マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
アリスマティック英傑伝
  • アリスマティック英傑伝当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~5人
  • 60~80分
  • 14歳~
  • 2017年~

アリスマティック英傑伝

1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
キミだけの国を作り、アリスたちを率いて領地を拡大し、ワンダーランドの未来を手に入れましょう!
  • クロ(kuro)作

<本作品は委託を受けて販売している委託品です。>

【虚無】が去った後、荒廃したワンダーランドの再建をめぐり、意見の割れたアリスたちが新たな戦争を引き起こしました。
そう、全ては新しい理想のワンダーランドの為に! 戦争を勝ち抜くには、国を強化する必要があります。
ただし、一度に全部を強化することはできません。盤面を見ながら、自分にとって最も必要なものを強化する必要があるのです!
それは、多くの戦力? それとも、遠征のための食糧? あるいは、強力な力を持つアリスを召喚して配下に加える?

全てが悩ましく、そしてちょっと足りない、簡単でスピーディーな戦略級ボードゲームです!

レビュー 3件

602
名が参考にしたレビュー
 by 内田梨沙(りさち)

プレイヤーはチェシャ猫、白うさぎ、マッドハッター、ハンプティ・ダンプティ、トランプ兵の中からキャラクターを選び、アリスを召喚・駆使して領土拡大を目指し、点数を、競うゲームです。意外とプレイヤー間でアリスを駆使した直接バトルみたいなものは無いです。(見た目ありそうですが)

先ずプレイヤーは自分の拠点となる幻想都市を2箇所選びます。拠点には許容人数が定められており、違うプレイヤー同士なら共用も可能です。

次に各プレイヤーに手札が5枚になるようにアリスカード(兼ワンダーランドの住人)を配ります。

アリスと地形には赤、青、黄、緑、白と5色あり、おおまかに赤は武力、青は手札、黄は召喚、緑は食料、白は点数と関係していきます。

武力が無いと地形の支配に成功できないし、手札が無いとアリスの召喚等ができないし、召喚コストを確保しないとそもそもアリスが喚べないし、食料が無いと進軍ができないし、点数獲得しないと勝利できないし、と、割りと満遍なくアリスやワンダーランドの住人を揃える必要はあります。

ゲームは全14ターンで、プレイヤーは1ターンの内に

①アリス及びワンダーランドの住人を配備

②領土確保の為の進軍

の順で行います。

ワンダーランドの住人なんですが、これはアリスカードの裏面を指しています。

「アリス」としてカードを召喚するとその専用の色にしか配備出来ませんし、手札の補充も出来ませんが、「ワンダーランドの住人」としてカードを召喚すると手札を1枚補充することが出来るし、アリスと違い、色が指定されていないのでどの勢力でも配備出来るメリットはありますが、特殊能力を持たない点と最終的な点数加算に影響しないというデメリットもあります。

各色配備数にも上限があり、基本的に4枚までしか配備出来ません。

進軍は拠点から数え、自国の緑に配置したカード分だけ進すむことが出来ます。この際、拠点から1歩目の地形はカウント0として数え、2歩目は2、3歩目は3と数えます。

進軍歩数及び必要武力数が不足している場合は「戦争中」扱いすることでその地形を予約することが出来ます。これで次のターン以降で同じ地形に進軍を宣言すれば「支配成功」になります。

ただし、条件を満たしている他プレイヤーに横取りされる可能性もあります。なお、「幻想都市(拠点)」と「怪物の森」には「戦争中」は適用されず、1度で進軍成功させる必要があります。

進軍が成功するとその地形の色と配置しているアリスの人数分のボーナスが入ります。なお、他プレイヤーの領土だと獲得ボーナスが半減(端数切り捨て)になります。

おおまかにはこんな感じのゲーム。

最後の点数計算でマップタイル毎に最も多く領土を持っているプレイヤーと2番目のプレイヤーに点数が入ったり、各色毎に配備したアリスの人数分の点数が入ったり、アリスの特殊能力として点数が加算されたりして最も点数とアリス召喚数が多いプレイヤーの勝利になります。

3年弱前(2017年07月10日 03時21分)
続きを読む
閉じる
552
名が参考にしたレビュー
 by やむちゃ

箱の見た目通り、かわいい女の子がたくさん出てくるゲームです。ゲーム内容は自国の強化、自領土の拡大、リソースの獲得を繰り返します。ボードゲーム初心者向けの少し重たいゲーム、といった印象です。

初期の自国の配置と初期手札がゲームの流れと勝敗を決めるくらい重要だと思います。特に手札回転手段の限られたこのゲームでは「電脳アリス」を引けるかがかなり重要になってきます。多種多様なアリスが存在しますが、高コストのアリスが軒並み出している暇がなく、白アリスに関しては能力効率が非常に悪い為、使えるアリスが偏っている気がします。

プレイ感としては、初期配置・手札の置き方・占領していく順等、思考するタイミングが多い為、ボードゲーム初心者から上級者まで楽しめると思います。

3年弱前(2017年08月23日 11時29分)
続きを読む
閉じる
135
名が参考にしたルール/インスト
 by PET

可愛いアリス達の絵とは裏腹にずっしりとした中量級ゲーム。

やわらか六角形のタイル(ワンダーランド)で繰り広げられる陣取りゲームです。


ゲームの流れは簡単です。

 ①内政: 戦力、人材、夢力、食糧、治安の5種類のステータスにカードを1枚置く。

 ②遠征: 対象の土地1ヶ所を制圧する。

これを繰り返して、14ラウンド行います。


ゲーム終了時に3種類の勝利点(VP)計算をします。

 ①制圧した土地

 ②各内政ステータス

 ③アリスの特殊能力

最も勝利点(VP)の多いプレイヤが勝者となりワンダーランドの統治者となります。


使用されるカードには色々なアリスが描かれており、それぞれ特殊能力(メガロマニアと呼びます)を持ちます。

メガロマニアは即時効果、ゲーム中の継続効果、ゲーム終了時の得点効果、と特徴が異なります。

お気に入りのアリス、お気に入りの特殊効果を効率良く使用しましょう。


ご興味がありましたら、下記ブログ記事へお立ち寄りください。

ゲームの準備からプレイの流れを紹介しています。

外部リンク:エキサイトブログとなります。

https://boardgamer.exblog.jp/29891825/

2ヶ月前(2020年04月24日 13時52分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 5,093(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 45興味あり
  • 57経験あり
  • 13お気に入り
  • 82持ってる

チェックした商品