マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
ウボンゴ
  • ウボンゴ当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 1~4人
  • 25分前後
  • 8歳~
  • 2003年~

ウボンゴ

メーカー・卸元:GP

残り1点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き
パズル盤ゲームの決定版

世界で数多くのゲーム賞を受賞した 「ウボンゴ スタンダード版」の完全日本語版! スワヒリ語で「脳」という意味を持つゲームで、 脳トレの要素がある“パズルゲーム"に、ボードゲーム"が合わさった 画期的なパズルボードゲーム。 大人はもちろん、ファミリーでもわいわい楽しみながら脳トレができます。

世界観/フレーバー/アートワーク

レビュー 30件

レビュー
410名が参考
2年以上前

ウボンゴってなんやねん!と思ってゲームしましたが、終わるころには、頭の中がウボンゴ!(意味不明)


ルール自体は非常に簡単で、ダイスを振ってその出た目に記されたピースを使って、カードに書かれた升目を埋めるだけ。埋め終わったら「ウボンゴ!」と宣言するゲームです。1着は3点、2着は1点のポイントが入り、全員1個づつ袋の中から点数の宝石をとります。なので勝敗は運任せな点もあります。


ある程度見た目でわかるので、8歳からとはなっておりますが、6歳くらいからでも十分に遊べるゲームだと思います。ただ、ダイスが出てから判断するまでが、おっさんは焦る焦る…。


ピースの形も、慌てているとなかなかはまらない…。でも、サクッとはまった時は非常に気持ちがいいです!!


初心者向けのゲームとしては非常にいいと思います。


ただ、1セット9回戦あるので、何回も続けてやってると、やること自体は単純なので飽きるかなぁ…。

なので、多くても2セットまでという感じでした。集中力も続かないっす。

続きを見る
閉じる
だか(こ)さん
だか(こ)さん
戦略やコツ
368名が参考
1年以上前

パズルゲームに攻略!??

と思う方もいるかもしれませんが、投稿いたします。

このゲームは、はじめてプレイした時誰よりも遅く、1度も時間内にウボンゴ出来なかったため、攻略方法を試行錯誤しました。


そんな人いるの!??

ってぐらい遅かったため、ボードゲームカフェでプレイしたあと、すぐに購入しました。


この攻略は、ゲームに才能は関係ない、慣れていないなら理論を作ればいい!

という思考の元に考えたものです。


およそ4日間考え続けた攻略となります。


この下のことを駆使すれば、5秒から10秒ほど(たまに時間かかる)で解けるようになると思います。


①ピースの形について


ピースの形を見ると、正方形のもの、棒のもの、階段状のもの、複雑な形をしたものがあることに気づきました。


赤色の正方形のピースは、置き方が1通りしかありません。


棒の形のピースは、置き方は2通りあります。縦向きと横向きです。


緑の階段状のピースと黄色の凸型のピースは、置き方が4通りあります。90度ずつ回転させていくと、4通りです。


青色のギザギザのピースと、土色の卍の半分のようなピースは、置き方が4通りあります。90度回した置き方と、裏面にした置き方とそれを90度回転させた置き方です。


他のピースは、全て置き方が8通りあります。


置き方が限られているピースを回転させていたり、裏返してしまうと、タイムロスになります。


ピースを見ていたら、対称性があることが分かり、このことに気づきました。


(階段状の緑のピースは、点群でH2Oと同じ形をしているなあ、とかどうでもいいことを思い浮かべたりします。)


まずは、どのピースが回転させるもの、裏返すものかを把握しましょう。


②パネルの正方形への近さ


先ほどのピースの形の理論を思いついて、めちゃくちゃ喜んでパネルのそれぞれの出目に関する難易度を計算していたのですが、右下の番号が42番のパネルに来た時に崩壊しました。


さっきまでの計算式では、42番のパネルは、全体的にとてつもなく簡単なパネルなのですが(対称性の高いピースを置くことが多いので、ピースを回転させる回数が少ない)、実際に手を動かしてやってみると難しいのです。


パネル側を見ると、正方形に近い形をしています。


パネルの形を解析しました。


例えば、54番のパネルであれば、縦方向に6マス、横方向に4マスの枠となっています。


縦長のパネルということです。


縦長のパネルの時は、ピースの長辺を縦方向にはめることが多くなります。


長い棒状のものほど、縦向きに配置するということです。


このように考えると、1つのピースごとに置き方が半分になるため、とてつもなく単純になります。


もし、4つのピース全てを縦向きに絞ると、1/2×1/2×1/2×1/2になり、1/16まで簡単になります。


大袈裟に書きましたが、これにより置き方を絞り、一気にはめ込みましょう。


③どうしようもないパネルもある


42番のパネルのようなものは、基本的に上記2つの理論ではとても難しいです。


その時は、赤色の四角のように置き方の少ない対称性の高いパネルから考えましょう。


四角→棒状のピース→置き方が4通りのピース→置き方が8通りのピース

の順に置いていきます。

置き方が8通りのピースは、試行錯誤するだけで時間がかかるため、置き方が少ないピースからあたりをつけてはめていきましょう。


余ったところに、置き方の多いピースをはめ込みます。


①+②+③を利用して、素早くクリアしてみましょう!!

続きを見る
閉じる
仙人
ボードゲームカフェプラス@梅田
ボードゲームカフェプラス@梅田
レビュー
357名が参考
4年以上前

続きを見る
閉じる
皇帝
dna1192
dna1192
レビュー
298名が参考
2年以上前

砂時計が落ちるまでに決められたピースで課題の形を作るゲームです

早く完成した人から順に高価な宝石がもらえるのですが、時間内に完成した人にもれなくランダムに宝石をもらえるので、運がよければ3番手続きでも逆転の可能性はあります

大人二人、子供二人(10歳、8歳)で遊びましたが、子供達でも閃きで直ぐに完成出来る事もあれば、大人でも詰まってしまい完成できない事もあり子供に教えられることもありました

課題は裏表で難易度が変わりますし、使うピースや課題もサイコロの目によって変わるので長く遊べるはずですが、、、形は変われど同じ事を繰り返している感じがして、たまに遊ぶと2回目はいいやってなります。頻繁に持ち出すゲームではない、、、かなと思いました

下の子は割と気に入っているようでゲームしようとなるとこれを持ち出してきます

一度遊びだすととりあえずは最終ラウンド(1ゲーム9ラウンド)までは楽しく遊べるんですけどね

頭の体操にはよさそうです


「いやこれ絶対無理やろ、、、問題ミスってるて」


■特にスリーブ等に入れるカード類はありません 


個人的評価:6.5/10

続きを見る
閉じる
仙人
hiro
hiro
レビュー
295名が参考
2年以上前

パズルを解くのが面白いので高評価としたいところなんですが、2つ気になった点がありました。


一つ目は、なぜバックドラフトで宝石を引くの⁉️

空間認識ってアブストでも子供が大人に勝てる数少ない要素なのに、せっかくいち早くウボンゴしてもランダムな宝石の引きで勝敗決まってしまったら、せっかくのパズルが意味ない。それで負けたら子供泣くよ。


2つ目はタイルが豊富そうに見えて意外とリプレイ性がない事。使えるタイルが豊富すぎるか、若しくはボードのパズル面積が狭すぎるのか、一つのボードで何通りも解があるため、大体時間内に完成出来る。パズルの解答よりも手の動きの速さゲームになってしまう。正直なところコツを掴んでしまえば、タイルの選択とか配置を深く考えなくても、ゴリ押しで完成出来ます。

パズル自体はよくあるもので面白いのですが、慣れてくるとボードチラ見しただけでタイルの配置が読めてしまいます。


面白いゲームだけに残念なところがとても気になった。得点方式については、軽く改善できると思いますが。

続きを見る
閉じる
仙人
コージ
コージ
レビュー
268名が参考
3年以上前

某アナログゲーム屋さんの店頭で手に取り、これは絶対に面白いと直感が働きそのままレジへ持っていったゲームです。

帰宅し、2人で対戦をしましたが予想通り面白さでした。

パズルのパネルカードをそれぞれ受け取り、ダイスを振って出たマークの3つのタイルセットを用いて、
カード上の形に出来たら「ウボンゴ!」と宣言します。

制限時間は同梱の砂時計が落ちきるまで。

時間内に完成できた人は宝石袋からご褒美(?)がもらえます。

もちろん完成させ続けた人に得点がどんどん加点されていきますが、
引いた宝石によって得点が異なる為、宝石の引きによっては必ず勝てるとは限りません。

パズルも良く出来ていて、時々どうやっても解けずタイムアップになってしまう状況が発生します(笑)

更にパズルカードの裏面は更に難易度が上がる4つのタイルを使うパズルも収録されている為、
慣れてきたらそちらでプレイするとより盛り上がりそうです。

小さいお子さん相手の場合のハンデにも使えそうです。

単純にパズルの腕と一握りの運で競い合うゲームなので選択のジレンマ等の要素は皆無ですが、
万人にオススメできるゲームは貴重だと思います。

続きを見る
閉じる
勇者
Sho-bigriver
Sho-bigriver
レビュー
257名が参考
3年以上前

新版のレビューです。

「パズル盤ゲームの決定版」のフレーズがまさにふさわしい駆け引き等の要素がない、正にパズルのみをゲームのテーマとしたゲームです。パズルと運とアフリカが7:2:1のゲームだと思います。

得点方法に若干のランダム性をもたせることによって、ある程度緊張感が持続する仕掛けにはなっています。

余計な要素を入れなくても、パズルだけで盛り上がれるのは新鮮で、パズルさえ解ければ、老若男女問わず盛り上がれるゲームです。

またコンポーネントについてですが、良い点は、この手のゲームにありがちなトークンの類をいれておく袋がかなり大きく、手が大きい人でも底の方にある物を取ることができます。またチャック付きのポリ袋が4枚入っており収納がしやすいようになっています。

唯一気に食わなかったのは箱の正面に「パズル盤ゲームの決定版」と書かれていることでしょうか、ダサいです。しかし、これは長年カタンを売ってきたGPさんのスタイルなので仕方がないのでしょう。

あまりにも定番すぎて逆に気恥ずかしいかもしれませんが、まだ持っていない人は買っておきましょう。

続きを見る
閉じる
仙人
じーふい
じーふい
レビュー
245名が参考
約1年前

ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!
ウボンゴは、全員同時に複数の図形を組み合わせて自分専用のボード上の枠にぴったりはめるパズルをしていく面白いボードゲームです!
パズルはピースを3つ使う面と4つ使う面とで難易度が2つあります。宝石を集めることで最終的な勝利を競うので、毎回一番にパズルを完成させなくても勝てる可能性があります。とはいえ、やっぱり最初に完成させたほうが、宝石がまだ取られていないゾーンに行けるのでかなり有利です。瞬間的に何をすればいいか分かるゲームで、誰でもすぐに遊ぶことができます!
一方で、どうしてもこういったパズル的なゲームが苦手な人にとってはつらいゲームとなってしまいます・・・


好き度(Like)
 ▶3pt.≪★★★≫
おすすめ度(Recommended)
 ▶3pt.≪★★★≫
子どもと度(With kids)
 ▶3pt.≪★★★≫


ウボンゴの簡単なゲームの流れとルール解説はこちらをご覧ください!

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
レビュー
205名が参考
4年以上前

 より素早く指定の枠内に全ての(テトリスっぽい)パーツを収めるように配置するリアルタイムパズルゲームです。ゲームボード36枚で表裏に3ピース・4ピース問題が各6問ずつ用意されており、1回のゲームでは各自9問に取り組みます。ダイスを振って問題が決まったら大急ぎで指定されたパーツを取り、枠内に収めるべく手を動かし頭をひねります。誰かの「ウボンゴ!!(完成の合図)」の声が上がると焦りが加速します。砂時計が落ちきった後に正解が解るとかなり悔しいです。しかし、誰よりも先んじての「ウボンゴ!!」は快感です。「自分って賢いかも?」ってな気になれます。他の者が四苦八苦している横で「砂時計がもう落ちるぞぉー」と焦りを煽ってみるのも一興です。ルールはシンプルでありながら全速力で頭を使う感覚が最高に楽しいです。

 アフリカ民族模様を思わせる奇抜でビビットなアートワークが印象的ですが、子どもから大人まで楽しめるゲームです。「パズルは1回解いたら…」と思うでしょうが問題数は豊富でなかなか遊び尽くせません。ただし、得手不得手がはっきりでるので勝ち負けが固定してしまう点はいたしかたないところです。異学年の子どもが遊ぶ時などには、ローカルルールとして「前回正解した人は4ピース問題、できなかった人は3ピース問題(4ピース問題選択可)」として公平を維持しつつ、苦手な人でも正解しやすいようにしています。

 なお、新版(BOX表に象)は得点方法が変わって、正解者は引き運による得点と1・2番目に解いた者は加点となっています。紹介にあるのは旧版(BOX表に仮面)のものですのでご留意ください。

続きを見る
閉じる
大賢者
Pino
Pino
レビュー
191名が参考
3年以上前

「ウボンゴ!」だれよりも早くパズルを完成させろ!

一見よく見かけるようなパズルゲームのようですが、(実際そう通りですが、)早く完成させると得点が高くなるため、非常にスリリング性が増します!逆にその焦りがアダとなって時間内に完成できずに無得点に...ということもあります。

難易度的には簡単なので、小さい子でも楽しめると思います。

たくさん問題の種類があるので、覚えてしまってつまらないということにはならないと思います。

続きを見る
閉じる
仙人
パッチョ
パッチョ
レビュー
151名が参考
2年以上前

パズルゲーム全般が大好きなZЁΝです!☆(ゝω・)vキャピ

GP様なぜ、パズル盤ゲームの決定版などと記載されるのでしょうか(´;ω;`)ウゥゥせめて、帯にしてほしかった…とか言いつつ、いつもの通り海外より購入。

さて、ゲームですが、面白いです!パッとひらめいて一瞬で完成したり、いくら頑張っても出来ない時もある。なぜなら、砂時計という時間制限がいい感じに、緊張感と冷静さを奪っていくなか誰よりも早く関せさせるといるジレンマがきいていて、そして出来た時の「ウボンゴ!!!」発言。もぅ気持ちはどこかの原住民です((´∀`))ケラ

パズルタイルには裏表があり、簡単なものと難易度が上がった裏があるので、新鮮な感じに毎度遊ぶことが出来ます。

ただし、唯一煩わしいのは、宝石の初期準備ですね。。。

最初は、きれい!とか思って準備していましたが、白熱していると、そんなところじゃねー。次じゃー次!と原住民の皆様がオコになるので、最終的には、見目麗しいい飾りとして場に出している代物になってしまったところですね。笑

させ、こちらウボンゴ、トラベル用にいろんなバリエーションもあり、トライゴン、エキストリーム他、大箱で3D版とかもあり、脳汁がプシャーっとイイ感じに刺激になり面白いです。

推奨年齢は8歳ですが、ある程度ゲームを理解できるボ育てなお子様には5,6歳からでも出来る難易度ではないのでしょうか?

続きを見る
閉じる
仙人
zЁn
zЁn
レビュー
139名が参考
約4年前

パズルゲー。1人の暇つぶしにももってこいですね。

このゲーム、買ったはいいが説明書がドイツ語(?)のため、対戦方法がよくわからない…

ただ、パズルゲームとして、1人でやっても複数人でやっても楽しめるので、ちょっと時間が空いた時に脳トレ的な感覚でやってます。

誰かこのゲームのルールを知ってる人とやりたい…。

続きを見る
閉じる
勇者
matagistar
matagistar
レビュー
135名が参考
約1年前

[★★★★]


時間内に、ダイスの出目に応じたピースを使って決められた形を作る早さを競うゲーム。

形が描かれたパネルも多数あるし、出目で作る形が変わるのでパターンは無数。

なので問題被りは感じることはないと思う。


ルールは簡単だし、ゲーム慣れの有無もあまり影響無いかな。

最速で解き続けた人が、勝点になる宝石多くもらえるけれど、遅くとも解ければ宝石は貰えるので、意外と最後まで勝敗がわからない…。


面白いけれど、良くも悪くも淡々としているゲーム。空いた時間に数ゲーム遊ぶのに適してかなー。

続きを見る
閉じる
国王
Reo
Reo
レビュー
120名が参考
約1年前

指定された様々な形のピースを枠にはめていくゲームです。

はめていくことを楽しむなら、小さい子どもからでも楽しめます。

大人同士でする場合は、付属の砂時計を使い、時間制限のルールを追加すると、かなり楽しめます!

ピッタリはまった時の気持ち良さが何とも言えません!

なかなか解けない時には、みんなで考え「おぉー!」と歓声が!

続きを見る
閉じる
皇帝
yuzu...
yuzu...
戦略やコツ
116名が参考
約1年前

大きいパーツから場所を考えていくといいかと思います。でも、なんとなく置いてみたら、あっ!はまった!ともなりますし、一方で全然はまらないなんてこともありますw ので、一概に攻略というのも難しいかもしれません。

続きを見る
閉じる
オグランド(Oguland)
オグランド(Oguland)
ルール/インスト
107名が参考
1年以上前

画像にて分かりやすく説明しています


続きを見る
閉じる
皇帝
熱中ボードゲーム部 部長 大場 康弘
熱中ボードゲーム部 部長 大場 康弘
レビュー
92名が参考
1年以上前

ダイスを振って、出た目で指定されたピースを使って、時間内にパズルをするゲームです。

沼にハマると本当に答えがわからない。

点数は早くできた人と二番手までもらえるものとは別に、時間内にできた人全員が、袋からランダムに引くものもあるので、遅くても運が良ければ勝つこともできます。

問題は表裏で難易度が違うので、慣れてきたら難しい方をどうぞ。

続きを見る
閉じる
仙人
小夜風
小夜風
レビュー
85名が参考
3ヶ月前

このゲームは、各プレイヤーが12枚の形の違うタイルを持っていて、各ラウンドに配られるパネルボードに描かれている白いマスを、12枚のタイルのうち3〜4枚(難易度によって変わる)を使ってピッタリと合うように埋めていいきます。

これだけなら、パネルボードの形を使うタイルを覚えてしまえばよさそうですが、同じパネルボードでも、使うタイルの種類がダイズに描かれている絵柄によって変わってきます。また、パネルボードに描かれている白いマスは、ボードごとに全部違っているので、36枚☓6種類の216問の問題があります。それを全部覚えるのは、普通の人にとっては難しと思います。ですので、毎回が新しい条件でプレイすることになるので、簡単にはマンネリ化しないと思います。

さらに、時間制限のための砂時計があって、砂が落ちきる前にパネルボードの問題を解決してしまわないといけません(時間内に解けないと報酬がもらえません)。また、問題を解いた順番に報酬(4色の宝石マーカー)が与えられるので、早く解いたほうが報酬が高い可能性があります。そのため、問題を早く解こうと焦ると、簡単でも時間がかかる場合があり、ドツボにはってしまいます。

パネルボードの白マスを埋めるのに、タイルを回転したり、裏返したりと、頭の体操にはいいかもしれません。ある意味Tetrisかも。また、普段使っていない脳の部分を使っている気がします。

パズル系のゲームが好きな方にはお勧めします。

以上


続きを見る
閉じる
Hide
Hide
レビュー
85名が参考
5ヶ月前

とにかく盛り上がる、爽快パズルゲーム!

テトリスのようなブロックを決められた枠に埋めていくシンプルなゲームです。

サイコロを転がし、時間内にパズルを解いて、先着順に得点がもらえます。

ブロックは裏返してもOKで、柔軟に色々な組み合わせを考える必要があります。また、砂時計の時間制限があり、焦るのも面白いポイント。

そしてブロックがピッタリ枠に収まったら、「ウボンゴ!」と叫ぶルールです。

一番最初に正解できたときは、パズルがハマったことと、他の人より先にクリアできたことで、その爽快感は格別!

やってみると想像以上に盛り上がるので、迷ってる方にはオススメしたいです。

お子さんは頭が柔軟なので得意かも?

家族でプレイするのにもピッタリです。

続きを見る
閉じる
皇帝
マッキー
マッキー
レビュー
79名が参考
約1年前

4人まで遊ぶことができます。

5人でもできなくはないですが、ピースが足りなくて、誰かができない時があります。

小さい子から遊ぶ事ができ、ルールもとても簡単で軽く説明しただけで誰でも出来る様になります。


指定されたピース3つを中央から探して、手元にある形に早く揃えれば勝ち。というシンプルなゲームです。


とっつきやすく、一回一回が短いので、手頃に遊べるので、ボードゲームを多く持っていても、比較的多く遊んでいます。

続きを見る
閉じる
大賢者
煌めきのアメジスト
煌めきのアメジスト
レビュー
76名が参考
10ヶ月前

テトリスのようなタイルを組み合わせてパズルを最初に完成させたプレイヤーが勝利。2位以下でも1分以内に完成させれば1~4点でランダムにポイントが入るので、順位が高いほど高得点となるかはわからないのがミソ。他のプレイヤーと関わる要素はほぼ皆無だが、ゲーム自体はとても面白い。


・プレイ人数

 1~4人

・戦略性

 ★★★★★

・洞察力

 ★☆☆☆☆

・ワイワイ度

 ★★★★☆

・オシャレ度

 ★★★☆☆

続きを見る
閉じる
仙人
リンクス川越事業所
リンクス川越事業所
レビュー
76名が参考
5ヶ月前

テトリスのようなピースをぴったりと枠に収める、スピードを競うパズルゲーム。

写真のように、12個の形の違うピースを、全員が同じセットで所持する。

ボードは全員、形が異なり、毎回配り直す。

写真は3つのピースで埋めるが、裏面は4つのピースで埋める。子供とする時にハンデにするのも良いし、先に終わった二人が報酬を獲得できるため、報酬を獲得した人は次は4つの面にするのもいいと思う。

一人がダイスを振って、出た絵柄の行の組み合わせにチャレンジする。

1位が3点の宝石、2位が1点の宝石をもらえる他、制限時間内にクリアした人は全員、袋からランダムに1~4点の宝石がもらえる。

9ラウンド行い、一番宝石の点数が多い人が勝ち。


面白いは面白い。好きな人は好きだと思う。

ナインタイルなど、スピードを競うパズル系のゲームが好きな人にはオススメ。

続きを見る
閉じる
みなりん
みなりん
レビュー
72名が参考
5年以上前

制限時間内にテトリスの様なブロックを決められた枠内に
ぴったり収まるように置くパズルゲーム。
パズルはそれぞれに配られて、クリアできたら「ウボンゴ!」と叫びます。
一番最初にクリア人には多くの宝石が貰え、宝石を沢山集めると勝利点になります。
(ここの点数計算が少し複雑)

パズルの構造自体がよく出来ていてパズルゲームとして
楽しめるのはもちろんなのですが、
とにかく誰よりも早くクリアして「ウボンゴ!」と言いたい!!
逆に言えた時の快感はすごいものがあります!

続きを見る
閉じる
勇者
panpking
panpking
レビュー
69名が参考
1年以上前

最初の置き次第なきもするけれど、迷宮入りしたりすぐ出来たり、面白い。

天才児現る。

続きを見る
閉じる
貴族
まるこ
まるこ
レビュー
67名が参考
5ヶ月前

一言で言うと、スピードパズルゲームです。パズル好きにはたまらないボードゲームと思います。個人的には、これまでさほどパズルパズルということもなく、完成したらなんでウボンゴって言わなきゃいけんないんだよと思うくらいこのゲームを舐めていました。が、いざやってみると難易度もちょうどいい具合でめちゃくちゃはまってしまいました。なるほどこういう楽しさがあるのかと、新たな気付きを得てしまうほどに。爽快感もたしかにあります。これは、小学生さんにもおすすめかもしれません。塾で算数の図形問題に下手に苦しんで苦手意識を持つくらいなら、ウボンゴやウボンゴ3Dを家族で遊ぶ方がよっぽどいいのではと思います。

続きを見る
閉じる
大賢者
The100周年
The100周年
レビュー
57名が参考
約1年前

決められた枠内に決められた形のパーツを収めるというシンプルなパズルゲーム。

実際には時間制限や得点があるので、勝利者を決めるのですが

仲間内でやる時は、単純にパズルだけやってます。3Dもプレイしましたが、2Dの方が圧倒的に簡単です。

続きを見る
閉じる
仙人
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
カシスオレンジとスクリュードライバー♂
レビュー
40名が参考
12ヶ月前

決められた模様をいち早く組めた人の勝ちを決めるスピード勝負のパズルゲーム。個人的に3Dの方が好みではある。

続きを見る
閉じる
仙人
ナオト
ナオト
ルール/インスト
38名が参考
6ヶ月前

ゲームの目的

 パズルを完成させて宝石を集める

準備

 スコアボードを組み立てて宝石をランダムに配置する

 プレーヤーコマをスコアボードの一番下の赤い場所に配置する

 人数×9枚のパズルボードを山札にする

 パズルピースのセットを配る

 パズルボードの表裏どちらを使うか決める

ゲームの流れ

 各プレーヤーは山札から1枚取る

 前のラウンドで最初に完成したプレーヤーがダイスを振る

 砂時計をひっくり返すと同時にダイスを振る

 ダイスと同じマークのパズルピースを選び、白いマスにぴったりとはめる

 完成したら「ウポンゴ」と言う

宝石の獲得

 最初にパズルを完成させたプレイヤーはコマを最大3つ、

 2番目は2つ、3番目は1つまで移動させることができる

 移動が終了した場所から宝石を2個取る

ゲームの終了

 9ラウンドでゲーム終了になる

 最も数が多い同色の宝石を持っているプレイヤーの勝ちになる

 同点の場合、2番目に多い同色の宝石の数で決める

続きを見る
閉じる
仙人
TJ
TJ
ルール/インスト
19名が参考
8日前

パズルゲームの決定版!

  • 各プレイヤーはパズルボードに配置するための「12枚のピース」を受け取る。
  • パズルボードは「3つのピースが配置できる面」と「4つのピースが配置できる面」で構成され、ピース配置の形状が異なる様々なものがある。
    また、各パズルボードの横には「使う3つor4つのピースの組み合わせ」が6つと対応するダイス目が記載されていて、毎ラウンドダイスを振って出た目に対応する組み合わせのピースを使う。
  • 毎ラウンド、各プレイヤーはパズルボードを1枚ずつ受け取り、どちらの面を使うか決めた上で、用意スタートの掛け声とともに1分砂時計を裏がして、一斉にピース配置スタート。
  • 完成した人は「ウボンゴ!」と叫んで完了。
    1位の人は青い宝石(3点)と袋からランダムで1個の宝石を、2位の人は茶色い宝石(1点)と袋からランダムで1個の宝石をもらうことができる。
    3位以下の人でも砂時計が落ちきるまでに完成出来たら、袋からランダムで1個の宝石をもらえる。
    宝石は、他に赤色(4点)と緑色(2点)がある。
  • 砂時計が落ちきったらラウンド終了。新しいパズルボードを配布して次のラウンドへ。
  • 以上を9ラウンド行い、最も得点の高い人が勝ち。

感想と評価は下記ブログで。



続きを見る
閉じる
仙人
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ヒロ(新!ボードゲーム家族)
ルール/インスト
16名が参考
3ヶ月前

1)ゲーム名:ウボンゴ

2)勝利条件:9ラウンド終了後、もっとも集めた宝石の価値(得点)が高いプレイヤーが勝利

3)ゲームの準備

①パズルボードを36枚準備し、難易度が低い方(表面)か、高い方(裏面)のどちらを使うか決め、場の中央に置く。

②各プレイヤーは、パズルタイルを12枚受け取る。

③ラウンドトラックボードを場の中央に置き、青色の宝石マーカーと茶色の宝石マーカーをそれぞれ9個、ボードの穴に置く。残りは、中身が見えないように袋に入れる。

④砂時計と絵の描かれたダイズを用意する。

4)ゲームの進行

①各プレイヤーは、パズルボードを1枚受けとり、プレイする難易度の面を表にする。

②手番プレイヤーが、ダイズを振って、砂時計を逆さまにする。

③各プレイヤーは、ダイズの出たマークに従って、パズルボードに描かれているパズルタイルを探し出して、白いマスにピッタリと収まるように置く。

④問題が解けたら「ウボンゴ」と宣言する。

⑤他のプレイヤーは砂時計がなくなるまで、自分の問題を解く。砂時計が落ちきったら、そこでラウンド終了する。もし、砂時計が落ちきっても、どのプレイヤーも問題が解けていない場合はサイド砂時計を逆さまにして、全プレイヤーで再度同じ問題に取り組む。再び砂時計がなくなっても誰も問題を解けていなければ、このラウンドは終了する。

⑥問題を解けたプレイヤーは全員、報酬を受け取る。砂時計が落ちきるまでに問題を解けなかったプレイヤーは何も受け取ることができない。

・1番早く問題を解いて、「ウボンゴ」と言ったプレイヤーは、ラウンドトラックボードの青い宝石マーカーを1個受け取り、追加で袋から中身を見ないで宝石マーカーを1個引く。

・2番目に問題を解いたプレイヤーは、ラウンドトラックの茶色の宝石マーカーを1個受け取り、追加で袋から中身をみないで宝石マーカーを1個引く。

・3番目、4番目に問題を解いたプレイヤーは、それぞれ袋から中身をみないで宝石マーカーを1個引く。

・誰も問題を解けなかったラウンドは、それに対応するラウンドトラック上の青色と茶色の宝石マーカーを袋に戻す。1人だけ解けた場合は、茶色の宝石マーカーを袋に戻す。

⑦①〜⑥を繰り返して9ラウンドプレイする。

⑧9ラウンド終了後、赤色宝石マーカー=4点、青色宝石マーカー=3点、緑色宝石マーカー=2点、茶色宝石マーカー=1点として、各プレイヤーが獲得した得点を計算し、最も得点が高いプレイヤーが勝利となる。

以上



続きを見る
閉じる
Hide
Hide
  • 商品価格¥ 4,356(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 320興味あり
  • 2027経験あり
  • 473お気に入り
  • 1084持ってる

チェックした商品