建てた時に解放される

・ドイツの能力の2回目の生産は、1回目の生産とは別の自分の発電所を対象とする必要がありアクションシンボルのボーナス/ペナルティや企業ボードのボーナスや重役の効果を適用することができない

・フランスの能力は1ターンに1回のみ発動できる(ルチアーニでの複数契約の履行は複数枚で1回だけ効果が適用される)。


【重役】

・マヒリ・セキボのコピー能力はアクションではない(手番を使わず、労働者やクレジットのコストを支払う)。

1年以上前(2019年07月16日 12時49分)
続きを読む
閉じる
1735
名が参考にしたルール/インスト
 by よっしぃー

Barrage バラージ インストメモ

概要

 各プレイヤーは国営企業のCEOです。エネルギー生産競争に勝つためにダムや水力発電所を建設して

 導管を設置して蓄積した水を使ってエネルギーを生産し契約を履行(りこう)します。

 一番、VP(勝利点)を稼いだプレイヤーが勝者となります

ラウンドとフェイズの説明

 ゲームは5ラウンドで1ラウンドは5フェイズ構成になっています

 ※フェィズのメインはアクションフェイズで手番ごとにワーカーを配置して全員のワーカーが

  すべて(12個)置かれたらアクションフェイズが終了します

1.収入と源流フェイズ
全プレイヤは自分の企業ボード上のマークの収入を得ます
(クレジット、資源コマ、VP、トラック回転など)
現在のラウンドの源流タイル上に水コマを配置します

2.アクションフェイズ
  ※詳細は後ほど

プレイヤは手番順にワーカーを配置します
各アクションスペースには1~3個のワーカーを使用します
ワーカーがなくなり全プレイヤーがパスした場合にアクションフェイズが終了します

3.水の流れフェイズ
源流タイル上にある水コマがすべてが川と盆地沿いに下流に移動します
マップの下に到達した水コマはサプライに戻ります
※ダムのレベルを超える場合はあふれた分だけ水が流れます

4.得点計算フェイズ
  ※詳細は後ほど

エネルギートラックの順位でVPを取得します
エネルギートラックの位置によってクレジットを得ます(0の場合、3VPも失います)
ラウンドボーナスタイルによるVPを取得します
現在のラウンドボーナスタイルを破棄します

5.ラウンド終了
  フェイズ
手番順はエネルギートラックの少ない順に先手プレイヤーになります
※エネルギートラックの位置が同じ場合は現ラウンドの手番順を逆にします
※最終ラウンドではラウンド終了フェイズは行いません

アクションの説明

1.建設             

  企業ボード上に4つの建設アクションスペースがあります

  ①必要なワーカー数を企業ボードの空いているスペースに配置します(4つ目の赤枠は3クレジットを支払う)

  ②建設したい建造物のタイルを建設ホイールに配置します

  ③建設する建造物の必要コスト(掘削機、コンクリートミキサーコマ)を建設ホイールに配置します

  ④建設ホイールを1区画分だけ回転させます

  ⑤企業ボードの左から建造物コマをマップ上に配置します(建設スペースが赤枠の時は3クレジットを支払う)

   ※建設後に企業ボードに収入アイコンがある場合は即時で取得する(以降のラウンド開始時にも取得します)

基礎
ダムの基礎になります コストは掘削機が平原は3個、丘陵は4個、山岳は5個必要です
※同じ盆地には同一プレイヤーが2個以上建設できません

上部
ダムが保持できる水コマを増やすために自分の基礎の上に2個まで建設できます
コストはコンクリートミキサーが平原は2個、丘陵は3個、山岳は4個必要です

導管
生産アクションにてダムから発電所に水を移動させるために使用します
コストは掘削機2個×その導管の生産値が必要です ※生産値が4の場合は掘削機が8個必要です
※同じ盆地に同一プレイヤーが2個建設できます

発電所
エネルギーを生産するために使われます
コストはコンクリートミキサーで1つ目が2個、2つ目が3個、3つ目が4個、4つ目が5個です
※同じ盆地には同一プレイヤーが2個以上建設できません

2.タービンステーション

  この区画ではエネルギー生産を行います(右側の赤枠は3クレジットを支払う)

  必要建築資源は自分または公共ダムに水コマがあること、そのダムと接続されている導管および自分の発電所

  導管の生産値×水コマのエネルギー量を発電します(水コマは好きなだけで良い)

  ※他プレイヤーの導管を借りた時は水コマ1つにつき1クレジット支払う、またそのプレイヤーは1VPも得る

  ※アクションスペースの∔2+1-1-2の場合はエネルギー量を補正する

  生産したエネルギーと補正値によってエネルギートラックを進めます

  個人取得した契約タイルを履行(りこう)できる場合は契約タイルの右側のボーナスを得ます

  ※1回の生産アクションでは1枚の契約タイルのみ履行(りこう)できます

  ※国家契約のタイルは先着順で最初に履行(りこう)したプレイヤーがタイルを取得し右側のボーナスを得ます

3.流水管理

  この区画では水コマを源流に配置します(右側の赤枠は3クレジットを支払う)

  水コマ2個を源流タイル上に配置します ※別々に分けて置くこともできるし1個だけ置いても良いです

  水コマ1個を源流タイル上に配置し即座に下流に移動します ※下流に移動するのは置いたコマのみ

4.銀行

  1アクションで任意のワーカーを配置できます 置いたワーカー×1クレジットを得ます

5.作業場

  この区画では建設ホイールを回転させて回収を早めます(右側の赤枠は3クレジットを支払う)

  アクションシンボル内に示されている区画数だけ建設ホイールを回転させます

  ※アクションシンボル内にコストが示されている場合は追加でクレジットを支払います

6.重機販売店

  この区画では重機コマ(掘削機、コンクリートミキサー)を購入できます(右側の赤枠は3クレジットを支払う)

  アクションシンボルの左側に示されているクレジットを支払い左側の重機コマを得ます

7.契約事務所

  この区画では契約可能な契約タイルを取得できます(右側の赤枠は3クレジットを支払う)

  1枚の民間契約タイルを取得します

  アクションシンボルの左側に示されているクレジットを支払い2枚の民間契約タイルを取得します

  ※手番終了時に新たな民間契約タイルが補充され配置されます

  ※各プレイヤーは未契約の民間契約タイルを3枚までしか持つことができません

   4枚以上ある場合は即座に3枚になるまで捨札にします(捨札は自分で選びます)

8.特許局

  この区画では上級技術タイルを取得できます

  5クレジットを支払い1枚の上級技術タイルを取得します

  ※ラウンド開始時に残ったタイルは破棄され新たなタイルが補充され配置されます

  ※上級技術タイルはⅠの山から配置し、この山が尽きたらⅡの山から配置し、最後にⅢの山から配置します


勝利点(VP)について

 <ラウンド中>

1.企業ボード
特定の建造物を建てることで企業ボード上のVPを取得します
(以降のラウンド開始時にも取得します)
2.契約タイル
生産したエネルギーによって契約を履行(りこう)した時に契約タイルにあるVPを取得します
※他プレイヤーに導管を貸した時は水コマ1つにつき1VPを得る

3.上級技術タイル
特殊効果として勝利点をもたらす上級タイルを使用することでVPを取得します

 <ラウンド終了時>

4.エネルギー生産
エネルギートラックの1位は6VP、2位は2VPを取得します
※1位が2人の場合は4VPずつ、2位はなし(端数切り上げ)
 2位が複数いる場合は全プレイヤーが1VP
※エネルギートラックが0の場合は3VPを失います

5.ラウンドボーナス
  タイル

そのラウンドのボーナスタイルの条件によってVPを取得します
※完全な報酬とは現在のラウンド以上の区画にいる場合はすべてのVPを取得します
※減額された報酬とは現在のラウンドより前の区画にいる場合は

 1区画につき4VP減額されます
※報酬なしとはエネルギートラックが6未満の場合はVPは取得しません

 (減額もされません)

 <ゲーム終了時>

6.目的タイル

目的タイルの条件を達成することによって1位は15VP、2位は10VP

3位は5VPを取得します

※同じ順位が複数いる場合はVPを合算して均等に分けます(端数切り上げ)

7.個人資源

建設ホイール上にない資源(掘削機、コンクリートミキサー、クレジット)の

合算で5つ毎に1VPを取得します

自分のダムが保持している水コマ1つにつき1VPを取得します


ゲームの準備 

全体の準備

メインボード(マップ)の設置

エネルギートラックボードの設置

管理ボードの設置

重機コマをストックに置く

クレジットをストックに置く

水コマをストックに置く

源流タイルをランダムに4枚配置します(残りは箱に戻す)

ボーナスタイルをランダムに5枚配置します(残りは箱に戻す)

目的タイルをランダムに1枚配置します(残りは箱に戻す)

国家契約タイルをプレイヤー人数-1枚配置します(残りは箱に戻す)

民間契約タイルを色別にランダムに2枚配置します(残りで山を作ります)

中立ダムタイルをそれぞれランダムに1枚引き、示されている盆地に公共ダムと水コマを配置します

特許局ボードを配置し上級技術タイルをランダムに3枚配置します(残りで山を作ります)

プレイヤーの準備

企業(個人)ボード、重役ボード、建設ホイールを設置します

初期契約タイルを取得します

基礎5個、上部5個、導管5個、発電所4個を配置します

基礎技術タイル4枚を取得します(※?タイルは使用しません)

ワーカー12個を取得します

6クレジット、掘削機6個、コンクリートミキサー4個を取得します

エネルギートラックの左に手番順マーカーを配置します

エネルギートラックの0にマーカーを配置します

勝利点(VP)の10にマーカーを配置します

印刷用も共有します。

https://drive.google.com/file/d/1oRykqoF1vOLP906mmZ3W5J7zQkSIVGbM/view?usp=sharing

1年以上前(2019年07月18日 19時52分)
続きを読む
閉じる
809
名が参考にしたレビュー
 by Jed A

バラージは下記の条件を満たしている人に向いています。


★3時間を超えたゲーム時間に耐えられる人。

★じゅうぶんなお金や資源が無い状態に耐えられる人。

★やりたいことが他の人に邪魔されるのに耐えられる人。


一癖も二癖もある個人ボード、強力な役員の機能、アクション早取りで迷いまくる共通ボード、回すだけで楽しい建設ホイールなどワクワクするコンポーネントと盛り沢山のゲームシステム。

資源や資金はいつもカツカツ、建物を建てるまで遠い。でも、建設のたびにホイールに置いたトークンが回転しながら移動して6回目には手元に戻ってくる!その時うれしい!また使うことができるのだ!

降ってきた水があれば、ワーカー消費して、自分が建てたダムと発電所を使って(導管は他人のものでも金さえ払えば使える)発電する。

堰き止めた水を導管を通し使って発電するとラウンド内だけ有効な点数になるけれど、ラウンド終了ごとにそれが多い方から1位と2位に勝利点が与えられて、発電で生産された方の点数はまた0に戻ってしまう。

電気は貯められないのですね。


ひたすら我慢、たまに解放のゲームです。

おもしろかった。

1年以上前(2019年07月18日 12時21分)
続きを読む
閉じる
760
名が参考にしたレビュー
 by 山本 右近

2019年で最も注目されたヘヴィーゲーム、バラージ。最近日本語版が発売された。

ダムと水力発電所を作り、発電する事により電力を得て、ラウンド中に得た電力の順位やそのラウンド中の目標ボーナスにより勝利点を得る。

フレイバーは全く異なるものの、内容としてはテラミスティカにかなり似ている。しかしテラミスティカのように小さなタスクが幾つも同時に課せられている感はあまりなく、発電力を高めるというハッキリとした目的が差し当たって与えられているのが良い。

また、プレイヤーの固有能力が国と重役の2レイヤー用意されており、この組み合わせにより戦略の幅が拡がるのも素晴らしいシステムだ。明らかに突出して強いキャラクターもいるが、そこはプレイヤーレベルの差があった場合の調整弁とも取れるので必ずしもネガティブな要素ではないだろう。

ゲームシステムはワーカープレイスメント。リソースが常に不足しており、そのやり繰りが醍醐味の一つとなる。リソースを得るアクションは明らかに弱く、効率が悪く設計されているのがミソ。

特殊な能力が無ければ続けて建物をいくつも建てるのは難しいので、盤面の陣取りが想像以上に強いインタラクションを生む。

また、建物を建てる事により様々なボーナスが得られるため、それを踏まえてどのように建てていくかも重要だ。

リプレイ性が非常に高いのはテラミスティカと同様と言えるだろう。プレイに時間はかかるが密度は濃く、冗長さを感じさせない。これほど完成度の高いゲームをプレイしないのはボードゲーマーとしてもったいないと言えるレベルの作品。私的にはマストバイだと思う。

10ヶ月前(2019年12月12日 04時32分)
続きを読む
閉じる
645
名が参考にしたレビュー
 by えだまめ

バラージ拡張込みでプレイしました。

選択肢が増え、ワーカーアクションの幅が広がり取れる戦略も増えるので、拡張込みで遊んだほうが個人的にはお勧めします^_^

必要なリソースは結構多いですが強力です。

(詳細はレーフワーテル計画の方に記載しますね)


ワーカープレイスメント系のゲームを遊べる人ならゲームシステム、ルールは問題ないレベルだと思います。

特殊な要素としては水力発電のための水の管理でしょうか。

そこら辺も遊んでみると割と理にかなっているので違和感は無いです。

それから他の方のレビューの通りでゲームシステムが非常によく出来ていて、

ゲームスタート時に自分のプレイスタイルを決める個人ボードが細かく変更出来て、プレイスタイルも毎回変わります。

個人ボード製作のやり方ををランダムにするにせよ、任意にするにせよ、盤面が同じ状況になる事はほとんどないでしょう。


いや、ほんと面白いゲームでした。

重いゲーム、ワーカー好きな人なら是非やって欲しい!

出来れば拡張込みで!

スペースめちゃめちゃ取るのでやる時は色々工夫はしてください笑

この時に使ったテーブルも大人6人がそれなりに余裕を持って座れるサイズですが、まぁ、狭く感じました笑

10ヶ月前(2020年01月03日 12時37分)
続きを読む
閉じる
605
名が参考にしたレビュー
 by ななちゅう

ワーカープレイスメントの大傑作!

自分が所持しているゲームの中ではベストだと思っています。(個人の感想ですが)

建物コマも、色別に形状が細かく異なるなど非常に凝った造りです。


資源を支払ってダムを建設して発電するのですが、特徴があります。

①建物(ダムの基礎、発電所、導管)を建設するには、各人の所持するタイルが必要で、同種の建物は基本的には連続で建てられません。

②使った資源(重機コマ)はホイール上に置かれて建設の都度歯車のように回り、6回まわると戻ってきます。

③ダムの発電に使った水は下流に流れるので下流の良い位置にダムを建てている人はその水を利用出来ます。

このシステムにより、

建物は、同種を多く建てるほど貰えるボーナスが増えますが、連続に建てるには工夫が必要。

資源は、新たに得るアクションだけでなく、ホイールを回すアクションによっても手元に戻るため、方針を選択出来る。

より上流にダムを作りたいが、下流で流れた水を受けるダムも作りたい。

などの悩み処が生まれ、とても楽しいです。


また、国家と重役による個別能力の差から毎回得意な戦略が変わりますが、発電契約による速攻や上流巨大ダムを建設する王道、特殊タイルや個人建物による絡め手と様々な戦略で勝利点を稼ぐ事が出来るので、戦略が1本調子にならず、とてもやりがいがあります。


プレイ時間はかかりますが、5ラウンド固定、ワーカー増員もなしなので、ゲームの流れはスムーズでそこまでの複雑さは感じにくいのではないかと思います。(簡単に戦略が上手く行って勝てる訳ではないですが、それがまた楽しい)


自分のダムに溜めている間は、水は誰にも取られないのでボーナス等のタイミングをはかり、大量発電!国家契約達成!という楽しさを是非とも体感していただきたい重量級ゲームです。

9ヶ月前(2020年02月05日 18時57分)
続きを読む
閉じる
488
名が参考にしたレビュー
 by ボードゲーム好き夫婦の楽しい毎日

プレイ人数:1~4人

インストにかかる時間:1時間

プレイ時間:120〜180分

 

2020年中に遊びたいボードゲームとして年始に宣言していたバラージ。

ダムを作り、上流から流れてくる水のコマを塞き止めたり奪い合ったりして発電していく陣取り&ワーカープレイスメントな重量級ゲームです。

マルコ・ポーロの旅路の作者による作品で、こちらも契約を履行することで資源や勝利点を得られます。

 

今回はなんと、バラージ初めてプレイする4人が集まり、誰もセオリーが分からない中で模索していくという貴重な経験をしました。そしてあまりに面白すぎたので、一週間後のボドゲ会でもまた卓が立つことになったのですが、同じ4人でプレイできるというさらに貴重な経験。公民館で開催されるオープンボードゲーム会ではほんとに珍しい機会に恵まれました。ありがたや。

 

ダムつくって発電と聞いたので拡大再生産なイメージを持っていましたが、水が限られた資源なのであんまり発電はできず、苦しい戦いを強いられます。マルコ・ポーロと同じにおいをかんじますね…

水は全然流れてこないし、ダムを建設したいのに建設にかかる資源を調達できないし、

建設アクションをしてホイールを回していかないと建設アクションタイルが戻ってこないので建てたい建物が建てられない。待ってても時間ではなにも解決してくれません。うまく資源をやりくりしないといけないのです。苦しい。

しかし、その苦しさが面白いのです。相手のダムに水が流れていくのを遮る陣取り的な戦略を巡らせるのも楽しいし、限られた資源・限られたワーカーをどう管理してうまく回していくか。

資源自体もホイールが一周したら戻ってくるのでツォルキン的なワーカーともいえるでしょう。


ボードゲーム初心者にはちょっと勧められないですが、重量級ゲームをプレイしたことのある人には是非プレイしてほしい作品です!

4ヶ月前(2020年06月29日 12時09分)
続きを読む
閉じる
474
名が参考にしたレビュー
 by MORIZO

BGGのサイトでは心ない投稿者の写真が多く、ゲームの質とは無関係に材質に不安を覚える人がいるかもしれません。実際に入手した印象では、サイズとかなり似たような盤面の質感でした。重機駒の形が複雑なため、重機コマが若干欠けてしまうのは仕方がないかと思いますが、たいして気にはなりません。
ゲームのルールは、欧米諸国による水力発電をめぐる派遣争いをイメージすれば、かなり簡単に理解できます。ただ、戦略性はかなり高いので、勝ち筋を読み切るのはかなり難しいです。プレイヤーと重役の選択次第では、自分が得意とする戦術を捨てる覚悟も必要になります。
ためしにソロプレーもやってみました。オートマボードの絵が抽象的すぎるのと、絵の説明が十分に説明書にないので、正直うまくソロプレーをこなすには時間が必要です。ただ、歯車が噛み合うとオートマプレイヤーがなかなか極悪なプレーをするので、歯応えはあります。ためしに、2人+1オートマで回してみました。ゲーム的には適度な歯応えが出るものの、オートマルールと実際の対戦相手に気を配っていると疲れてしまい、事務作業感も出てしまいます。なれないうちはオートマはソロプレーを前提にしたほうがいいかもしれません。ちなみに、ゲーム参加人数が減るごとに選択可能なアクションに制限がかかるため、オートマを入れなくても十分に難易度の高いゲーム展開となります。

約2ヶ月前(2020年09月01日 22時24分)
続きを読む
閉じる
430
名が参考にしたレビュー
 by サイパン太郎

2019年に発売されたトップオブワーカープレイスメントゲームです。

めちゃくちゃシンプルに言うとアルプスの水源から出た水をダムに貯めて発電するゲームです。

上流で発電して使った水を下流までに如何に再利用して無駄にしないように活用するかをずっと考えます。

電力会社のCEOと重役の組み合わせでいろんなゲームの戦略・展開が出来ます。

常にリソースがカツカツで、終盤まで辛い道を進みますが発電できた時の達成感はすごくあります。

拡張入りも含めて3回遊びましたが一度として同じ展開がなく、緊張感のあるゲームを遊ぶ事が出来ました。

3〜4人で遊んで180分くらいでした。

7ヶ月前(2020年03月30日 00時02分)
続きを読む
閉じる
409
名が参考にした戦略やコツ
 by 荏原町将棋センター

各個人の企業ボードと重役と上級技術タイルの紹介です。最後に、バラージには奇襲戦法があるのでそれも紹介します。(強さの評価は、あくまでも主観です)


企業ボード(発電所を3つ建てると個性を現します)

米…水が発電所を通過する度、発電エネルギー+1

→水流フェイズもあるので、平原下段の2つに発電所を建てると、ガボガボ入る

独…2回連続発電

→小型中型の契約を片っ端から履行したいときは便利。絶対に得とは言いにくい

伊…発電の後、エネルギーを3進める

→米のほうがエネルギーの増加は多い

仏…エネルギーがー3で契約を履行できる

→これが一番即戦力。4道管で国家契約狙える。

というわけで、個性の能力の強さは、仏>米>伊>独

(ただし発電所3つ建てなければ意味はないし、他の給料の差異もある)


重役(こっちのほうが重要)

アドラー…基礎ダムどこでもドリル3

→山岳にダムは置きたいので、まあ助かる

デルモンテ…3階建ダムに水4置ける!

→大逆転が狙えるが、3階建かつ水4をセットするまで役立たず

フィーゼラー…4以下の発電は全部4になる

→序盤は大きい。水1で契約5、契約6も取れる

マクダウェル…道管がドリルでなくコンクリで買える

→戦力となる道管4や5が買いやすくなり、優秀

ジョーダン…重機1つにつき3金を代わりとして使える

→これも便利だが金欠状態では使えない

クルイロフ…ホイール内の技術タイルをもう一回使える

→同じ建物をすぐ造れるのは嬉しいが、重機が足りないことが多い

セキボ…誰かの能力をコピーする

→2人プレイでは論外。使ったことない笑。4人プレイなら優秀かもしれない……

というわけで、個性の能力の強さは、

マクダウェル>フィーゼラー>クルイロフ=ジョーダン=アドラー>デルモンテ……セキボ


上級技術タイル(5金なのでなかなか買えないが、どうしても欲しい商品2つだけ紹介)

・6ドリル以上の道管が5ドリルで買える

→これによって10ドリル必要な道管5が、5ドリルで買える!

・自分の発電所1つにつき3VP

→ギルド系の上級タイルの中ではこれが一番儲かりやすい


奇襲戦法とは、道管パンチアウト戦法です。

道管は、5道管=10ドリル、4道管=8ドリルと、なかなか建てるのが大変ですが、

発電に役立ちそうもない1道管は、たったの2ドリルです。

そこに目を着けて、無意味な1道管をいくつか買い、パンチアウトさせ、給料の7VPを早いうちから開けてしまうという作戦です。

序盤から狙ったら、得点源の道管がなくなり勝ち目はないので、あくまでも中盤3ラウンドあたりまで真面目に造り、もう道管が要らないようであれば狙ってみるのも一興です。

6ヶ月前(2020年05月06日 14時23分)
続きを読む
閉じる
408
名が参考にしたレビュー
 by maro

ややとっつきずらそうに感じてしまったのは荘厳なアートワークのせいか、重そうなイメージか、その価格のせいなのか。


1999年屈指の注目作だったこのバラージは比較的強いプレイヤーインタラクションを持つ名作である。河川と湖の存在するマップ上にダム、発電所、導管を建設し、エネルギーの開発をするワーカープレースメント。3つの設備が揃っていないと発電出来ないため、これらの配置や運用を計画的に行って相手を出し抜く必要がある。


レビューなどではよくテラミスティカと比較されることも多いように、ゲーマー向けの重量級ゲームである。

BGGのウェイトは約4である。ルーリングは個人的には意外とすっきりまとまっている印象であり、それよりは軽く感じる。プレイする、という点に限ればワイナリーの四季や、scytheなどと同程度なのではないか。

ただ、インタラクションが強いことに関連した思考性の重さから、ウェイトも高値なのだろう。


なんと言っても水という共通の資源の奪い合いがこのバラージのたまらない点。あのフードチェーンマグネイトを彷彿とさせる感じもあり、一手一手の重みは深い。

最近のワカプレはアクションスペース周り以外はソロプレイと化しているが、それとは対照的である。


勿論、ワカプレに付随する普遍的なメカニクス、リソースマネジメント、バリアブルプレイヤーパワーなども須く備えている。目新しいメカニクスは見当たらないものの、重量級ゲームとしてのシステムの完成度はとても高く、オーソドックスなモダンユーロの流れを汲んでいる作品である。

リソースはややカツカツで、通常のアクションで入手できる数は限られている。ボーナスなどを利用しつつ、効率的に経営していくことも求められる。目的や勝利点の見通しも良く、実は結構分かりやすいゲームといえると思う。


先ほど、ルールは意外とシンプルと書いたが、1ラウンドで12個のワーカーを使用(1アクションで複数のワーカーを使うこともあるが)するし、細かい処理もあるため、プレイ時間はかなりかかる。公称の1.5倍は必要だろう。人数も多い方が楽しい。

ゲームバランスも秀逸であるが、マップが固定で1種類のみの為、どうしても戦略的に要点となる場所が出てきてしまうように感じた。

中立ダムや源流のランダム性はありリプレイ性は担保されているが、可変ボードは無理にしても、どうせペラペラのゲームボードなのだから、安価で追加マップでも出して欲しいものである。

ペラペラで思い出したが、BGGでは現在平均レート8.0、180位近辺につけている。キックスターターでの一件により、意味不明な低評価を与えているユーザーが一定数存在する。レビュー内容を見る限り、1割近くはいるように思える。

実際の経験者の声や、レビューなどを見るに、多数の人が絶賛していることが分かる。

不当な評価には惑わされず、興味がある方は是非一度プレイして欲しい。特にインタラクションの面白さや、しっかりと相手の動向を読むことに楽しみを見出せる人にはお勧めである。


評価9/10  重さ7/10

4ヶ月前(2020年06月15日 09時54分)
続きを読む
閉じる
381
名が参考にしたレビュー
 by 荏原町将棋センター

このゲーム、非の打ち所がないシステムです。

テラミスティカの代わり(ファンタジー系が苦手)、いやきっともうバラージがテラミスティカ系を遊ぶときの代表でいいんじゃないかなと思っています。

まず、大人っぽいデザイン。それなのに契約タイルはかわいい。個人ボードもサイズと同じ嵌め込み式。

アクションは毎ラウンド12人を配置します。私はこの定数タイプは煩雑だと思ったことがなく、2、3人まとめて置けるので、むしろ考えが決まりやすくて好きです。

個人ボードは個有能力制、さらにそこに個有能力の重役を選びます。

重機と技術タイルを同時にセットし回転させる円グラフ的なホイールも用意。

全ての面積を測ったら、2人用のセッティングで1㎡必要です。みなさんのテーブルは大丈夫でしょうか。

ゲームバランスなんですが、米、独、伊、仏どれを選んでも、個性派揃いの重役どれを選んでも、戦略次第という結果になります。だからすごいんです。(多少の差異はありますが、たとえ結果が大差になったとしても、能力差というより戦略差です)

その証拠に、道管5の山岳ダム3階建でスパークして国家契約を取ったとしても勝てないケースが何回もあります。ほんとバランスがよくできています。

唯一、第一ラウンドだけは先手有利ではないかという説がありますが、2人用で話しますと、一例が、初手、先手が中立ダム2か3に発電所を置いた場合、後手は同じように発電所を置かず、後で使う中立ダム2か3に水落1をしておく作戦があります。これは、先手が水を貯めてから発電することを見越した手で、有効です。それでも先手が道管2か3を置いてセット完了したとしても、民間契約を取らずに+2発電をするとは考えにくいので、なんだかんだ先手はすぐに発電できないわけです。だから先に、無料建設などのおいしい契約タイルを取っておくのも有効です。第一ラウンドは、(普通は)どうせお互い1回ずつ発電するのですから、後手としてはゆっくりと第二ラウンドの準備をした後に、発電すれば問題ありません。

とにかく、やればやるほど、システムに隙がないのに気付かされます。

6ヶ月前(2020年05月06日 08時43分)
続きを読む
閉じる
359
名が参考にしたレビュー
 by 初心者GM

米仏独伊の各国代表国営企業のトップとなって、未開地の電源産出を争うゲーム。です。


ラウンドにやることは、12人のワーカーを割り振ってアクションを行う。です。


ダム他設備は、建設アクションを行い「工具リソース」を「工法タイル」と共に円盤状の「工程ボード」に払うことで、建設されます。

工具とタイルはいずれ帰ってくるので、時間をうまく管理することで無駄な工具を買う必要が無くなる。というシステムです。


高所のダムから長い導管を使って発電すると、ものすごい発電量が出て脳汁が溢れます。


この時に、このゲームは発電量ではなく勝利点を争うゲームなのを忘れてしまいそうになるので要注意です。


電力を使った時に、前もって契約した事業を完遂させるように準備しておきましょう。


現場からは以上です。


とにかく、能汁出っぱなしになること間違いないゲーム。3時間以上かかりますが、終了後はあっという間の3時間と、心地よい疲労感が漂う事請け合いです。


・ボドゲ初心者にはお勧めできません。アグリコラ・テラフォーミングマーズプレイ経験程度は必須です。

・滅茶苦茶場所が必要。90×180程度のテーブルが必要です。

5ヶ月前(2020年05月11日 11時53分)
続きを読む
閉じる
289
名が参考にしたレビュー
 by ゑの吉

中々リファレンスの入りが小難しいので

入りにくいのかな?と思ったんやけれども

一度やると、なるほどね!ってなるので

すぐ再戦したくなる。

先ずは導入ゲームなどという親切なゲームから始められるので安心して入って行けるかな。


要は上流から下流に流れる水を

ダム→導管→発電所を建設し水の流れを操る

発電出来れば何某が得られる


ボード一杯に張り巡らせた導管

「ここからこう行ってこう行ったらここに行って」

とか考えてると他人の導管のスイッチが入り水が人の発電所に流れて行きよるのだ!


又、ダムなどの建設物を建てるのに重機やコンクリが必要、持ってる数が決まっておるので(一部ワーカー効果で1機ずつ増やす事は可能)常にキツキツ

建設に出したそれらは、円盤ボードに乗せられ

一周回って来るまで手元に来ない!

一周回って戻って来た時の喜び方はやってみてのお楽しみ。。。


お金もキツキツ

キツキツキツキツキツキツキツキツ

の中、頭をひねってプレイしていく、、


目的タイルなどがあり、見通しは付けやすいが

そこまで行くのは中々の必死のパッチ


運要素のない(カードやサイコロ皆無)

ガイヤプロジェクトのように、全員がパスすれば

次のフェーズって感じ、、


あとそれぞれプレイヤーには各相棒がついてくれる

その相棒の特殊効果を上手く使いながら

水をコントロールしながらプレイしていくゲームなのです。


複雑な戦略などは私は書けないので

こんな感じですよーって感じで受けとめて下さい


コンポーネントは流石の1万円ゲームってぐらい

渋いです。

6ヶ月前(2020年04月22日 08時45分)
続きを読む
閉じる
117
名が参考にしたレビュー
 by キーボー

ワーカープレイスメントの集大成って感じのシステムで、とても完成度の高いゲームだと思います。

ダム建設というテーマも斬新で面白い。

ですがかなり重いので人を選ぶゲームです。ゲーム慣れしてない人には絶対おすすめできません。

一手一手が重要なので一つ間違えると修正が難しく、

長いプレイ時間をただ点差が開いていくのを眺めながらすごすことになることも…

運要素もほとんどなく実力の差が如実にでるので、初めてやるボドゲがこれだったら下手すると

ボドゲそのものを嫌いになるかもw


でもその重さが楽しいゲームでもあります。

やればやるほど分かってくるので、次こそは!と思わせてくれます。

ワーカー系の重ゲーが好きな人は大満足なゲームだと思います。

逆にそれが苦手な人にとっては厳しいゲームかと…

とにかく人を選ぶゲームですね。

13日前(2020年10月07日 13時52分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 10,780(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 382興味あり
  • 452経験あり
  • 230お気に入り
  • 347持ってる

チェックした商品